蛇紋岩植物宝庫のお山
2018年6月10日、北海道旅行のついでにお山に登ってきました。

北海道の山々には毎年のように訪れていますが、このお山は初めてです。北海道様似郡様似町にある、アポイ岳(標高810.5m)に行ってきました。
アポイ岳・・・アイヌ語らしい山名です。諸説あるそうですが、火のあるところ・・・というような意味ではないかとのことです。豊猟の火祭りが語源だとか。名前のインパクトもそうですが、青レンジャーはずっと登りたかったお山です。何でも高山植物の固有種の宝庫だとか。
山が「幌満橄欖岩」と呼ばれているかんらん岩でできており、特殊な自然体系となっていることから、1952年に「アポイ岳高山植物群落」として国の特別天然記念物に指定されたたそうです。標高が低いわりに、特殊な岩体のため森林が発達せず、「蛇紋岩植物」が生育する高山植物の宝庫として有名で、花の百名山にもなっています。毒性が強い土壌でも大丈夫な高山植物が育ったお山ということです。標高800mちょっとで高山植物が咲くって~本州では考えられないです。通常、固有種は山の奥の奥地にひっそりと眠っているイメージですが、アポイ岳は日帰りのお山で、その日帰りのお山に固有の高山植物がたくさん咲いているなんて、コレはぜひ見に行かないと。

2018年6月10日①_1

で、アポイ岳の主要登山口であるアポイ岳ジオパークビジターセンターです。ここで標高80mです。
アポイ岳は襟裳岬まで30㎞くらいの所に位置しており、アポイ岳ジオパークビジターセンターは海岸よりわずか1㎞程しか離れていません。かなり海沿いにあるお山です。
アポイ岳まではもちろん、青レンジャーはレンタカーを使いましたが、一番近い空港となると、新千歳空港かとかち帯広空港か・・・便数が多いのはだんぜん新千歳空港なので、新千歳空港からレンタカーを借りて、前日に浦河市内のホテルに泊まり、朝一番でアポイ岳ジオパークビジターセンターまで来ました。青レンジャーは何度も北海道に来ていますが、こんなに襟裳岬近くまで南下したのは初めてです。せいぜい幌尻岳に登りに来た時に新冠町まで行ったくらい。こっちの方は宿泊施設も少ないし、表だって有名な観光地もないので(馬は有名だそうですが)なかなか来るのが難しいです。しかも、新千歳空港からアポイ岳登山口まで3時間はかかります。。。遠いね。。。
さらに、週末に台風4号、5号のおかげで、全国的に荒れた天気でアポイ岳周辺は曇り。。。雨は降っていないのですが、景色は楽しめないことを覚悟し、登りたいと思います。
お天気も芳しくなく、こんなに遠い場所にも関わらず、登山口にはすでに10台くらいの車が駐車されていました。

2018年6月10日②_1

現在咲いているお花が写真付きで紹介されています。
アポイ岳に行ったらぜひ見たいお花の1つ、ヒダカソウ。北岳のキタダケソウと同じく北海道啀山(キリギシヤマ)のキリギシソウと同系列のお花。花期が5~6月なんですが、あああ、もう咲いていないんでしょうか?残念ですが、他にも固有種がたくさんあるので、何に出会えるか楽しみにしたいと思います。

2018年6月10日③_1

しばらく砂利道の林道を歩くと、小川を渡渉し、登山道に入ります。帰りはこちらの小川で泥を落とせるんですね。何ともご丁寧です。

2018年6月10日④_1

1合目です。アポイ岳には1合ずつ標識があります。緩やかな登山道です。最初がこんなに緩やかだと、後から急登になるのかな。

2018年6月10日⑤_1

あああ~
これはミヤマハンショウズルではないですか~。青レンジャーあんまり見たことないです。アポイ岳の川沿いに少しだけ咲いていました。

2018年6月10日⑥_1

3合目です。まだまだ緩やかな登山道です。

2018年6月10日⑦_1

4合目付近です。高山植物はまだか~。そろそろ樹林帯を抜けてほしい。

2018年6月10日⑧_1

おお、どうやら避難小屋のある5合目に到着したようです。5合目は開けているようです。

2018年6月10日⑨_1

雨は降っていないですが、ガスガスの景色。登山道脇にはヤマツツジの群生がありますが、そろそろ高山植物が出てきそうですが。。。

2018年6月10日⑩_1

ありました~アポイアズマギク。
普通のアズマギクとの違いがよくわかりませんが、このお花は5合目~頂上付近までずっと咲いていました。お写真のお花は赤紫色ですが、白い物もありました。

2018年6月10日⑪_1

辛うじて海が見えました。お天気がいいと、もっと良く見えるんだろうな~。

2018年6月10日⑫_1

6合目は少し樹林帯です。ヤマツツジが良く咲いていますね。

2018年6月10日⑬_1

毒へび注意看板。ど、毒へびいるんだ。。。青レンジャー、クマさんよりも怖い。。。

2018年6月10日⑭_1

7合目です。登るにつれてガスがひどくなってきました。。。

2018年6月10日⑮_1

瑞々しいヒロハヘビノボラス。へびも登れない程ツルツルの木でしょうか。

2018年6月10日⑯_1

キンロバイ。早池峰山や北岳~北岳山荘の間で良く見ました。

2018年6月10日⑰_1

チシマキンレイカ。ハクサンオミナエシよりも小ぶりです。

2018年6月10日⑱_1

馬の背お花畑に着きました。さらにどんなお花に出会えるんでしょう~。

2018年6月10日⑲_1

キタヨツバシオガマ。ヨツバシオガマと厳密に区別しにくいとか。

2018年6月10日⑳_1

高山植物とともに、ず~っとヤマツツジが咲いています。ここまで咲いていると圧巻ですね~。

2018年6月10日㉑_1

今年初のチングルマ。アポイ岳ではすでに綿毛になったものも多かったです。早いな~。

2018年6月10日㉒_1

ここからは固有種のオンパレード、アポイゼキショウ。ころんころんの水滴ができていました。

2018年6月10日㉓_1

アポイカラマツ。なんだこれ~見たこともない植物です。

2018年6月10日㉙_1

もうすでにお花が終了したものがたくさんあったので、何かな・・・何かなって思っていたら、咲いていたのが少しありました。サマニユキワリですよ~。きゃわええ~ですね~。似たようなお花にヒダカイワザクラもありますが、こちらは5月が花期だそうです。

2018年6月10日㉔_1

青レンジャーの大好きなミヤマオダマキ。チングルマとサマニユキワリの残骸とのコラボです。

2018年6月10日㉕_1

梅雨に濡れてヤマツツジも生き生きしています。

2018年6月10日㉖_1

分岐点に来ました。幌満お花畑は下山時に寄るとして、登りは頂上を目指します。

2018年6月10日㉗_1

8合目です。どうやら先に見えるガスがかかったお山が頂上の様ですね。

2018年6月10日㉘_1

北海道に来たと実感するお花、エゾイソツツジ。北海道では山や硫黄が噴き出す土壌によく咲いているお花ですが、本土には一切咲かないです。

2018年6月10日㉚_1

9合目あたりです。頂上まであと少し。

2018年6月10日㉛_1

着きました~、アポイ岳山頂。
アポイ岳山頂は樹林帯の中なんですね~。頂上は50人くらい休憩できるような平らな場所です。20~30人程休憩されていたので、青レンジャーも少し休憩して幌満お花畑方面に向かいましょう。

2018年6月10日㉜_1

頂上から幌満お花畑の登山道は狭くて草がわさわさしています。青レンジャー御用達のレッグウォマーがほつれてしまいました。
ここにもヤマツツジがたくさん咲いていて、緑とヤマツツジの対比がキレイで何度もお写真を撮ってしまいました。

2018年6月10日㉞_1

あら、いつの間にか襟裳岬が見えてきました。近いですね~。

2018年6月10日㉟_1

幌満お花畑です。このあたりにヒダカソウが咲くそうなのですが、よ~く目をこらしても、残骸は見つかりませんでした。。。
幌満方面には通行止めで下山できず、ここからは7~8合目あたりの分岐点までトラバース道を歩くことになります。

2018年6月10日㊱_1

様似の海岸線。お昼近くになり、ガスの晴れ間も見え始めました。

2018年6月10日㊲_1

トラバース道は概ね樹林帯の中です。ゴゼンタチバナが良く咲いていました。

2018年6月10日㊳_1

まさかこんな場所にエゾサクラソウが見られるなんて思いませんでした。花期はかなり終盤でしたが、そこそこの数が咲くようです。

2018年6月10日㊴_1

分岐点まで戻ってきました。まだまだこれから登られる人もツアーの団体様も続々と登られてきています。アポイ岳は人気のお山なんですね。

2018年6月10日㊵_1

ヒダカソウは見られませんでしたが、たくさんの固有種に会えて満足です。もう少しお天気が・・・いやいや、雨が降らなかっただけましか。

2018年6月10日㊶_1

5合目の避難小屋。一応携帯トイレブースがあります。

DSC02018年6月10日㊷_1

昼頃になって5合目から山頂が見えるようになっていました。

2018年6月10日㊸_1

小川で靴を洗い、登山口まで戻ってきました。



6:50 アポイ岳登山口
7:05 1合目
7:30 2合目
8:15 5合目避難小屋
8:45 7合目
9:20 8合目
9:50 アポイ岳頂上
10:30 幌満お花畑
11:00 分岐点
11:40 5合目避難小屋
12:55 アポイ岳登山口
(休憩時間30分を含む)



計 6時間5分の山旅でした。



<総論>
ヤマツツジが群生すると感動する。
スポンサーサイト
初めての山岳景勝地
だいぶ月日が流れましたが・・・
2018年5月6日に、長野県松本市にある上高地に行ってきました。

上高地はいわずもがな超有名な山岳景勝地です。山ヤにとっては穂高連峰への主要登山口になっていますし、夏になると日帰りバスツアーで観光客がわんさか訪れ、登山者と観光客でごった返しているイメージがあります。上高地はマイカー規制があるため、入山するには長野県側は沢渡で、岐阜県側はアカンダナで専用シャトルバスに乗り換える必要があります。都会から直通バスもあるようで、人も多いですし何やら面倒なので、青レンジャーは上高地に1度も足を踏み入れたことがありません。。。規制道路前は何十回も通ってるんですけどね~。しかし、さすがに1度は行ってみようと思っていたので、今回ゴールデンウィークの最終日に行ってきました。

2018年5月6日①_1

青レンジャーの自宅からだと、岐阜県側のアカンダナ駐車場が近いので、アカンダナに向かいます。朝のアカンダナ駐車場。平湯温泉の近くにはこんなに馬鹿でかい駐車場があったのか~。駐車料金1日600円です。中には何泊もされていそうな車がチラホラありましたので、おそらく穂高連峰のどこかに登られているんですかね~。
今回は上高地をぐるり周辺散策しようと思いますので、そんなに早い時間から行かなくてもよかったのですが、早立ち早じまいの山ヤのサガで、6時20分頃のバスに乗りました。乗客も3、4組ほどです。

2018年5月6日②_1

30分くらいで上高地に到着です。ここが上高地かあ~。標高はすでに1505mあります。お土産屋さんとか色々ありますね。何よりバスの数が凄い~。朝4時台からシャトルバスが30分間隔で動いているので、登山口として大変魅力的ですね。今更ながら理解しました。

2018年5月6日③_1

トイレはアカンダナ駐車場で済ませてきたので、さっそく散策します。今回は、大正池までぐるっと1周していきたいと思います。

2018年5月6日④_1

梓川沿いに出ると、穂高連峰の美しい姿が目に入ります。わあ~神々しいわ~。徒歩5分内でこの絶景ですから、上高地が有名観光地になるのも納得です。

2018年5月6日⑤_1

有名な河童橋が見えてきました。早朝なので歩く人もまばらです。

2018年5月6日⑥_1

穂高連峰を眺めながら河童橋を渡ります。
穂高連峰の中腹に見える平らそうな場所は、岳沢小屋のあるところですね。緩やかに見えるけど急登だとか。そこから前穂高岳に登るのは見ているだけでも急登だとわかります。

2018年5月6日⑦_1

河童橋を渡り、大正池の方面に梓川沿いを下ります。先には焼岳のお姿が~。こんなに近くに見えるんですね。火山のお山と言えどもまだまだ雪があります。

2018年5月6日⑧_1

どアップの焼岳。モクモク噴煙はわかりません。

2018年5月6日⑨_1

梓川沿いの森にはお猿さんの群れがお食事中でした。その中で赤ちゃんを抱えたお母さん猿がっ~
きゃわええ~です。

2018年5月6日⑩_1

平らな道ゆるゆるトレッキング最高っ~

2018年5月6日⑪_1

近代登山の父ウェストン碑。イギリスの宣教師で世界に「日本の山いいよ~」っと紹介した人。

2018年5月6日⑫_1

対岸には霞沢岳に続くギザギザ稜線。

2018年5月6日⑬_1

上高地温泉ホテル前には桜の花が咲いていました。

2018年5月6日⑭_1

田代池まで来ました。休憩場所にピッタリです。

2018年5月6日⑮_1

さらに南下すると大正池に穂高連峰が映っていました。日本じゃないみたいです。

2018年5月6日⑯_1

焼岳も湖面に映っていました。

2018年5月6日⑰_1

大正池まで来たので引き返します。
上高地にはニリンソウの群生があるとのことで、少し咲き始めていないかな~っと思いましたが、ここまでほとんど咲いていなかった。。。唯一見つけたニリンソウ3輪。

2018年5月6日⑱_1

上高地には鳥さんもたくさん歌っていました。持って帰りたいくらいにちっこい鳥さん。

2018年5月6日⑲_1

上高地バスターミナルまで戻ってきました。10時を過ぎると観光客で賑わい始めていました。さらにゴールデンウィークをお山で過ごされたであろう方々もぞくぞくと下山されてきていました。盛夏ともなるとこのバス待ち行列はもっとすごいことになるんだろうな~。



7:00 上高地バスターミナル
7:15 河童橋
9:15 大正池
10:15 上高地バスターミナル
(休憩時間は30分程度)

計 3時間15分のお散歩でした。



<総論>
次は明神橋や徳澤園方面にも行きたいな~。
2018年ゴールデンウィーク遠征登山旅行 3、4日目
2018年4月27~30日にかけて、母上殿とゴールデンウィーク遠征登山旅行に行ってきました。

4月29日、3日目になります。
1日目は石鎚山、2日目は剣山を制覇しその日は鳴門市内に宿泊しました。3日目は当初の計画では、奈良県と三重県の県境にある、大峰山と大台ケ原に行く予定でした。しかし、母上殿が、

「やっぱり毎日山に登って、これ以上さらに2つも百名山に登るのは体力的に無理やわ~。」

とのこと。やっぱり~
じゃあ帰る?・・・でも四国まで来て、このまま帰るのも非常にもったいない。そこで母上殿が、

「大山にしない?」

え?大山?あの鳥取県の大山(最高峰は剣ヶ峰1729mですが、現在立ち入り禁止のため、弥山1709.4m)
確かに、今回の旅行中に、最後大山に行くという案もありましたが、四国から山陰地方に移動するのは大変ということで止めました。しかし、剣山リフトの乗車中に、「剣山からは、晴れていれば大山が見えます」みたいなことを聞いた母上殿は、一気に大山熱を発症しました。当初の予定の奈良県の大峰山は、近くに日本百名山の大台ケ原があり、せっかくそこまで行ったのなら、何が何でも2座とも制覇したくなりますが、大山に行けば、その周辺の日本百名山は大山しかないので、大山を制覇することができれば、後悔することもなさそうです。何より、母上殿の体力と希望が第一優先ですので、3日目は大山に行きましょう~。

鳴門市内のホテルから大山の登山口まで250㎞、時間で言うと3時間以上はかかりそうです。。。
青レンジャー、大山には2015年3月に行っています。その時の記事がこちら
以前大山に行った時は、駐車場が少なくて、車が停められるか非常に心配していた覚えがあります。今回は登山シーズン真っ盛りの時期ですので、なるべく早く駐車場を確保したいんですが、鳴門市内のホテル出発は4時が限度でした。。。こんなことなら、香川県や岡山県にお宿を取ればよかった~。

2018年4月29日①_1

大山の登山口に到着しました。
大山にはこんなに広くて立派な駐車場があるんですね。青レンジャーが以前行った時は、主要登山口である夏山登山口のすぐ横に位置する南光河原駐車場に停めたんですが、それ以外の場所に何百台も駐車できるスペースがあります。7時過ぎに南光河原駐車場に到着しましたが、案の条満車。その近くのキャンプ場の駐車場も満車だったため、色々探していたところ、こんな立派な駐車場がありました。とりあえず駐車できて良かったです。

2018年4月29日②_1

キャンプ場にあるトイレで準備し、夏山登山道から登山開始です。

2018年4月29日③_1

大山寺のさまざまな建物の中を歩きます。石畳の階段を上るとすぐに身体が暑くなってきました。

2018年4月29日④_1

石畳の階段を過ぎると、気持ちのいい新緑のブナ林の中を歩きます。登山道もほぼ階段状に整備されていました。

2018年4月29日⑤_1

大山は1合ずつ標識が立ててあります。ここは4合目です。

2018年4月29日⑥_1

5合目まで来ました。駐車場の車も凄いですが、登山者もかなりいました。今日は快晴で登山日和ですからね~。

2018年4月29日⑦_1

6合目です。ええ~っ実はこんな避難小屋があったのか~。雪に埋もれていた時は全然わかりませんでした。冬山ではここがアイゼン装着ポイントになります、6合目が見つかれば。

2018年4月29日⑧_1

6合目からは大山の険しい山容がキレイに見えます。この険しさはアルプス系の山々の様です。

2018年4月29日⑨_1

眼下には米子市の街並み。本当に今日はいいお天気です。

2018年4月29日⑩_1

ここまで来ると高い木はほとんどなくなります。見晴らし良すぎです。

2018年4月29日⑪_1

8合目付近にはダイセンキャラボクの群生がお目見えします。実はまだ赤くないです。

2018年4月29日⑫_1

こういうの待ってました~。緩やかな木道~。大山の登山道は終始階段状に造られていて、登るにつれて急登になってきていました。もう急登はないようです。

2018年4月29日⑬_1

大山頂上避難小屋に着きました。シーズン中は売店があるようです。母上殿は登山バッチを購入していました。
さて、立ち入りOKのピークまであともう少し。

2018年4月29日⑭_1

無事大山のピークに到着しました。母上殿、32座目。
頂上では休憩されている登山者ですごいことになっていましたが、青レンジャー達も気持ちのいいお天気の中、少し休憩します。

2018年4月29日⑮_1

ピークから見る大山頂上避難小屋。ゴールデンウィークの大山はベストシーズンなんですかね。

2018年4月29日⑯_1

立ち入り禁止の剣ヶ峰に続く稜線。本当にアルプスを見ているようです。

2018年4月29日⑰_1

休憩したら下山しましょう~。まだまだたくさんの方が登って来られています。

2018年4月29日⑱_1

下山は高度感たっぷりですね。
青レンジャーが車を停めた大山情報館の駐車場が見えます。ほぼ満車なような希ガス・・・。

2018年4月29日⑲_1

お昼を過ぎてもたくさんの方々が登って来られているので、少々人疲れしていまい、人ごみを避けるために下山時は行者登山道を使いましょう。このルートは大神山神社奥宮から続く登山道で、以前青レンジャーが来た時は、こっちのルートで登ろうとしたんですが、結局登山道がどうやって続いているかわからなくて迷った思い出があります。本来の登山道がどういう風に続いているか確認したいと思います。

2018年4月29日⑳_1

こちらも階段がばっちりと整備されています。大山は階段のお山か~。

2018年4月29日㉑_1

こうゆう緩やかな登山道は大歓迎です。

2018年4月29日㉒_1

大堰堤です。ここからは雪を残した美しいパノラマ大山が見えます。たくさんの方が写真を撮影していました。

2018年4月29日㉓_1

青レンジャーもしかり。自分だけのビューポイントを見つけて右往左往です。

2018年4月29日㉔_1

だいぶ下山してきたので、あとは緩やかな登山道を歩くだけでしょう。

2018年4月29日㉕_1

青空に新緑がまぶしすぎる~。
ここで母上殿とこの旅で登った山々の中で、一番良かった山を聞くと迷わず「大山」と言っていました。やっぱりそうか~。大山は青レンジャーの中でもあの素晴らしい雪山の景色を見せてくれた場所なのでいいイメージがあります。やっぱりどんなお山でも晴れていてナンボですね。

2018年4月29日㉖_1

大神山神社奥宮に着きました。そうか、この場所に出てくるんだ~。青レンジャーは前回、このあたりで登山道がわからなくなった気がします。この場所にはキレイなトイレがありました。大変ありがたいです。

2018年4月29日㉗_1

雰囲気のある石畳を歩きます。

2018年4月29日㉘_1

宿泊施設が並ぶメイン通りです。メイン通りに入ってすぐにあるソフトクリームに誘われ、思わず食べちゃいました~。無事、登山終了です。



7:40 大山情報館駐車場
8:05 夏山登山口
9:30 5合目
11:05 大山頂上
12:50 分岐
13:40 大神山神社奥宮
14:30 大山情報館駐車場
(休憩時間 45分を含む)

計 6時間50分の山旅でした。



<総論>
やはり大山は素晴らしいお山。



・・・この旅行で3座も制覇でき、大満足の母上殿。3日目はホテルに宿泊せず、ゆっくり帰ろうかと思いましたが、けっこう疲れたのでホテルのベッドで休みたい~。ゴールデンウィークに宿泊できるホテルがあるかネット検索すると、ありましたっ!!!岡山県津山市のホテルっ!!!ゴールデンウィークはシングルのお部屋が比較的空いているようです。さっそく予約して、真賀温泉に寄ってからホテルに入りました。真賀温泉青レンジャーの大好きな硫黄泉じゃないけど、とても風情があってぬるめのヌルヌルした、いい温泉でした~。
Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ