スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年4度目の白山。。。
2012年10月22日、我が故郷の山、白山を偵察しに行きました。お決まりの文句ですが、青レンジャー1人の単独行ですけど何か?

白山は今年、4回しか行ってないようです(去年は7回・・・)。その前は・・・8月9日でしたか。2か月以上も白山偵察に行ってないなんて!!!・・・その代わり、今年は新穂高温泉に頻繁に出没していたようです。色々なお山に行っても、今頃の白山もこんな感じかなあ・・・なんて思ってしまう。そんな白山を2か月ぶりに登ってみたいと思います。

2012蟷エ10譛・2譌・竭_convert_20121022200456

毎度おなじみの石川県側からの登山口、別当出合~。10月中旬にすでに白山の室堂は閉館しており、別当出合までの交通規制も解かれておりますので、マイカーで別当出合まで行けます。・・・といっても、駐車場から別当出合まで5~10分は歩かないといけませんが。

夜が明けたばかりで、あたりはまだ薄暗いです。多分気温は4度以下でした。さぶ~。
秋山なのに、張り切ってこんなに早く来た訳は、目的があるんです。
今回の白山偵察の目的は、紅葉ももちろんですが、白山登山の王道ルート、別当出合~砂防新道~中飯場~甚ノ助避難小屋~十二曲がり~黒ボコ岩~弥陀ヶ原~五葉坂~室堂~御前峰(頂上標高2702m)を登り、お池めぐりをして室堂に戻り、黒ボコ岩から観光新道に分岐し、蛇塚~馬のたてがみ~殿ヶ池避難小屋~仙人窟を通り、別当出合に戻るルートを、通常1泊2日の工程を、日帰りしようともくろみました。御前峰までのピストンでしたら行ったことがあるのですが、日帰りでお池めぐりまでしたことがないので、陽が短いですがやってみようと思いました。

2012蟷エ10譛・2譌・竭。_convert_20121022200520

登るにつれ、白山の目の前のお山、大長山に朝陽が当たります。

2012蟷エ10譛・2譌・竭「_convert_20121022200538

登山開始時はあんなに寒かったのに、運動し、陽も当たりつつあるせいか暑くなってきました。第1休憩場である中飯場に到着です。まだまだ先は長いです。少し休憩した後、さっさと動きます、速さはたかがしれておりますが。

2012蟷エ10譛・2譌・竭」_convert_20121022200600

第2休憩場である甚ノ助避難小屋です。陽が完全に登りましたね。紅葉が見えます。

2012蟷エ10譛・2譌・竭、_convert_20121022200631

南竜分岐です。今年の紅葉は近年まれにみる鮮やかさですね~。玉子丼に唐辛子のせたな~

まっすぐ行けば、室堂や御前峰方面ですが、右に曲がれば、白山の中にある2つの有人小屋のうちの1つ(もう1つは室堂)、南竜ヶ馬場や別山へも行けます。しかし、わき目もふらずにまっすぐ進みます。

2012蟷エ10譛・2譌・竭・_convert_20121022200651

十二曲がりの途中にある「延命水」です。白山登山道の中で最も美味なお水です。しかし、青レンジャーはわき目も・・・ふり、ペットボトルにナミナミと注いでみました。美味いです。。。

2012蟷エ10譛・2譌・竭ヲ_convert_20121022200712

黒ボコ岩を過ぎ、すぐ弥陀ヶ原です。ここでようやく、白山の頂上御前峰がお姿を現します。んん~、秋晴れですね
人も少ないです。山ガール・・・というか、女性を見たのは3人?か?

2012蟷エ10譛・2譌・竭ァ_convert_20121022200735

五葉坂を登ると、室堂に到着です。しっかりと戸締りされております。



トイレまで戸締りされておりました。。。ちっ、仕方ない、その辺で・・・しませんよ。訓練しますとも訓練しますよ。最高11時間の実績ありますから(今年の利尻山での記録)。

2012蟷エ10譛・2譌・竭ィ_convert_20121022200759

室堂から上部はやはり高山ですので、歩行時の息切れが早いです。ゆっくりと登り、無事御前峰到着です。そこそこ人がいらっしゃいました。岐阜県側からの登山道である平瀬道から、登られて来られた方が多くいらっしゃいました。平瀬道の方が紅葉がきれいですもんね。

2012蟷エ10譛・2譌・竭ゥ_convert_20121022200822

遠くに薄く見える山並みが槍、穂高です。右の高そうなお山が乗鞍岳です。

2012蟷エ10譛・2譌・竭ェ_convert_20121022200851

室堂が小さく見えます。別山も見えますね。夏場は本当に良くガスがかかり、室堂すらよく見えませんからね。この景色は秋ならでわです。

2012蟷エ10譛・2譌・竭ォ_convert_20121022200917

さて、ここから本題のお池めぐりです。お池をめぐりながら、室堂に帰るコースです。青い湖が点在しています。寒いのか、けっこう氷が張っておりました。これは翠ヶ池です。翠か?
コバルトブルーの池を見ると、白山は本当に火山だったんだなあと思いますね。

2012蟷エ10譛・2譌・竭ャ_convert_20121022200939

おお!!!万年雪。さすが白山ですね。そしてもうすぐ、新しい雪が降り積もるんですね。。。

2012蟷エ10譛・2譌・竭ュ_convert_20121022201011

キャークロマメノキ!!!じ~。

2012蟷エ10譛・2譌・竭ョ_convert_20121022201032

こっちはコケモモ
熟れているのは初めて見ました。よく果実酒にされておりますね。じ~。

さて、室堂に戻り、五葉坂、弥陀ヶ原を下り、黒ボコ岩を観光新道方面に進みます。
蛇塚を過ぎ、馬のたてがみあたりは、尾根道で、夏場は高山植物の狂演です。10月になっても、1つ2つお花が残っていることがあるんです・・・ありました。タカネマツムシソウです。

2012蟷エ10譛・2譌・竭ッ_convert_20121022201056

きゃわいいです。

2012蟷エ10譛・2譌・竭ー_convert_20121022201122

あれ???
殿ヶ池避難小屋がない???
ここに確か・・・撤去されております。しかも、殿ヶ池避難小屋のトイレといったら・・・夢に出てきそうなやつで・・・たしか、あの辺にあったはず。今はもしかして埋め立て?されてますかね?ということは、この下には・・・。また、今晩夢に出てきそう。。。

2012蟷エ10譛・2譌・竭ア_convert_20121022201149

白山釈迦岳が見えます。本当に秋晴れのいい景色です。

2012蟷エ10譛・2譌・竭イ_convert_20121022201212

仙人窟です。室堂~別当出合の丁度中間です。まだ中間です。今日はよく歩きました。

実は、今回の山行で久しぶりに登山道で山スカート履いております。しかも、あの八ヶ岳アウトレットモールで購入したやつ。すごく伸びる素材で、撥水性もあります。いや~スカートも楽ですな。お見せしたいが、何せソロなもんで自分の写真1枚もなかった

2012蟷エ10譛・2譌・竭ウ_convert_20121022201244

別当出合に近づくにつれ、紅葉が鮮やかになってきました。
15時30分、無事別当出合到着です。

6:15 別当出合
7:00 中飯場
8:20 甚ノ助避難小屋
8:45 南竜分岐
9:25 延命水
9:35 弥陀ヶ原
10:05 室堂
11:05 御前峰
11:35 緑ヶ池
12:25 室堂
12:45 黒ボコ岩分岐
13:35 殿ヶ池避難小屋・・・跡地
14:15 仙人窟
15:30 別当出合
(休憩時間45分を含む)

計9時間15分の山旅でした。

<総論>
やればできる・・・ものだ。
スポンサーサイト
祝日本百名山23座目登頂!!!
2012年10月10日~11日にかけて、ピンクレンジャーさんと長野県にある八ヶ岳に行ってきました。日本百名山23座目です。

もちろん山ガールの聖地である北八ヶ岳・・・ではなく、主峰赤岳が鎮座する南八ヶ岳に行きました。北八ヶ岳には、都会の本物の山ガールがいらっしゃるので、怖くてとても行けない・・・。しかし、北八ヶ岳には山小屋がたくさんありますし、有名な温泉も・・・。行ってみたいのですが、やっぱり人が多そうで怖いです・・・。

今回は、石川県からどうやって赤岳の登山口である美濃戸まで行こうか悩みました。青レンジャーの車で行くか・・・しかし、お仕事の関係上、青レンジャーはほとんど寝れずに石川県を出発することになりそうなので、ピンクレンジャーさんの車で・・・には、やや不安の残る車でしたので(もうすぐ買い替えるそうです)、激安レンタカーを借りてみました。3泊4日で12000円くらいのヴィッツです。

2012蟷エ10譛・0譌・竭_convert_20121014103201

旧型ですし、すでに10万㎞走行しているレンタカーです。いつものニッポンレンタカーとは大違いの古さです。しかし、美濃戸口~美濃戸までは未舗装の悪路・・・ということですので、古い車で十分です。むしろありがたいです。

2012年10月10日、なんとか美濃戸のやまのこ村に到着し、寄ってきたオジサマに料金を支払い、登山開始です。あ、もう少し上の赤岳山荘にも駐車場がありました。しかも空いていました。残念・・・次回来た時は赤岳山荘の方に停めようと思います。

へっぽこ登山隊は、南沢ルートから登り、行者小屋~文三郎尾根~赤岳~横岳~硫黄岳を縦走し、硫黄岳山荘泊、硫黄岳~赤岳鉱泉~北沢ルートへ下るルートを設定しました。日照時間の短い10月にはやや強行な予定ですが、翌日の天気予報があまりよろしくなかったので、1日目をがんばって行こうということになりました。

当初は赤岳天望荘に行きたかったのですが、お風呂は終了しておりますし、山小屋のお食事も、バイキングよりも硫黄岳山荘の自家製野菜を使用したものを食べたい!!!と、グルメなピンクレンジャーさんのご希望もあり(さらに赤岳鉱泉に下りると、お風呂はあるは、16時までの先着順で山ガール2人組にはタダで個室提供!!!という太っ腹企画もあったのですが、そこまでは無理でした)、硫黄岳山荘にしました。

2012蟷エ10譛・0譌・竭。_convert_20121014103619

雰囲気の良い、苔むした緩やかな樹林帯を歩きます。屋久島みたいです。北八ヶ岳はもっと雰囲気いいんでしょうね・・・。行ける日が来るかな・・・。ピンクレンジャーさんが荷物をゴソゴソしております。緑の中では目立ちますね。今回も緑レンジャーさんがいないのが残念です。

2012蟷エ10譛・0譌・竭「_convert_20121014103643

ほんとうに整備された登りやすい登山道です。やはり有名な八ヶ岳です。青レンジャーがまだお山に登っていない時でも、名前だけは知っておりました。

2012蟷エ10譛・0譌・竭」_convert_20121014103712

徐々に紅葉が見られ、木の間からは高そうなお山が見えてきました
これは横岳ですね。何とも険しいお山です。

2012蟷エ10譛・0譌・竭、_convert_20121014103733

行者小屋に着きました。ここは見晴らしの良い休憩所です。横岳がドーンと目の前に見えます。また、赤岳や中岳、阿弥陀岳も見えました。南八ヶ岳は険しい山容ですね。気持ちが高ぶります
しかし、八ヶ岳は若い人が多いですね。行者小屋で休憩されている人を見ると、若者:諸先輩方=8:2くらいでした。今までにないお山です。・・・実はへっぽこ登山隊、北アルプス以外の高山に行ったことがないのです。八ヶ岳が初めての北アルプス以外の高山です。やはりお山によって、見る景色も違いますね。楽しいです。
少し休憩をとった後、文三郎尾根を歩きます。

2012蟷エ10譛・0譌・竭ヲ_convert_20121014103801

あら~行者小屋までの緩やかな道とは違い、ザレた急坂+階段となりました。しかも通る人も少ない。下りの方は7人ほどとすれ違いましたが、登る人は、結局1人も見ませんでした。

2012蟷エ10譛・0譌・竭・_convert_20121014103912

しかし途中からは、今年はずいぶんお世話になりました北アルプスの雄姿が拝めました。穂高連峰~槍ヶ岳が見えます。

2012蟷エ10譛・0譌・竭ァ_convert_20121014104028

南アルプスの山容も拝めました。南アルプスを近くで見るのは初めてです。北アルプスとはまた違った感じですが、いつかはこちらの方にもお邪魔したいです。しかし山小屋が・・・とよく耳にしますので、行くならテン泊にしたいです。道具だけはそろっております。まだする覚悟が湧きません。。。背負えるのか???

2012蟷エ10譛・0譌・竭ィ_convert_20121014104058

途中で出会った写真がご趣味そうなオジサマが、撮影して下さいました。ピンクです。後ろには赤岳が見えます。

2012蟷エ10譛・0譌・竭ゥ_convert_20121014104129

赤岳の上部は、杖が邪魔になる岩+鎖場でした。しかし断崖絶壁ではないので危険度は低いです。
・・・ここで青レンジャーは睡魔に襲われます。やはり一睡もできずに八ヶ岳を登ることになりました。一睡もせずに登山するのは初めてです。腹減った、トイレ行きたいという欲望より、「寝たい!!!」という欲望の方が強いなんて初めてです。

2012蟷エ10譛・0譌・竭ェ_convert_20121014104156

富士山が見えます
興奮して、眠気が吹っ飛びました。

2012蟷エ10譛・0譌・竭ォ_convert_20121014104232

赤岳山頂に着きました。羨ましいカップル登山の方に撮影して頂きました。
山頂は割と狭いんですね。360度の大展望を堪能し、赤岳天望荘方面に下ります。赤岳へ向かう上部の登山道は、どちらも急坂です。どちらかというと、文三郎尾根よりも、赤岳天望荘~赤岳の方が道幅も広いですし、安全な感じがします。

2012蟷エ10譛・0譌・竭ャ_convert_20121014104304

赤岳天望荘です。お部屋は2~4人部屋っぽくて快適そうでしたが、やはり明日の天気のことを考え、硫黄岳山荘まで頑張ります。お風呂もないことですし。しかし、こんな高山の山小屋でお風呂付って、いったいどうして運んでいるのか不思議です。

2012蟷エ10譛・0譌・竭ュ_convert_20121014104330

目指す硫黄岳方面を見渡します。目の前のお山は横岳・・・だと思います。

2012蟷エ10譛・0譌・竭ョ_convert_20121014104355

縦走コースも鎖+ハシゴなんですね。こちらも断崖絶壁ではないので、高度感は少ないです。

2012蟷エ10譛・0譌・竭ッ_convert_20121014104427

横岳山頂です。誰もいません。ややガスがかかり始めました。

2012蟷エ10譛・0譌・竭ー_convert_20121014104544

ピンクレンジャーさんの5輪駆動を撮影しました。手足では足らず、尻まで使用します。
赤岳天望荘~コマクサの群生地までは、上記のような岩場を登ったり下りたりと、アップダウンのある尾根道でした。

2012蟷エ10譛・0譌・竭ア_convert_20121014104607

コマクサ群生地です。コマクサってこんな風に枯れるんですね。しかし八ヶ岳には駒草神社があるほどなので、大変な数のコマクサ群生地です。今まで見たところよりダントツです。今まで見たのは、北海道の大雪山の駒草平、乗鞍岳、唐松岳の3ヶ所です。白馬岳では残骸すらわかりませんでした。

コマクサ群生地周辺よりガスがかかって風が強くなり、そーとー寒くなりました。ここらへんは一番風の通る寒いところだそうです。

2012蟷エ10譛・0譌・竭イ_convert_20121014104632

無事硫黄岳山荘に到着しました。やっと山小屋が見えて、あまり人がいないかなあ~っと期待しておりましたが、ちょうど同じ時間帯に、40人程の団体様が入られて行きました。まあ、仕方ないですよね。

ここの硫黄岳山荘のトイレがすごかった!!!
水洗ですよ水洗!!!しかも便座が暖かく、ウォシュレット付き。下手すると私のアパートよりも綺麗
感動です。やはり女子人気の高い八ヶ岳です。色々な登山道もあり、大変面白い場所です。

夕食は、期待していたポトフは出ず、自家製野菜と味噌の味噌汁だったのが残念でしたが、大変おいしかったです。

夕暮れはガスがかかり期待できず、星空もガスで何も見えませんでした。
ご存じのとおり、19時30分には意識消失
お休みなさい・・・。



おはようございます。10月11日になりました。
団体様が4時頃から起きられたので、私達も起きてしまいました。5時30分にお食事を食べ、日の出を見ます。今日は天気が悪い予報でしたが、まあ雲はどんよりしておりましたが、まずまずの天気です。

2012蟷エ10譛・1譌・竭_convert_20121014164935

団体様が6時に出発された後、寒くてとても動く気に慣れず、2度寝します。トイレの水も凍って流れませんでした。7時45分頃やっと硫黄岳山荘を後にします。

2012蟷エ10譛・1譌・竭。_convert_20121014165135

ガスの中、硫黄岳に到着です。硫黄岳からは北八ヶ岳が見えるハズですが、な~んにもわかりません。

2012蟷エ10譛・1譌・竭「_convert_20121014165159

赤岩の頭を過ぎると、整備された樹林帯の中を歩きます。北沢ルートのほうが緩やかな坂道で登りやすかったです。

2012蟷エ10譛・1譌・竭」_convert_20121014165236

紅葉もきれいです。

2012蟷エ10譛・1譌・竭、_convert_20121014165402

赤岳鉱泉に着きました。楽しそうに写真撮影を行うへっぽこ登山隊が窓に映ります。

2012蟷エ10譛・1譌・竭・_convert_20121014165531

最後は指定車も通れる砂利道となり、無事美濃戸に戻って着ました。

・・・この後、赤岳山荘を通りかかった時、超有名人をお見かけしました!!!
松山ケンイチさんです。どうして松ケンがここに???
不思議でしたが、赤岳山荘のオバサマとご一緒に写真撮影を行っておりました。私達もお願いしたかった・・・。しかし、あまりにきれいなお顔立ちで、とても話しかける勇気が出ませんでした。

名残り惜しくも、美濃戸を後にします。午前中に山行を終了し、へっぽこ登山隊にはもう1つ目的の場所に向かいます。それは八ヶ岳アウトレットモールでショッピングをすることです。女子はショッピング大好きです。小淵沢にある延命の湯でさっと汗を流し、八ヶ岳アウトレットモールに向かいます。
八ヶ岳アウトレットモールには何があるかと申しますと、珍しいアウトドアブランドのお店があるんです。ピンクレンジャーさんの大好きなフェールラーベン、ミレー/ラフマ、コロンビア、マウンテンハードウェア、フェニックス、エーグルがあります。へっぽこ登山隊の大好きなジャズドリーム長島(三重県)と同じくらいに豊富なアウトドアブランドがそろいます。さすが八ヶ岳です。もちろん後悔しないように十二分に買い物しました。

<10月10日>
7:45 美濃戸
10:20 行者小屋
13:05 赤岳
13:45 赤岳天望荘
15:15 横岳
15:55 硫黄岳山荘
(休憩時間45時間を含む)

計8時間10分

<10月11日>
7:45 硫黄岳山荘
8:05 硫黄岳
9:35 赤岳鉱泉
11:25 美濃戸
(休憩時間30分を含む)

計3時間40分の山旅でした。

<総論>
寝なくてもやればできる。


・・・余談です。
10月11日は茅野駅周辺のビジネスホテルに泊まり、10月12日にゆっくりと帰りました。
途中、ぜひ行ってみたかった白骨温泉に立ち寄ります。

IMG_1186_convert_20121014174619.jpg

白骨温泉って、かなりの山深くにある温泉なんですね。ここは公共の温泉入口です。

本当は泡の湯に入りたかったのですが、あいにく「本日は休業です」でした
私達は、煗香梅という立ち寄り湯に入りました。

IMG_1196_convert_20121014174657.jpg

山田べにこさんを勝手にライバル視シリーズです。最近はネットで妊娠のため休業中とか言われておりますが、代わりに、山田青子、山田ピンク・・・ではなく山田パー子が頑張ります。

もう大変いいお湯でした。さすが有名な白骨温泉です。真っ白い硫黄の温泉は疲れた体、筋肉痛に効果ありです。
結局私達は、公共の湯にも入ります。公共の湯の方がお値段も安いし、あつ湯とぬる湯があって良かったです。

さらにさらに、高山のスポーツ用品店ヒマラヤにも寄ってショッピングをします。どんだけ買い物してるか恐ろしいです。ヒマラヤは岐阜に本店のある総合スポーツ用品店です。岐阜の本店はかなりの広さの店舗で、しかも2階建てです。水着やスキーとか、登山用品店の販売数が半端ないです。高山店はそうでもないですが、へっぽこ登山隊人気のアウトドアブランドマーモットが数多く扱われております。

登山に買い物、大変充実した3日間でした。
大大大幸運の焼岳
2012年9月30日、焼岳に行ってきました。

9月30日は、世の中台風18号が沖縄を直撃し、今や潮岬近くまで迫っておりました。
そんな中での山行とわ。

実は今回のメンバーは、いつもの青レンジャーピンクレンジャーさん、緑レンジャーさんの他、職場のお父さんこと、グレーレンジャー隊長が私達を率いてくれました。

グレーレンジャー隊長との協議の結果、新穂高方面は割と晴れるであろうとの見解で、みごと当たりました!!!さすが、基本サッカー+テレマークスキーや渓流釣りなど、へっぽこ登山隊よりも相当ハイレベルなご趣味を持たれ、経験豊富なグレーレンジャー隊長です。私も精進せねば

2012蟷エ9譛・0譌・竭_convert_20121002150416

もっと画像を大きくしてみました。このサイズが限界ですかね。あまり大きなサイズだとアップロードできないって怒られるので。。。

焼岳登山もこれで3回目です。よう登りました。全て中尾高原からですけどね。上高地や人気の中の湯コースは行ったことありません。登山道は大変整備されているのに、どうしてこんなに人気がないのでしょうかね。今日は台風のため少ないのは仕方ありませんが、5人以上の人を見たことがありません。

2012蟷エ9譛・0譌・竭。_convert_20121002150446

ヒカリゴケの生えているところです。苔むした屋久島っぽい景色です。ここに緑レンジャーさんはいません
写真、とっておけば良かった・・・

2012蟷エ9譛・0譌・竭「_convert_20121002150514

もう秀綱神社です。わざとらしく地図を眺めています。ここで疑惑の写真が撮影されました・・・。後で問題となる可能性がありますので、割愛させて頂きます。

2012蟷エ9譛・0譌・竭」_convert_20121002150611

森林限界を超えてきました。台風が近づいているのに、こんなにすっきりと笠ヶ岳のお姿をみられるとは思いませんでした。山肌も秋色ですね。

2012蟷エ9譛・0譌・竭・_convert_20121002150652

ギャーなんたる絶景
槍ヶ岳に穂高連峰がすっきりくっきり見えます。

2012蟷エ9譛・0譌・竭ヲ_convert_20121002150709

笠ヶ岳です。丁度あのお山を1ヶ月前に登ったとは思えないくらい大きなお山ですね。

2012蟷エ9譛・0譌・竭ァ_convert_20121002151104

何やかんやで頂上です。さすがに上高地や中の湯ルートと合流する上部では、何人かの人に出会いましたが、やはり台風の日ですね、10人程度でした。頂上もほぼ4人占めです。

やはり11時も過ぎると、黒い雲がかかり始めましたので、そそくさと下山します。
最後20分くらいでしょうか、やや小雨に打たれました。ここでグレーレンジャー隊長から学んだことは、樹林帯の中の小雨程度の緩やかな登山道でしたら、トレッキング用傘が便利です。本当にその通りでした。
そういえば・・・購入して1年経過する私のゴアテックスレインウェアは、まだ1回も着用したことがありません
いいのでしょうか?時々開いておりますが。

6:50 中尾高原
7:25 白水の滝
8:55 秀綱神社
10:45 焼岳北峰
14:15 中尾高原
(休憩時間45分を含む)

計7時間25分の山旅でした。

<総論>
グレーレンジャー隊長、また連れて行って下さい。。。

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。