日本百名山登頂リストのまとめ その5
日本百名山登頂リストのまとめ その5です。

日本百名山登頂リストのまとめ その5では、

81.岩木山、82.鳳凰三山、83.鹿島槍ヶ岳、84.十勝岳、85.飯豊連峰(飯豊山)、86.平ヶ岳、87.吾妻山、88.安達太良山、89.磐梯山、90.石鎚山、91.塩見岳、92.日光白根山、93.武尊山、94.皇海山、95.男体山、96.聖岳、97.光岳、98.北岳、99.間ノ岳、100.富士山
を掲載します。

81座目です。

2015年7月30日岩木山⑩_1

岩木山(標高1624.6m)です。
2015年7月26~31日の5泊6日で、東北地方にある日本百名山7座を登頂する遠征登山旅行に行ってきました。
岩木山には5日目の7月30日に、八甲田山を下山後に登っています。その時の記事がこちら
八甲田山下山後に岩木山を登ったので、なるべく短時間で登頂できるよう、津軽岩木スカイラインを使い、8合目から登りました。頂上に到着した時は、ガスに覆われて景色はあまり見えませんでしたが、下山時に午前中、八甲田山ですれ違った、おそらく青レンジャーと同じ百名山ハンターの方と再び運命的?に再会しました。



トイレ関係:★★★★★(登山口にあり。とてもキレイです。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★(ミチノクコザクラはどこに咲くの?)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(独立峰なので見晴らしはいいらしい。)



82座目です。

2015年8月5日㊱_1

鳳凰三山(最高峰は観音岳 標高2840.4m)です。
鳳凰三山には2105年8月5日に登っています。その時の記事がこちら
7座制覇の5泊6日東北遠征登山旅行後1週間も経っていませんでしたが、お天気がいいのにじっとしていることができず、青木鉱泉を拠点に鳳凰三山を周遊してきました。鳳凰三山にはピンク色のタカネビランジが多くて大変興奮しました。



トイレ関係:★★★★★(登山口と山小屋にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★(ピンク色のタカネビランジの宝庫。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(地蔵岳のオベリスクが目立つ。)



83座目です。

2015年8月15日㊱_1

鹿島槍ヶ岳(最高峰は南峰 標高2889.1m)です。
鹿島槍ヶ岳には2015年8月15日に登っています。その時の記事がこちら
青レンジャーにとって北アルプス最後の日本百名山は、自宅から登山口が最も遠い鹿島槍ヶ岳でした。北アルプスが好きなのでわざと残してあったフシもあるんですが。。。
鹿島槍ヶ岳から見た針ノ木岳や蓮華岳もとてもキレイで、いつかあの稜線にも出没したいな~っと思いました。



トイレ関係:★★★★★(扇沢と山小屋にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★★(種池山荘より上部にたくさん咲く。シナノナデシコ初めて見た~。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(やっぱり北アルプスサイコ~。)



84座目です。

2015年9月15日㉓_1

十勝岳(標高2077m)です。
十勝岳には2015年9月15日に、望岳台より美瑛岳を周遊するコースを歩きました。その時の記事がこちら
十勝岳に登山した日に初冠雪を観測し、頂上付近はうっすら雪が積もっていました。本州はまだまだ暑い日が続いていたので、あまりの気温の差にびっくりしました。
望岳台は登山口からリンドウやシラタマノキなどたくさんの高山植物の痕跡があったので、次は盛夏に登りたいです。



トイレ関係:★(青レンジャーが登った時は登山口のトイレが取り壊されていた。昔はあったのに。。。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★★(登山口からお花が死ぬほど咲いている。)
紅葉:★★★★(一部草紅葉がキレイでした。)
絶景:★★★★★(ず~っと見晴らしがいい。)



85座目です。

2015年9月22日㊳_1

飯豊連峰(主峰 飯豊山標高2105.2m)です。
2015年9月22~23日の1泊2日で弥平四郎(やへいしろう)登山口から登りました。
飯豊連峰の標高はそれほど高くありませんが、街から登山口までの道のりが遠く、さらに登山道も急なアップダウンの繰り返しで、かなり体力を要しました。しかし、頂上から見る夕日は大変キレイで、陽が沈むまで眺められたのはなかなかできない体験でした。



トイレ関係:★★★★(弥平四郎登山口は夢に出てきそうなトイレ。。。道中はそこそこのトイレが各避難小屋に整備されています。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:評価できない。(たくさん咲くらしい。イイデリンドウが見たかった。)
紅葉:★★★★(上部の紅葉がキレイでした。)
絶景:★★★★(あんなに奥深いお山なのに、頂上からは集落が見えました。)



86座目です。

2015年10月21日㉖_1

平ヶ岳(標高2141m)です。
2015年10月21日に鷹ノ巣登山口より登りました。その時の記事がこちら
平ヶ岳は日本百名山中、最長の日帰りのお山と言われており、その上標高が2000mちょっとと、日照時間の長い夏場には暑くて不向きなお山で、登る時期に悩まされていました。山と高原地図で標準コースタイム13時間と、どうしても無理そうなら銀山平温泉に泊まり、皇太子様ルートで往復6時間で行くこともできるんですが、青レンジャーはなんとか日帰りしてきました。
やせ尾根の急登には参りましたが、紅葉は素晴らしかったです。



トイレ関係:★(登山口にしかない。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。危険なところはない。)
お花畑:評価できない。(池塘の周辺には何が咲くのかな?)
紅葉:★★★★★(やせ尾根の紅葉は圧巻。)
絶景:★★★★(少し登れば燧ヶ岳に会える。でも頂上は林の中。)



87座目です。

2015年11月5日吾妻山㉒_1

吾妻山(最高峰は西吾妻山 標高2035m)です。
2015年11月5日にデコ平口から登っています。その時の記事がこちら
吾妻山は登った時期が悪く、ゴンドラが丁度運休している期間で、一番下からテクテクと地道に歩いて登りました。時期が悪かったせいか、登山中は登山者と1人も出会わず、日本百名山で誰とも会わなかったお山は、最初で最後吾妻山だけでした。。。



トイレ関係:★★(ゴンドラ乗り場が開いていれば登山口にある。西吾妻小屋にもあるらしいが。。。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:評価できない。(西大巓から上部に咲くらしい。)
紅葉:評価できない。(青レンジャーが行った時は終了していました。)
絶景:★★★(西大巓しか展望ない。頂上も林の中。)



88座目です。

2015年11月5日安達太良山⑧_1

安達太良山(標高1699.9m)です。
2015年11月5日に、吾妻山を下山した後に登りました。その時の記事がこちら
あだたら山ロープウェイを利用して、最終ロープウェイ時間までに下山できるかな~っと心配していましたが、いい時間で戻って来れました。安達太良山山頂は15時だったので、ほとんど誰もおらず、人気の山頂を独り占めできました。



トイレ関係:★★★★★(ロープウェイ乗り場にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:評価できない。(シャクナゲが咲くらしい。)
紅葉:評価できない。(青レンジャーが行った時は終了していました。)
絶景:★★★★★(火山のお山は終始見晴らしが良い。)



89座目です。

2015年11月6日⑯_1

磐梯山(標高1816.2m)です。
2017年11月6日に八方台登山口から登りました。その時の記事がこちら
前日、磐梯山ゴールドラインが11月4~15日まで7~17時しか通行できないことを知り、急遽予定変更して、吾妻山と安達太良山を先に制覇して、翌日に磐梯山に登りました。磐梯山は飯豊連峰から良く見えていて、形のキレイな山容です。今は廃業した中ノ湯温泉跡地の崩壊っぷりが印象的でした。



トイレ関係:★★★★★(登山口や山小屋にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:評価できない。(お花畑があるようです。)
紅葉:評価できない。(青レンジャーが行った時は終了していました。)
絶景:★★★★★(火山のお山は見晴らしが良い。頂上からは眼下に猪苗代湖をはじめ、いくつかの湖が見られます。)



90座目です。

2017年5月7日⑬_1

石鎚山(最高峰は天狗岳 標高1982m)です。
2016年5月7日に石鎚ロープウェイを利用して登りました。その時の記事がこちら
色々忙しくなった2016年。2015年までのあの活動的だった山旅もどこへやらの状態でしたが、残りわずかとなった日本百名山に向けて、何とか時間を作って登りました。
石鎚山は冬に登ろうとして、3度も登山口までたどり着けなかったという、大変相性のないお山でしたが、5月ということもあり、なんともあっけなく登れてしまいました。四国は温暖なイメージがありますが、石鎚山は11月下旬には積雪しています!!!



トイレ関係:★★★★★(登山口や山小屋にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。鎖場が怖ければ巻き道も充実しています。)
お花畑:評価できない。(南限のお花がありますが、どれくらい咲くんでしょうか。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★(険しい山容は素晴らしい。)



91座目です。

2017年8月11日⑯_1

塩見岳(最高峰は東峰 標高3052m)です。
2016年8月11日、鳥倉林道登山口より日帰りでピストンしました。その時の記事がこちら
当初は聖・光岳を登る予定でしたが、聖・光岳の登山口である易老渡が土砂崩れのため、一般車両通行止めだということが判明し、急遽登ることになった塩見岳。日帰りできるか心配でしたが、どうにか行って戻ってきました。丁度TJARと重なり、超アスリートの方々を間近で見ることができました。



トイレ関係:★★(登山口や山小屋にあり。しかし塩見小屋は携帯トイレ。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★(お花畑もありますが、規模は小さい。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(三伏峠から稜線歩きが長いので見晴らしは抜群です。)



92座目です。

2016年9月16日⑧_1

日光白根山(最高峰は奥白根山 標高2578m)です。
2016年9月16日に菅沼登山口からピストンしました。その時の記事がこちら
日光白根山も予定を急遽変更して登ることになったお山です。当初は登山期間に制限のある男体山に登っておきたかったのですが、あいにく男体山の方は天気が悪く、まだ比較的天気がましだった日光白根山に登ることにしました。
日光白根山は菅沼登山口でも標高1735mと高く、少し登ればすぐに見晴らしのいい登山道で、晴れていればさぞかしいい景色が見られたかと思います。また、お花も咲くようで、沼も多く、日光辺りのお山では青レンジャーイチオシのお山でした。



トイレ関係:★★★(登山口にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:評価できない。(何と言ってもシラネアオイでしょう~。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(晴れていれば見晴らしはいいらしい。日光は有名なお山に囲まれている山域。)



93座目です。

2017年3月4日⑭_1


武尊山(最高峰は沖武尊 標高2158m)です。
2017年3月4日に川場スキー場のリフトをフル活用し、登ってきました。その時の記事がこちら
武尊山は夏場より冬場の方がスキー場のリフトを利用でき、より短時間で登れる貴重なお山です。青レンジャーも冬場に登る機会を伺がっていましたが、お天気とタイミングが見事に当たり、素晴らしい景色を見ることができました。



トイレ関係:★★★★★(川場スキー場が営業していれば、リフト終点にもトイレあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。冬でも大人気でトレースは期待できる。)
お花畑:評価できない。(何か咲くのかな?)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(夏場は樹林帯のお山ですが、冬は晴れていれば素晴らしい景色。)



94座目です。

2017年5月2日⑯_1

皇海山(標高2144m)です。
2017年5月2日に皇海橋からピストンしました。その時の記事がこちら
皇海山は皇海橋から登ると、標準コースタイム往復5時間ばかりの、特に難しいお山ではありませんが、皇海橋の登山口までは、パンク必須の悪路と名高い栗原川林道を通らないといけません。それが皇海山攻略の難易度を高くしています。栗原川林道は時速10㎞以下で走行することをオススメします。栗原川林道のおかげ?で、大変静かな山歩きを楽しめます。ただ、終始展望に恵まれず、お花もないときたら・・・いったい何を楽しみに登ればいいのか悩みます。。。



トイレ関係:★★(登山口に水洗のトイレあり。)
登山道整備率:★★★★(まあ整備されている。)
お花畑:評価できない。(何か咲くのかな?)
紅葉:評価できない。 (紅葉が唯一の楽しみか?)
絶景:★(景色があまり見えない。。。)



95座目です。

2017年6月10日⑱_1

男体山(標高2486m)です。
2017年6月10日に二荒山神社よりピストンしました。その時の記事がこちら
男体山は二荒山神社のお山なので、登山期間が5月5日~10月25日と決まっています(2016年度だけ、山の日制定の記念として、登山期間が少し長かった。)。しかし青レンジャーは、夏場はアルプス系のお山制覇に忙しく、実質男体山登頂を狙えるのは、5月5日~6月上旬、10月中旬以降~10月25日となり、2014年から毎年、男体山登頂の機会を逃し、ようやく登頂できました。男体山は大変人気のお山ですが、終始急登で今後、青レンジャー、二荒山神社からはご遠慮したい。



トイレ関係:★★★★★(登山口や道中にあり。)
登山道整備率:★★★★★(修行のためか急登に整備されている。)
お花畑:★★(アカヤシオやシロヤシオ。志津側の方がある様子。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★(中禅寺湖の眺め。)



96座目です。

2017年7月15日⑩_1

聖岳(最高峰は前聖岳 標高3013m)です。
2017年7月14~16日にかけて、易老渡を起終点に、聖・光岳を巡ってきました。聖岳には7月15日に登っています。その時の記事がこちら
易老渡がここまで不安定な登山口だとは知らず、2016年は苦労して登山口近くまで行ったにも関わらず、やむなく計画変更を余儀なくされました。また、易老渡から聖岳への登山道は、急登で休憩するような場所がなく、ヒルも出没し、あまり人が入らない登山道でした。聖岳へは聖沢から登る方がまだ登山道が整備されているようです。
1日目はガスガスで雨にもやられましたが、2日目はほぼ晴天に恵まれ、聖岳からは素晴らしい景色が見られました。



トイレ関係:★★(易老渡のトイレは絶対に夢に出てくる。道中は山小屋も限られているので覚悟が必要。聖平小屋のトイレは水洗で神だった。)
登山道整備率:★★★(薊畑まで急登が続き、休憩する場所はほとんどない。ヒルにも注意。聖岳の最後の急登は小石を落とさないよう注意が必要。)
お花畑:★★★★(苔むしたところにオサバグサが咲いている。薊畑周辺はお花畑。薊畑より上部にチラホラ咲いている。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★(薊畑より上部は絶景。薊畑より下部の眺めは期待できない。)



97座目です。

2017年7月16日②_1


光岳(標高2591.1m)です。
2017年7月14~16日にかけて、易老渡を起終点に、聖・光岳を巡ってきました。光岳には7月16日に登っています。その時の記事がこちら
光岳小屋から光岳までは、緩やかな登山道を15分程進むと登頂できます。しかし、周囲は樹林帯に覆われており、見晴らしは今一つです。静高平まで登ると雰囲気のある景色となります。大変渋い光岳ですが、易老渡から光岳を1泊2日で登られる方が多いのにはビックリしました。



トイレ関係:★★(易老渡のトイレは絶対に夢に出てくる。あとは光岳小屋までない。)
登山道整備率:★★★★(易老渡~聖岳よりも整備されているが急登。)
お花畑:★★★(苔むしたところにオサバグサ、ゴゼンタチバナ、マイズルソウが咲いている。光石には珍しいお花が咲く。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★(光岳は独特の雰囲気。)



98座目です。

2017年8月4日㉖_1

北岳(標高3193m)です。
2017年8月4~5日にかけて広河原を起終点に、北岳・間ノ岳を登ってきました。北岳には8月4日に登っています。その時の記事がこちら

北岳は日本の高峰第2位で超人気の南アルプスのお山。バスの混雑ぶりが非常に心配でしたが、バスが頻繁に出入りしており、思ったほどの混雑はなかったです。また、高山植物のお山としても有名でしたが、他の南アルプスのお山と北アルプスの山々と比べると、どうしても見劣りするので、当初、北岳のお花も大したことないのかな~っと思っていましたが、2000mちょい上部はお花だらけで、非常に興奮しました。北岳が人気なのも納得です。しかし、なぜ北岳にだけお花が多いんでしょうか???



トイレ関係:★★★★★(登山口や山小屋に整備されている。)
登山道整備率:★★★★(上部は急登ですが、ハシゴなど整備されている。)
お花畑:★★★★★(百花繚乱。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(上部の見晴らしはいい。)



99座目です。

2017年8月5日⑫_1

間ノ岳(標高3189m)です。
2017年8月4~5日にかけて広河原を起終点に、北岳・間ノ岳を登ってきました。間ノ岳には8月5日に登っています。その時の記事がこちら
前日に登った北岳からの眺めは残念でしたが、間ノ岳からは素晴らしい景色が見られました。北岳山荘から間ノ岳までの稜線は、標高3000mとは思えないくらいに大変緩やかで歩きやすかったです。北岳山荘のライチョウさん親子、元気に逞しく生きていくんだぞ~。



トイレ関係:★★★★★(登山口や山小屋に整備されている。)
登山道整備率:★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★(北岳までのルートにはたくさんありますが、やはり3000mともなると大きな群落はない。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(360度の大展望。)



100座目です。

2017年8月13日㉔_1

富士山(最高峰は剣ヶ峰 標高3776m)です。
2017年8月13日に富士宮口から日帰りでピストンしました。その時の記事がこちら
人が多くてあまり行きたくなかった富士山。雨の中、登山ルート人気第2位の富士宮口でもすごい登山者の数でした。富士吉田口はもっとすごいんだろうな。。。
標高3000mを越えても、大変緩やかな登山道が続くので、調子に乗って歩いてしまうと、後で痛いしっぺ返しが来ます。
富士宮ルートは終始急登と書いてありますが、常日頃から登山を趣味としている方にとっては特に問題ない程度です。



トイレ関係:★★★★★(登山口や山小屋に十分整備されている。)
登山道整備率:★★★★(整備されている。)
お花畑:★★(下部には思った以上に植物が咲いている。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(晴れていれば・・・終始大展望のはず。)
スポンサーサイト
日本百名山登頂リストのまとめ その4
日本百名山を終了したので、久し振りにまとめを書いてみました。

日本百名山登頂リストのまとめ その4です。

日本百名山登頂リストのまとめ その4では、

61.大台ケ原、62.大菩薩嶺、63.天城山、64.大山、65.雲取山、66.両神山、67.至仏山、68.那須岳(三本槍岳)、69.丹沢(蛭ヶ岳)、70.空木岳、71.鳥海山、72.月山、73.仙丈ヶ岳、74.甲斐駒ヶ岳、75.朝日連峰(大朝日岳)、76.蔵王山(熊野岳)、77.早池峰山、78.八幡平、79.岩手山、80.八甲田山
を掲載します。



61座目です。

2014年11月24日大台ケ原⑧_1

大台ケ原山(最高峰は日出ヶ岳 標高1695m)です。2014年11月24日に青レンジャー1人で大台ケ原ビジターセンターから登りました。その時の記事がこちら
この日は近くの大峰山をいい時間で下りて来られたので、車で1時間程移動して登りました。観光客の方も多い山域なので、午後から登った方が駐車場も登山道も空いていて快適です。ただ、東大台に行くには少々手続きが面倒です。。。



トイレ関係:★★★★(登山口にあり。歩行距離が短いので山中になくても大丈夫。)
登山道整備率:★★★★★(大変整備されています。)
お花畑:評価できない。
紅葉:評価できない。
絶景:★★★(晴れていればもう少し見晴らしはいいはずですが、登山道の多くは樹林帯の笹原。)



62座目です。

2015年1月11日⑰_1

大菩薩嶺(標高2056.9m)です。2015年1月11日に母上殿と裂石から唐松尾根を通り、大菩薩峠を経由しました。その時の記事がこちら

冬の大菩薩嶺は、太平洋側気候のため冬の晴天率が高く、冬山入門の山として有名です。冬の晴天率が極端に低い日本海側を抜けて、久し振りに晴天の中での登山です。ただ太平洋側のお山は、積雪量が少ないですが、凍結率が高い割に土道が出ているので、アイゼンを付けるタイミングがわかりません。。。



トイレ関係:★★★★★(至る所の山小屋にあり。冬でも営業していることろはさすがです。)
登山道整備率:★★★★★(十分に整備されています。)
お花畑:評価できない。(何か咲くのかな?)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(頂上付近は残念ですが、富士山の眺めが素晴らしい。)



63座目です。

2015年2月23日⑱_1

天城山(最高峰は万三郎岳 標高1406m)です。2015年2月23日に青レンジャー1人で天城高原ゴルフ場より周遊コースを歩きました。その時の記事がこちら
石川県より非常に遠いお山でした。。。伊豆半島は厳冬期とは思えない程温暖な気候でビックリしました。でも、天城山にも少しは雪が降るようです。



トイレ関係:★★★(冬は閉まっているけど登山口にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(アマギシャクナゲが咲くようです。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★(概ね樹林帯の中を歩くので、展望はイマイチ。しかし海が見えるとテンション上がる。)



64座目です。

2015年3月6日㉓_1

大山(入山可能な最高峰は弥山 標高1709m)です。2015年3月6日に青レンジャー1人で夏山登山道をピストンしました。その時の記事がこちら
中国地方で大山だけは白い雪山で、別世界のようでした(あ、蒜山高原も少々雪がありました)。わずか10分程大山に向けて走ると、急に雪が出現し、量が尋常じゃなく増えて行く様はさすが中国地方の最高峰です。日本海側の冬は晴天率に恵まれませんが、晴天に恵まれた大山は本当に素晴らしいお山でした。



トイレ関係:★★★(大山は登山口周辺に大山寺の集落があるのでどこか利用できるハズ。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています・・・多分。冬山でも人気なのでトレースは期待できる。)
お花畑:評価できない。(ダイセンキャラボク。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(独立峰でここだけ別次元の山のよう。)



65座目です。

2015年4月25日⑲_1

雲取山(標高2017.1m)です。2015年4月25日に青レンジャー1人で小袖よりピストンしました。その時の記事がこちら
東京都のお山ということで大変ビビっていましたが、それほど混雑していませんでした。楽しみしていた雲取山から見る富士山は、残念ながらひと目もお会いできませんでした。心に強く残っていることとして、奥多摩は登山者専用のアミューズメントパークや~。



トイレ関係:★★★★★(山小屋にある。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(何か咲くのかな?ヒトリスズカ?)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★(長い道中、頂上付近まで行かないと見晴らしはない。その見晴らしまで奪われたらっ(泣)。)



66座目です。

2015年4月26日⑰_1

両神山(標高1723m)です。2015年4月26日に青レンジャー1人で日向大谷よりピストンしました。その時の記事がこちら
大変人気の登山口である日向大谷。都会に近い日本百名山ということだけあって、駐車場の争奪戦が激しかったです。そして八丁峠から登られて来られる方も多いので、山頂の混み具合も激しかったです。そして、初めてアカヤシオのお花を見ました~。花弁がひらひら蝶々のようできゃわえかったです。



トイレ関係:★★★★★(山中にも整備されています。)
登山道整備率:★★★★★(日向大谷は問題なしです。)
お花畑:★★★(アカヤシオが満開だとさぞかし見ごたえがありそうです。バイケイソウもすごい。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★(頂上付近まで行かないと展望はきかない。)



67座目です。

2015年5月3日㉔_1

至仏山(標高2228.1m)です。2015年5月3日に母上殿と鳩待峠から至仏山を通り、山ノ鼻を経由して鳩待峠に戻ってきました。その時の記事がこちら

期間限定の残雪期の至仏山。ゴールデンウィーク中ともあり、すごい人で大賑わいでした。そして至仏山から山ノ鼻に下る急坂でのヒップソリが流行りだということがわかりました。



トイレ関係:★★★★★(山中にも整備されています。)
登山道整備率:★★★★★(残雪期でもトレースは絶対ある。)
お花畑:評価できない。(尾瀬のお花は山をしない人でも知っているくらい有名ですよね~。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(周囲を有名な山々に囲まれている。)



68座目です。

2015年5月4日⑰_1

那須岳(最高峰は三本槍岳 標高1917m)です。2015年5月4日に母上殿と那須ゴンドラ駅よりゴンドラを使用し、三本槍岳をピストンしました。その時の記事がこちら
前日、至仏山に登頂し、この日は日光白根山に登る予定でしたが、丸沼高原ロープウェイがゴールデンウィーク中にも関わらず運休していたため、急遽那須岳まで遠征しました。那須岳は石川県からあまりにも遠く、どう攻略したらよいか悩みのタネでしたが、思いがけず登る機会に恵まれました。



トイレ関係:★★★★(ゴンドラ駅にある。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:評価できない。(この登山道はアズマシャクナゲが咲くらしい。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(ほぼ見晴らしの良い登山コース。)



69座目です。

2015年5月20日㉗_1

丹沢(最高峰は蛭ヶ岳 標高1673m)です。2015年5月20日に青レンジャー1人で青根登山口よりピストンしました。その時の記事がこちら
丹沢は2015年2月24日に登ろうと青根の登山口まで行きましたが、天気が悪く人もいなかったので、泣く泣く諦めた苦い経験がありますが、見事リベンジしてきました。
2月には通れたはずの林道が途中で閉鎖されていて、その分歩く羽目になりましたが、大変人気だと評判の丹沢を静かに歩けました。シロヤシオとコイワザクラを鑑賞できて良かったです。そして、青根からの登山道で有名?な絨毯付き階段も経験できました。



トイレ関係:★★★★★(青根の登山口にはありませんが、山小屋に整備されている。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★(特記すべきはシロヤシオとコイワザクラ。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★(頂上付近に行かないと展望はきかない。)



70座目です。

2015年6月7日㉝_1

空木岳(標高2863.7m)です。2015年6月7日に青レンジャー1人で池山林道よりピストンしました。その時の記事がこちら
池山林道は大変悪路で有名です。噂にたがわず悪路でした。。。しかも、林道崩壊で林道終点まで車で入ることができず、20~30分の徒歩で本当の登山口まで行きました。これがまた急登で。。。登頂もシャリバテでやっとの思いでした。。。


トイレ関係:★★★★(山小屋にありますが、この時は頂上付近の山小屋はまだ営業していませんでした。)
登山道整備率:★★★★(登山道自体は整備されている・・・しかし、登山口までは最悪。。。)
お花畑:評価できない。(空木岳自体というよりも、木曽駒~空木岳あたりがすごいのではなかろうか。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★(頂上付近は見晴らしがいい・・・ハズ。)



71座目です。

2015年6月22日㉛_1

鳥海山(標高2236m)です。2015年6月22~23日の1泊2日で、青レンジャー1人、鳥海山と月山をセットで制覇しに行きました。鳥海山には鉾立より6月22日に登っています。その時の記事がこちら
2015年は青レンジャー的に東北yearということで、どとーの百名山制覇ラッシュです。
まずはお花が咲き乱れると評判の鳥海山。このお山は名前の響きからして、日本百名山を目指す前から登ってみたいと思っていました。ついに念願の鳥海山に登った感想は・・・また、鳥海山に行かないとっ
こんなに登山口からお花が永遠と咲き乱れているお山は、まさに青レンジャー好みです。登山口からすでに見晴らしもいいですし、青レンジャーイチオシのお山となりました。



トイレ関係:★★★★★(営業していれば山小屋にあります。登山口のトイレのキレイさは神!!!)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★★(大満足、間違いなし。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(景色も素晴らしい。)



72座目です。

2015年6月23日㉔_1

月山(標高1984m)です。2015年6月22~23日の1泊2日で、青レンジャー1人、鳥海山と月山をセットで制覇しに行きました。月山には6月23日に月山リフトを使用して登っています。その時の記事がこちら
月山も高山植物が豊富なことで有名なお山です。噂にたがわず、たくさんの高山植物に出会えました。リフト利用や羽黒口からでも短時間で登頂でき、こんなにたくさんの高山植物に出会えるなんて、なんて素晴らしいお山なんでしょうか。



トイレ関係:★★★★(営業していれば山小屋にあります。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★★(大満足、間違いなし。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(リフト利用ですでに素晴らしい景観。)



73座目です。

2015年7月19日㉔_1

仙丈ヶ岳(標高3032.6m)です。2015年7月19~20日の1泊2日で、母上殿と仙丈ヶ岳&甲斐駒ヶ岳を制覇してきました。仙丈ヶ岳には7月19日に北沢峠より若干周遊コースで登っています。その時の記事がこちら
海の日の連休、晴れ予報で、夏山本番を目前に、南アルプスの山小屋はどこも満室で、北沢峠を起点に仙丈ヶ岳&甲斐駒ヶ岳は無理か・・・と落胆していたところ、伊那市内のビジネスホテルに泊まり、2日ともバスで北沢峠に行けば日帰りできることに気付き、実行してきました。
高山植物が豊富だと評判の南アルプスの女王様は、特に馬ノ背ヒュッテ下あたりからテンションが上がってきます。そして仙丈小屋より上部はキバナシャクナゲの宝庫でした。



トイレ関係:★★★★★(山小屋にあり。北沢峠の公衆トイレは神レベル!!!)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★★(見ごたえあり。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(この時は最後残念でしたが、晴れていれば凄いでしょう~。)



74座目です。

2015年7月20日㉕_1

甲斐駒ヶ岳(標高2967m)です。2015年7月19~20日の1泊2日で、母上殿と仙丈ヶ岳&甲斐駒ヶ岳を制覇してきました。甲斐駒ヶ岳には7月20日に北沢峠を起点に周遊コースで登っています。その時の記事がこちら
前日の仙丈ヶ岳の頂上は雨に降られましたが、甲斐駒ヶ岳は終始晴天で、展望に恵まれました。仙丈ヶ岳とは違い、甲斐駒ヶ岳にはあまり高山植物は咲きませんが、白い砂地の山頂は非常に目立っていました。



トイレ関係:★★★★★(山小屋にあり。北沢峠の公衆トイレは神レベル!!!)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★(あんまり印象ない。。。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(抜群です。)



75座目です。

2015年7月26日㉛_1

朝日連峰(最高峰は大朝日岳 標高1870m)です。
2015年7月26~31日の5泊6日で、東北地方にある日本百名山7座を登頂する遠征登山旅行に行ってきました。
その1日目の7月26日に登ったお山が朝日連峰です。その時の記事がこちら。朝日連峰には7時間強の運転の後、日帰りで登れるか非常に不安でしたが、案外いい時間で登ることができました。これも標高が2000m以下だったからだと思います。

トイレ関係:★★★(登山口には古寺鉱泉や山頂付近に山小屋もあるのでトイレはあるハズ。青レンジャーは未確認。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★(ヒメサユリが咲くが、青レンジャーは未確認。頂上付近に高山植物が咲く。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(頂上はガスっててわかりませんでしたが、大朝日岳だけ別格の山容でした。)



76座目です。

2015年7月27日⑯_1

蔵王山(最高峰は熊野岳 標高1841m)です。
2015年7月26~31日の5泊6日で、東北地方にある日本百名山7座を登頂する遠征登山旅行に行ってきました。
蔵王山には2日目の7月27日に登っています。その時の記事がこちら
昨日の朝日連峰で、おそらく身体がズタボロであろうかと思い、2日目は余裕のある行程にしました。
蔵王山の最高峰である熊野岳には、最短距離で蔵王刈田岳山頂駐車場から馬ノ背を通ると、標準コースタイム50分程で登頂できるので、青レンジャーもそちらから登ろうとしましたが、噴火警戒レベルが上がり、馬の背は通れず、急遽蔵王ロープウェイを利用して登りました。早く言ってよ。。。
馬の背が通れなかったので、かの有名な蔵王のお釜のエメラルドグリーンは、どう頑張ってもひと目も見られず。。。



トイレ関係:★★★★★(ロープウェイ乗り場や蔵王刈田岳山頂駐車場にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★(ちょっとは咲いていた。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(蔵王刈田岳山頂駐車場ですらいい景色。)



77座目です。

2015年7月28日早池峰山㉖_1

早池峰山(標高1917m)です。
2015年7月26~31日の5泊6日で、東北地方にある日本百名山7座を登頂する遠征登山旅行に行ってきました。
早池峰山には3日目の7月28日に登っています。その時の記事がこちら
3日目のお天気が少々悪そうだったので、張り切って早池峰山の登山口である河原坊に到着し、おそらくこの日1番であろう時間帯に登頂しました。早池峰山にはウワサ通り、高山植物が咲き乱れる素晴らしいお山でした。



トイレ関係:★★★★(登山口にあり。頂上の避難小屋はたしか携帯トイレだった。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★★(珍しいお花がたくさん咲いていた。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(頂上はガスっていてわかりませんでしたが、見晴らしはいいようです。)



78座目です。

2015年7月28日八幡平⑩_1

八幡平(標高1613.3m)です。
2015年7月26~31日の5泊6日で、東北地方にある日本百名山7座を登頂する遠征登山旅行に行ってきました。
八幡平には3日目の7月28日に早池峰山を下山した後に登っています。その時の記事がこちら
午前中の早い時間に早池峰山を下山してきてしまい、お天気も回復傾向にあったため、急遽八幡平まで移動し、頂上も極めてきました。八幡平まで行くと、やっぱりガスに覆われてしまい、残念な山頂となりました。八幡平はアスピーテライン頂上から山頂を極めるだけなら短時間で行けますが、この山域には湿原や池塘、温泉があるので、いつかゆっくり歩いてみたいと思いました。



トイレ関係:★★★★★(登山口にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★★(ニッコウキスゲとか有名。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(頂上はガスっていてわかりませんでしたが、見晴らしはいいようです。)



79座目です。

2015年7月29日㉚_1

岩手山(標高2038m)です。
2015年7月26~31日の5泊6日で、東北地方にある日本百名山7座を登頂する遠征登山旅行に行ってきました。
岩手山には4日目の7月29日に登っています。その時の記事がこちら
岩手山にコマクサが咲くことは知っていましたが、その他の高山植物はそこまで期待していませんでした。しかし、登ってみると、8合目の避難小屋あたりを過ぎたところから、高山植物が咲き乱れており、特に火口縁あたりに死ぬほどイワブクロが咲いているのにはビックリしました。



トイレ関係:★★★★★(登山口と避難小屋にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★★(8合目避難小屋より上部は圧巻。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(火山特有の景色で見晴らしは抜群です。)



80座目です。

2015年7月30日八甲田山⑰_1

八甲田山(最高峰は大岳 標高1585m)です。
2015年7月26~31日の5泊6日で、東北地方にある日本百名山7座を登頂する遠征登山旅行に行ってきました。
八甲田山には5日目の7月30日に登っています。その時の記事がこちら
八甲田山の主要登山口は、豪雪地帯で有名な酸ヶ湯温泉で、青レンジャーも下山後の温泉を楽しみにした登りましたが、酸ヶ湯温泉は思った以上に観光地だったので、非常にショックを受けました。八甲田山自体は、毛無岱など湿原もあり、非常に変化に富んでいて楽しかったです。



トイレ関係:★★★★★(登山口にキレイなトイレが整備されています。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★(池塘周辺に咲く。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(池塘が点在していてキレイです。)
日本百名山登頂リストのまとめ その3
日本百名山登頂リストのまとめ その3です。

日本百名山登頂リストのまとめ その3では、
41.赤城山(黒檜山) 42.谷川岳 43.巻機山 44.苗場山 45.幌尻岳 46.後方羊蹄山 47.草津白根山 48.木曽駒ヶ岳 49.荒川岳(悪沢岳) 50.赤石岳 51.剱岳 52.薬師岳 53.越後駒ヶ岳 54.高妻山 55.会津駒ヶ岳 56.燧ヶ岳 57.甲武信ヶ岳 58.金峰山 59.瑞牆山 60.大峰山
を掲載します。



41座目です。

2014年5月3日赤城山(黒檜山)_1

赤城山(黒檜山 標高1828m)です。2014年5月3日に母上殿と大洞より駒ヶ岳~黒檜山~黒檜山登山口~大洞と周遊コースを歩きました。その時の記事がこちら

さすが都会に近いお山、かなりの人で賑わっていました。日本海側には咲かないアカヤシオを楽しみにしていたんですが、1つも咲いていなくて大変残念でした。

トイレ関係:★★★★(登山口にあり。歩行距離が短いので山中になくても大丈夫。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(アカヤシオ・・・)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(黒檜山より北に少し下ったあたりが素晴らしいかった。)



42座目です。

2014年5月4日谷川岳_1

谷川岳(オキの耳 標高1977m)です。2014年5月4日に母上殿と谷川岳ロープウェイを使用して、天神平からピストンしました。その時の記事がこちら

残雪が多く残る季節でしたが、かなり多くの方が登られていました。谷川岳肩ノ小屋直下は急斜面で、雪に強い母上殿がへっぴり腰になっているのを初めてみました。。。

トイレ関係:★★★★(天神平、肩ノ小屋にあり。)
登山道整備率:★★★★(冬でも人気。整備されています。)
お花畑:評価できない。(たくさん咲くみたいです。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(大変いいです。)



43座目です。

2014年6月23日巻機山_1

巻機山(1967m)です。2014年6月23日にピンクレンジャーさんと桜坂駐車場よりピストンで登りました。その時の記事がこちら

巻機山の登山道には、「5合7勺」というよくわからない標識があり、巻機山の本当の最高点には標識がなかったりと、とにかく大雑把なお山だな~と思いました。でもこの雑さ、嫌いではないです~。面白い~。登山道は下部は樹林帯の中をもくもくと・・・ですが、上部は池塘がありとても雰囲気があります。

トイレ関係:★★★★(登山口にあり。山中には巻機山避難小屋にあります。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(上部の池塘周辺に咲くようです。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(最高点の方が見晴らしがいいんですけど、どうしてあの場所に山頂の標識を立てたのでしょうか?)



44座目です。

2014年6月24日苗場山_1

苗場山(標高2145m)です。2014年6月24日にピンクレンジャーさんと小赤沢コースをピストンしました。その時の記事がこちら

苗場山=ユーミンと思っていましたが、全く関係がないことを初めて知りました。小赤沢コースが一番短時間で比較的楽に登れるとのことで登ってみましたが・・・下部はドロドロでやぶ蚊の多い登山道。。。季節的に虫の多い時期でもあったんですが、イメージしている苗場山の頂上湿原とは全く違い、けっこう急坂でした。でも頂上台地は素晴らしい湿原が広がっていました。

トイレ関係:★★★(登山口にあり。山中には頂上付近の山小屋にあります。)
登山道整備率:★★★★(整備されていますが、下部は泥道の急坂が多い。)
お花畑:★★★★★(残雪の多い時期でしたが、それでも池塘周辺には雪解けした部分からお花が!!!)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(頂上からの見晴らしはないですが、果てしなく広がる池塘は圧巻!!!)




45座目です。

2014年7月8日幌尻岳_1

幌尻岳(標高2053m)です。2014年7月8~9日の1泊2日でピンクレンジャーさんと新冠コースをピストンしました。その時の記事がこちら

日本百名山を目指そうと本気で思い始めた頃、その時は日本百名山の最難関である幌尻岳にはとても行けそうにもないな・・・と思っていましたが、4年目にしてついに目標であったお山を登頂しました~。感無量です~。

新冠ルートは近年人気の登山道ですが、幌尻岳が最難関であることを十分実感できるくらい、長く辛い道のりでした。。。頂上付近のお花畑や風景は素晴らしかったんですが、それ以上に辛いことの方が多かったです。。。ヒグマの恐怖なんてどーでもいいくらい。。。車で1時間30分ほどダート道を運転しないといけない、新冠ポロシリ山荘からの登山道がヤブコギ状態、頂上に向けて疲れた身体に鞭打つような急登、新冠ポロシリ山荘の隙間風にダニの洗礼、何と言ってもトイレが。。。どれもこれも、一般人なのに1泊2日で行こうとしたことがダメだったんでしょうね。。。

トイレ関係:★(登山口にはなく手前のイドンナップ山荘にあった。それより手前は2時間ほど車で行かないとない。山中は。。。)
登山道整備率:★★★(不明瞭なところはありませんが、ヤブコギが辛い。。。)
お花畑:★★★★★(頂上付近はお花畑!!!)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(見晴らしは良く、北海道の山の奥深さを怖いくらいに味わえます。)



46座目です。

2014年7月11日後方羊蹄山_1

後方羊蹄山(標高1898m)です。2014年7月11日にピンクレンジャーさんと京極コースをピストンしました。その時の記事がこちら

思いがけず雨予報が晴れに変わり、急遽登れてしまった羊蹄山。京極コースは他のコースと比べて急登ですが短時間で頂上に立てると聞いていましたが、幌尻岳を登った直後だったので感覚がおかしくなってしまい、比較的楽に感じました。

トイレ関係:★★(登山口、山中にはない。頑張るしかない。しかし、ニセコ周辺にはコンビニが多いので大丈夫。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★(頂上付近に咲く。登山道下部には少ない。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(ニセコの町並みが眼下に見える。)



47座目です。

2014年7月21日草津白根山_1

草津白根山(標高2165m 最高点 標高2150m)です。2014年7月21日に母上殿と万座空吹駐車場からピストンしました。その時の記事がこちら

2014年6月3日より草津白根山の噴火警戒レベルが1→2に上がり、白根レストハウスは警戒区域にあたり立ち入り禁止となったので、やむなく万座空吹駐車場から登ることにしました。しかし現地に行くと、時間帯により白根レストハウスまで通行できるようでした。あら~。そこそこお山に登っている青レンジャーですが、この時初めて野生のツキノワグマを目撃してしまいました。。。

トイレ関係:★★★★(登山口にキレイなトイレあり。山中にはないが歩行距離が短いので問題なし。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。木道は濡れていると滑る。。。)
お花畑:★★★★★(あのコマクサの群生は圧巻!!!)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(志賀高原道路から見る草津白根山が凄いです。)



48座目です。

2014年8月13日木曽駒ヶ岳_1

木曽駒ヶ岳(標高2956m)です。2014年8月13日にピンクレンジャーさんと駒ヶ岳ロープウェイを使用し、千畳敷から木曽駒ヶ岳頂上と宝剣岳をめぐりました。その時の記事がこちら

丁度この時、「トランスジャパンアルプスレース」が開催されていたので、ミーハーな青レンジャーはその選手の方々を応援しようと木曽駒に行きました~。選手の方々は本当に無駄な肉が一切ない、しゅっとしたお体をされていました。何とも羨ましい。。。
木曽駒ヶ岳自体は、中央アルプスって、北や南と比べると規模も小さいしどーかな・・・と思っていたんですが、素晴らしい山容でした。ロープウェイであの景色を見られるとなると人気があるのも納得です。ただ、ロープウェイを使うと何ともあっけなく頂上に立ってしまうのでヤバいです。。。

トイレ関係:★★★★★(登山口、山中などに十分あります。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★★(千畳敷カール内は凄い。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(文句ないです。)



49座目です。

2014年8月20日荒川岳_1

悪沢岳(東岳 標高3141m)です。2014年8月19~21日の2泊3日でピンクレンジャーさんと椹島を起点に南アルプス南部をめぐってきました。悪沢岳には8月20日に登っています。その時の記事がこちら

念願の南アルプスデビュー1座目は一番登山口までアクセスしにくい悪沢岳でした。所々休みながらでしたが、石川県から登山口まで9時間かかったよ。。。
南アルプスは、北アルプスとは違って森林限界が高く、登っても登ってもまだ木がある~!!!という感じでした。また植生も違い、大変興味深かったです。悪沢岳は千枚岳周辺のお花畑が凄く、また行きたいと思いました。登山口は遠いけど。。。

トイレ関係:★★★(登山口、山小屋にあります。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★★(千枚小屋周辺、千枚岳周辺が凄かった。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(文句ないです。)



50座目です。

2014年8月20日赤石岳_1

赤石岳(標高3120m)です。2014年8月19~21日の2泊3日でピンクレンジャーさんと椹島を起点に南アルプス南部をめぐってきました。赤石岳も8月20日に登っています。記事は悪沢岳をご参照下さい。

丁度日本百名山の折り返し地点は赤石岳となりました。
悪沢岳~赤石岳は標高600mを下り、再び登り返すという、南アルプスの大きさを十二分に感じることができました。当初は聖岳まで周ってくる予定でしたが、女子的都合にて2泊3日となってしまい非常に残念です。。。

トイレ関係:★★★(登山口、山小屋にあります。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★★(中岳~荒川小屋のお花畑は凄い。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(文句ないです。)



51座目です。

2014年9月9日㉔_1

剱岳(標高2999m)です。2014年9月8~9日の1泊2日でピンクレンジャーさんと早月尾根をピストンしました。その時の記事がこちら

「試練と憧れ」の剱岳にようやく登頂できました。剱岳には2013年に登ろうと思っていたところ、お天気が悪くて予定変更を余儀なくされました。しかし、剱岳登頂が今年で本当に良かったな~と思えるくらいに、素晴らしいお天気に恵まれました。青レンジャーが今まで登ってきたお山の中で1番美しい景色だと思います。

トイレ関係:★★★(登山口に2ヶ所あり。山中は早月小屋にしかない。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。青レンジャー的に槍ヶ岳や奥穂高岳の頂上付近よりも危険度は低いと思います。別山尾根は分かりませんが。。。)
お花畑:★★★★(標高2600m付近に咲く。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(凄いです。)



52座目です。

2014年9月17日㉝_1

薬師岳(標高2926m)です。2014年9月17日に青レンジャー1人で折立からピストンしました。その時の記事がこちら

薬師岳は自宅から近い日本百名山の1つですが、行くなら日帰りしてみたい~ということで挑戦してみました。結果は青レンジャーの予想以上にいい時間に下山できました。次回は有峰林道開門と同時に入っての日帰りに挑戦してみたいです。で、できるかな。。。

トイレ関係:★★★(登山口にトイレあり。山中には山小屋にあり。)
登山道整備率:★★★★★(十分に整備されています。)
お花畑:★★★★★(太郎平までの緩やかな登山道脇にはニッコウキスゲ、キンコウカなど凄い群生。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(素晴らしい。)



53座目です。

2014年9月24日⑰_1

越後駒ヶ岳(標高2003m)です。2014年9月24日にピンクレンジャーさんと枝折峠からピストンで登りました。その時の記事がこちら

越後駒ヶ岳に最短で登れる枝折峠からの登山道は、アップダウン必須の道でした。ヤレヤレ峠です。1番印象に残ったのが、登山道脇の湿地帯に稲穂の様な植物が咲いていました。。。さすが米どころ。

トイレ関係:★★★(登山口にトイレあり。手洗い場はないけど。山中には駒ノ小屋にある。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(池塘周辺に咲くようです。)
紅葉:★★★★★(駒ノ小屋より上部はキレイでした。)
絶景:★★★★★(見晴らしはいいです。)



54座目です。

2014年9月29日 (30)_1

高妻山(標高2353m)です。2014年9月29日に青レンジャー1人で戸隠キャンプ場よりピストンで登りました。その時の記事がこちら

高妻山はアップダウン覚悟の日帰りのお山。かなり覚悟していきましたが、一不動を過ぎれば見晴らしのいい尾根を歩くので、そこまで苦ではなかったです。しかも紅葉がキレイでした。感じとしては越後駒ヶ岳よりも楽でした。
最近、五地蔵山へ直登するルートがで来たそうなので、次回はそちらのルートを使用して登りたいです。

トイレ関係:★★(登山口にトイレあり。山中にはない。頑張るしかない。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(シラネオアイ、キバナノアツモリソウが咲くらしい。見た~い。)
紅葉:★★★★★(一不動より上部はキレイでした。)
絶景:★★★★★(見晴らしはいいです。)



55座目です。

2014年10月11日 (15)_1

会津駒ヶ岳(標高2132m)です。2014年10月11~12日の1泊2日で母上殿と東北デビュー旅をしました。会津駒ヶ岳には10月11日に登っています。その時の記事がこちら

初めて東北地方の日本百名山に登りました。これで出没していない地区はありません。
会津駒ヶ岳は秘境の檜枝岐村に登山口がありますが、大変人気のお山でした。6時間の運転がなければ、中門岳まで足を延ばしたかったです。登山口のある檜枝岐村は冬は雪に閉ざされる大変厳しい村ですが、全棟温泉完備の村ってどんな天国なんでしょう~。

トイレ関係:★★★(登山口にトイレあり。山中に駒ノ小屋にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(池塘周辺にたくさん咲くようです。)
紅葉:★★★★(この時は下部が紅葉していました。)
絶景:★★★★(頂上は残念ですが、駒ノ小屋周辺などから色々な山並みが見える。)



56座目です。

2014年10月12日㉒_1

燧ヶ岳(柴安嵓 標高2356m)です。2014年10月11~12日の1泊2日で母上殿と東北デビュー旅をしました。燧ヶ岳には10月12日に登っています。その時の記事がこちら

燧ヶ岳には会津駒ヶ岳よりもさらに多くの登山者がいてビックリしました。頂上からは、尾瀬沼や尾瀬ヶ原が一望でき、人気があるのも納得できるお山でした。

トイレ関係:★★★(登山口にトイレあり。山中にはない。でも頑張れる山行時間。)
登山道整備率:★★★★(整備されています。しかし湿原に出るまでの登山道は比較的ぐちゃぐちゃ。)
お花畑:評価できない。(池塘周辺にたくさん咲くようです。)
紅葉:★★★★(湿原の草紅葉がいい感じでした。)
絶景:★★★★★(360度の素晴らしい見晴らし。)



57座目です。

2014年11月4日甲武信ヶ岳_1

甲武信ヶ岳(標高2475m)です。2014年11月4日に青レンジャー1人で毛木平からピストンで登りました。その時の記事がこちら

千曲川源流をめぐる甲武信ヶ岳は本当に気持ちのいい登山道でした。頂上付近からは富士山がバッチリ拝めるので興奮します。

トイレ関係:★★★★(登山口にキレイなトイレあり。山中にはないけど頑張れる山行時間。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(シャクナゲが凄いらしい。)
紅葉:評価できない。(すでに終了していました。)
絶景:★★★★★(素晴らしいです。)



58座目です。

2014年11月5日⑲_1

金峰山(標高2595m)です。2014年11月5日に青レンジャー1人で瑞牆山荘から登りました。その時の記事がこちら

下部は樹林帯の中をもくもくと歩きますが、砂払ノ頭まで登ると景色が一変します。五丈石が非常に大きかった。

トイレ関係:★★★★(登山口にトイレあり。山中には山小屋にあります。トイレットペーパー必須。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(シャクナゲが咲くようです。)
紅葉:評価できない。(すでに終了していました。)
絶景:★★★★★(素晴らしいです。)



59座目です。

2014年11月5日㉛_1

瑞牆山(標高2230m)です。2014年11月5日に青レンジャー1人で瑞牆山荘から金峰山下山後に登りました。記事は金峰山をご参照下さい。

陽の短い晩秋で、金峰山・瑞牆山の日帰りは辛かった。。。瑞牆山は短い距離とコースタイムに騙されますが、急登続く厳しいお山です。しかし晩秋の平日にも関わらず、たくさんの登山者とすれ違いました。

トイレ関係:★★★★(登山口にトイレあり。山中には山小屋にあります。トイレットペーパー必須。)
登山道整備率:★★★(整備されていますが、上部に行くほど急登で歩きにくい。)
お花畑:評価できない。(シャクナゲが咲くようです。)
紅葉:評価できない。(すでに終了していました。)
絶景:★★★★★(素晴らしいです。瑞牆山のトーフの様な白い岩は屋久島を思い出す。)



60座目です。

2014年11月24日⑲_1

大峰山(八経ヶ岳 標高1915m)です。2014年11月24日に青レンジャー1人で行者還トンネル西口よりピストンしました。その時の記事がこちら

大峰山はかなり山深いところに位置する修験道のお山で、大峰山脈を縦走するのも楽しそうだな・・・と思いました。

トイレ関係:★★(期間中は登山口に仮設トイレあり。期間中は山小屋にもあります。冬期にはどちらもありません。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(シャクナゲがたくさん咲きそう。何と言ってもオオヤマレンゲ。)
紅葉:評価できない。(すでに終了していました。)
絶景:★★★★★(山の奥深さを味わえます。)



日本百名山登頂リストのまとめ その4に続く・・・
日本百名山登頂リストのまとめ その2
日本百名山登頂リストのまとめ その2です。

日本百名山登頂リストのまとめ その2では、
21.笠ヶ岳 22.奥穂高岳 23.八ヶ岳(赤岳) 24.筑波山 25.蓼科山 26.霧ヶ峰 27.美ヶ原 28.火打山 29.トムラウシ山 30.黒部五郎岳 31.鷲羽岳 32.水晶岳 33.五竜岳 34.常念岳 35.御嶽山 36.恵那山 37.妙高山 38.剣山 39.四阿山 40.浅間山
を掲載します。



21座目です。

2012年9月1日笠ヶ岳_1

笠ヶ岳(標高2897m)です。2012年8月31日~9月1日の1泊2日で、新穂高温泉から笠新道をピストンでピンクレンジャーさんと登りました。その時の記事がこちら

ついに憧れの笠ヶ岳を登頂することができました~。笠新道は急登と評判の登山道でしたが、評判通りに辛い登山道でした。激しく急登というわけではないんですが、風通しの悪いジグザグの道を延々と景色も変わらずに登っていくのが辛かった。。。景色の変わる杓子平まで6時間、今でももう1度行こうと誘われても少し躊躇する感じです。次、笠ヶ岳に行く際には小池新道経由で登りたいと思います。

トイレ関係:★★★(笠ヶ岳山荘にしかない。)
登山道整備率:★★★★(整備されていますが、地味な急登は。。。)
お花畑:★★★★(杓子平まで行くとお花はあります。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(素晴らしいです。)



22座目です。

2012年9月14日奥穂高岳_1

奥穂高岳(標高3190m)です。2012年9月13~14日の1泊2日でピンクレンジャーさんと新穂高温泉からピストンで登りました。その時の記事がこちら

槍ヶ岳と人気を2分する北アルプス南部の人気のお山、奥穂高岳に登る主要ルートは上高地側からですが、新穂高温泉からの白出沢ルートはびっくりするくらいに静かな登山道でした。しかし登山道はキレイに整備されており、岩切道など変化に富んでいて、とても面白い登山道なのに、どーして人気がないんでしょうか???やはり見晴らしが悪いのがダメなんでしょうかね。上高地側からですと、通常2泊3日を余儀なくされるのに対し、白出沢ルートは通常でも1泊2日、健脚の方でしたら日帰りも可能ですので、白出沢ルートを利用する価値は大いにあると思います。標高差が大きいのですが(その差2100m)、笠新道よりも体には優しいルートです。

トイレ関係:★★(穂高岳山荘にしかない。)
登山道整備率:★★★★(整備されていますが、最後のガレ場の登りは少々辛い。)
お花畑:★★★(登山道にチラホラ。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(素晴らしいです。)



23座目です。

2012年10月10日八ヶ岳_1

八ヶ岳(赤岳 標高2899m)です。2012年10月10~11日の1泊2日で美濃戸からピンクレンジャーさんと登りました。

北アルプス以外での高山デビューは八ヶ岳でした。美濃戸から行者小屋~文三郎道~赤岳~横岳~硫黄岳~赤岳鉱泉経由でくるっと1周しました。当初は夕食バイキングあり、温泉ありの赤岳天望荘に泊まろうかと思っていましたが、温泉の営業はすでに終了していたため、歩けるのであれば、温泉のある赤岳鉱泉まで、ダメなら自家製野菜が自慢の硫黄岳山荘に宿泊したいと思い歩いた結果・・・硫黄岳山荘泊となりました。

1つ学んだことに、10月の高山山小屋泊の山行は、朝、山小屋を出るのが非常に辛いということでした。。。

トイレ関係:★★★★★(山小屋も多くトイレには困らない。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(6~7月は凄いらしい。)
紅葉: ★★★★(行者小屋までの登山道は程よく紅葉していましたが、北アルプスとかと比べると少し物足りない。)
絶景:★★★★★(素晴らしいです。)



24座目です。

2012年11月5日筑波山_1

筑波山(標高877m)です。2012年11月5日に青レンジャー1人で筑波山神社から登りました。その時の記事がこちら

筑波山には体調が優れない中登りましたが、登山後は体がリセットされたのか、体調が驚くほど回復しました。おそらく汗をかいたのが良かったんでしょう~。「風邪を引いたら山に行く」はオススメの治療法です。筑波山は筑波山神社から登り、帰りはつつじヶ丘に下りました。筑波山には平日にも関わらず、たくさんの方がいてビックリしました。

トイレ関係:★★★★★(観光のお山なのでトイレには困らない。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(あるんでしょうか?)
紅葉: ★★(物足りない。)
絶景:★★★★(都会が見渡せるのでいいんですが、見晴らしが悪いと辛い。)



25座目です。

2013年5月27日蓼科山_1

蓼科山(標高2530m)です。2013年5月27日に女乃神茶屋からピストンで、ピンクレンジャーさんと登りました。その時の記事がこちら

蓼科山はこんもりとした穏やかな山容とは裏腹に、けっこう急登のお山でした。しかし頂上はかなり広い台地になっていました。途中の縞枯れ現象もこの北八ヶ岳独特の景色ですね。

トイレ関係:★★★(女乃神茶屋登山口には簡易トイレがっ。山中は山小屋にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(登山道にはツツジやシャクナゲが咲くっぽい。山頂にもコイワカガミとか少し咲く。)
紅葉: 評価できない。
絶景:★★★★★(色々有名な山が見える。)



26座目です。

2013年5月27日霧ヶ峰_1

霧ヶ峰(車山 標高1985m)です。2013年5月27日に蓼科山下山後に車山高原スキー場のリフトなどフルに使い、ピンクレンジャーと登りました。その時の記事がこちら

霧ヶ峰を果たして登ったというのか。。。少しは歩きました。
霧ヶ峰はお花畑の広がる山域なので、いつかこの周辺を散策してみたいです。

トイレ関係:★★★★★(全く問題なし。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:★★★★★(5月下旬でも車山湿原のお花畑の片鱗を見た。最盛期はきっと凄い。)
紅葉: 評価できない。
絶景:★★★★★(見晴らしはいいです。)



27座目です。

2013年5月28日美ヶ原_1

美ヶ原(王ヶ頭 標高2034.1m)です。2013年5月28日に美ヶ原高原自然保護センターからピンクレンジャーさんとピストンで登りました。その時の記事がこちら

美ヶ原は霧ヶ峰よりも少々歩きましたが、霧ヶ峰よりもテレビ中継塔やホテルなど人工物が乱立しているかと思えば、牧場があったりと大変奇妙な山域でした。

トイレ関係:★★★★★(問題なし。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(咲くようです。)
紅葉: 評価できない。
絶景:★★★★★(見晴らしはいいです。)



28座目です。

2013年6月9日火打山_1

火打山(標高2462m)です。2013年6月9日に母上殿と笹ヶ峰登山口からピストンで登りました。その時の記事がこちら

どうしてもシラネアオイが見たくて、残雪が多く残る6月上旬に火打山に登りました。おそらく登山道の2/3くらいは雪道でした。さすが豪雪地帯。。。往復距離約17kmと、母上殿よ、よく頑張りました。。。

トイレ関係:★★★(登山口にあり。山中には山小屋にあります。6月上旬でも使用させて頂けました。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:★★★★★(登山道下部でもシラネアオイ+イワカガミが咲いていました。天狗の庭は凄いらしい。)
紅葉: 評価できない。
絶景:★★★★★(見晴らしはいいです。)



29座目です。

2013年7月11日トムラウシ山_1

トムラウシ山(2141m)です。2013年7月11日にピンクレンジャーさんとトムラウシ短縮路登山口よりピストンしました。その時の記事がこちら

トムラウシ山の下部は底なし沼の様なドロドロ登山道で、やぶ蚊の巣窟でした。。。何ヶ所刺されたことか。。。しかし、コマドリ沢を登りきると、景色は一変し、天上の楽園の様なお花畑が広がります。本当に素晴らしいお花畑でした。我が故郷のお山、白山に匹敵するほどのお花畑です。ヤバイです。トムラウシ山にはまた行きたいですが、トムラウシ短縮路からは・・・あまり行きたくないので、他の登山口から登りたいです。

トイレ関係:★★(登山口にある。山中には携帯トイレブースしかない・・・ないよりましか。)
登山道整備率:★★★(トムラウシ短縮路の下部は最悪。。。)
お花畑:★★★★★(素晴らしすぎます。)
紅葉: 評価できない。
絶景:★★★★★(見晴らしはいいです。)



30座目です。

2013年8月6日黒部五郎岳_1

黒部五郎岳(標高2840m)です。2013年8月5~9日にかけてピンクレンジャーさんと北アルプス奥座敷周遊を歩きました。黒部五郎岳には8月6日の2日目に登頂しています。その時の記事がこちら

黒部五郎岳は「花の百名山」の作者、田中澄江さんが一番好きなお山だと言っています。お花が好きな青レンジャーもぜひとも登りたかったお山でした。この年はコバイケイソウの大当たり年で、黒部五郎岳カールには尋常じゃない程の群生に出合いました~。

トイレ関係:★★★★(山小屋にあります。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:★★★★★(群生が凄いです。)
紅葉: 評価できない。
絶景:★★★★★(黒部五郎岳カールは圧巻です。)



31座目です。

2013年8月7日鷲羽岳_1

鷲羽岳(標高2924m)です。2013年8月5~9日にかけてピンクレンジャーさんと北アルプス奥座敷周遊を歩きました。鷲羽岳には8月7日の3日目に登頂しています。その時の記事がこちら

鷲羽岳は北アルプス南部のほぼ中央に位置しており、周囲にはもちろん高い木もなく、360度有名な山々に囲まれて終始大興奮の登山道でした。

トイレ関係:★★★★(山小屋にあります。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:★★★★(他のお山と比べると少し少な目です。)
紅葉: 評価できない。
絶景:★★★★★(見晴らし良すぎます。)



32座目です。

2013年8月7日水晶岳_1

水晶岳(標高2978m)です。2013年8月5~9日にかけてピンクレンジャーさんと北アルプス奥座敷周遊を歩きました。水晶岳には8月7日の3日目に登頂しています。記事は鷲羽岳をご参照下さい。

水晶岳は白い砂地の鷲羽岳と違い、緑やお花畑のあるお山でした。水晶小屋より上部には思いがけずハシゴなどもあり険しい個所もありますが、登山道に眠る水晶がキラキラして本当にキレイでした。北アルプスの中で青レンジャーが一番好きなお山です。

トイレ関係:★★★★(山小屋にあります。)
登山道整備率:★★★★(整備されています。水晶岳の頂上付近はやや険しい。)
お花畑:★★★★★(色々なお花が咲いています。)
紅葉: 評価できない。
絶景:★★★★★(見晴らし良すぎます。)



33座目です。

2013年9月6日五竜岳_1

五竜岳(標高2814m)です。2013年9月5~6日の1泊2日でピンクレンジャーさんと登りました。その時の記事がこちら

実はこの時、剱岳挑戦を予定していましたが、天候が悪く八方尾根から唐松岳頂上山荘に泊まり、翌日思いがけず晴れたので、五竜岳まで足を延ばし遠見尾根を下りました。五竜山荘の「山が好き 酒が好き」Tシャツをゲットできて感無量です。

トイレ関係:★★★(山小屋にあります。)
登山道整備率:★★★★(整備されています。牛首、五竜岳の頂上付近はやや険しい。)
お花畑:★★★(八方尾根は凄いけど、遠見尾根はそーでもない。)
紅葉: 評価できない。
絶景:★★★★★(見晴らし良すぎます。)



34座目です。

2013年9月25日常念岳_1

常念岳(標高2857m)です。2013年9月25日に青レンジャー1人で一ノ沢よりピストンしました。その時の記事がこちら

2013年は北アルプス三昧の1年でした。常念岳からは槍穂の景色が見られるとあって楽しみにしていたんですが、上部はあえなくガスの中。。。非常に残念でした。。。次回は蝶ヶ岳まで足を延ばしてみたいです。

トイレ関係:★★★(山小屋にあります。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(9月下旬にはあまり咲いていませんでした。)
紅葉: ★★★★(少し早めでしたがいい感じでした。)
絶景:★★★★★(見晴らしはいいです。)



35座目です。

2013年10月14日御嶽山_1

御嶽山(標高3067m)です。2013年10月14日に母上殿と田ノ原登山口より登りました。その時の記事がこちら

御嶽山の噴火災害・・・本当に残念でなりません。。。せめてせめて、今も御嶽山に眠られている方々のお姿が安らかでありますように。

トイレ関係:★★★★★(山小屋が豊富にあります。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(10月には確認できませんでした。)
紅葉: 評価できない。(山道はすでに終了していました。)
絶景:★★★★★(見晴らしバツグンです。)



36座目です。

2013年11月2月恵那山_1

恵那山(標高2191m)です。2013年11月2日に母上殿と広河原登山口からピストンで登りました。その時の記事がこちら

恵那山は見晴らしがないと大変辛いお山でした。。。

トイレ関係:★★★(山頂より少し下った避難小屋にある。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(11月には確認できませんでしたが、何か咲くんでしょうか?)
紅葉: ★★★★(この時は登山口周辺がキレイでした。木の多いお山なので紅葉はキレイだと思います。)
絶景:★★(頂上の展望台に登っても見晴らしは良くない。)



37座目です。

2013年11月6日妙高山_1

妙高山(標高2446m)です。2013年11月6日に青レンジャー1人で燕温泉登山口よりピストンで登りました。その時の記事がこちら

妙高山は2012年7月28日に緑レンジャーさんと8合目で登頂を断念した苦い思い出があります。。。それから約1年ちょっとでリベンジしました。7月に登った時は、暑いし見晴らしも悪いしお花も咲かないし・・・妙高山単独で登るべきじゃないな・・・と思いました。しかし、空気の澄んだ晩秋の妙高山からは、北アルプスが一望でき大変キレイでした。妙高山は秋が良さそうです。

トイレ関係:★★(登山口にあります。青レンジャーが歩いたルートにはない。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:★(ない・・・しいて言えばハクサンオミナエシが少し確認できました。)
紅葉: 評価できない。
絶景:★★★★★(頂上付近からは見晴らしはいいです。)



38座目です。

2013年11月25日剣山_1

剣山(標高1955m)です。2013年11月25日にピンクレンジャーさんと見ノ越からリフトを使用してピストンで登りました。その時の記事がこちら

剣山は雨の中、何とかリフトが動いたのでリフトを使ってちゃっちゃと登ってしまえ~で登りました。案の定、頂上付近は暴風雨で立っているのでさえもやっとでした。。。次回はお天気のいい時に登りたいです。

トイレ関係:★★★★(営業期間中はトイレに困らないと思います。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(キレンゲショウマが咲くらしい。)
紅葉: 評価できない。
絶景:評価できない。(見晴らしはいいようです。。。わからなかった。。。)



39座目です。

2014年4月12日四阿山_1

四阿山(標高2354m)です。2014年4月12日に母上殿とあずまや高原ホテルよりピストンで登りました。その時の記事がこちら

4ヶ月半振りの日本百名山更新となりました。四阿山からは有名なお山がたくさん見られたので楽しかったです。次回は無積雪時に花の百名山である根子岳とセットで登りたいです。

トイレ関係:★★(あずまや高原ホテル周辺にはなかった。。。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている・・・と思う。積雪期でも人気のお山。)
お花畑:評価できない。(咲くみたいです。)
紅葉: 評価できない。
絶景:★★★★★(見晴らしはいいです。)



40座目です。

2014年4月23日⑲_1


浅間山(標高2568m 前掛山 標高 2524m)です。2014年4月23日にピンクレンジャーさんと天狗温泉よりピストンで登りました。その時の記事がこちら

自己責任で浅間山山頂に登られていらっしゃる方がいたので、ビックリしました。。。

トイレ関係:★★★★(天狗温泉周辺にそこそこキレイなトイレあり。山中の火山館にもある模様。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている・・・と思う。積雪期でも人気のお山。)
お花畑:評価できない。(何か咲くのかな?)
紅葉: 評価できない。
絶景:★★★★★(見晴らしはいいです。火山のお山なので注意が必要。)



日本百名山登頂リストのまとめ その3につづく・・・
日本百名山登頂リストのまとめ その1
この度、運動が苦手だった万年文化系の一般女子である青レンジャーが、めでたく日本百名山登頂60座を越えたので、ここで一旦、登頂したあの山この山をまとめてみたいと思います。

2011年、明確に日本百名山制覇するぞ~と思い始めて4年目。あとどれくらいで完全制覇できるかわかりませんが、これからもがんばっていきたいと思います。

このブログを始める2012年以前にすでに登頂してしまったお山にはありませんが、2012年以降に登頂したお山にはリンクも貼ってあります。ご参考になれば幸いです。

なお、女子ならではの目線で色々と評価もしてみました~。
女子の気になる「トイレ関係」、「登山道整備率」、「お花畑」、「紅葉」、「絶景」の5項目を、

最低評価で★
最高評価で★★★★★

と表記したいと思います。
ちなみに、あくまでも青レンジャーが登ったルートでの評価ですので、かなり偏りがあると思います。登った季節もまちまちなので、評価できない項目もあります。ちなみに「トイレ関係」って・・・山中にも適度にトイレがあるかとかキレイかとか。。。

日本百名山登頂リストのまとめ その1では
1.白山 2.立山 3.荒島岳 4.阿寒岳(雌阿寒岳) 5.開聞岳 6.霧島山(韓国岳) 7.羅臼岳 8.大雪山(旭岳) 9.焼岳 10.九重山(久住山) 11.伊吹山 12.宮之浦岳 13.斜里岳 14.槍ヶ岳 15.乗鞍岳 16.雨飾山 17.白馬岳 18.祖母山 19.阿蘇山(高岳) 20.利尻山
を掲載します。



まずは記念すべき1座目~。

2008年7月白山(写真は2010年7月18日)_1

もう、何度も登っている我が故郷の山、白山(標高2702m)です。お写真は、頂上の「御前峰」の標識には少し飽きたので、「大汝山」の標識にしてみました。これは2010年7月18~19日に1泊2日山小屋泊で登った時のお写真です。梅雨明け直後で素晴らしくいいお天気でした。

白山の登頂時期については2008年と記載しましたが、実は頂上まで行っていない。。。
正確な初登頂時期は、小学校低学年の頃に父親に連れられて1泊2日山小屋泊で登ったことが2回あります。なので、本当の登頂時期は19・・・いやいや、正確な年号は控えさせて頂きます。しかし大人になって自らの意志で登ったのがこの2008年7月であり(こっちも正確な日時は曖昧。。。)、初めて日帰りで白山の頂上である御前峰を極めたのが、翌年2009年9月に岐阜県側からの登山口である平瀬道からでした。どちらも青レンジャーの母上殿と一緒に行っています。
何はともあれ、白山は何度登っても飽きないお山です。そして、日本全国津々浦々のお山に登っている青レンジャーですが、白山のように高山植物のお花畑が広がるお山はなかなかないものです~。

トイレ関係:★★★★★(主要ルートである砂防新道には適度にあり。)
登山道整備率:★★★★★(本当にキレイです。)
お花畑:★★★★★(文句なし!)
紅葉:★★★★★(平瀬道からの方がキレイです。)
絶景:★★★★★(あえて言うなら、頂上付近まで行かないと北アルプスが見られないことでしょうか?)



2座目です。

2008年7月立山(写真は2013年9月20日)_1

立山(標高3015m)です。お写真は2013年9月20日に立山の最高峰である「大汝山」に登った時のものです。その時の記事はこちら

立山にも幾度となく登っていますが、初めて立山に登ったのは、2008年7月でした。もちろん日時は曖昧。。。この時も母上殿と一緒です。立山の絶景にはまってしまった母上殿が、毎週末立山に通い、ついに白山まで登れるようになった青レンジャーを引き連れて、室堂~一の越~雄山~大汝山~別山~別山乗越~雷鳥沢~室堂を歩きました。最初から雄山ピストンや大走りで下山という選択肢はナシ。。。最後、バスの時間を気にしながら、母上殿に急かされて帰ったのを覚えています。

トイレ関係:★★★★★(適度にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★★(室堂周辺のチングルマは凄いですよね~。)
紅葉:★★★★★(草紅葉がいいです。)
絶景:★★★★★(文明の利器であの絶景は~!それは観光客もわんさかいらっしゃいます。)



3座目です。

2008年7月荒島岳(写真は2014年2月12日)_1

荒島岳(標高1524m)です。お写真は2014年2月12日に登った時のものです。その時の記事はこちら

当初お山へ行く時は、デジカメが壊れるといけないので持っていきませんでした。なので、初期の頃の山の写真がほとんどない。。。
荒島岳には母上殿と2009年7月に勝原スキー場跡から登りました。たしか、白山に行こうとしたのに、お天気が悪くて荒島岳に変更したので、もちろん荒島岳も小雨の降る中、登りました。雨は降るわ、ガスで景色もほとんど見えないわ、下山時足は挫くわで散々でした~。
でも、独立峰なので晴れていれば見晴らしはいいです~。

トイレ関係:★★★(登山口にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★(頂上に少し・・・あるかな。。。)
紅葉:評価できない。(ブナ林が広がってとてもキレイらしいです。)
絶景:★★★★(本当に見晴らしが良くないと辛い。。。)



4座目です。

2009年9月4日雌阿寒岳_1

阿寒岳(雌阿寒岳 標高1499m)です。2009年9月4日に雌阿寒温泉からピストンで、ピンクレンジャーさんと登りました。

雌阿寒岳は青レンジャーにたくさんの気付きをくれたお山でした。
まずは、青レンジャーの届かない範囲(自家用車で登山口まで行くのが困難と言う意味)のお山に行く方法。飛行機+レンタカーを使えば、全国のどんなお山の登山口にでも行けることを知りました。当たり前ですけど。。。それができたということは非常に感激しました。そして、「日本百名山」と名が付くお山には必ず人がいるということ。実はこの時が初めての泊りがけで行く登山旅行でした。これまで、北陸三県のお山にしか登ったことがなかったので、その他の県のお山事情がよくわかりませんでした。なので、北陸のお山と同じような感覚で北海道の手頃だと思われる低山に行ったら・・・
だ~れもいない。。。ヒグマも怖い。。。登山道も不明瞭。。。で、かなり怖い思いをしました。それから、土地勘のない県のお山に行く場合は、日本百名山に行った方が安全なんだな・・・ということを学習しました。

トイレ関係:★★★(登山口にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★(火山のお山ですが、メアカンフスマ、メアカンキンバイという珍しいお花が咲く。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(眼下に深い森の中、オンネトーなど湖が見える。常にガスが吹き出しているので若干怖いけど。。。)



5座目です。

2009年12月3日開聞岳_1

開聞岳(標高924m)です。2009年12月3日にピンクレンジャーさんと緑レンジャーさんと3人で、かいもん山麓ふれあい公園からピストンで登りました。

夏の北海道登山旅行で味を占めた青レンジャー達は、九州の温泉とセットで今度は九州登山旅行に出かけました。

この時は、桜島の噴煙が妙に多くなった時期で、楽しみだった景色は何だかもや~っとしていました。でも眼下に広がる景色は迫力あります。

トイレ関係:★★★(登山口にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:評価できない。(何かあるのかな???)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(見晴らしはいいです。)



6座目です。

2009年12月4日霧島山_1

霧島山(韓国岳 標高1700m)です。2009年12月4日に九州登山旅行の一連で、開聞岳登頂の翌日に、これまたピンクレンジャーさんと緑レンジャーさんとで登りました。

霧島山の最高峰である韓国岳に一番最短距離で登れる登山口はえびの高原からですが、青レンジャー達はあえて大浪池の方から登りました。大浪池がどーしても見たくて。。。この日は晴天に恵まれ、本当に素晴らしい景色を見ることができました。

翌年、韓国岳のお隣の新燃岳が噴火して登山規制されたのには本当に驚きました。

トイレ関係:★★(大浪池登山口にはなし。しかしえびの高原にはあります。登山時間は短いのでガマンできる範囲かと。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:評価できない。(ミヤマキリシマの咲き乱れを見たい~。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(霧島連山の山並みは素晴らしい。)



7座目です。

2010年9月2日羅臼岳_1

羅臼岳(標高1661m)です。2010年9月2日に木下小屋からピストンでピンクレンジャーさんと登りました。

登山旅行が定番になりつつあり、元々北海道知床には旅行でよく訪れていた場所。今度は山も付け加えてみようということで、知床で一番高い羅臼岳を目指しました。しかし、知床は道路からでもヒグマを目撃することもあるヒグマ高生息地域。もし、羅臼岳にだ~れも登っていないようならやめよ・・・という気持ちで登山口まで行ったら、そこそこ登られる方がいらっしゃいました。これなら・・・ということで登頂できました。羅臼平からはず~っとガスの中でしたが、同じ時刻に登られた方との会話や、この時の青レンジャー達にとっては比較的レベルの高いお山に登ることができて、大変満足しました。さすが日本百名山。ただ、今でも心配なのが、「弥三吉水」、生で飲んだよ。。。

トイレ関係:★★(登山口にあるが山中にはない。そこそこ長めの行程なので近い人には厳しいかも。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★(大沢あたりに咲く。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(この時はガスっていましたが、他の方の写真を見ても、山並みや海まで見渡せるのでいいハズ。。。)



8座目です。

2010年9月4日旭岳_1

大雪山(旭岳 標高2291m)です。2010年9月4日にピンクレンジャーさんと行きました。

北海道最高峰のお山ですが、大雪山旭岳ロープウェイを使えば、一気に標高1600mの姿見の池まで行けます。旭岳ピストンだと少々物足りない行程なので、間宮岳を経由して、秘湯中の秘湯、中岳温泉に入ってぐるっと1周コースを歩きました。中岳温泉を非常に楽しみにして行ったのですが、川が増水した後だったようで、看板が流されて、後であれが中岳温泉だったのか・・・と気付いたくらいでした。またリベンジしたい。

トイレ関係:★★★(姿見の駅にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★★(裾合平が凄い~。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(姿見の池に映る旭岳は桃源郷のよう。)



9座目です。

2010年9月焼岳(写真は2012年5月27日)_1

焼岳(標高2445m)です。2010年9月に中尾高原から母上殿と登りました。お写真は2012年5月27日に登った時のものです。その時の記事がこちら。焼岳には計3回登りましたが、どれも中尾高原からのみ。人気ないけど。。。

そろそろ北アルプスのお山に登ってみたいな~と思い始めていたところ(あ、立山にはすでに行っていましたが。。。)、焼岳なら初心者にも登れそうなので、焼岳小屋泊の1泊2日で行きました。1日目はガスガスの中ひたすら登っただけでしたが、2日目は見事に晴れて、素晴らしい展望が見られました。焼岳登頂後は西穂山荘方面に向かい、新穂高ロープウェイで下山して最後はバスで中尾高原まで戻るハズだったんですが、バスが行ってしまい、雨に降られながら中尾高原まで泣く泣く歩いた思い出があります。。。焼岳小屋ー西穂山荘の間の登山道で見た笠ヶ岳の美しいお姿に目を奪われ、いつか行ってみたいな・・・と強く思ったものです。その思いは2年後叶えることになるんですが。

トイレ関係:★★★(中尾高原、中の湯登山口にはない。上高地にはあると思います。山中には焼岳小屋にあります。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★(火山のお山なのであんまり咲かない。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(頂上からは北アルプスや乗鞍岳など有名な山々が見渡せます。)



10座目です。

2010年12月4日久重山_1

九重山(久住山 標高1787m)です。2010年12月4日に牧ノ戸峠からピストンでピンクレンジャーさんと登りました。

九重山は九州のお山の中でもダントツの人気でした。12月と言うのに凄い登山者の数~!!!終始見晴らしの良い登山道はとても楽しかったです。いつかは秘湯の法華院温泉に入りたい~。それと最近知ったのですが、久重連山の主峰は久住山ですが、最高峰は中岳なんだ。。。

トイレ関係:★★★(牧ノ戸峠登山口にあり。山中にもありますが避難小屋のやつ使えるのかな?)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:評価できない。(ミヤマキリシマが凄いらしい。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(終始見晴らしがいい。)



11座目です。

2011年4月14日伊吹山_1

伊吹山(標高 1377m)です。2011年4月14日に伊吹登山口からピンクレンジャーさんと登りました。2014年3月11日にも登っています。その記事がこちら

登山が本格的な趣味として定着し、若干本気で日本百名山を狙い始めた頃です。
この時は春のお花を追いかけて、前日に藤原岳に登り、その翌日伊吹山に行きました。伊吹山は薬草の宝庫と言われるくらいに色々なお花が咲くそうですが、行ってみると評判にたがわず、春のお花がたくさん咲いていました。途中、伊吹山の植物博士のオジサンと遭遇し、たくさんの知識を教えて頂きました。

トイレ関係:★★★★★(山中にも定期的にあり。有料道路開通時期だと頂上着いたら観光客が。。。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★★(春~夏にかけて色々と楽しませてくれる。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(独立峰なので見晴らしがいい。)



12座目です。

2011年5月31日宮之浦岳_1

宮之浦岳(標高1936m)です。2011年5月31日に淀川(よどごう)登山口からピンクレンジャーさんと登りました。

屋久島には4泊5日で行きました。宮之浦岳まで登るんなら縄文杉まで縦走したい~。でも、途中避難小屋に泊まるのは。。。満杯になった時の保険としてテントを持っていかないといけないし、何より女子2人であのトイレの様な避難小屋に泊まるのは~!!!ということで、頑張って淀川登山口~宮之浦岳~縄文杉~荒川登山口まで日帰り縦走しちゃえ~で、実行しました。青レンジャー達以外では、他に韓国からの旅行者の方が同じルートを日帰りしていました。行きは淀川登山口まで車で、帰りはタクシーを予約して淀川登山口まで帰りました。タクシー代7000円は痛い。。。
宮之浦岳は丁度ヤクシマシャクナゲの季節で、この年は裏年でしたがそこそこ咲いていました。また、この日は台風が過ぎ去った直後で、雨の多い屋久島にしては珍しく終始晴天に恵まれ、とても良い1日でした。あと、実は初めてと言っていい程、自分たち以外の山ガールをたくさん見たので妙に興奮しました。。。

トイレ関係:★★★(淀川・荒川登山口にトイレあり。山中にもありますが、キレイとは。。。ないよりましか。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。特に淀川登山口~宮之浦岳は登山靴がキレイになるほど。)
お花畑:★★★(ヤクシマシャクナゲ以外特別豪華な群生はない。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★(雨やガスがかかっていなければ独特な景観が楽しめます。しかし晴天の時ってそんなになさそう。)



13座目です。

2011年7月11日斜里岳_1

斜里岳(標高 1536m)です。2011年7月11日に清岳荘からピンクレンジャーさんと緑レンジャーさんとで登りました。

斜里岳は・・・色々な教科書の標準コースタイムに惑わされ、軽いお山なのかな~と思ったら、全然違いました。沢沿いのコースなので、増水したらとんでもないコースになってしまいます。若干緑レンジャーさんがパニックになってしまいました。馬の背まで来るとお花畑が広がってキレイでした。頂上は虫が多くて再び緑レンジャーさんがパニくっていました。帰りは新道である熊見峠経由で帰りましたが、残雪が多くて竜神ノ池に立ち寄れずに帰ってしまったのが心残りです。

トイレ関係:★★★(清岳荘に有料のキレイなトイレあり。)
登山道整備率:★★★(沢沿いコースはちょっとな。。。)
お花畑:★★★★(登山道にもちょこちょこ、馬の背にはたくさん咲いています。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(独立峰なので見晴らしがいい。)



14座目です。

2011年8月2日槍ヶ岳_1

槍ヶ岳(標高 3180m)です。2011年8月1~3日の2泊3日で、新穂高温泉から双六小屋経由でピンクレンジャーさんと登りました。

ピンクレンジャーさんと初めての2泊3日山小屋の旅。なぜか自炊してしまい、あれやこれやと無駄な物もたくさん詰め込み、ザックがとんでもない重さになってしまいました。

この年の夏のお天気は非常に不安定で、夏山最盛期というのにお山の方にはいつもどんより雲が立ち込めていました。しかし、この夏は絶対に槍ヶ岳に行きたい~!!!と思い、多少お天気に目をつぶって登ったところ、稜線では終始ガス+小雨に降られ、見晴らしもへったくりもありませんでした。唯一良かったことと言えば、槍の穂先の渋滞が全くなかったことでしょうか。このルートはまたリベンジした~い。

トイレ関係:★★★★(有名な山域なので定期的にあり。しかし上高地ルートよりも少ないですよね。)
登山道整備率:★★★★(整備されていると思いますが、やはり槍の穂先は初心者の方にはオススメできない。)
お花畑:★★★★★(鏡平山荘~西鎌尾根は凄い~!!!)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(ガスでそんなに見えていなかったのですがそれでも凄い。)




15座目です。

2011年9月7日乗鞍岳_1

乗鞍岳(標高3026m)です。2011年9月7日に畳平からピストンでピンクレンジャーさんと登りました。

この時、本当は笠ヶ岳に登りたかったのですが・・・やはりお天気に恵まれず、日帰りできる高山と言うことで乗鞍岳に行きました。乗鞍岳は標高2702mの畳平まで文明の利器で入れるので、大したことないだろうと思っていたんですが、素晴らしい景色を見ることができました。さらにコマサクも咲いていてビックリ!!!

トイレ関係:★★★★★(短い道中に山小屋多数。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★(そこそこ咲いている。特に畳平周辺。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(いいです。)



16座目です。

2011年9月28日雨飾山_1

雨飾山(標高1963m)です。2011年9月28日に緑レンジャーさんと雨飾山荘から薬師尾根をピストンしました。

雨飾山の登山道といえば圧倒的に小谷温泉からですが、まだまだ長距離運転日帰り登山が心配だったこの頃、少しでも運転時間を短くしようと、新潟県糸魚川市の登山口から登りました。あまり人気のない?薬師尾根は、人気がないのもわかるくらいに湿った土道で急坂が多く、展望もない登山道で、結局誰ともすれ違いませんでした。そして笹平で小谷温泉からの合流点に来てビックリ!!!20~30人くらいの方と出会いました。小谷温泉からの登山道はそんなにいいんでしょうか?次、雨飾山に行く時は、小谷温泉から登りたいと思います。

トイレ関係:★★(新潟県方面の登山口にはない。小谷温泉方面にはあるようですが。もちろん山中にもなし。)
登山道整備率:★★★★(不明瞭なところはないですが、湿った土道で急坂。時にはハシゴも。)
お花畑:★★★(笹平に行かないとない。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(後立山連峰~槍穂の稜線が見える。)



17座目です。

2011年10月9日白馬岳_1

白馬岳(標高2932m)です。2011年10月9~10日の1泊2日で、猿倉荘を起点に白馬岳~白馬鑓ヶ岳~白馬鑓温泉経由で母上殿と行きました。

1日目は大雪渓を通ったんですが、これが大雪渓???と後でわかったくらいの規模になっていて、所々クラックがありました。アイゼンもつけずに大雪渓通過時間わずか30分で終了。。。しかし、晩秋の高山であったにも関わらず、ウルップソウやコウメバチソウが咲いていました。さすが花の白馬岳~。2日目の稜線歩きはものすごく寒かったんですが、素晴らしい景色でした。そして大出原あたりにはチングルマの綿毛がたくさん~。夏に来たらきっと凄かったと思います。白馬鑓温泉はすでに営業が終了しており、湯船だけになっていましたが、テント泊されている方もいて賑やかでしした。

トイレ関係:★★★(登山口、とにかく山小屋にはある。営業終了後の鑓温泉にはなかった。。。)
登山道整備率:★★★★(晩秋の大雪渓はヤバい。)
お花畑:★★★★★(晩秋でも凄いと思ったので夏はもの凄いと思う。)
紅葉: ★★★★★(この時期は小日向のコル以降がキレイでした。)
絶景:★★★★★(悪いわけがない。)



18座目です。

2011年12月5日祖母山_1

祖母山(標高1756m)です。2011年12月5日にピンクレンジャーさんと緑レンジャーさんと北谷登山口からピストンしました。

実は祖母山は2010年の冬にピンクレンジャーさんと1度来ており、途中敗退していたんです。。。あまりにも風が強くて(小雨も降っていました。。。)、誰もいなくて、怖くて1時間ほど登って下山。。。今回は見事リベンジすることができました。祖母山は本当に山深いところに位置しており、北谷登山口までも長く細い山道を運転しないといけなくて、けっこう緊張です。祖母山から見た傾山の傾きに目を奪われました~。

トイレ関係:★★(北谷登山口には夢に出てきそうなトイレあり。。。ないよりましか。。。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。風穴方面は汚いらしい。)
お花畑:評価できない。
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(見晴らしはいいです。)



19座目です。

2012年3月21日阿蘇山_1

阿蘇山(標高1592m)です。2012年3月21日にピンクレンジャーさんと緑レンジャーさんとで、仙酔峡から登りました。

阿蘇山も実は・・・前回、祖母山登頂の翌日に途中まで登ったんですが、緑レンジャーさんのバッテリーが上がり、途中敗退していました。。。今回はわずか4ヶ月でリベンジです。

阿蘇山は溶岩の岩々しい登山道で、高岳火口壁に出るまでず~っと比較的急な登りでした。しかし、高い木があるはずもなく、終始見晴らしの良い登山道です。青レンジャーの住んでいる周辺にはなかなか見られない山容です。

トイレ関係:★★★(仙酔峡登山口にあります。山中にはない。)
登山道整備率:★★★★(岩々しい。月見小屋~天狗ノ舞台をくるっと1周したんですが、その道が分かり辛かった。)
お花畑:評価できない。(ミヤマキリシマは有名。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(見えすぎます。)



20座目です。

2012年6月27日利尻山_1

利尻山(標高1719m)です。2012年6月27日にピンクレンジャーさんと緑レンジャーさんとで鴛泊(おたとまり)登山口から登りました。その時の記事がこちら

利尻山もリベンジ登山の1つです。2010年6月初旬に登ろうとしたんですが、長官山以降は残雪が多く、ここまで来てやもなく撤退した非常にもったいない思い出があります。利尻島+礼文島って、季節限定(観光シーズンは6~9月)の島旅で、行くのも大変、お金も大変な場所です。日本百名山を制覇するには、ここまでもう1度来ないと行けないのか・・・と愕然としたものです。今回も見事リベンジ成功です。利尻島+礼文島は、青レンジャーが非常に好きな地域なので、いつかまた訪れたいです。

トイレ関係:★★(鴛泊、沓形の登山口にあり。山中には携帯トイレブースしかない。使いたくなければ10時間以上の我慢が必要。。。やはりないよりましか。。。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★★(固有種あり。山頂直下のボタンキンバイが凄い。山中に咲くリシリヒナゲシが見たかった。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(360度・・・少しローソク岩が邪魔ですが、素晴らしい見晴らし。)



日本百名山登頂リストのまとめ その2へ続く・・・
Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ