四国登山旅行第2弾の3日目
2013年3月19日、四国登山旅行第2弾の3日目、最終日です。

。。。この日は、風もなく朝から晴れていましたよ。。。石鎚山ロープウェイは運行するでしょう。。。あーあ。。。

ピンクレンジャーさんも、
「私、全然歩いていないから、やっぱり少しは歩きたい。」

青レンジャーも同感です。できれば石鎚山に行きたいのですが、道後温泉から石鎚山までの移動距離、ロープウェイの運行開始時間を考えても、14時25分松山空港発の飛行機に間に合いそうにもないので、道後温泉近くの登れる手頃なお山を「愛媛県の山」の教科書で探し、「経ヶ森」というところに行くことにしました。万が一、石鎚山に登れなかった場合、手頃なお山を調べられるように、「愛媛県の山」を購入したのですが、できれば使いたくなかった。。。しかし、本当に持ってきて良かったと思いました。

経ヶ森(標高203m)は、松山市北郊、四十島瀬戸に臨む小さな山です。四国霊場五十二番礼所の「太山寺」の裏から登山道が伸びております。

2013蟷エ・捺怦19譌・竭_convert_20130326195921

平日の朝でしたので、まだ訪れていらっやる方は少なかったです。ここには、石にお経の中の一文字を書いてから納めると、願いが叶うらしい。。。しかし、真新しい石がなかったので、登山道で探すこととしました。

2013蟷エ・捺怦19譌・竭。_convert_20130326195956

階段を上がると、立派な門がありました。青レンジャーは、四国八十八ヶ所にはあまり興味がなかったのですが、何気なく訪れたお寺がこんなに立派だとは思いませんでした。もう少し規模は小さいのですが、以前訪れた茨城県の筑波神社や香川県のこんぴらさんにも引けをとらない造りでした。

ピンクレンジャーさんのお母様は、分割しながら、今年で四国八十八ヶ所すべてを周ってきたそうです。で、ピンクレンジャーさんも、四国八十八ヶ所に興味があるそうです。教科書も買ったとか。しかし、まだ勉強中だそうです。

2013蟷エ・捺怦19譌・竭「_convert_20130326200018

ピンクレンジャーさんが、身代わり観音様に必死でお願いしている図です。冬のピンクレンジャーさんは地味です。ピンクの要素1つもない。。。

2013蟷エ・捺怦19譌・竭」_convert_20130326200043

一通りお参りをしてから、裏手に伸びる登山道を歩きます。石仏が所々にあり、登山道を案内してくれます。仏様の横に、お股の真ん中に大きな荷物を抱えたタヌキの像があります。

2013蟷エ・捺怦19譌・竭、_convert_20130326200105

程よく整備された登山道を歩きます。誰とも会いません。この日、ピンクレンジャーさんも青レンジャーも、久しぶりに杖を使用しないで登山します。

ピンクレンジャーさん曰はく、
「日頃、いかに杖に頼って登っていたかわかったわ~。」

青レンジャーも同感です。

2013蟷エ・捺怦19譌・竭・_convert_20130326200132

あっという間に経ヶ森に到着です。
頂上からは、海や瀬戸内海の島々が見えます。所変われば、頂上から見える景色も変わり、本当に楽しいです。まだ木々が芽吹いていない感じですが、この日は暑くて、最終的には長袖1枚になりました。

頂上の観音様

そして、経ヶ森の頂上には、観音様が立っております。どうやって運んだのでしょうか、そーとーな労力です。きっと観音様が船の無事を見守っているのでしょう。

景色を堪能してから、来た登山道を戻ります。下山した頃には、白装束のお遍路さんが何人かいらっしゃいました。
途中で小石を拾い、それぞれお経の中の一文字を書いて御願いします。
青レンジャーはもちろん?、「不」です。不屈の精神、不可能なことはない・・・という意味で。ピンクレンジャーさんは、「叶」・・・だったかな。
中には、「腰」という文字も。。。よっぽど痛かったのでしょうか?

で、太山寺の駐車場近くには、無人の伊予柑売り場がありました。きっと無農薬で育てられた、濃い味の伊予柑なんでしょう。

「私、やっぱり買いたい。重くても持って帰る

と、ピンクレンジャーさんは1袋200円で10個入りの伊予柑をご購入されておりました。青レンジャーも、旅行でなければ、何袋と買いましたよ~。しかし、昨日、すでに4袋の柑橘系を買っています。どうやって持って帰るのか、最終手段は宅配便ですが。。。

そこへ、偶然にも購入した伊予柑を栽培+販売されていらっしゃるオジサマが軽トラックで通りかかりました。

「あんたら、伊予柑もう1袋持って行きなさい。」

え~
いいんですか
もう1袋伊予柑を頂きます。
そしてさらに、

「この伊予柑、売り物にならなくて、どうせ捨てるだけだから、持って行って。」
と、かご1箱ほど頂きました。
・・・しかし、とても持って帰れる量ではなかったので、1人4個ほど頂きました。
私達、お遍路さんではないのに、本当に良くして頂いてありがとうございます。

そしてそしてさらに、

「あんたら、大学の卒業旅行か?」


いいオジサマだ~。こんなにご親切な方にお会いしたことがありません。感動です愛媛県最高です
あ、伊予柑・・・この伊予柑は宮内いよかんだそうですが、香も良くて、味もとても濃いです。伊予柑ってこんなにおいしかったんだ~。しかも無農薬。愛媛県に行かれた際には、ぜひ宮内いよかんを



さて、小さな山旅でしたが、汗をかきました。まだ10時にもなっていなかったので、もう1つ四国霊場に行きたかったのですが、勉強不足でお寺の名前や場所もわからず、結局、帰る前に温泉めぐりでもしましょう~ということになりました。
と、まずは「権現温泉」という、大変ありがたそうな温泉に行ってみることにしました。

権現温泉は山間に立つ、静かな温泉地で、歌人吉井勇も好んだそうです。地元のおばあちゃん達が来られるのんびりとした温泉で、泉質はpH 9.7の無味無臭で、ややぬるっとした温泉です。道後温泉の泉質に近いのですが、ピンクレンジャーさん的に、のんびりとした感じが最高に気に入ったそうです。青レンジャーも、同じような泉質なら、権現温泉の方が好きです。あ、写真撮るの忘れた。。。

2013蟷エ・捺怦19譌・竭ヲ_convert_20130326200202

さらに、青レンジャーがどうしても行きたかった、「奥道後温泉」に行きます。ジャングル温泉という名前の硫黄泉らしくて、いったいどんな温泉なんでしょうかね~。

建物から、階段で下って下って下った先に、熱帯植物園の中にたくさんの湯船が点在しておりました。もちろん屋根付き。硫黄の匂いもほんのりしました。やはり硫黄の匂いは落ち着きます。

温泉から上がると、12時過ぎ。もうそろそろ、松山空港に向けて帰ります。。。
なんだかんだで、今回の四国登山旅行は、小さなお山でしたが登れて、前回の旅行よりも充実しておりました。


あ、お山に登ったので、

8:25 太山寺
8:55 経ヶ森山頂
9:25 太山寺
(休憩時間はあったのか?)

計1時間の山旅でした。

<総論>
しつこいようですが、宮内いよかんは美味い
スポンサーサイト
Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ