もう日帰りの山はなくなった日本百名山
2017年6月10日、日本百名山95座目を制覇してきました。
題名にもある通り、残り少ない日本百名山の内、唯一日帰りのお山、栃木県日光市にある男体山(標高2486m)です。

このお山には幾度となく行こうと計画しましたが、基本的に日光二荒山神社の開山日~閉山日にしか登れないという期間限定のお山なので、色々とタイミングが合わずこんなにも最後の方になってしまいました。

今年に入り3度目の沼田ICから日光方面に入り、二荒山神社前の駐車場に着いたのは朝7時前。競争必須の教科書的には15台限定の無料駐車場になんとか滑り込み、登山開始です。

2017年6月10日①_1

男体山は大変人気のお山なんですね~。朝早くからわんさか登山者の方が来られています。

2017年6月10日②_1

トイレを済ませ、登拝料500円をお支払いし、ここから登山開始です。

2017年6月10日③_1

いきなりの階段を登りきったら、樹林帯の中をもくもくと登ります。これが思いのほかキツイ。。。
割と急登で、全くと言っていいほど体のエンジンがかかりません。。。まだまだ序盤でこのキツさでは最後まで登れるだろうか・・・残りの日本百名山も怪しい感じです。

2017年6月10日④_1

道路に出ました。ここで3合目です。車道は緩やかで、今までの登山道が嘘のように天国かと思いました。

2017年6月10日⑤_1

眼下には中禅寺湖が見えます。湖を見下ろす風景は好きですね~。

2017年6月10日⑥_1

4合目で登山道に戻ります。また1~3合目のような急登なんだろうか。。。

2017年6月10日⑦_1

このあたりにはシロヤシオがたくさん咲いていました
シロヤシオはお花がたくさん咲くので見ごたえありますね。

2017年6月10日⑧_1

シロヤシオと中禅寺湖ぐふふ。

2017年6月10日⑨_1

なんやかんやで6合目です。エンジンがかかってきたようです。5合目には避難小屋があり(青レンジャー的には合目ごとに避難小屋があるイメージです)、たくさんの登山者が休まれていたのでスルーです。

2017年6月10日⑩_1

岩々しい登山道がさらに急登になった気がします。。。しかも森林限界が近いのか、直射日光モロ受けで暑い。。。

2017年6月10日⑪_1

岩々しい登山道が終り、崩れた土嚢道となりました。少し楽かも・・・でも急登。

2017年6月10日⑫_1

ヤマザクラが咲いています。シラビソの木と共に青空に生えます。

2017年6月10日⑬_1

何だか頂上っぽい雰囲気になってきました。
赤い土が昔は火山だったことを物語っています。

2017年6月10日⑭_1

眼下には中禅寺湖の全体が目に入り、見晴らしは抜群です。

2017年6月10日⑮_1

着きました~。
日本百名山95座目登頂です。いや~。やっぱり男体山は急登の連続でした。。。しばらくいいかも。
男体山頂上はとても広くて、おそらく100人以上の登山者の方が休憩されていました。

2017年6月10日⑯_1

二荒山神社の神様の像。

2017年6月10日⑰_1

中禅寺湖、戦場ヶ原と、まだ少し雪の被った日光白根山が見えます。今頃、シラネアオイが咲いているのかな~。

2017年6月10日⑱_1

こちらの方に最高峰があります。

2017年6月10日⑲_1

最高峰の鉄剣。

2017年6月10日⑳_1

戦場ヶ原と太郎山を見ながら、しばし休憩です。
・・・何だかね・・・雲行きが怪しいよ。。。

2017年6月10日㉑_1

さて、下山開始です。

予感的中で、8合目付近でパラパラと雨が降ってきました。
朝はあんなにお天気良かったのに。。。やっぱり日光辺りはお天気悪い率高い。。。
なので、カッパを着て、カメラもしまい、黙々と下山。。。お写真1枚も撮らず。
5~4合目の登山道が一番ヤバかった。。。雨で湿った登山道が粘土質でヌルヌル。。。滑る滑る。。。

2017年6月10日㉒_1

無事、下山しました。
こちらでも雨はパラついていました。



7:15 二荒山神社
8:10 3合目
9:25 6合目
11:45 男体山頂上
14:35 二荒山神社
(休憩時間40分を含む)

計7時間20分の山旅でした。



<総論>
男体山は思いのほか急登。


・・・余談話しです。
下山後、本格的に雨が降り始め、寒いのなんの。青レンジャーお気に入りの日光湯元温泉で温まりました。
スポンサーサイト
Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ