2014年山行計画第4弾 1日目
2014年9月8~9日にかけて、未登頂の日本百名山の1つに行ってきました。日本百名山51座目です。今回もピンクレンジャーさんとご一緒です。

さて、未登頂の日本百名山とは・・・

2014年9月8日①_1

ここですよ、ここ。

「試練と憧れ」

去年の同じ時期に、このお山に行こうと思い登山口まで行ったはいいものの、小雨が降りしきり、あえなく唐松岳~五竜岳へのルートに変更した苦い思い出があります。。。そうです、剱岳です。

剱岳は日本百名山の中、北海道の幌尻岳と並び、最高難易度のお山だと言われています。幌尻岳は行きにくい山、剱岳は険しい山・・・と。

剱岳の一般的なルートは、立山室堂駅から2泊3日の別山尾根が有名ですが、登りはカニのタテバイ、下りはカニのヨコバイという難所があり、ルートも標高2450mからのスタートといっても、アップダウンの繰り返し。しかも、難所前では渋滞も発生するのだとか。。。渋滞怖い。。。
別山尾根の他にもう1つ一般的なルートとして、早月尾根があります。こちらは剱岳山頂までほぼ直登、通常1泊2日で行けますが、早月尾根の登山口である馬場島(ばんばじま)の標高はわずか740m。そして剱岳山頂が標高2999mで、その標高差は2259m。。。さ、さすが北アルプス3大急登とも言われるだけあります。。。山小屋も標高2224mにある早月小屋しかなく、道中水場は一切ありません。しかし、別山尾根より難所は少なく、人通りも少なく、何より青レンジャーの住まいから登山口まで車で1時間30分で行ける~!!!そして駐車場を下りたらすぐ登山口~!!!

北アルプス3大急登とも言われる急登とはいったいどんな感じなんでしょう???
登られた方々のお言葉を読みますと、

「急登だが登りやすい」

???なんのこっちゃいな???

早速、急登だが登りやすい早月尾根を登ってみましょう~。
青レンジャーは登りの方が苦手なので、本日はとにかく早月小屋まで行きたいと思います。そして明日、剱岳にアタックしてそのまま下山する予定です。本日の標準CTは5時間40分です。ただ今、朝の6時過ぎなので、いくら鈍行でも夕方までには早月小屋に着けるでしょう~。

2014年9月8日②_1

さ、さすが北アルプス3大急登。。。
出だしから急登が続きます。どれくらい急登かと申しますと、3、4歩くらいで自分の身長を越えないといけない感じです。。。しかし、登山道はきちんと整備されています。

2014年9月8日③_1

ひと登りすると、登山道は緩やかになりました。あれ~???こんな下界でもう緩やかになるなんて・・・これからの急登が大変不安です。。。
早々に立山杉がお出迎えしてくれます。大変立派な木です。

2014年9月8日④_1

緩やかな登山道を進むと、標高1000mの松尾平に到着です。ここで一息入れます。
今日は一応晴れのち曇り予報なんですが、なんだか終始薄曇っています。しかし、気温はそれほど高くなく、そこそこ登れます。もちろん汗はかいていますが。。。

2014年9月8日④2_1

立山杉です。大きさはこんな感じです。ピンクレンジャーさんが4、5人いないと、立山杉の胴を囲むことができないですね。

2014年9月8日⑤_1

松尾平を過ぎると、再び急登となります。立山杉が多いので、こういった根っ子がむき出しになっているところが多いです。根っ子の上を色々な人が通るので、表面はつるつるになりよく滑ります。人間も大変ですが、木も大丈夫でしょうか?

2014年9月8日⑥_1

標高1200mまできました。
早月尾根は標高200m感覚・・・間隔で(多少てきとーっぽい)標識があり目安になります。
・・・早月小屋までこの看板を、あと4つは見ないといけないんですね。。。何だか萎えます。。。

2014年9月8日⑦_1

急登→緩やか→急登・・・を何度か繰り返し、標高1400mまできました。
早月尾根の下部は、樹林帯の中でジメッとした登山道なので小虫が寄ってきます。頻繁にハッカスプレーをシュッシュッしますが、青レンジャーピンクレンジャーさんも何ヶ所かやられてしまいました。。。

2014年9月8日⑧_1

標高1600m地点です。
本当に早月尾根は、急登→緩やか→急登・・・をうまい具合に繰り返し、周りの景色も変化するので、比べては何ですが、あの北アルプスの笠ヶ岳に続く笠新道よりも登りやすいと感じます、今のところは。

2014年9月8日⑨_1

木のハシゴもお目見えします。これが若干つるつる気味なので、みなさん避けて通ろうと必死な跡が垣間見えます。

2014年9月8日⑩_1

標高1800m地点です。あと2000mの看板を見れば、次は早月小屋。

2014年9月8日⑪_1

目の前に剱岳の荒々しい山並みが近づいてきました。

「あれが大窓小窓出窓のどれかだよね~?」

そうそう・・・ん???
ピンクレンジャーさん、出窓ってあったっけ???
出窓を山の形にすると・・・大変危険な感じになりそうですよ。。。

2014年9月8日⑩2_1

途中、お山の標識がありました。これは・・・1920.7m地点の様です。ここから少し下ります。

2014年9月8日⑫_1

おお~、何か広場にでました。ここは以前の避難小屋跡っぽいです。少し休憩しますが、やっぱり小虫が寄ってきます。。。

2014年9月8日⑬_1

程なく標高2000m地点に着きました~。後は早月小屋に着くばかりです。

2014年9月8日⑭_1

おや?地塘がありました。このあたりは大変嫋やかで和みます。周りにはイワイチョウ・・・が終った葉っぱがたくさん咲いていました。あともう少しすれば、もっと黄色くなって紅葉することでしょう~。

2014年9月8日⑮_1

地塘を過ぎると、何ともいえない急登になりました。木の根っこがよく絡んだ、ややグチャグチャの細い登山道を歩きます。

2014年9月8日⑯_1

もうそろそろ緩やかにならないかな・・・と思っていると、大きな岩の上に出ました。

2014年9月8日⑰_1

少し進むと、早月小屋が見えてきました~。
ここは丸山で、早月小屋よりもちょっとだけ上にあり、広場のようになっています。広場なので見晴らしも抜群です。馬場島を出発して5時間あまり、よーやく剱岳山頂や早月尾根上部の様子が見えてきました。
早月小屋から伸びる早月尾根の上に見えるのが、剱岳山頂です。・・・まだまだ遠いですね。。。
そして、お写真向かって右手手前の山が奥大日岳で、その間奥に見えるのが立山ですね。

2014年9月8日⑱_1

お写真左手から、奥大日岳~大日岳の山並み。ランプとギターの大日小屋も見えます。

2014年9月8日⑲_1

もう一度、剱岳山頂を今度はどアップで。うう~ん、やっぱりまだまだ遠いですね。。。

2014年9月8日⑳_1

早月小屋に到着です。
あれ?まだ12時にもなっていない。。。急登なのでかなり時間がかかってしまうかと思っていましたが、予定よりも早く着いてしまいました。これから剱岳に登り早月小屋に戻っても、標準CTで6時間。今から登るのは無理なので、おとなしく今日は店じまいとします。お天気も何だかぱっとしませんしね。明日の朝の方が見晴らしもいいはずだ~。ち~ん。

2014年9月8日㉑_1

山小屋チェックイン第1号でしょうか。早月小屋は大改装中っぽくて中は大変キレイです。

ひと着替えして、談話室で昼食のパンを食べて、雑誌PEAKSを読んでも・・・まだ14時。いつもフル歩行の山行なので、こんなにヒマだとどーしていいかわかりません。。。以前2回ほど、悪天候のため、12時前に山行を終了したケースがありましたが、悪天候でもないのに12時前に山行を終了した経験がないので、なんだかもやもやします。でも、どーしよーもないので、布団を敷いてウトウトしたり、漫画「エンジェルハート」を読んだりして過ごします。

16時頃より山小屋泊のお客さんが次々と到着されていらっしゃいます。多くの方が本日馬場島から登り、頂上を極め、戻られてこられた方々の様です。一気に標高2200mまで登れるんだ。。。凄い~。
そして、到着される方々がみなさん殿方ばかり。。。他のお部屋には女性が他に2名ほどいらっしゃるようでしたが、青レンジャー達がお泊りするお部屋には、最終的に男性10名とへっぽこ登山隊2名となりました。ここまで女子が少ないとわ。。。

2014年9月8日㉒_1

夕食です。
事前にピンクレンジャーさんに、もう一度香るカレーが食べたいので自炊することを直接お話しし、カレーまで一緒に買いに行き、前日メールでもお伝えしましたが、ピンクレンジャーさんはすっかり忘れ、何も持ってこなかったそうです。南アルプス南部の時とは違い、今回はかなり軽量化に努めて来られたようです。仕方がないので、青レンジャーだけ自炊します。やっぱり香るカレーは美味いです。鍋の茶色の液体はコーヒーですね。早月小屋の本日のお食事は金目の煮つけだったそうです。

2014年9月8日㉓_1

18時30分ともなると、もう夕暮れ。
一時、夕日が見られたようですが、青レンジャーが確認した時点ではこんな感じの夕暮れでした。
明日はいよいよ剱岳山頂に登って、馬場島まで一気に下山。だ、大丈夫かな。。。
標準CT9時間50分なので、たくさん余裕を持って、12時間もあれば下山できるでしょう。なので、朝5時前には早月小屋を出発したいところです。そのためにも、本日は早々にお休みなさい



6:10 馬場島早月尾根登山口
6:50 松尾平
7:40 標高1200m地点
8:20 標高1400m地点
8:45 標高1600m地点
9:35 標高1800m地点
10:40 標高2000m地点
11:35 早月小屋
(休憩時間30分を含む)

計 5時間25分の山旅でした。



2日目に続く・・・
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

青レンジャー様、こんばんは

岩場経験があまりない私は、剣岳は一生登れないと思っていますが
このコースなら、体力さえあれば大丈夫でしょうか?
標高差2259m(@_@;)
続きを楽しみにしてます

白山の温泉情報など、ありがとうございます
温泉通の青レンジャー様お奨めの処に寄りたいと思います
問題は土曜日雨予報に変わっているようです
お天気にしてください(^O^)
でないと白山に行けなくなりそう(^_^;)
朝日ライナー | URL | 2014/09/10/Wed 19:58 [EDIT]
7月に駒の小屋で一緒になったおばちゃんに
「槍でも剣でも、若い時に登っておきな~」と言われましたが…

まぁ、どこをどう考えても私にはたどり着けない山域。
どんな景色を見せてくれるのか楽しみです。

それにしても、きれいな山小屋ですね。
おやぢたちに囲まれて、ゆっくり休めましたか?
いびきの大合唱だったりして。(^O^;
chikoやん | URL | 2014/09/10/Wed 21:49 [EDIT]
青レンジャーさん こんにちは。

うわー、ついに剱ですか!「試練と憧れ」ワクワクドキドキですね。
早月尾根、時間的にも余裕で小屋までたどり着けたみたいですね。さすがです。あっ、ピンクレンジャーさんも。

剱、いいな~。生命保険の補償金額を倍増して、準備万端なんですけど・・・。
続き、楽しみにしています。
あつぷり | URL | 2014/09/11/Thu 16:08 [EDIT]
青レンジャーさんコンニチハ
急登→緩やか→急登、、、試練→憧れ→試練っていう感じなんでしょうか(^^)
北アルプス三大急登も絶妙なタイミングで緩斜面が現れてくれると助かりますよね~。
小屋までは岩岩したところは殆どなさそうでしたねー。
後半はいよいよ核心部という事ですね。
楽しみにしています♪
そうそう、気まぐれでブログタイトル変えました。
これからもよろしくお願いします。
中ノ俣 | URL | 2014/09/11/Thu 16:24 [EDIT]
Re: タイトルなし
朝日ライナーさん、コメントありがとうございます。

普通に日本アルプス系のお山に行かれている朝日ライナーさんなら、早月尾根から行く剱岳は行けますよ~。というか、別山尾根からも、え?そんな格好で登ってきたん???と思う女子とかいましたし。行ったら案外拍子抜けするかもしれません。。。

土曜日晴れるといいですね~。・・・若干雨でも、砂防新道~室堂の間は全く危険なところはないので、日曜日に期待するのもありです。登山道もけっこう水はけのいい感じなので、新潟のお山のようにドロッグチャっという感じはないです。ただ滝のようになりますが、登山靴はキレイになりますよ~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2014/09/11/Thu 21:36 [EDIT]
Re: タイトルなし
chikoやんさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよ~。よく諸先輩方に、「若いうちに険しくて辛いところに言っておいた方がいい」と言われるんですよね。。。青レンジャーも、利尻山でお会いした三重県の諸先輩方に言われてから、かなり意識しています。

山小屋では、常に耳栓持参でいびきは大丈夫ですが、逆に諸先輩方々が青レンジャー達に気を使ったかな・・・と思います。最後の最後まで青レンジャー達の布団の周りには来ませんでした~。

山ガールの青レンジャー | URL | 2014/09/11/Thu 22:13 [EDIT]
Re: タイトルなし
あつぷりさん、コメントありがとうございます。

今のあつぷりさんなら早月尾根を日帰りで行けると思います。。。ぜひチャレンジなさって下さい~。
けっこう挑戦されていらっしゃる方も多いみたいです。何せ笠新道よりも「急登だが登りやすい」ですから。それに何より、北アルプスの中でも登山口が近い~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2014/09/11/Thu 22:25 [EDIT]
Re: 青レンジャーさんコンニチハ
中ノ俣さん、コメントありがとうございます。

早月小屋までは、ほぼ樹林帯の中を歩き・・・若干面白くない、、、感じです。
岩稜帯も本当に頂上付近にならないとありませんでした。

中ノ俣さんのブログのタイトル、変えたんですね~。しっかり確認しておきます~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2014/09/11/Thu 22:31 [EDIT]
こんばんは♪

おおーっ!(((o(*゚▽゚*)o)))
今度は剱岳ですか〜‼︎
すごいです〜、着々と百名山を制覇してますね♪
それにしても、ピンクレンジャーさん面白過ぎ(^_^;)
香るカレー、せっかく買ったのに、
青レンジャーさんが電話までしたのに、
忘れちゃったんですね(笑)
マイペースな感じで親近感わきます〜(≧∇≦)
後半楽しみにしてまーす( ´ ▽ ` )ノ
mokos619 | URL | 2014/09/12/Fri 21:07 [EDIT]
剱岳にも虫が(笑)
こんばんは、青レンジャーさん!

南アルプスから戻って早速、今度は剱岳にその足を向けるとは、なかなか精力的ではないですか~!
でも、高度順応している間に、次の高山へ行きたいですよね。
私も、少しずつ準備しています(^^

でも青レンジャーさん達は、北アルプスのお山が近くて羨ましい…。
宝くじが当たったら、山の近くに住みたいなぁ!
| URL | 2014/09/12/Fri 21:07 [EDIT]
Re: タイトルなし
mokos619さん、コメントありがとうございます。

順調に日本百名山を制覇して、あと2年くらいで終わりませんかね~。そこからが、青レンジャーの山登りの本当のスタートの様な気がします。

ピンクレンジャーさんはおそらく、剱岳登れるかな・・・ということばかり考えていて、他のことは忘れていたんでしょう~。メールの返信率も50%程度です。仕方ないです。。。
山ガールの青レンジャー | URL | 2014/09/12/Fri 23:04 [EDIT]
Re: 剱岳にも虫が(笑)
悠さん、コメントありがとうございます。

南アルプス南部からはすでに20日程経ちますので、それから全くお山へは行ってませんでした~。今年は本当にお天気が芳しくなかったですね。

おや?悠さんは次の大きな山行計画があるんですか???楽しみですね~。他の方のブログを読むと、青レンジャーも行った気持ちになるので楽しいです~。

お山の近くに住む・・・となると、やはり長野県がいいですかね?松本市~岡谷市あたりだと、高速道路が通ってますし、どの日本アルプスにも程よく行けそうです。
山ガールの青レンジャー | URL | 2014/09/12/Fri 23:12 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ