FC2ブログ
美ヶ原トレイルラン祭りだ~
2018年6月28~30日にかけて、母上殿のために日本百名山登山旅行に行ってきました。

6月30日になります。
この日は美ヶ原(標高2034m)に行きました。

この旅行ですでに2座登頂している母上殿は大満足で、美ヶ原の最高峰である王ヶ頭まで最短距離で行きたいのこと。それなら、以前青レンジャーも登った美ヶ原自然保護センターから登りましょう。

佐久市のホテルから美ヶ原の登山口である長野県松本市まで車で行きます。
あああ・・・3日間中、今日が一番お天気が良かったよ。。。

2018年6月30日①_1

浅間山が良く見える。。。今日登ったら浅間山がキレイに見えたかな。

2018年6月30日②_1

美ヶ原自然保護センターです。相変わらずあんまり人がいません。
麓は比較的晴れていたんですが、標高が上がるにつれガスガスになってしまいました。今日も今一つな景色しか見られそうにもありません。。。

2018年6月30日③_1

準備を済ませ、早速登り始めましょう。最初は一般車両立ち入り禁止の道路を歩きます。

2018年6月30日④_1

整備された登山道に入ります。草木が結構濡れていました。ここは夜間雨が降っていたんでしょうか。

2018年6月30日⑤_1

立派なサラサドウダン。

2018年6月30日⑥_1

登って行くとレンゲツツジがたくさん咲いていました。この季節はレンゲツツジが最盛期のようです。緑色の中に朱色がよく映えます。

2018年6月30日⑦_1

この旅行で3座目とは思えないくらいに元気な母上殿。後はもやってなければいいんだけどな~。

2018年6月30日⑧_1

美ヶ原に建つテレビ塔群落の一部が見えてきました。ははは~。

2018年6月30日⑨_1

ホテルもあります。

2018年6月30日⑩_1

ホテルの前を通って、王ヶ頭です。母上殿日本百名山35座目です。
ご欄の通り、景色は何にも見えません~。
あまりにもあっけない登頂なので、母上殿ももう少し歩きたいとのこと。それなら王ヶ鼻まで足を延ばして下山しましょう。

D2018年6月30日⑪_1

王ヶ鼻に向けて歩きます。
あら?走っていらっしゃる方がいる・・・調べてみると、今日は美ヶ原トレイルランの大会の日でした~。今年はTJARが開催される年でもあるので盛り上がりますね~。また今年もTJARのルート上の山域に出没しようかしら?

2018年6月30日⑫_1

道路の脇に咲いていた花、テガタチドリ。

2018年6月30日⑬_1

ハクサンフウロ。

2018年6月30日⑭_1

レンゲツツジはたくさん咲いていました。これだけ咲いていたら見ごたえがあります。

2018年6月30日⑮_1

王ヶ鼻に到着です。ここからは北アルプスの山々が見えるはずなんですが、何にも見えません。

2018年6月30日⑯_1

一瞬だけ松本市内が見えました。選手たちの雄姿も激写です。

2018年6月30日⑰_1

ミヤマキンバイかな~と思いましたが、これはキジムシロかな~。

2018年6月30日⑱_1

ウスユキソウの花束。

2018年6月30日⑲_1

美ヶ原自然保護センターに戻って着ました。相変わらず車が少ないです。



9:00 美ヶ原自然保護センター
9:45 王ヶ頭
10:20 王ヶ鼻
11:10 美ヶ原自然保護センター
(休憩時間20分を含む)

計 2時間10分の山旅でした。



<総論>
美ヶ原は人が少ない?



美ヶ原下山後、久し振りに白骨温泉に入りました。

2018年6月30日⑳_1

母上殿は白骨温泉は初めてだったらしい。そうだっけ?

2018年6月30日㉑_1

相変わらず泉質のクオリティが高いです~。
スポンサーサイト
エアコン効きすぎのお山
2018年6月28~30日にかけて、母上殿のための日本百名山登山旅行に行ってきました。

6月28日、午前中の内に黒斑山を下山したので、もう1座行きますか~

佐久市から比較的近く、ちゃっちゃと登れるお山と言えば、霧ヶ峰。あのエアコンで有名な。黒斑山から霧ヶ峰の最短登山口である車山高原まで車で1時間30分程度で行け、しかもリフトを使用すれば、最高峰の車山(標高 1925m)まで往復10分程度なので午後からでも十分行けるハズ。母上殿はどうしてこんな簡単な日本百名山を今まで残していたのか、話を聞くと、いつでも行けるのでもったいなかったというのもありますが、去年1人で蓼科山に行った際に、霧ヶ峰にも寄ろうとしたけどどこかわからなかったらしい。ナビも携帯も道路標識も長野県の本という教科書もあるのに。。。でも、今回行けたし良かったかな。

2018年6月29日①_1

懐かしき車山高原スカイプラザです。
ここからリフトを2つ(スカイライナーとスカイパノラマ)乗り継げば、車山山頂まですぐです。
しかし・・・ここまで来る途中、特に白樺湖(シラカバリゾ~ト ファミリーランドっ♪)あたりは雨に降られてあんまりいいお天気じゃない。。。車山高原でリフト券を購入しますが、あいにく強風のため、リフトは中腹までのスカイライナーしか運行していませんでした。はるばるここまで来たので、中腹から足で車山まで往復するしかありません。さらに追い打ちをかけるように、霧ヶ峰も暴風雨になってしまいました。。。

・・・しばらく車の中で待つと、雨はおさまりました。念のためカッパを着込んで、貴重品だけ持ってリフトに乗ります。

2018年6月29日②_1

ゲレンデは草木が覆い茂り、時折ニッコウキスゲなどのお花が見られます。以前来た時は5月末だったので、水芭蕉くらいしか咲いていませんでしたが、初夏にはたくさんのお花が咲くんですね~。ああ、もっとじっくり見たい。

2018年6月29日③_1

リフトを下りると・・・ああ、乳白色。。。
雨はほとんど降っていないので、頑張って車山まで登りたいと思います。

2018年6月29日④_1

眼下の街並みは見えるのにな~。
もし、霧ヶ峰が晴れていたら、車山はちゃっちゃと行って、八島湿原も見たかったな~。以前、8月に行ったことがあるんですが、今の時期どんなお花が咲くのか気になります。

2018年6月29日⑤_1

乳白色の景色の中で慰めてくれるお花達。コバイケイソウ。期待を裏切らない臭いです。。。

2018年6月29日⑥_1

ウスユキソウさん。

2018年6月29日⑦_1

ハクサンフウロさん。

2018年6月29日⑧_1

黙々と登り続け、ようやく車山頂上に到着です。車山神社と気象レーダー観測所があります。母上殿、日本百名山34座目。

2018年6月29日⑨_1

車山山頂の看板。

2018年6月29日⑩_1

強風で寒すぎっ!!!
風で身体が飛んでいきそうなので、観測所の裏から出ることができません。しかし、母上殿は意を決して山頂看板まで行きました。

2018年6月29日⑪_1

長居は危険なので、そそくさと下山です。

2018年6月29日⑫_1

下界が見えています。

2018年6月29日⑬_1

リフト乗り場まで戻ってきました。



14:00 中腹のスカイライナー終点
14:40 車山山頂
15:30 中腹のスカイライナー終点
(休憩時間は・・・あったのか?)

計 1時間30分の山旅でした。



<総論>
いつかゆっくりのんびりとエアコンのような霧ヶ峰周辺を散策したい~。
ゼブラ柄のお山
2018年6月28~30日にかけて、母上殿の日本百名山登山旅行に行ってきました。

最近では予定が合えば、母上殿と日本百名山登山旅行に出かけている青レンジャーです。そろそろ青レンジャーは2回目の日本百名山登山旅行になりつつあるでしょうか?6月の月末に丁度予定が合ったので、空梅雨の今年、どこのお山に出没しようかな~っと母上殿と相談していたのですが、旅行予定前日から台風の影響で全国的に天候が不安定な様子。。。あ~あ
それでもお天気が良い場所はないか探したところ、長野県が良さそうです。なので今回、母上殿が登頂していない長野県の日本百名山を登ってきました。

最近では自宅を深夜出発する登山は身体にこたえる母上のため、6月28日の日中に長野県内に移動します。色々なお山に出没しやすいかな~っということで、佐久市のホテルに泊まります。佐久市のホテルからは八ヶ岳や浅間山・・・の裾野が見えました。てっぺんはガスに覆われていてよくわかりません。。。

6月29日、相変わらず黒い雲がどんよりしていますが、前日よりもお天気はましなようです。今日は八ヶ岳の赤岳に行くか浅間山にするか悩みましたが(蓼科山は去年登頂済み)、お天気がイマイチなので、浅間山に登りたいと思います。早速浅間山の登山口に向かいましょう。

2018年6月29日①_1

浅間山の登山口である、高峰高原ホテル前の車坂峠登山口です。
浅間山は2015年より噴火警戒レベルが2に上がり、半径2㎞圏内は立ち入り禁止です。なので、現在、浅間山≒黒斑山(標高 2404m)となっています。青レンジャーはそれ以前の浅間山≒前掛山(標高 2524m)時代に天狗温泉から登頂したので、黒斑山は初めてです。車坂峠で標高1973mもあるので、大変ありがたい登山口です。麓は比較的晴れていたんですが、標高が上がるにつれガスがかかり、登山口はご覧のとおり。。。台風の影響か風も強いので気持ちが萎えそうです。しかし、せっかくここまで来たので景色は我慢して黒斑山を目指したいと思います。
黒斑山までは表コースと中コースがありますが(裏ルートは破線ルートらしい)、風が強いので比較的樹林帯の中を歩くであろう中コースで登りたいと思います。

2018年6月29日②_1

登山口よりグンバイヅルがっテンション上がるわ~

2018年6月29日③_1

非常に整備された登山道です。山と高原地図には登山道に危険マークがありましたが、どこのことなのかわからないくらいです。

2018年6月29日④_1

乳白色の景色サイコ~?
・・・ううう、登山道もぐちゃぐちゃぎみです。。。木が風に揺れると水滴がぽろぽろ落ちてくるけど、雨は降っていないようです。

2018年6月29日⑤_1

黙々と進むと、稜線に出てきたようです。黒斑山まであと0.6㎞。

2018年6月29日⑥_1

ここからは独特な山容の浅間山の美しいお姿が見えるんだろうな~。見えるのはガスばかり。。。

2018年6月29日⑦_1

時々ガスの切れ間から、軽井沢の街並みが見えます。下界はお天気が良さそうです。
私としては、以前歩いた天狗温泉からの登山道が上から見るとどんな感じになっているか見たかった。。。

2018年6月29日⑧_1

ガスの中でも元気づけてくれるお花さん。コイワカガミ。

2018年6月29日⑨_1

ハクサンイチゲ。

2018年6月29日⑩_1

イブキノトラノオ。まだ咲きたてなので非常に臭いです。ト、トイレの臭い。。。

2018年6月29日⑪_1

トーミーの頭です。景色は何も見えず風が相当強いです。

2018年6月29日⑫_1

草すべり分岐です。ここを下ると以前歩いた天狗温泉からの登山道と合流します。

2018年6月29日⑬_1

噴火監視装置です。

2018年6月29日⑭_1

はい、黒斑山頂上です。母上殿日本百名山33座目です。モクモク煙の浅間山はな~んにも見えません。。。

2014年4月23日⑲_1

2014年春に登った前掛山から見た浅間山。母上殿、今回は残念でした。

ガスが晴れないか30分程休憩して粘りましたが、寒くなってきたので下山します。風も比較的弱くなってきたので、下山は表コースを歩きたいと思います。

2018年6月29日⑮_1

体力に自信がないと言うが、スタスタ下山する母上殿。

2018年6月29日⑯_1

槍ヶ鞘。「たこ」って読んでしまいました。。。

2018年6月29日⑰_1

天狗温泉からの登山道でも思いましたが、浅間山はコケモモがたくさん咲いていますね。

2018年6月29日⑱_1

初々しいゴゼンタチバナ。群生しているとお写真を撮りたくなります。

2018年6月29日⑲_1

避難小屋シェルターです。たしか前掛山直下にもありました。

2018年6月29日⑳_1

表コースにはハクサンシャクナゲの木がたくさんありました。

2018年6月29日㉑_1

今年は裏年?なのでしょうか?ハクサンシャクナゲのお花はそんなにたくさんは咲いていません。

2018年6月29日㉒_1

無事、登山口に戻ってきました。



7:35 車坂峠登山口
9:30 黒斑山頂上
10:25 槍ヶ鞘
11:45 車坂登山口
(休憩時間30分を含む)

計 4時間15分の山旅でした。



<総論>
ゼブラ模様が見えないと、浅間山に登ったのか自信がない。
2018年ゴールデンウィーク遠征登山旅行 3、4日目
2018年4月27~30日にかけて、母上殿とゴールデンウィーク遠征登山旅行に行ってきました。

4月29日、3日目になります。
1日目は石鎚山、2日目は剣山を制覇しその日は鳴門市内に宿泊しました。3日目は当初の計画では、奈良県と三重県の県境にある、大峰山と大台ケ原に行く予定でした。しかし、母上殿が、

「やっぱり毎日山に登って、これ以上さらに2つも百名山に登るのは体力的に無理やわ~。」

とのこと。やっぱり~
じゃあ帰る?・・・でも四国まで来て、このまま帰るのも非常にもったいない。そこで母上殿が、

「大山にしない?」

え?大山?あの鳥取県の大山(最高峰は剣ヶ峰1729mですが、現在立ち入り禁止のため、弥山1709.4m)
確かに、今回の旅行中に、最後大山に行くという案もありましたが、四国から山陰地方に移動するのは大変ということで止めました。しかし、剣山リフトの乗車中に、「剣山からは、晴れていれば大山が見えます」みたいなことを聞いた母上殿は、一気に大山熱を発症しました。当初の予定の奈良県の大峰山は、近くに日本百名山の大台ケ原があり、せっかくそこまで行ったのなら、何が何でも2座とも制覇したくなりますが、大山に行けば、その周辺の日本百名山は大山しかないので、大山を制覇することができれば、後悔することもなさそうです。何より、母上殿の体力と希望が第一優先ですので、3日目は大山に行きましょう~。

鳴門市内のホテルから大山の登山口まで250㎞、時間で言うと3時間以上はかかりそうです。。。
青レンジャー、大山には2015年3月に行っています。その時の記事がこちら
以前大山に行った時は、駐車場が少なくて、車が停められるか非常に心配していた覚えがあります。今回は登山シーズン真っ盛りの時期ですので、なるべく早く駐車場を確保したいんですが、鳴門市内のホテル出発は4時が限度でした。。。こんなことなら、香川県や岡山県にお宿を取ればよかった~。

2018年4月29日①_1

大山の登山口に到着しました。
大山にはこんなに広くて立派な駐車場があるんですね。青レンジャーが以前行った時は、主要登山口である夏山登山口のすぐ横に位置する南光河原駐車場に停めたんですが、それ以外の場所に何百台も駐車できるスペースがあります。7時過ぎに南光河原駐車場に到着しましたが、案の条満車。その近くのキャンプ場の駐車場も満車だったため、色々探していたところ、こんな立派な駐車場がありました。とりあえず駐車できて良かったです。

2018年4月29日②_1

キャンプ場にあるトイレで準備し、夏山登山道から登山開始です。

2018年4月29日③_1

大山寺のさまざまな建物の中を歩きます。石畳の階段を上るとすぐに身体が暑くなってきました。

2018年4月29日④_1

石畳の階段を過ぎると、気持ちのいい新緑のブナ林の中を歩きます。登山道もほぼ階段状に整備されていました。

2018年4月29日⑤_1

大山は1合ずつ標識が立ててあります。ここは4合目です。

2018年4月29日⑥_1

5合目まで来ました。駐車場の車も凄いですが、登山者もかなりいました。今日は快晴で登山日和ですからね~。

2018年4月29日⑦_1

6合目です。ええ~っ実はこんな避難小屋があったのか~。雪に埋もれていた時は全然わかりませんでした。冬山ではここがアイゼン装着ポイントになります、6合目が見つかれば。

2018年4月29日⑧_1

6合目からは大山の険しい山容がキレイに見えます。この険しさはアルプス系の山々の様です。

2018年4月29日⑨_1

眼下には米子市の街並み。本当に今日はいいお天気です。

2018年4月29日⑩_1

ここまで来ると高い木はほとんどなくなります。見晴らし良すぎです。

2018年4月29日⑪_1

8合目付近にはダイセンキャラボクの群生がお目見えします。実はまだ赤くないです。

2018年4月29日⑫_1

こういうの待ってました~。緩やかな木道~。大山の登山道は終始階段状に造られていて、登るにつれて急登になってきていました。もう急登はないようです。

2018年4月29日⑬_1

大山頂上避難小屋に着きました。シーズン中は売店があるようです。母上殿は登山バッチを購入していました。
さて、立ち入りOKのピークまであともう少し。

2018年4月29日⑭_1

無事大山のピークに到着しました。母上殿、32座目。
頂上では休憩されている登山者ですごいことになっていましたが、青レンジャー達も気持ちのいいお天気の中、少し休憩します。

2018年4月29日⑮_1

ピークから見る大山頂上避難小屋。ゴールデンウィークの大山はベストシーズンなんですかね。

2018年4月29日⑯_1

立ち入り禁止の剣ヶ峰に続く稜線。本当にアルプスを見ているようです。

2018年4月29日⑰_1

休憩したら下山しましょう~。まだまだたくさんの方が登って来られています。

2018年4月29日⑱_1

下山は高度感たっぷりですね。
青レンジャーが車を停めた大山情報館の駐車場が見えます。ほぼ満車なような希ガス・・・。

2018年4月29日⑲_1

お昼を過ぎてもたくさんの方々が登って来られているので、少々人疲れしていまい、人ごみを避けるために下山時は行者登山道を使いましょう。このルートは大神山神社奥宮から続く登山道で、以前青レンジャーが来た時は、こっちのルートで登ろうとしたんですが、結局登山道がどうやって続いているかわからなくて迷った思い出があります。本来の登山道がどういう風に続いているか確認したいと思います。

2018年4月29日⑳_1

こちらも階段がばっちりと整備されています。大山は階段のお山か~。

2018年4月29日㉑_1

こうゆう緩やかな登山道は大歓迎です。

2018年4月29日㉒_1

大堰堤です。ここからは雪を残した美しいパノラマ大山が見えます。たくさんの方が写真を撮影していました。

2018年4月29日㉓_1

青レンジャーもしかり。自分だけのビューポイントを見つけて右往左往です。

2018年4月29日㉔_1

だいぶ下山してきたので、あとは緩やかな登山道を歩くだけでしょう。

2018年4月29日㉕_1

青空に新緑がまぶしすぎる~。
ここで母上殿とこの旅で登った山々の中で、一番良かった山を聞くと迷わず「大山」と言っていました。やっぱりそうか~。大山は青レンジャーの中でもあの素晴らしい雪山の景色を見せてくれた場所なのでいいイメージがあります。やっぱりどんなお山でも晴れていてナンボですね。

2018年4月29日㉖_1

大神山神社奥宮に着きました。そうか、この場所に出てくるんだ~。青レンジャーは前回、このあたりで登山道がわからなくなった気がします。この場所にはキレイなトイレがありました。大変ありがたいです。

2018年4月29日㉗_1

雰囲気のある石畳を歩きます。

2018年4月29日㉘_1

宿泊施設が並ぶメイン通りです。メイン通りに入ってすぐにあるソフトクリームに誘われ、思わず食べちゃいました~。無事、登山終了です。



7:40 大山情報館駐車場
8:05 夏山登山口
9:30 5合目
11:05 大山頂上
12:50 分岐
13:40 大神山神社奥宮
14:30 大山情報館駐車場
(休憩時間 45分を含む)

計 6時間50分の山旅でした。



<総論>
やはり大山は素晴らしいお山。



・・・この旅行で3座も制覇でき、大満足の母上殿。3日目はホテルに宿泊せず、ゆっくり帰ろうかと思いましたが、けっこう疲れたのでホテルのベッドで休みたい~。ゴールデンウィークに宿泊できるホテルがあるかネット検索すると、ありましたっ!!!岡山県津山市のホテルっ!!!ゴールデンウィークはシングルのお部屋が比較的空いているようです。さっそく予約して、真賀温泉に寄ってからホテルに入りました。真賀温泉青レンジャーの大好きな硫黄泉じゃないけど、とても風情があってぬるめのヌルヌルした、いい温泉でした~。
2018年ゴールデンウィーク遠征登山旅行 2日目
2018年4月27~30日にかけて、母上殿とゴールデンウィーク遠征登山旅行に行ってきました。

4月28日、2日目になります。
前日は無事石鎚山を制覇しました。その後、愛媛県新居浜市内のホテルに泊まり、今日は徳島県美馬市にある日本百名山の1つ、剣山(標高1954.7m)に登ります。愛媛県から徳島県までそこそこ距離がありますし、剣山に向かう国道438号線の山道の途中、所々狭くすれ違いが難しい場所があるので、3時間くらいは移動に時間がかかりそうです。特に落人伝説のある集落あたり。住宅が道路に迫っているので、慎重な運転が必要です。

2018年4月28日①_1

2時間30分ほどで剣山の主要登山口である見ノ越に着きました。昨日の石鎚山の疲れもあるので、ここからは剣山リフトを使用して、短時間でちゃっちゃと登りたいと思います。今日のリフトの営業開始時間は9時からの予定ですが、晴天に恵まれ、登山者も多いようなので、8時30分過ぎから動いていました。見ノ越駐車場も8割方埋まっているような感じでした。

2018年4月28日②_1

リフトに乗って標高1700mの西島駅まで行きます。肌寒いですが気持ちいい~。

2018年4月28日③_1

西島駅に到着です。ここから標高差200mちょっと登れば剣山です。本当に身体に優しい日本百名山です。

2018年4月28日④_1

整備された登山道を緩やかに登っていきます。

2018年4月28日⑤_1

見晴らしの良い登山道が続きます。東方面の景色。
前回剣山に登った時は悪天候だったので、何にも見えませんでした。こんな景色だったのか~。ちなみに、前回の剣山の記事がこちら

2018年4月28日⑥_1

本当に登りやすいわ~。

2018年4月28日⑦_1

あっという間に頂上直下まで来ました。

2018年4月28日⑧_1

頂上ヒュッテの脇より剣山山頂への階段が続いています。

2018年4月28日⑨_1

おお~、剣山頂上の木道は、晴れていればこんな風になっているのか~。シコクザサが一面に広がっています。

2018年4月28日⑩_1

はい、着きました。剣山山頂。母上殿、日本百名山31座目登頂です。

2013年11月25日⑥_1

前回、2013年11月に登った時の暴風雨の剣山山頂。ははは。

2018年4月28日⑪_1

目の前に見えるお山は次郎笈(じろうぎゅう)です。剣山だけだと物足りないので、次郎笈とセットで登られる方も多いようです。青レンジャーも時間があればセットで登りたいな~と思いましたが、母上殿が「明日も山に行くから、今日はこんでいいわ~。」とのこと。え?明日もやっぱり山に登る?遠征旅行に行く前は、今の体力で1座も登れるかどうか心配していた母上殿ですが、どうやら大丈夫なようです。そうと決まれば下山して明日に備えましょう~。

2018年4月28日⑫_1

次郎笈よ、また今度。

2018年4月28日⑬_1

頂上付近は木道で周遊できるようになっています。本当に剣山山頂は広いですね~。

2018年4月28日⑭_1

経塚谷?かな。

2018年4月28日⑮_1

一ノ森方面。こちらにも登山道が続いていますが、歩かれる方はほとんど見かけませんでした。

2018年4月28日⑯_1

下山は少し違うルートを使って行きました。大剣神社の白い岩。

2018年4月28日⑰_1

北方面の景色。今日車で通ってきた道路が見えます。

2018年4月28日⑱_1

西島駅に戻ってきました。昼近くになっても、かなりの数の登山者がリフトを使わずに足で登って来られています。見ノ越から西島駅まで、歩いて50分くらいだそうです。

2018年4月28日⑲_1

リフトで下山し、見ノ越まで戻ってきました。



9:15 西島駅
10:25 剣山山頂
11:10 大剣神社
11:35 西島駅
(休憩時間30分を含む)

計2時間20分の山旅でした。



<総論>
次こそは次郎笈とセットで登りたい。



剣山下山後は、四国に来たら讃岐うどんを食べないと~で、徳島県美馬市内のうどん屋「かねか」さんで少し遅めの昼食を摂ります。これがまたコシが強くて美味かった~。量も凄い量
調子にのって中サイズと天ぷらを1人2種類(これも1つ60円~と大変リーズナブル)食べたら、もうお腹いっぱい~。ご馳走様。早々に鳴門市内のホテルに入り、明日も山登りに備え、お休みなさい

3日目に続く・・・
Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ