祝日本百名山64座目登頂!!!
2015年3月6日、いつもながら青レンジャー1人で未登頂の日本百名山の1つに行ってきました。

冬場に登頂できるお山は限られているので、前回の天城山&丹沢でも挙げていた冬でも人気の日本百名山候補、武尊山、大山、そして前回登頂できなかった丹沢の蛭ヶ岳のうち、どのお山に行こうかな~。

天気予報を見ると、丹沢は今週末グズグズ。。。前回の失敗を糧に、再挑戦する案もまだあんまり考えていないので却下。残るは武尊山か大山か。どちらともお天気は良さそうなのですが、最近北陸道も富山方面ばかりに行きまくっているので、少々飽きてきました。そして、やはりより北に向かって車を走らせるのは緊張するので、久し振りに福井方面に向かって走りたいと思います。去年の7月、全線開通となった舞鶴若狭自動車道も通ってみたいし。ということは、鳥取県西伯郡大山町にある大山に決定です。

大山(だいせん 標高1709m)は中国地方の最高峰で、富士山によく似た山容の火山で伯耆富士(ほうきふじ)とも呼ばれています。夏場には多くの方で賑わっているのはもちろんですが、冬場でも人気のあるお山だそうです。大山の最高峰は剣ヶ峰で標高1729mあるんですが、稜線の崩壊が激しく現在縦走路は立ち入り禁止で、大山≒弥山(みせん 標高1709m)となっています。

「大山」のヤマレコを調べると、この伯耆富士ではなく丹沢にある大山(おおやま)の方が1番にヒットします。。。ややこしいです。。。

3月6日真夜中に出発し、案の定、朝5時過ぎに眠くなりました
中国自動車道の上月PAで30分程目を閉じます。次に目を開けると夜が明けていました。
再度出発して蒜山(ひるぜん)SAに寄ります。大山の登山口にトイレはあるようですが、冬場でも使えるかどうか心配なので、この蒜山SAでトイレを済ませます。
蒜山SAからはテンションが上がるような大山が見えました。

2015年3月6日①_1

うは~っ
他のお山は雪があるかどうか怪しいくらいの景色なのに、この大山だけは異様に白いです。

溝口ICを下りて大山の方に向かっていると、標高が上がるにつれわずか10分もたたないうちに、道路にも雪が現れ始めました。大山のこのお山周辺にだけたんまり雪があって、麓には全然ないです。むしろ春の気配さえ感じられます。

2015年3月6日②_1

そして無事、登山口の南光河原駐車場に到着です。冬場は有料となり500円です。すでに車は20台くらいあったかと思います。すごく人気のお山ですね。そそくさと準備して出発します。今回は冬期ルートで1番多く歩かれている夏山登山道をピストンしたいと思います。

2015年3月6日③_1

橋を渡ってすぐにモンベルショップがあります。
実は青レンジャー・・・道間違えました~!!!
大山の登山口は神社の横からと思っていたんですが、大山の麓には神社や寺が死ぬほどあってどれだかわからない。。。寂しくて人の気配がする方に歩いて行ってしまいました~。

2015年3月6日④_1

大神山神社入り口です。足跡がたくさんあります。登山者と参拝客の足跡が混じっています。

2015年3月6日⑤_1

何となくイヤな感じがしました。山の地図ではなく、駐車場でもらった「大山ぶらりまっぷ」と見てみると・・・夏山登山道は金剛院という建物の横から伸びているようです。あわわわ~。大神山神社からも途中で合流するのですが、冬はどうなっているかかわらないので、泣く泣く元来た道を引き返します。何やってるんだか。。。

2015年3月6日⑥_1

再び南光河原駐車場です。1時間近くロスしました。。。

2015年3月6日⑦_1

金剛院まで歩かなくても、駐車場から登山口までのショートカットコースがありました。
いや~、登山前にいい運動をしました~。ははは~。

2015年3月6日⑧_1

お寺や神社のような建物の間を歩きます。大山頂上まで2.6㎞なんですね。なるほど。

2015年3月6日⑨_1

ブナとミズナラの木々の間を緩やかに登ります。この雰囲気は荒島岳によく似ています。気持ちいいです。

2015年3月6日⑩_1

おおお~
樹氷になってきました。

2015年3月6日⑪_1

樹氷の間からは大山の頂上付近が見えます。気持ちが高ぶります~。

2015年3月6日⑫_1

おや?5合目に到着したようです。休憩に適した広場になっていました。

ネットや教科書の情報では、「6合目の避難小屋周辺でアイゼンを付ける」となっていたので、おそらくもっといい場所なんでしょう。6合目までもう少しノーマルで頑張ってみたいと思います。

2015年3月6日⑬_1

樹氷ルートも終盤です。

2015年3月6日⑭_1

眼下には町並みや美保湾が見えました。お写真左手の奥に見える街が米子市ですね。

2015年3月6日⑮_1

樹氷も終わり、稜線に出てきたようです。
しかし・・・6合目避難小屋なんて全然わからなかった。。。あれ???

2015年3月6日⑯_1

稜線ヤバイです。キレイで素晴らしすぎて見とれてばかりいます。
しかし6合目避難小屋は・・・1番最初に下山されてきた若い殿方に6合目避難小屋について聞いてみましたが、殿方もわからなかったようです。大山は積雪150cmレベルですから、わからないかもしれませんね。

2015年3月6日⑰_1

ガスがかかった大山です。ガスがかかっても美しいです。

2015年3月6日⑱_1

傾斜が強くなってきました。もう限界なので爪を付けます。

2015年3月6日⑲_1

樹氷の次はスノーモンスターです。良く育っています。

2015年3月6日⑳_1

急坂を登りきると、後はなだらかな稜線です。ガスが完全に消えました~
日焼けの心配をしながらもテンションMaxです

2015年3月6日㉑_1

本当になだらかで気持ちがいです。風で雪が飛ばされるのか、階段の右側のみが見えていました。
このあたりにダイセンキャラボクが育つんですかね~。なんにせよ、今はどうなっているか全然わかりません。

2015年3月6日㉒_1

白と青しかない世界です。

2015年3月6日㉓_1

弥山の頂上避難小屋に着きました。
避難小屋では殿方5、6人くらいで、入口の雪をどかしていました。ご苦労様です。

2015年3月6日㉔_1

避難小屋から弥山はすぐそこです。
別角度から見ると、避難小屋の屋根と地面が繋がっています。

2015年3月6日㉕_1

弥山に到着です~。
日本百名山64座目ゲットです~。いや~、すごい眺めです~。まさに神の領域です。

あれ・・・弥山から縦走禁止の剣ヶ峰まで踏み跡が付いている。。。
行く人いるんだ。。。
手前のひとピークくらい行けそうだな。。。

2015年3月6日㉖_1

行ってみました。

2015年3月6日㉗_1

岡山県方面の眺め。こちらは海とは反対側で、大山に隠れるので若干雪があるんですね。

2015年3月6日㉘_1

今まで歩いてきた稜線。弥山はお写真向かって左側のピークです。

2015年3月6日㉙_1

大山の中で一番標高の高い剣ヶ峰と、赤丸はユートピア避難小屋です。縮小画像ではわかり辛い。。。
そしてユートピア避難小屋の左手には三鈷峰です。もちろん立ち入り禁止のお山です。

2015年3月6日㉚_1

さて、下山します。

2015年3月6日㉛_1

名残惜しくて、頂上付近の稜線を何度も振り返って見てしまいます。大山ってすごい山ですね~。大山を見てしまうと、他の山が霞んでしまいます。深田久弥様の気持ちわかります~。中国地方には他にめぼしい山がなかったと。

2015年3月6日㉜_1

ここから急斜面に突入です。荒島岳で言うところの「もちがかべ」的なところです。

2015年3月6日㉝_1

登る時はあんなに時間がかかったのに、下山はあっという間です。あ、青レンジャーの影が入ってしまいました。
この時間帯でもまだまだ登られて来られる方がいらっしゃいます。中にはテント泊っぽい方も!!!凄すぎます。

2015年3月6日㉞_1

ここからは樹氷地帯ですね。また青レンジャーの影が入ってしまいました。
晴天の雪山でサングラスをしていると、若干どんな写真が撮れたかわかり辛いです。

2015年3月6日㉟_1

5合目地点。今なら言える、この場所がアイゼン装着ポイントです。

2015年3月6日㊱_1

だいぶ下ってきました。

2015年3月6日㊲_1

無事、南光河原駐車場に戻ってきました。



9:10~10:00 徘徊・・・いや準備運動!!!

気を取り直して。。。

10:00 南光河原駐車場
11:20 5合目
13:05 弥山頂上避難小屋
13:10 弥山
14:05 5合目
14:55 南光河原駐車場
(休憩時間はあったのか?)

計 4時間55分の山旅でした。



<総論>
大山は圧倒的な存在感のお山。



2015年3月6日㊳_1

ピンク色に染まった大山もいいですね。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

をぉ、なんてこった~(/_;)の丹沢の分まで
楽しんでこられましたね~。
真っ青な空に続く真っ白な稜線。
たまらなく美しいです。(*^^*)
そして繊細な霧氷も。
ピンク色に染まる大山を、ものすごく充実した気持ちで見上げられたんじゃ
ないかな~と思います。
日本百名山64座目登頂、おめでとうございます。(^^♪
chikoやん | URL | 2015/03/07/Sat 18:12 [EDIT]
こんばんは♪

とりあえず、百名山64座目GETおめてとうございます、ですが・・・おおお!凄いっ!伯耆大山、仰るとおり存在感が半端じゃないですね。写真からもひしひしと伝わってきますから、目の当たりにしたとき、その上に上ったときのインパクトはもの凄いものがあるでしょうね。しかも、恐ろしく美しい霧氷!写真からも感動している青レンジャーさんの気持ちが伝わってきます。

これは私も是非登ってみたい!しかも冬季!ですが、関東からだと大山はむちゃくちゃ遠いですね~。石川からでも結構かかりそうですが、千葉からだと果てしなく遠く感じます。ご存知のように子供の頃は岡山の南、金毘羅さんのある香川県に住んでいましたから、そっちからなら日帰りも出来そうですが。

ところで・・・話は変わりますが、ちょっと気になったことを一つだけ。丹沢の百名山、「蛭ヶ岳」じゃなくて「丹沢山」ですけど、勘違いはしていないですよね?蛭ヶ岳は丹沢の最高峰ですけど百名山ではありません。蛭ヶ岳にこだわっておられるようなので、まさかとは思いますが念のため。

あ、それと富士見平の事件、ご存じなかったんですね。かなり昔の事件なんで、もう風化しているんでしょうか。昨年、悠さんやkouさんが続々と金峰山に登られているころ、「あの富士見平小屋・・・」と思っていたんですが、皆さんご存じなかったんでしょうね。
徒骨亭 | URL | 2015/03/07/Sat 19:57 [EDIT]
青レンジャーさん こんにちは

富士見平のは小屋の人間がだし…
獣は世界にいますので(笑)
インド、韓国は大国ですので御用心を^^;

ただ暗い夜道に後方の男性に気づいた途端に携帯耳にあてだしたり、小走りや走り出す等

アレ凄く悲しい
「べっ、別に俺は…」(T_T)

百名山64個目踏破おめでとうございます!
青空の雪山ってホント最高なんじゃないでしょうか!?
最後の写真富士山みたいですね!?

こちらは、鬼ヶ岳は急だし…じゃ鞍掛(笑)またまた行ってきました
今にも雨が降ってきそうでしたが。
トンビ岩側はまだまだ雪あったけど、人気コースは頂上からほとんどなかったですね~ ただ当分鞍掛はもういいかなて…(笑)

日高と言えば日高山脈全山縦走、サバイバル登山家(笑)の服部さん凄い人ですね~レベルが違う…
北海道の山は渋滞もなく静かな山登りできそうですね~一週間ぐらいでいくつもの山登られたらいいんじゃないでしょうか。

前回撤退のリベンジは他の方々が詳しそうなので、かなり参考にされたらいいんじゃないでしょうか

300-64は残236ですね。冗談です(笑)
ダッチ | URL | 2015/03/08/Sun 09:47 [EDIT]
こんにちは

日本百名山64座目登頂おめでとうございます。

丹沢は残念な思いをされたようですが、時期を変えてまた来てね~という事なのでしょうね。
それにしても白い稜線の綺麗なこと!!
前回の分を挽回するのに充分すぎる素晴らしい山行になりましたね。
冬ならではの景色なんでしょうけど
剣ヶ峰に続く稜線はまさにナイフリッジ!
メチャクチャかっこいいじゃないです。
天気にも恵まれて一番いい時期に登られたんじゃないでしょうか。
羨ましすぎ~~

それにしても行動時間5時間弱は標準なんですか?
青レンジャーさんの脚をしてって事ですよね?
中ノ俣 | URL | 2015/03/08/Sun 18:41 [EDIT]
祝! 64座目
こんばんは、青レンジャーさん!

白と青しかない世界…美しすぎますよね!v-352
青レンジャーさんが、とても楽しげに登っている姿が、容易に想像できました(^^
大体独りで登っているというと、みんな「楽しいの?」と聞いてくるのですが、めっちゃ楽しいですよね!
本人ものすごく楽しんでいるんだけどな~(笑)
ただ大山(だいせん)は、関東からは遠すぎます…いつか出雲大社にお参りしつつ、登ってみたいです!

丹沢は、やっぱり11月~12月がベストシーズンだと思います。
晴れて富士山が見えやすく、紅葉が綺麗でヒルがいませんv-218
次回は是非、秋に(^^
| URL | 2015/03/09/Mon 01:21 [EDIT]
Re: タイトルなし
chikoやんさん、コメントありがとうございます。

大山は素晴らしかったです。そうです、丹沢の分まで楽しみました~。

大山の冬山は、短い道中の景色がくっきりと3段階(ブナ林、樹氷、稜線)に分かれて飽きなかったです。
もちろん、ピンク色の大山を満足しながら眺めました。
chikoやんさんでしたら、あの樹氷を萌え萌えしながら登られるんでしょうね~。しかし、下山時氷の様な樹氷が融けて、何度か頭部を直撃しました。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/03/09/Mon 09:39 [EDIT]
Re: タイトルなし
徒骨亭さん、コメントありがとうございます。

大山、存在感がハンパなかったです。春の陽気漂う麓の街から、冬山がにょきっと生えていました。
そして樹氷も青空に映えてとてもキレイでした。

関東地方からだと大山はかなり遠いですが、羽田空港から米子鬼太郎空港(最近、この手の名前が多くなりました。。。)に飛んで、大山登って日帰りで帰るというプランもできないこともないお山です。実際になさっている方もいらっしゃるようです。このような強硬手段をしても行く価値のあるお山かと言われると・・・あると言えるくらいにいいお山です。

丹沢の百名山について、ああ、百名山というくくりは本当に難しいですよね。。。
どのピークをもって百名山とするか?深田久弥様が踏んだピークか、それともその山塊の中の最高峰か?それとも主峰か?
ややこしいので、青レンジャーの基準として、登るからにはなるべく最高峰に登ろうと思っているので、丹沢の百名山は「蛭ヶ岳」に登りたいと思っています。もし無理でしたら他のピークに変えます。。。何にせよ、丹沢はしばらく保留。。。

富士見平小屋の事件、ちっとも知りませんでした。
詳しく調べてみると・・・犯人、出所しているんだ。。。あわわわ。。。世の中が急に怖くなってきました。。。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/03/09/Mon 10:01 [EDIT]
Re: タイトルなし
ダッチさん、コメントありがとうございます。

富士見平小屋事件は・・・知っていたら行かなかったような気がします。。。
青レンジャーが瑞牆山に行った時、最後誰もいない登山道を歩いて、富士見平小屋の灯りを見た時はかなり勇気づけられたんですが。。。

夜道で出会って逃げる・・・スイマセン。。。青レンジャーも10代の頃したことあります。
一度疑心暗鬼になるとどうしようもないんです。。。

ああ、鞍掛山、久しく行っていない~。もう雪もだいぶ融けてぐちゃぐちゃドロドロですよね。
登った後の靴などの手入れが大変なので、やはり長靴で登るのがいいですね。

サバイバル登山家さん、凄いですね~。ヒグマの恐怖もものともせず。
日高山脈の中でも一番人が多い幌尻岳(しかし青レンジャーが行ったルートでも、4人しか見ていない。。。)ですらビクビクしました。

日本300名山は・・・行かない。。。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/03/09/Mon 10:14 [EDIT]
Re: タイトルなし
中ノ俣さん、コメントありがとうございます。

丹沢は・・・しばらく保留で。。。

大山は本当に素晴らしいお山でした。大山だけ異質なものが街からにょきっと生えていて、昔の人はそれこそ神が住んでいると思ったに違いありません。カムイミンタラだ~。

剣ヶ峰に続くナイフリッジは、冬期にしか登れないところなんでしょうね。いや、冬期でも本当はダメなんでしょうけれど、自己責任でみなさんヘルメットをして登られるんでしょうね。中ノ俣さんなら行かれそうです。

行動時間5時間弱は普通も普通・・・無積雪時のコースタイムは4時間となっているので、遅いくらいなんでしょうか???誰も追い越さず、誰にも追い越されず・・・です。本当に快適な登山でした。

山ガールの青レンジャー | URL | 2015/03/09/Mon 10:24 [EDIT]
Re: 祝! 64座目
悠さん、コメントありがとうございます。

大山の1人登山はとても楽しかったです~。景色ももちろん良かったのですが、夏山とは違って登山者も多くなく、かといって少なくもなくて、終始自分のペースで歩けるのでいいですね。
確かに誰かと登るのはそれはそれで楽しいんですが、歩幅も休憩ペースも合わせないといけないので、まさに1人だと自由きままに行けるのでいいですよね。

関東地方からだと、羽田空港から米子鬼太郎空港に飛んで、大山登って帰るという日帰りプランもできないことはないみたいです。しかし、せっかく遠出するのなら、観光もしたいですね~。

丹沢情報、ありがとうございます。
悠さんのように青レンジャーと同じく女性の意見は、観点も似ていると思うので(トイレとかトイレとかトイレとか。)、大変参考になります。そうですね、今年の11、12月に狙ってみたいと思います。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/03/09/Mon 10:41 [EDIT]
青レンジャーさん、ふたたびお邪魔します♪

ちょっと気になったんでチェックしてみたんですが・・・ひええ!深田久弥さんの百名山って、必ずしも地理上の山名と一致してないんですね。今になって初めて知りました(笑)。正直言って、もっと怪しい山の本は結構読んでいますが、名著「日本百名山」は実はまだ未読なんです。やっぱり、こういったものはきちんと押さえて置かないといけませんね~。深く反省(笑)。

でも、そうすると私もまだ蛭ヶ岳の山頂は踏んでいないので、百名山「丹沢」を制覇したとはいえない状態ですね。ううむ、やはり今年は檜洞丸・蛭ヶ岳方面への遠征を実現しなければ。

ところで、青レンジャーさんは丹沢リベンジまでの口直しに、雲取山あたりはどうですか?車だと国道411号からちょっと入った丹波山村営駐車場(小袖乗越駐車場)からのピストン1択だと思いますが、ここからなら青レンジャーさんならおそらく往復7時間(登り4時間下り3時間)だと思います。4月くらいなら雪も殆ど消えて適期、ただし休みにぶつかると駐車場がかなり混みますのでご用心を。
徒骨亭 | URL | 2015/03/10/Tue 01:56 [EDIT]
青レンジャーさん、凄いですわ!

伊豆の次は鳥取...行動力あり過ぎ ワロタww

大山すっげーいい山ですね!白い稜線がめちゃめちゃ綺麗です!形もなんかカッコよくって、ああああーって気持ちになりました!僕も連れてって欲しかったなー(^ω^)

車の運転大丈夫ですか?
僕はいつも休み休み帰っていますよ。



kou | URL | 2015/03/10/Tue 20:52 [EDIT]
Re: タイトルなし
徒骨亭さん、再びコメントありがとうございます。

そうなんですよ~。必ずしも山の最高峰や主峰と深田久弥様が登られたピークが同じではないんですよ~。例えば「阿寒岳」は、深田久弥様は雌阿寒岳に登ろうとしたんですが、噴火警戒レベルが高かったので入山できず、近くの雄阿寒岳に登られたようです。しかし現在、雌阿寒岳に登れるようになり、標高も雌阿寒岳の方が高いので、日本百名山ハンターはもっぱら雌阿寒岳に登られています。どのピークを登って日本百名山に登頂するかということは、日本百名山を目指している人にとって頭を悩ますことの1つなんですよね。。。

しかし、日本百名山に挑戦している方々が「登頂した」と思えばそれでいいと青レンジャーは思います。登頂するまでの道中が思い出ですから~。

雲取山の情報ありがとうございます。
あら?小袖からの登った方がいいですか?青レンジャーの方面からアクセスするには、三峰神社方面から行った方がいいと思っていたんですが。。。あと、できれば両神山とセットで。
前々から冬場に雲取山に行けないかな~と思っていたんですが、雲取山方面に行くには、豪雪地帯の関越道を通るので、なかなか。。。それに北陸新幹線が開業するので、高崎駅で降りて、レンタカーでいけるかな~とも考えています。
いやいや、青レンジャーには雲取山を7時間で踏破はできないですよ。。。あくまでも標準CTでしか行けません。。。いや、それも行けるかな。。。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/03/11/Wed 10:09 [EDIT]
Re: タイトルなし
kouさん、コメントありがとうございます。

「このお山に行きたい!!!」と思って行かないと、家でウダウダして後悔するだけなので、行きたいと思ったら行った方がいいですよね。たとえ丹沢のように手厳しく追い返されても、いい勉強になりました~。kouさんも好きな人形を見つけたら速攻で買って下さい~。青レンジャーも3度目の4本ゲームソフトポチッをしてしまいました~。ははは~。

大山、良かったですよ~。福井県からは車で5時間ほどで行けると思います。荒島岳よりも道中が短いので、kouには非常に物足りないかも知れません~。ので、美保湾(海抜0m)からの登頂なんていかがでしょう???

kouさんを連れて行く???いやいや、青レンジャーがkouさんに引きずられるんですよね???

青レンジャーも長時間の車の運転は非常に心配でしたが、行きは若干アドレナリンが出まくっていますし、疲れたら途中のSAなどで寝て過ごします。で、帰りは近くのホテルに予約して泊まって、翌日温泉に癒されながらゆっくり帰っているので大丈夫です~。しかし、やはりkouさんは超過酷な行動の後でもどこにも泊まらず、帰宅されているんですね。。。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/03/11/Wed 10:29 [EDIT]
こんにちは

伊豆から伯耆とは、まさに東奔西走ですね。
そのバイタリティ、素晴らしいです。

麓周辺には2度ほどツーリングで行きましたが、お山はまだで、
私も今年辺り登ってみようと思っていたんですが、先を越されちゃいました(笑)

剣ヶ峰から天狗ヶ峰にかけてのヤセ尾根、ようつべで見たことがあるんですが、あれは画像で見ても凄いですね。
進むも地獄、戻るも地獄とはまさにあの尾根のことだと思いました。
冬は稜線が若干太く見えますが、踏み抜いたら一巻の終わりですね。
よっし~ | URL | 2015/03/11/Wed 14:24 [EDIT]
青レンジャーさんこんばんは♪

日本百名山64座目登頂おめでとうございます(^^)
道迷い、無事正規ルート発見できて良かったですね♪
そして青と白の世界、すごいよーー!本当に綺麗ですねー(≧∇≦)!
いつかこんな景色の所登ってみたいです。
とはいえ、すっかり山から遠ざかってるので、どこも登れないかも…(^_^;)

mokos619 | URL | 2015/03/11/Wed 22:17 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2015/03/12/Thu 00:54 [EDIT]
Re: タイトルなし
よっし~さん、コメントありがとうございます。

冬場にも関わらず、伊豆から米子と奔走していますね。。。1、2年前の自分だったら信じられなかったハズ。。。だって、もうかなり遠出しないと未登頂の日本百名山は残っていないですから。。。

やはり、全国をツーリングしているよっし~さんなら、大山周辺も行かれたことがあるですね。
福井県から大山あたりは、石川県よりも1時間ほど近いので余裕で行けますね。大山のいいところは高速道路からも近いので本当に便利でした。

そうなんですよ~。剣ヶ峰の稜線は冬場には若干道幅が太くなるっぽいですが、それでも更に先に進む勇気は、青レンジャーにはこれっぽっちもありませんでした。
また違った季節の大山のご報告、お待ちしています~。

そして、よっし~さんのブログに残した、「芳山和子」の文字・・・実は、誰かわからなくて、後で調べようと思っていまして。。。調べたら、ああ、「時をかける少女」の主人公なんですね~。昔の女優さんかと思いました~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/03/13/Fri 07:13 [EDIT]
Re: タイトルなし
mokos619さん、コメントありがとうございます。
そして、お帰りなさい。お疲れ様でした。

息子さん、無事に大学合格おめでとうございます。第2希望でも(それでも行きたくない学校は選ばないですよ~)きっと縁ある学校です。大学に入ったら、もしかしてワンダーフォーゲルや山岳部に入ったりして。むふふ。

大山の大山寺から登るルートは、夏場だとみなさん周遊コースとして登られ、この日もわずかながら歩かれた方もいらっしゃたようですが、冬場で予定外のルートを歩く自信はさすがになかったです。徘徊?してでも予定していたルートに戻りました。。。本当にいい運動でした。

mokos619さんならすぐに山登りの感が戻りますよ~。再始動第1弾はどのお山を狙っているんでしょうか???楽しみですね~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/03/13/Fri 07:25 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ