日本百名山登頂リストのまとめ その1
この度、運動が苦手だった万年文化系の一般女子である青レンジャーが、めでたく日本百名山登頂60座を越えたので、ここで一旦、登頂したあの山この山をまとめてみたいと思います。

2011年、明確に日本百名山制覇するぞ~と思い始めて4年目。あとどれくらいで完全制覇できるかわかりませんが、これからもがんばっていきたいと思います。

このブログを始める2012年以前にすでに登頂してしまったお山にはありませんが、2012年以降に登頂したお山にはリンクも貼ってあります。ご参考になれば幸いです。

なお、女子ならではの目線で色々と評価もしてみました~。
女子の気になる「トイレ関係」、「登山道整備率」、「お花畑」、「紅葉」、「絶景」の5項目を、

最低評価で★
最高評価で★★★★★

と表記したいと思います。
ちなみに、あくまでも青レンジャーが登ったルートでの評価ですので、かなり偏りがあると思います。登った季節もまちまちなので、評価できない項目もあります。ちなみに「トイレ関係」って・・・山中にも適度にトイレがあるかとかキレイかとか。。。

日本百名山登頂リストのまとめ その1では
1.白山 2.立山 3.荒島岳 4.阿寒岳(雌阿寒岳) 5.開聞岳 6.霧島山(韓国岳) 7.羅臼岳 8.大雪山(旭岳) 9.焼岳 10.九重山(久住山) 11.伊吹山 12.宮之浦岳 13.斜里岳 14.槍ヶ岳 15.乗鞍岳 16.雨飾山 17.白馬岳 18.祖母山 19.阿蘇山(高岳) 20.利尻山
を掲載します。



まずは記念すべき1座目~。

2008年7月白山(写真は2010年7月18日)_1

もう、何度も登っている我が故郷の山、白山(標高2702m)です。お写真は、頂上の「御前峰」の標識には少し飽きたので、「大汝山」の標識にしてみました。これは2010年7月18~19日に1泊2日山小屋泊で登った時のお写真です。梅雨明け直後で素晴らしくいいお天気でした。

白山の登頂時期については2008年と記載しましたが、実は頂上まで行っていない。。。
正確な初登頂時期は、小学校低学年の頃に父親に連れられて1泊2日山小屋泊で登ったことが2回あります。なので、本当の登頂時期は19・・・いやいや、正確な年号は控えさせて頂きます。しかし大人になって自らの意志で登ったのがこの2008年7月であり(こっちも正確な日時は曖昧。。。)、初めて日帰りで白山の頂上である御前峰を極めたのが、翌年2009年9月に岐阜県側からの登山口である平瀬道からでした。どちらも青レンジャーの母上殿と一緒に行っています。
何はともあれ、白山は何度登っても飽きないお山です。そして、日本全国津々浦々のお山に登っている青レンジャーですが、白山のように高山植物のお花畑が広がるお山はなかなかないものです~。

トイレ関係:★★★★★(主要ルートである砂防新道には適度にあり。)
登山道整備率:★★★★★(本当にキレイです。)
お花畑:★★★★★(文句なし!)
紅葉:★★★★★(平瀬道からの方がキレイです。)
絶景:★★★★★(あえて言うなら、頂上付近まで行かないと北アルプスが見られないことでしょうか?)



2座目です。

2008年7月立山(写真は2013年9月20日)_1

立山(標高3015m)です。お写真は2013年9月20日に立山の最高峰である「大汝山」に登った時のものです。その時の記事はこちら

立山にも幾度となく登っていますが、初めて立山に登ったのは、2008年7月でした。もちろん日時は曖昧。。。この時も母上殿と一緒です。立山の絶景にはまってしまった母上殿が、毎週末立山に通い、ついに白山まで登れるようになった青レンジャーを引き連れて、室堂~一の越~雄山~大汝山~別山~別山乗越~雷鳥沢~室堂を歩きました。最初から雄山ピストンや大走りで下山という選択肢はナシ。。。最後、バスの時間を気にしながら、母上殿に急かされて帰ったのを覚えています。

トイレ関係:★★★★★(適度にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★★(室堂周辺のチングルマは凄いですよね~。)
紅葉:★★★★★(草紅葉がいいです。)
絶景:★★★★★(文明の利器であの絶景は~!それは観光客もわんさかいらっしゃいます。)



3座目です。

2008年7月荒島岳(写真は2014年2月12日)_1

荒島岳(標高1524m)です。お写真は2014年2月12日に登った時のものです。その時の記事はこちら

当初お山へ行く時は、デジカメが壊れるといけないので持っていきませんでした。なので、初期の頃の山の写真がほとんどない。。。
荒島岳には母上殿と2009年7月に勝原スキー場跡から登りました。たしか、白山に行こうとしたのに、お天気が悪くて荒島岳に変更したので、もちろん荒島岳も小雨の降る中、登りました。雨は降るわ、ガスで景色もほとんど見えないわ、下山時足は挫くわで散々でした~。
でも、独立峰なので晴れていれば見晴らしはいいです~。

トイレ関係:★★★(登山口にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★(頂上に少し・・・あるかな。。。)
紅葉:評価できない。(ブナ林が広がってとてもキレイらしいです。)
絶景:★★★★(本当に見晴らしが良くないと辛い。。。)



4座目です。

2009年9月4日雌阿寒岳_1

阿寒岳(雌阿寒岳 標高1499m)です。2009年9月4日に雌阿寒温泉からピストンで、ピンクレンジャーさんと登りました。

雌阿寒岳は青レンジャーにたくさんの気付きをくれたお山でした。
まずは、青レンジャーの届かない範囲(自家用車で登山口まで行くのが困難と言う意味)のお山に行く方法。飛行機+レンタカーを使えば、全国のどんなお山の登山口にでも行けることを知りました。当たり前ですけど。。。それができたということは非常に感激しました。そして、「日本百名山」と名が付くお山には必ず人がいるということ。実はこの時が初めての泊りがけで行く登山旅行でした。これまで、北陸三県のお山にしか登ったことがなかったので、その他の県のお山事情がよくわかりませんでした。なので、北陸のお山と同じような感覚で北海道の手頃だと思われる低山に行ったら・・・
だ~れもいない。。。ヒグマも怖い。。。登山道も不明瞭。。。で、かなり怖い思いをしました。それから、土地勘のない県のお山に行く場合は、日本百名山に行った方が安全なんだな・・・ということを学習しました。

トイレ関係:★★★(登山口にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★(火山のお山ですが、メアカンフスマ、メアカンキンバイという珍しいお花が咲く。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(眼下に深い森の中、オンネトーなど湖が見える。常にガスが吹き出しているので若干怖いけど。。。)



5座目です。

2009年12月3日開聞岳_1

開聞岳(標高924m)です。2009年12月3日にピンクレンジャーさんと緑レンジャーさんと3人で、かいもん山麓ふれあい公園からピストンで登りました。

夏の北海道登山旅行で味を占めた青レンジャー達は、九州の温泉とセットで今度は九州登山旅行に出かけました。

この時は、桜島の噴煙が妙に多くなった時期で、楽しみだった景色は何だかもや~っとしていました。でも眼下に広がる景色は迫力あります。

トイレ関係:★★★(登山口にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:評価できない。(何かあるのかな???)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(見晴らしはいいです。)



6座目です。

2009年12月4日霧島山_1

霧島山(韓国岳 標高1700m)です。2009年12月4日に九州登山旅行の一連で、開聞岳登頂の翌日に、これまたピンクレンジャーさんと緑レンジャーさんとで登りました。

霧島山の最高峰である韓国岳に一番最短距離で登れる登山口はえびの高原からですが、青レンジャー達はあえて大浪池の方から登りました。大浪池がどーしても見たくて。。。この日は晴天に恵まれ、本当に素晴らしい景色を見ることができました。

翌年、韓国岳のお隣の新燃岳が噴火して登山規制されたのには本当に驚きました。

トイレ関係:★★(大浪池登山口にはなし。しかしえびの高原にはあります。登山時間は短いのでガマンできる範囲かと。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:評価できない。(ミヤマキリシマの咲き乱れを見たい~。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(霧島連山の山並みは素晴らしい。)



7座目です。

2010年9月2日羅臼岳_1

羅臼岳(標高1661m)です。2010年9月2日に木下小屋からピストンでピンクレンジャーさんと登りました。

登山旅行が定番になりつつあり、元々北海道知床には旅行でよく訪れていた場所。今度は山も付け加えてみようということで、知床で一番高い羅臼岳を目指しました。しかし、知床は道路からでもヒグマを目撃することもあるヒグマ高生息地域。もし、羅臼岳にだ~れも登っていないようならやめよ・・・という気持ちで登山口まで行ったら、そこそこ登られる方がいらっしゃいました。これなら・・・ということで登頂できました。羅臼平からはず~っとガスの中でしたが、同じ時刻に登られた方との会話や、この時の青レンジャー達にとっては比較的レベルの高いお山に登ることができて、大変満足しました。さすが日本百名山。ただ、今でも心配なのが、「弥三吉水」、生で飲んだよ。。。

トイレ関係:★★(登山口にあるが山中にはない。そこそこ長めの行程なので近い人には厳しいかも。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★(大沢あたりに咲く。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(この時はガスっていましたが、他の方の写真を見ても、山並みや海まで見渡せるのでいいハズ。。。)



8座目です。

2010年9月4日旭岳_1

大雪山(旭岳 標高2291m)です。2010年9月4日にピンクレンジャーさんと行きました。

北海道最高峰のお山ですが、大雪山旭岳ロープウェイを使えば、一気に標高1600mの姿見の池まで行けます。旭岳ピストンだと少々物足りない行程なので、間宮岳を経由して、秘湯中の秘湯、中岳温泉に入ってぐるっと1周コースを歩きました。中岳温泉を非常に楽しみにして行ったのですが、川が増水した後だったようで、看板が流されて、後であれが中岳温泉だったのか・・・と気付いたくらいでした。またリベンジしたい。

トイレ関係:★★★(姿見の駅にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★★(裾合平が凄い~。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(姿見の池に映る旭岳は桃源郷のよう。)



9座目です。

2010年9月焼岳(写真は2012年5月27日)_1

焼岳(標高2445m)です。2010年9月に中尾高原から母上殿と登りました。お写真は2012年5月27日に登った時のものです。その時の記事がこちら。焼岳には計3回登りましたが、どれも中尾高原からのみ。人気ないけど。。。

そろそろ北アルプスのお山に登ってみたいな~と思い始めていたところ(あ、立山にはすでに行っていましたが。。。)、焼岳なら初心者にも登れそうなので、焼岳小屋泊の1泊2日で行きました。1日目はガスガスの中ひたすら登っただけでしたが、2日目は見事に晴れて、素晴らしい展望が見られました。焼岳登頂後は西穂山荘方面に向かい、新穂高ロープウェイで下山して最後はバスで中尾高原まで戻るハズだったんですが、バスが行ってしまい、雨に降られながら中尾高原まで泣く泣く歩いた思い出があります。。。焼岳小屋ー西穂山荘の間の登山道で見た笠ヶ岳の美しいお姿に目を奪われ、いつか行ってみたいな・・・と強く思ったものです。その思いは2年後叶えることになるんですが。

トイレ関係:★★★(中尾高原、中の湯登山口にはない。上高地にはあると思います。山中には焼岳小屋にあります。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★(火山のお山なのであんまり咲かない。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(頂上からは北アルプスや乗鞍岳など有名な山々が見渡せます。)



10座目です。

2010年12月4日久重山_1

九重山(久住山 標高1787m)です。2010年12月4日に牧ノ戸峠からピストンでピンクレンジャーさんと登りました。

九重山は九州のお山の中でもダントツの人気でした。12月と言うのに凄い登山者の数~!!!終始見晴らしの良い登山道はとても楽しかったです。いつかは秘湯の法華院温泉に入りたい~。それと最近知ったのですが、久重連山の主峰は久住山ですが、最高峰は中岳なんだ。。。

トイレ関係:★★★(牧ノ戸峠登山口にあり。山中にもありますが避難小屋のやつ使えるのかな?)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:評価できない。(ミヤマキリシマが凄いらしい。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(終始見晴らしがいい。)



11座目です。

2011年4月14日伊吹山_1

伊吹山(標高 1377m)です。2011年4月14日に伊吹登山口からピンクレンジャーさんと登りました。2014年3月11日にも登っています。その記事がこちら

登山が本格的な趣味として定着し、若干本気で日本百名山を狙い始めた頃です。
この時は春のお花を追いかけて、前日に藤原岳に登り、その翌日伊吹山に行きました。伊吹山は薬草の宝庫と言われるくらいに色々なお花が咲くそうですが、行ってみると評判にたがわず、春のお花がたくさん咲いていました。途中、伊吹山の植物博士のオジサンと遭遇し、たくさんの知識を教えて頂きました。

トイレ関係:★★★★★(山中にも定期的にあり。有料道路開通時期だと頂上着いたら観光客が。。。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★★(春~夏にかけて色々と楽しませてくれる。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(独立峰なので見晴らしがいい。)



12座目です。

2011年5月31日宮之浦岳_1

宮之浦岳(標高1936m)です。2011年5月31日に淀川(よどごう)登山口からピンクレンジャーさんと登りました。

屋久島には4泊5日で行きました。宮之浦岳まで登るんなら縄文杉まで縦走したい~。でも、途中避難小屋に泊まるのは。。。満杯になった時の保険としてテントを持っていかないといけないし、何より女子2人であのトイレの様な避難小屋に泊まるのは~!!!ということで、頑張って淀川登山口~宮之浦岳~縄文杉~荒川登山口まで日帰り縦走しちゃえ~で、実行しました。青レンジャー達以外では、他に韓国からの旅行者の方が同じルートを日帰りしていました。行きは淀川登山口まで車で、帰りはタクシーを予約して淀川登山口まで帰りました。タクシー代7000円は痛い。。。
宮之浦岳は丁度ヤクシマシャクナゲの季節で、この年は裏年でしたがそこそこ咲いていました。また、この日は台風が過ぎ去った直後で、雨の多い屋久島にしては珍しく終始晴天に恵まれ、とても良い1日でした。あと、実は初めてと言っていい程、自分たち以外の山ガールをたくさん見たので妙に興奮しました。。。

トイレ関係:★★★(淀川・荒川登山口にトイレあり。山中にもありますが、キレイとは。。。ないよりましか。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。特に淀川登山口~宮之浦岳は登山靴がキレイになるほど。)
お花畑:★★★(ヤクシマシャクナゲ以外特別豪華な群生はない。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★(雨やガスがかかっていなければ独特な景観が楽しめます。しかし晴天の時ってそんなになさそう。)



13座目です。

2011年7月11日斜里岳_1

斜里岳(標高 1536m)です。2011年7月11日に清岳荘からピンクレンジャーさんと緑レンジャーさんとで登りました。

斜里岳は・・・色々な教科書の標準コースタイムに惑わされ、軽いお山なのかな~と思ったら、全然違いました。沢沿いのコースなので、増水したらとんでもないコースになってしまいます。若干緑レンジャーさんがパニックになってしまいました。馬の背まで来るとお花畑が広がってキレイでした。頂上は虫が多くて再び緑レンジャーさんがパニくっていました。帰りは新道である熊見峠経由で帰りましたが、残雪が多くて竜神ノ池に立ち寄れずに帰ってしまったのが心残りです。

トイレ関係:★★★(清岳荘に有料のキレイなトイレあり。)
登山道整備率:★★★(沢沿いコースはちょっとな。。。)
お花畑:★★★★(登山道にもちょこちょこ、馬の背にはたくさん咲いています。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(独立峰なので見晴らしがいい。)



14座目です。

2011年8月2日槍ヶ岳_1

槍ヶ岳(標高 3180m)です。2011年8月1~3日の2泊3日で、新穂高温泉から双六小屋経由でピンクレンジャーさんと登りました。

ピンクレンジャーさんと初めての2泊3日山小屋の旅。なぜか自炊してしまい、あれやこれやと無駄な物もたくさん詰め込み、ザックがとんでもない重さになってしまいました。

この年の夏のお天気は非常に不安定で、夏山最盛期というのにお山の方にはいつもどんより雲が立ち込めていました。しかし、この夏は絶対に槍ヶ岳に行きたい~!!!と思い、多少お天気に目をつぶって登ったところ、稜線では終始ガス+小雨に降られ、見晴らしもへったくりもありませんでした。唯一良かったことと言えば、槍の穂先の渋滞が全くなかったことでしょうか。このルートはまたリベンジした~い。

トイレ関係:★★★★(有名な山域なので定期的にあり。しかし上高地ルートよりも少ないですよね。)
登山道整備率:★★★★(整備されていると思いますが、やはり槍の穂先は初心者の方にはオススメできない。)
お花畑:★★★★★(鏡平山荘~西鎌尾根は凄い~!!!)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(ガスでそんなに見えていなかったのですがそれでも凄い。)




15座目です。

2011年9月7日乗鞍岳_1

乗鞍岳(標高3026m)です。2011年9月7日に畳平からピストンでピンクレンジャーさんと登りました。

この時、本当は笠ヶ岳に登りたかったのですが・・・やはりお天気に恵まれず、日帰りできる高山と言うことで乗鞍岳に行きました。乗鞍岳は標高2702mの畳平まで文明の利器で入れるので、大したことないだろうと思っていたんですが、素晴らしい景色を見ることができました。さらにコマサクも咲いていてビックリ!!!

トイレ関係:★★★★★(短い道中に山小屋多数。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★(そこそこ咲いている。特に畳平周辺。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(いいです。)



16座目です。

2011年9月28日雨飾山_1

雨飾山(標高1963m)です。2011年9月28日に緑レンジャーさんと雨飾山荘から薬師尾根をピストンしました。

雨飾山の登山道といえば圧倒的に小谷温泉からですが、まだまだ長距離運転日帰り登山が心配だったこの頃、少しでも運転時間を短くしようと、新潟県糸魚川市の登山口から登りました。あまり人気のない?薬師尾根は、人気がないのもわかるくらいに湿った土道で急坂が多く、展望もない登山道で、結局誰ともすれ違いませんでした。そして笹平で小谷温泉からの合流点に来てビックリ!!!20~30人くらいの方と出会いました。小谷温泉からの登山道はそんなにいいんでしょうか?次、雨飾山に行く時は、小谷温泉から登りたいと思います。

トイレ関係:★★(新潟県方面の登山口にはない。小谷温泉方面にはあるようですが。もちろん山中にもなし。)
登山道整備率:★★★★(不明瞭なところはないですが、湿った土道で急坂。時にはハシゴも。)
お花畑:★★★(笹平に行かないとない。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(後立山連峰~槍穂の稜線が見える。)



17座目です。

2011年10月9日白馬岳_1

白馬岳(標高2932m)です。2011年10月9~10日の1泊2日で、猿倉荘を起点に白馬岳~白馬鑓ヶ岳~白馬鑓温泉経由で母上殿と行きました。

1日目は大雪渓を通ったんですが、これが大雪渓???と後でわかったくらいの規模になっていて、所々クラックがありました。アイゼンもつけずに大雪渓通過時間わずか30分で終了。。。しかし、晩秋の高山であったにも関わらず、ウルップソウやコウメバチソウが咲いていました。さすが花の白馬岳~。2日目の稜線歩きはものすごく寒かったんですが、素晴らしい景色でした。そして大出原あたりにはチングルマの綿毛がたくさん~。夏に来たらきっと凄かったと思います。白馬鑓温泉はすでに営業が終了しており、湯船だけになっていましたが、テント泊されている方もいて賑やかでしした。

トイレ関係:★★★(登山口、とにかく山小屋にはある。営業終了後の鑓温泉にはなかった。。。)
登山道整備率:★★★★(晩秋の大雪渓はヤバい。)
お花畑:★★★★★(晩秋でも凄いと思ったので夏はもの凄いと思う。)
紅葉: ★★★★★(この時期は小日向のコル以降がキレイでした。)
絶景:★★★★★(悪いわけがない。)



18座目です。

2011年12月5日祖母山_1

祖母山(標高1756m)です。2011年12月5日にピンクレンジャーさんと緑レンジャーさんと北谷登山口からピストンしました。

実は祖母山は2010年の冬にピンクレンジャーさんと1度来ており、途中敗退していたんです。。。あまりにも風が強くて(小雨も降っていました。。。)、誰もいなくて、怖くて1時間ほど登って下山。。。今回は見事リベンジすることができました。祖母山は本当に山深いところに位置しており、北谷登山口までも長く細い山道を運転しないといけなくて、けっこう緊張です。祖母山から見た傾山の傾きに目を奪われました~。

トイレ関係:★★(北谷登山口には夢に出てきそうなトイレあり。。。ないよりましか。。。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。風穴方面は汚いらしい。)
お花畑:評価できない。
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(見晴らしはいいです。)



19座目です。

2012年3月21日阿蘇山_1

阿蘇山(標高1592m)です。2012年3月21日にピンクレンジャーさんと緑レンジャーさんとで、仙酔峡から登りました。

阿蘇山も実は・・・前回、祖母山登頂の翌日に途中まで登ったんですが、緑レンジャーさんのバッテリーが上がり、途中敗退していました。。。今回はわずか4ヶ月でリベンジです。

阿蘇山は溶岩の岩々しい登山道で、高岳火口壁に出るまでず~っと比較的急な登りでした。しかし、高い木があるはずもなく、終始見晴らしの良い登山道です。青レンジャーの住んでいる周辺にはなかなか見られない山容です。

トイレ関係:★★★(仙酔峡登山口にあります。山中にはない。)
登山道整備率:★★★★(岩々しい。月見小屋~天狗ノ舞台をくるっと1周したんですが、その道が分かり辛かった。)
お花畑:評価できない。(ミヤマキリシマは有名。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(見えすぎます。)



20座目です。

2012年6月27日利尻山_1

利尻山(標高1719m)です。2012年6月27日にピンクレンジャーさんと緑レンジャーさんとで鴛泊(おたとまり)登山口から登りました。その時の記事がこちら

利尻山もリベンジ登山の1つです。2010年6月初旬に登ろうとしたんですが、長官山以降は残雪が多く、ここまで来てやもなく撤退した非常にもったいない思い出があります。利尻島+礼文島って、季節限定(観光シーズンは6~9月)の島旅で、行くのも大変、お金も大変な場所です。日本百名山を制覇するには、ここまでもう1度来ないと行けないのか・・・と愕然としたものです。今回も見事リベンジ成功です。利尻島+礼文島は、青レンジャーが非常に好きな地域なので、いつかまた訪れたいです。

トイレ関係:★★(鴛泊、沓形の登山口にあり。山中には携帯トイレブースしかない。使いたくなければ10時間以上の我慢が必要。。。やはりないよりましか。。。)
登山道整備率:★★★★★(整備されていると思います。)
お花畑:★★★★★(固有種あり。山頂直下のボタンキンバイが凄い。山中に咲くリシリヒナゲシが見たかった。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(360度・・・少しローソク岩が邪魔ですが、素晴らしい見晴らし。)



日本百名山登頂リストのまとめ その2へ続く・・・
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

百名山記お疲れさまです。
青レンジャーさん、こんばんは(*^^*)

百名山のまとめですね。
貴重な記録!
たいへん参考になります。

まだ1しか読んでないですが、これから2、3と楽しみです。

青レンジャーさんの登山歴長いのですね。
僕は2010年夏からですので、青レンジャーさんは大先輩だー(≧▽≦)

荒島岳の冬山もリンクから飛んで読ませていただきました。
いい山ですねー。
この冬の目標が一つ増えました!

焼岳は雪たっぷりのGW前半に行くと最高ですよ。
その折りには携帯ソリを忘れずに(笑)
ミナP | URL | 2014/12/15/Mon 20:36 [EDIT]
Re: 百名山記お疲れさまです。
ミナPさん、コメントありがとうございます。

青レンジャーの登山歴が長い・・・いやいや、当初は母上殿に連れられて、ダイエットになるかな~、健康にいいかな~、お弁当美味しいな~で低山専門でした。知識もなにもなくて、スニーカーにのびのび綿パンで登ってました。羅臼岳登頂のお写真もサポータータイツの上にユニクロのレギンスだし。。。今でも気ままな独学登山かったです。青レンジャーもまた行きたいです。
だし。。。

荒島岳は・・・本当、冬に実力を発揮するお山だな~と思いました。独立峰から見る360度の真っ白な世界は凄
携帯ソリ・・・青レンジャーは何度か買おうと思いましたが、やはりゴミ袋の手軽さに負けてしまいます。。。
山ガールの青レンジャー | URL | 2014/12/17/Wed 10:24 [EDIT]
北へ南へ
青レンジャーさん、こんばんは。

日本百名山登頂リストまとめ その1 じっくり拝見させていただきました(^^)
4座目からのー
雌阿寒岳→開聞岳・韓国岳→羅臼岳・大雪山にはホント驚きです( ̄□ ̄)
北海道~九州~北海道ですからねぇ、、、
外堀から埋めてきて最後には富士山!!!みたいな感じなんでしょうか(^O^)
この20座のうち僕の未踏峰が10座もありますよ~。
その殆どが九州ですが、確か阿蘇山は九州の旅行で火口を覗いた記憶があります。あれは山頂じゃなかったみたいですね?^^;
中ノ俣 | URL | 2014/12/17/Wed 23:31 [EDIT]
Re: 北へ南へ
中ノ俣さん、コメントありがとうございます。

12月からの悪天候で、最近お山に行けない青レンジャーです。。。

元々、北海道が好きでよく旅行に行っていたので(おそらく20回レベル。。。)、いきなり北の大地の日本百名山に行ってしまいました。北海道とか九州とか、小松・富山空港から飛行機+レンタカーセットのプランで行くと楽なんですよ~。

最後100座目のお山をどこにするか・・・確かに最後富士山になりますかね。。。あの人の多さは尋常じゃないですから、未だ行きたいとは思えない。。。

阿蘇山の草千里からロープウェイで行く火口西は青レンジャーも行ったことがあります。そっちの方が表口?っぽくてお店や観光客がたくさんいらっしゃいますよね。駐車場で売っていた焼き芋がおいしくて。。。それと火口近くで買った軽石がえらく気に入りました~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2014/12/20/Sat 10:18 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ