春のお花が大盛況・・・の獅子吼高原
2015年4月18日、石川県白山市にある獅子吼高原に行ってきました。
前回3月29日にも春のお花を探しに行きましたが、あいにくのお天気で開いているお花達を確認できませんでした。今日は久し振りの晴れ予報なので、今回こそ笑顔のお花達に会いに行きましょう~。

いつもながら青レンジャー1人の単独行動かと思いきや、本当に久しぶりに緑レンジャーさんと一緒です。

緑レンジャーさんがご結婚されて早2年。それからほとんど運動をしなくなり、体調がヤバいのだとか。獅子吼高原は春のお花が多く、リハビリ登山にピッタリです。

2015年4月18日①_1

いつもの獅子吼高原のゴンドラ乗り場です。朝早いので車はゴンドラ乗り場より下の駐車場に停めました。

2015年4月18日②_1

ゴンドラ乗り場の土手は、春のお花の第一チェックポイントです。イチリンソウやニリンソウ、カタクリ、キクザキイチゲ、ヤマエンゴサク、イカリソウなどたくさん咲いています。これはニリンソウです。朝早いのでお花はまだ開いていません。下山する頃には開いていることでしょう。楽しみ~。

2015年4月18日③_1

登山道に入りました。久しぶりに緑レンジャーさんの後姿を激写です。今日の日のために、あえて緑コーデでそろえて下さいました。ありがとうございます。むしってもむしっても(服を脱いでもぬいでも・・・という意味)・・・です。

2015年4月18日④_1

前回登った3週間前よりもコシノコバイモがたくさん咲いています。

2015年4月18日⑤_1

登山道のカタクリは、まだ陽が当たらないので閉じています。

「反り返ったカタクリが見たい~!!!」

と、緑レンジャーさんが言っていました。すぐ見られますよ。

2015年4月18日⑥_1

第一見晴らし台です。景色はもやっています。この日は黄砂が観測されたのだとか。
・・・下山後の夜、青レンジャーはひどい鼻水に悩まされました。。。

2015年4月18日⑦_1

陽当たりのいい場所に出ました。
緑レンジャーさんを探せ!!!
は、レベル6ですね。

2015年4月18日⑧_1

月惜峠の避難小屋を撮影するのを忘れたので、振り返って撮影します。3週間前はあんなに雪が残っていたのに、今ではほとんどありません。

月惜峠より奥獅子吼山方面と獅子吼高原方面に分岐しますが、リハビリ登山のため、迷わず獅子吼高原方面に向かいます。

2015年4月18日⑨_1

このあたりは遅くまで残雪が残る地点です。

2015年4月18日⑩_1

あああ~
今年初のイワウチワです~。ヒラヒラのレースはきゃわええ~です。

2015年4月18日⑪_1

陽当たりのいいところに生えているカタクリは見事に反り返っていました。
緑レンジャーさん曰く、「ビールマンスピン」です。

2015年4月18日⑫_1

白いキクザキイチゲの瑞々しい花が風に揺られています。

2015年4月18日⑬_1

獅子吼高原に到着です。
この日、残念ながら立山連峰は拝めませんでした~。

獅子吼高原のゴンドラ乗り場の建物内で少し休憩します。

2015年4月18日⑭_1

さて下山~。
下山時、登山道脇のカタクリは・・・みんな一斉に反り返っていました~
緑レンジャーさんもウハウハです。

2015年4月18日⑮_1

登山口周辺のニリンソウも咲いていました。

2015年4月18日⑯_1

イチリンソウも



8:10 獅子吼高原登山者用駐車場
8:55 第一見晴らし台
9:30 月惜峠
9:55 獅子吼高原
12:05 獅子吼高原登山者用駐車場
(休憩時間45分を含む)

計 3時間55分の山旅でした。



<総論>
緑レンジャー
さんはいいリハビリになったようです。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

コシノコバイモ
山ガールの青レンジャーさん こんばんは♪

北陸のお山にも着実に春が来てますね~。(*^^*)
ごく当たり前のように、登山道の両側にカタクリが咲き乱れているのが
素敵です~。(*^^*)
そして、コシノコバイモ。やっぱりかわいい~~~。
私も18日に、新潟のお山で「はじめまして~」をしてきました。
ひっそりと、うつむいて咲くその姿に、もぉ、キュンキュン☆でした。

花撮りスクワットが忙しくなりますね~。(^^)
chikoやん | URL | 2015/04/21/Tue 02:31 [EDIT]
こんばんは♪

おお、獅子吼高原。こちらも最近はお気に入りですね。青レンジャーさんにとっては、私の奥多摩っぽい位置づけになるんでしょうか。雪も殆どなくなったようですし、存分に春を満喫されたんじゃないかと思います。

緑レンジャーさん、久々の登場ですね。私がこちらにコメントを寄せるようになってからは初めての登場じゃないかな?前に過去記事を見せていただいたときに、北海道旅行の写真とかを拝見していますが。緑レンジャーさん復活となると、これからまた皆さんの「珍道中」が始まるんでしょうか。

ちなみに最近、ピンクレンジャーさんの姿をあまりお見掛けしていないような気がしますが、やはり何かとお忙しいんでしょうか。昨年の北海道の山中での大音量演歌行軍のようなエピソードをまた期待していたりします(笑)。
徒骨亭 | URL | 2015/04/21/Tue 04:44 [EDIT]
こんばんは、青レンジャーさん!
久々の緑レンジャーさん登場ですね。
カタクリロードは、さぞやお二人を楽しませてくれたことでしょう(^^
私も先日、満開のカタクリに会ってきました!
その話は…なるべく早くアップします(^^;

青レンジャーさんの獅子吼高原、徒骨亭さんの奥多摩、ときたら、私にとっては筑波山かな?
何故か何度も登る山って、ありますよね。
そして何度登っても、いろんな発見があって楽しいです(^^
ホント、山は全然飽きません!
| URL | 2015/04/23/Thu 21:58 [EDIT]
mokos619
青レンジャーさんこんばんは♪

前回登られてから数週間の間に、お花盛り沢山でしたね〜。
朝は咲いてなかったカタクリも、見事なそりっぷり!
久しぶりの緑レンジャーさん、前はいつのレポに登場したか考えてたんですけど、
もしかすると緑レンジャーさんの結婚式だったかも(^_^;)
結婚しても仲良しっていいですね(*^^*)
| URL | 2015/04/25/Sat 21:57 [EDIT]
Re: コシノコバイモ
chikoやんさん、コメントありがとうございます。

ここ最近は急速に春が進んで来ているのを実感しています。

獅子吼高原は奥獅子吼山までず~っとカタクリが群生しているので、今の時期、最盛期のお山です。特にゴールデンウィークあたりは一番登山者の姿を見かけるかも。奥獅子吼山には白いカタクリも見られるので、それを探しながら歩くのも楽しいです。

コシノコバイモは日本海側に多く咲くお花ですよね~。あの首が垂れているようなお花の形がきゃわええ~です。確かに~。花撮りスクワットは辛いです。。。頻繁にしていると足の血のめぐりが悪くなります。山のお花は恥ずかしがり屋ですから~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/04/27/Mon 06:56 [EDIT]
Re: タイトルなし
徒骨亭さん、コメントありがとうございます。

獅子吼高原の雪は、ここ2、3週間でかなり溶けたみたいです。
そして春のお花も急速に成長していました~。

奥多摩~!!!あの、湖に沿って家がず~っと立ち並び、道路脇にもリュックを背負った登山者がたくさん歩いている都会のお山~!!!凄いですよね~。一般のお山であんなに登山者の姿を見ることは他のお山では絶対にないです。

緑レンジャーさん、かなり久々の登場でした~。ピンクレンジャーさんは毎年、冬は若干引きこもり気味なのですが、最近の青レンジャーは日本百名山一辺倒なので、無理につき合わせると悪いので、今年は登場が少ないかも。。。でも、久し振りに3人旅もできるといいな~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/04/27/Mon 07:07 [EDIT]
Re: タイトルなし
悠さん、コメントありがとうございます。

悠さんも満開のカタクリにで会われたんですか~!!!早速ご訪問させて頂きます~!!!
カタクリって、朝は閉じていても、陽が上って下山する時、花弁の形が変化するので2度楽しめますよね。

筑波山~!!!いつ登ってもすんごい人の筑波山~!!!登山最盛期のこの日、獅子吼高原ですれ違った人は20人くらいだったと思います(1日いれば50人くらい見かけるかも)。関東地方のお山は、一般のお山でもそれ以上の登山者を見かけますよね~。人口の違いに愕然とします。北陸三県(富山、石川、福井)の総人口を持ってしてでも千葉県だけの総人口にはかなわない。。。たとえ新潟県も含めても。。。あああ。。。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/04/27/Mon 07:24 [EDIT]
Re
mokos619さん、コメントありがとうございます。

mokos619さんは登山再開ですね。
また、色々なお山のご報告お願いします~。

カタクリはシーズンが終了すると、葉っぱすらも見当たらなくなってしまうので、本当に期間限定のお花ですね。

緑レンジャーさん・・・新婚当初は会話の80%はノロケ話でしたが、最近は少し落ち着いてきたみたいです。mokos619さんも新婚当初はそうだったんですか???もしや今でも!!!むふふ。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/04/27/Mon 07:30 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ