FC2ブログ
再び晩秋の甲武信ヶ岳
2018年11月3~4日にかけて、母上殿の目指せ日本百名山50座の山旅に行ってきました。
この時期になってもまだまだがんばります。

青レンジャーは前回、9月に雨飾山に行ってから、お山には全然行けていませんでしたが、母上殿は10月に単独で苗場山に行ったみたいです。これで日本百名山42座制覇です。
今回は母上殿がまだ登頂したことがない、長野県、山梨県の県境にある日本百名山に行きたいと思います。

1日目・・・甲武信ヶ岳(標高2475m)
2日目・・・瑞牆山(標高2230.2m)

という予定を立ててみましたが、この周辺には金峰山などもあり、母上殿の体調やお天気に応じて臨機応変に行きたいと思います。

前日、山梨県清里町のペンションに泊まり、2018年11月3日、毛木平登山口から甲武信ヶ岳に登ります。

2018年11月3日①_1

4年ぶりの毛木平登山口。前回は2014年11月4日に登っています。丁度同じような時期ですね。まさか4年後、再びこのお山に登る機会に恵まれるとは思いませんでした~。前回同様登山口の気温-2度っ!!!さび~
前回は平日だったので、車の数は10台以下でしたが、今回は休日なのですでに30台くらいいました。

2018年11月3日②_1

緩やかな落ち葉の登山道を歩きます。前回も千曲川源流遊歩道を歩いたので、今回も同様のルートを歩きます。

2018年11月3日③_1

千曲川の源流までは川沿いの登山道なので、動いていないとかなり寒いです。ほとんど休まず歩きます。

2018年11月3日④_1

所々、霜柱や川にはつららが育っています。さび~
夏場は涼しいでしょうね~。

2018年11月3日⑤_1

千曲川源流に来ました。
ここで少し休憩し、稜線までの急登に備えます。

2018年11月3日⑥_1

稜線に出るまでの急登。この登山道は皇海橋から登る皇海山に似ています。最初は川沿いの緩やかな登山道を行き、最後は川を離れ急登・・・という感じが。登山道の整備率は甲武信ヶ岳の方が上ですが。

2018年11月3日⑦_1

稜線まで来ました。

2018年11月3日⑧_1

甲武信ヶ岳の山頂。母上殿ようやく頂上が見え、おおいに興奮していました。

2018年11月3日⑨_1

甲武信ヶ岳頂上です。母上殿、日本百名山43座目~。
こちらは毛木平から登る登山道方面から見た標識です。

2018年11月3日⑩_1

こちらは西沢渓谷から登る登山道方面から見た標識。

2018年11月3日⑪_1

金峰山、瑞牆山方面の景色。五丈石は・・・わかりませんでした。
頂上でしばし休憩し、下山します。下山時は十文字小屋経由で・・・とも思いましたが、登りにけっこう時間がかかったので、下山も同じルートで帰ります。

2018年11月3日⑫_1

無事、下山しました。

2018年11月3日⑬_1

登山口周辺の黄色い紅葉。陽が当たり黄金色ですっ



6:30 毛木平登山口
9:55 千曲川源流
11:10 甲武信ヶ岳頂上
15:20 毛木平登山口
(休憩時間45分を含む)

計 8時間50分の山旅でした。
・・・結構時間かかったのね。。。

前回は6時間30分・・・年々衰えているんでしょうか(T_T)



<総論>
11月上旬の早朝の毛木平は氷点下っ!!!



・・・2日目、瑞牆山に登る予定でしたが、天気予報が変わり雨予報にっ
瑞牆山を雨の中登るのは怖いので、また今度。。。
スポンサーサイト



Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈