思いがけないお休みでの日本百名山遠征登山旅行 2日目
2014年11月4~6日にかけて、2泊3日で日本百名山制覇に向けて遠征登山旅行に行ってきました。
思いがけないお休みを頂いてしまったので、青レンジャーの1人旅です。

2014年11月5日の2日目になりました。

昨日は韮崎市内のホテルでぐっすり休み、4時に起床です。
さて、今日は金峰山(標高2599m)と瑞牆山(標高2230.2m)を目指す予定です。標準コースタイムで10時間25分。陽の長い夏場に2座を日帰りされる方もいらっしゃるようですが、陽の短い晩秋には少し厳しいコースタイムです。登り始めも登り終わりも、若干ヘッデン必須です。そのためヘッデン2個に加えそれぞれの予備電池と、少し多めの食量、防寒具で保険をかけておきます。・・・まあ、体調とお天気次第でどちらかのお山のみ登ることになりそうですが。。。

とにかく陽の短い今日この頃、まずは金峰山に登り、富士見平小屋には最低でも13時には戻って来れなければ、次の瑞牆山はあきらめましょう。富士見平から瑞牆山を登り、登山口の瑞牆山荘までの標準コースタイムは4時間10分。13時に富士見平小屋を折り返せば、登山口には17時10分には戻って来れます。あくまでも机上の空論ですけど。。。
・・・ダメそうなら翌日、大菩薩嶺をやめて瑞牆山を目指してもいいですし。

2014年11月5日①_1

韮崎市内より1時間くらいで瑞牆山荘に到着です。
周囲がまだまだ薄暗いので、どの駐車場に停めていいかわからず少しウロウロしてしまいました。
なので、登山開始時刻が6時。。。ちょっと遅くなってしまいました。

2014年11月5日②_1

完全に葉っぱの落ちた登山道を歩きます。若干どこでも歩けそうな登山道です。しかし、そこらじゅうにピンクのビニールテープがありました。

2014年11月5日③_1

富士見平林道(一般車通行不可)をまたぎます。

2014年11月5日④_1

富士見平小屋に到着です。
全然元気なので、予定通り金峰山方面に向かいます。

2014年11月5日⑤_1

カラマツの木の間からは富士山がチラチラ見えます。今日は少し雲が多いようですね。

2014年11月5日⑥_1

苔むした登山道になってきました。富士見平小屋から少し上ると、飯森山を巻いて登山道は緩やかに下って行きます。。。帰りが堪えそう~。

2014年11月5日⑦_1

大日小屋です。素泊まりのみの無人小屋のようです。

2014年11月5日⑧_1

大日岩です。大きい岩~。
このあたりから、下山者の方数人とすれ違います。昨日は金峰山小屋に泊まられたんでしょうか。

2014年11月5日⑨_1

大日岩からの眺めはすこぶる良いです。

2014年11月5日⑩_1

大日岩からのやや急な登山道を登りきると、平らな場所に出ました。
金峰山までまだ1時間50分もあるんですね。。。ふう。。。
このあたりで30歳代くらいの単独の殿方2名に道をお譲りいたします。速いですね~。

2014年11月5日⑪_1

更に登っていくと、砂払ノ頭にでました。
ここからは、ハイマツと岩場の稜線歩きですね~。ふふふ~。

2014年11月5日⑫_1

ハイマツ帯なので、見晴らしも抜群です。
奥には南アルプスの山並みが見えます。

2014年11月5日⑬_1

お写真向かって右側には、瑞牆山のトーフの様な白い奇岩が確認できます。屋久島のお山みたい~。
奥には八ヶ岳が見えます。

2014年11月5日⑭_1

そして富士山~。頭に笠をかぶっております。

2014年11月5日⑮_1

これから歩く稜線です。金峰山の頂上と五丈石が確認できます。

2014年11月5日⑯_1

金峰山小屋との分岐にきました。小屋はスルーして頂上を目指します。

2014年11月5日⑰_1

もう少し。。。でもなかなか着かない。。。

2014年11月5日⑱_1

着きました~。金峰山頂上~。
日本百名山58座目です。
金峰山頂上は、より短時間で登ることができる(登り2時間30分か~!!!)大弛峠からの登山者も多くいらっしゃいました。

2014年11月5日⑲_1

丁度同じ頃に、金峰山頂上に着いたテン泊のオジサマにお写真を撮影して頂きました。重い荷物を背負ってあの稜線を登られるとは凄いですね~。

2014年11月5日⑳_1

頂上に着いた頃は、かなり雲が多くなっていて、見晴らしはイマイチでした。砂払ノ頭で見た景色はすこぶる良かったよ。。。

さて、頂上付近はかなり寒く、とても休憩には向かないので、少し下ってから休憩しましょう。

2014年11月5日㉑_1

大きな五丈石・・・の前では多くの方が休憩されていたので、青レンジャーは石の裏で休憩します。・・・でも寒い。。。

2014年11月5日㉒_1

身体が冷えるとアレなんで、今後のことも考えて下山します。
金峰山には次から次へと登られる方がいらっしゃり、甲武信ヶ岳よりも人気の山域なんですね~。

大日岩周辺まで下山すると、何だか小雨がポツポツポツ。。。
すぐに止みましたけど、岩が濡れていました。
なので、大日岩で若干コケてしまい、近くにいた殿方があわてて助けに来て下さいました。。。あああ・・・恥ずかしすぎます。。。本当に穴に入ってしまいたいくらいに情けないです。。。殿方には驚かせてスミマセン。。。はづかしや~。

2014年11月5日㉓_1

富士見平小屋に戻ってきました。
こちらのトイレにトイレットペーパーがないのは調査済み。トイレを済ませ、時刻を見ると13時丁度でした。
うう~ん、悩ましや~。
少し水分補給をして考えます。

・・・せっかくここまで来たので、歩きにくいと評判の瑞牆山を少し偵察してきましょう。

2014年11月5日㉔_1

少し登ると、天鳥川に向けて下って行きます。こちらの登り返しも辛そうだな。。。
このあたりから多くの下山者の方とすれ違い始めました。50人くらい・・・いや、もっとたくさんの方とすれ違った気がします。瑞牆山は金峰山以上に人気のお山なんですね~。

2014年11月5日㉕_1

天鳥川まで来ました。さて、ここから本格的に瑞牆山への登りが始まります。

2014年11月5日㉖_1

大きな岩がゴロゴロ。小さな小枝が支えています。

2014年11月5日㉗_1

徐々に歩きにくい急登になってきました。まだまだ多くの下山者の方とすれ違います。
それにしても、瑞牆山にもシャクナゲの木が多いですね~。

2014年11月5日㉘_1

あ!!!
何だか大きな岩が見えます~。大ヤスリ岩ですね~。

2014年11月5日㉙_1

近くで見ると本当にでかいです。
もう少しで頂上付近かな~。。。
・・・ここからがひどかった。。。
益々登山道は急登となり、1歩のアプローチも大きく、かなり体力を消耗してしまいました。。。
もう引き返そうかな。。。度々心をよぎりましたが、ドーピング的ゼリーを多飲し、いつしか平らな場所へ出てきました。

2014年11月5日㉚_1

瑞牆山まであと10分~!!!
まだ10分もあるのか・・・と思いましたが、5分程で瑞牆山山頂にようやく到着しました。

2014年11月5日㉛_1

日本百名山59座目です。
いや~、長かった~。
頂上にはもちろんだれもおらず、青レンジャー1人です。西日で瑞牆山の標識が撮影し辛かった。

2014年11月5日㉜_1

金峰山が見えます。あそこから下って来たのか。。。本当によく頑張りました。

2014年11月5日㉝_1

小川山ですかね。
こんな近くにあるお山なのに、瑞牆山とは対照的に緑が深いんですね。

さて、無事瑞牆山に着きましたが、遠足は家に帰るまでが遠足なので、安全に下山しましょう~。

2014年11月5日㉞_1

がば~っと下り、天鳥川まで戻ってきました。あ、お写真1枚も撮らなかった。。。
途中、やはりポツリポツリと雨がぱらつくこともあり、岩は若干シメシメ。。。何度か転んでしまいました。。。泥とカラマツの落ち葉が靴底に付いてしまうので余計に滑りやすいです。

2014年11月5日㉟_1

富士見平小屋まで戻ってきました。
登山口まであともう少し。

2014年11月5日㊱_1

登山口にある瑞牆山荘の灯りを確認できた時点で、小雨が降りはじめました。。。
車に乗り込む頃には本格的な雨に。ギリギリセーフでした。ふう、ヤレヤレ峠。。。



6:00 瑞牆山荘登山口
6:50 富士見平小屋
7:45 大日小屋
9:25 砂払ノ頭
10:25 金峰山山頂
11:15 砂払ノ頭
12:15 大日小屋
13:00 富士見平小屋
13:35 天鳥川
15:10 瑞牆山山頂
16:40 富士見平小屋
17:15 瑞牆山荘登山口
(休憩時間30分を含む)

計 11時間15分の山旅でした。



<総論>
金峰山は次は大弛峠から登ってみたい。瑞牆山は・・・短い距離と標準コースタイムに惑わされる。。。



・・・余談話しです。
瑞牆山荘を後にし、増冨ラジウム温泉にでも入って帰ろうかと思いましたが、富士見平小屋で割引券を貰うのを忘れてしまいました。。。それに、山道を早く抜けたかったので、まあいいか。今日も韮崎市内のホテルでお風呂入ろ。。。
で、18時30分頃に韮崎市内のホテルに戻ってきました。
韮崎市内のホテルに宿泊される方は、男性がほとんどなのか、宿泊期間中、大浴場で他の方と鉢合わせることが1度もありませんでした~。なんて快適なんや~。



3日目につづく・・・
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

金峰山・瑞牆山!
こんばんは、青レンジャーさん!

本当によく頑張りました!!
分かります、分かりますよ~、あの瑞牆山の岩の大きさ、荒々しさ…登りもそうですが、下りは本当に神経集中させないと、転んで滑落がマジ洒落になんねぇって山ですよねe-330
大ヤスリ岩から先が本当に急登なのですが、あそこまで登るといまさら降りられないですよね!
とにかく頂上まで行ってやる~!という気分で、私も登りました(^^;
お疲れ様でした!

それにしてもあの行程を1日で歩いてしまう青レンジャーさん、素晴らしいです!
この夏鍛え上げた筋肉が、余すところなく発揮されている感じです。
若さって、いいわぁ~。
やっぱり高校生の時に、初志貫徹すればよかった…山登り始めるのが遅かったよ~(><)e-330

増冨温泉、入らなかったですか…でも暗くなった山道は怖いですから、仕方ないですよね。
それにホテルの大浴場を独り占めって言うのも、いいですよね!

金峰山の五丈岩、日中は皆さんの人気者ですが、周囲に誰もいなかったらとても厳かな気分になりますよ(^^
いつかまた、そんな五丈岩に会いに行きたいです(^^

富士山も素敵に見えてよかったですが、傘雲が気になります…最終日のお天気はどうだったのでしょう??
| URL | 2014/11/11/Tue 21:37 [EDIT]
こんばんは♪

遅ればせながら甲武信の57座目、そして58座目・59座目制覇おめでとうございます♪3座まとめておめでとうございますを言ったのは初めてですね(笑)。

しかし、健脚ですね~。私はまだ金峰山・瑞牆山へは登ったことがないのでどう攻略しようか考えていたんですが、両方まとめてはちょっと難しいかな、と思っていました。さすがに日の短い時期なので最後の方は暗かったみたいですが、もっと日が長ければ余裕でしたね。私も来年、今年の甲武信ヶ岳と同じくらいの時期(5月)にチャレンジしてみようかな。

次回はついに大菩薩ですね。あちらはコース的には楽だと思いますが、黒川鶏冠山から縦走とか、こちらが思いもかけないコースを歩いてたりして(笑)。
徒骨亭 | URL | 2014/11/12/Wed 22:39 [EDIT]
こんばんは♪

またまたプラス2つも百名山!おめでとうございます(*^^*)
瑞牆山と金峰山、他の方のブログで時々お見かけしますね。
1日で両方登ったのは見たことないですけど(^ ^;)
それにしても、2日目もいいお天気でしたね~!
金峰山手前の風景がすごい!南アルプスも綺麗に見えてるし、
なんといっても笠をかぶった富士山、すごいわ~!
水墨画みたいですね!

あ、そうそう、八ヶ岳アウトレットは夏休みに行ったので、
ニアミスではなかったですね(^ ^;)
ちなみにその二日後に軽井沢のアウトレットにも寄ったのですが、
八ヶ岳と規模が違いすぎてビックリでした・・・(笑)

mokos619 | URL | 2014/11/13/Thu 21:53 [EDIT]
1日で2座。頑張っちゃったんですね~。
ホントにお疲れ様でした。
傘をかぶった富士山が、なんともステキです。
美しいその姿が間近に見られるっていうのはやっぱり
素敵です♪
そして、と奥に見える八ヶ岳。
両方のお山とも、山頂からの眺望は、最高でしたね~。

さぁ、いよいよ、仕上げは大菩薩嶺♪
chikoやん | URL | 2014/11/14/Fri 03:04 [EDIT]
Re: 金峰山・瑞牆山!
悠さん、コメントありがとうございます。

本当に頑張ってしまいました。。。
金峰山は長かったですが、それほどひどいな~とは思いませんでした。しかし瑞牆山の最後のあの急登は・・・本当に参りました~。あのような登山道だとわかっていたら行かなかったような気がします。金峰山よりも短いコースタイムなのでついポン山かと思われがちですが、日本百名山はそんなに甘くないですね。

この夏鍛え上げられた筋肉・・・いえいえ、脂肪の方が多いです。。。やばいです。少し質素な食生活を心がけ、悠さんの様に美しい肉体を手に入れたいです~。

増冨温泉、良かったですか???
さびれた温泉街っぽくって(失礼!いい意味ですよ!)本当はかなり入りたかったのですが、真っ暗闇の山道から早く街に戻りたくなってしまい、スルーしてしまいました。

今度は五丈石に抱かれながら休憩したいです~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2014/11/14/Fri 19:20 [EDIT]
Re: タイトルなし
徒骨亭さん、コメントありがとうございます。

2日で3座に登れたなんて・・・去年の、あの蓼科山・霧ヶ峰・美ヶ原以来です。
いや~、いい山域でした。

青レンジャーは健脚・・・めっそうもありません~。登りでは、多くの方に道を譲る感じです。。。
ただ、慢性的にゆっくり休まず歩く感じなので、徒骨亭さんも青レンジャーから見ると速いと思いますが、そんな感じなんでしょうか?なので、ぜひ瑞牆山荘から金峰山・瑞牆山を歩かれて下さい~。最近、瑞牆山荘からのルートが人気ですからね~。

5月の金峰山・瑞牆山は良さそうですね~。咲き始めたシャクナゲが初々しくて、登山道もとっても華やかそう~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2014/11/14/Fri 19:40 [EDIT]
Re: タイトルなし
mokos619さん、コメントありがとうございます。

最近、瑞牆山荘から登る金峰山・瑞牆山は人気ですよね~。
mokos619さんもいかがですか?・・・名古屋からは少し行きにくいお山ですかね?

青レンジャー、普段は富士山をめったに目にすることはない生活を送っていますので、富士山のあの高さにはオドロキです。立山も高いけどもっと高いですね~。当たり前ですけど。

な~んだ、八ヶ岳アウトレットモールはニアミスではなかったんですね~。残念です。。。
えええ~!!!軽井沢アウトレットにも行かれたんですか~。凄かったですか???
調べてみると・・・あああ~!!!デサントのアウトレットが入っている~!!!これは行かねば~!!!あとは、コールマンのアウトレットは初めて見ました。
山ガールの青レンジャー | URL | 2014/11/14/Fri 19:50 [EDIT]
Re: タイトルなし
chikoやんさん、コメントありがとうございます。

1日で2座頑張ってしまいました~。
もう、こんなに頑張るのは今年最後でしょうか???
もうすぐ冬山に突入してしまうので、1日の行動時間は8時間くらいが精一派ですね。

傘をかぶった山容は、富士山のような独立峰では本当に目立ちます。
頂上付近だけ雲がかかるなんておもしろいですよね~。

甲武信ヶ岳などもそうですが、あのあたりのお山は、すこぶる視界が良いと、日本の名だたる名山が360度見渡せるので凄いですね。
山ガールの青レンジャー | URL | 2014/11/14/Fri 19:57 [EDIT]
青レンジャーさん こんばんは

凄いですね!頑張りましたね!
やはり今年の青レンジャーさんは、半端なかったですね!!
鍛えぬかれた太ももは伊達じゃないです!

ふふふ~。
なんだかとっても見慣れた景色の連続、デジャブじゃないよね?なんて思いながら拝見しました。同じ山、同じルート、同じ景色の共有...シンクロ率120%、半端ないっす(*´Д`)ハァハァ

甲武信ヶ岳、金峰山、瑞牆山の連続登山お疲れ様でした!

来年こそは大菩薩嶺に挑戦ですね♪



kou | URL | 2014/11/16/Sun 19:54 [EDIT]
Re: タイトルなし
kouさん、コメントありがとうございます。

太い太もも・・・もうヤバすぎです。。。
見て見ぬふりをしてきましたが、もう限界体重となってしまいました。。。
なんとか青レンジャーのベスト体重まで戻したいと思います。

kouさんと全く同じく雲取山までのコースを歩いた場合のシンクロ率が気になります。。。
♪残酷な天使のテ~エゼ~ 窓辺からやがて飛び立つ~♪

それとも・・・
♪私に還りなさい~ 生まれる前に~♪
ですか???

宇多田ヒカルさんの方は・・・なじみがない。。。
山ガールの青レンジャー | URL | 2014/11/17/Mon 20:21 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ