FC2ブログ
2018年猿山岬で春を探して
2018年3月28日、母上殿と石川県輪島市にある猿山(標高332.5m)に行ってきました。

猿山は猿山灯台のある岬で、3月下旬頃に雪割草の咲くお山として、観光客の方はもちろんのこと、ハイキングを楽しまれる方も大勢訪れる人気のお山です。以前は母上殿と春一番に咲くこの雪割草を見に毎年訪れていましたが、2012年頃からめっきりと行かなくなり・・・それでも、青レンジャーは2015年から1人でも毎年行くようになって、今年は母上殿もお誘いすると、久し振りに行ってみるか~とのこと。母上殿6年ぶりの猿山岬に行きたいと思います。

2018年3月28日①_1

いつもの深見地区からの登山口の様子。トイレ脇にあるわずかな駐車スペースに難なく駐車できました。駐車スペースに停められなかった方々は道路脇に路駐です。最盛期には延々と続く路駐の車が見られます。雪割草は朝早く行ってもお花が閉じているので、トレッキングされる方は比較的昼頃来られる方が多いです。
受付で1人300円の協力金を払い、登山開始です。現在雪割草は満開だとか。楽しみ~。

2018年3月28日②_1

出だしのジグザグ急登をひたすら登ります。このお山に来ると、北陸にも春が来たな~って実感します。

2018年3月28日③_1

少し登ると、海の青と深見地区の黒い瓦屋根が見えます。

2018年3月28日④_1

今年初めてのイカリソウ。咲きたての少しクリームの白色が何とも清楚です。

2018年3月28日⑤_1

急登を登りきるとさっそく雪割草に出会えます。小さくてきゃわええ~。午前中の早い時間帯なので、お花が開ききっていません。帰る頃には完全に開くことでしょう。

2018年3月28日⑥_1

こちらはキクザキイチゲ。アズマイチゲよりも葉っぱが鋭めです。

2018年3月28日⑦_1

ギョウジャニンニクの群生。地元の方が採取した後は、かなりニンニク臭がします。

2018年3月28日⑧_1

雪のない登山道はやっぱりいいな~。

2018年3月28日⑨_1

こちらはピンク色の雪割草とオウレンのコラボ。

2018年3月28日⑩_1

階段は地味に辛い。。。

2018年3月28日⑪_1

猿山岬にはこうした地図看板があるので、初心者にも安心です。

2018年3月28日⑫_1

皆月地区に近づくと、雪割草の他、キクザキイチゲもたくさん群生していました。母上殿も猿山岬にキクザキイチゲってこんなに咲いてたっけ???と言っていました。確かに10年前に比べて咲くようになった気がします。

2018年3月28日⑬_1

地味な猿山山頂。記念撮影のみしました。

2018年3月28日⑭_1

紫色のキクザキイチゲ。青空に映えます。

2018年3月28日⑮_1

やっぱりすごいキクザキイチゲの群生。

2018年3月28日⑯_1

皆月地区近くの雪割草群生地。

2018年3月28日⑰_1

皆月地区からの登山口は、大型バスで観光に来られる方々が多く訪れる場所ですが、こちらにもたくさんの雪割草が咲いていました。以前は白花の雪割草が多かったんですが、最近ではボランティアの巡回もあってか、ピンク色のものも増えてきたように感じます。

2018年3月28日⑱_1

もっとたくさんの色とりどりの雪割草が咲くといいですね。盗掘はダメです。

2018年3月28日⑲_1

去年来た時には皆月から入山できなかったんですが、今年は急だった土の登山道がまさかのコンクリート階段に変わってました
登山道脇にはそこそこキクザキイチゲが咲いていたのにな。。。

2018年3月28日⑳_1

猿山灯台に向かう途中の橋から見える景色。七ツ島は見えません。

2018年3月28日㉑_1

また来年もキレイに咲いてね。

2018年3月28日㉒_1

無事深見地区に戻ってきました。
雪割草は咲く場所が限られているので、次は新潟県の角田山や佐渡島に行けたらいいな~。



8:45 深見地区登山口
10:45 猿山頂上
11:05 皆月地区登山口
12:50 深見地区登山口
(休憩時間30分を含む)

計 4時間5分の山旅でした。



<総論>
やっぱり猿山岬はいいな~。
スポンサーサイト



Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈