2015年遠征登山旅行第2弾 1日目
2015年4月25~26日と1泊2日で、最近ではおなじみの青レンジャー1人で日本百名山登頂紀行に出かけてきました。

2015年は1、2、3月と、毎月必ず日本百名山登頂を更新しているので、4月もどこかへ行っておかないと~。 何だか変なプレッシャーがかかっています。。。3、4月は色々と忙しく、心が荒んできたので、1泊2日で2座狙って行きたいと思います。

春本番・・・若干初夏も混じりかけてきた今日この頃、狙うお山は、雲取山と両神山です。



2015年4月25日、1日目はまずは雲取山(標高2017.1m)に登ります。

時々ブログにご訪問させて頂いている徒骨亭さんより、「雲取山は小袖から行くと7時間くらいで日帰りできる」との情報を頂きました。青レンジャーの住む石川県から行くと、三峰の登山口の方が近い感じですし、山と高原地図のコースタイムも、小袖、三峰とも同じようなのでどうしようか悩みましたが、ナビで調べると、むしろ小袖の方が近く、青梅街道の国道411号線はキレイな道路、そして小袖の方がアップダウンが少ないということで、小袖登山口から登ることに決定です。

前日、2時間ばかり仮眠を取り、夜中、日付が変わるかどうかの時刻に自宅を出発です。
雲取山は都会に近い日本百名山なので、登山口駐車場の取り合いはかなり厳しいようです。小袖登山口の駐車場の標高は740mで40台程駐車できるようですが、もし車が駐車できないとなると、鴨沢の標高540mなど、ずいぶんと下らないと駐車できません。ううう・・・これはかなり早く登山口に着かないと~。最低でも朝6時までには駐車場に入りたい。

国道411号線沿いにある道の駅たばやまで最終トイレを済ませます。
時刻は朝5時過ぎ。が・・・すでに道の駅には10台以上の車がいました。どなたも登山者らしきお姿。あわわわ~。みなさんおそらく雲取山狙いだ~。早く小袖登山口の駐車場に行かないと。

2015年4月25日①_1

程なく小袖登山口の駐車場に到着です。車はまだ20台程度でしょうか。ひとまずホッ。
しかし、小袖登山口直下にも路駐できるみたいですが・・・みなさん誰も停めていなかったので、大人しく普通の駐車場に停めました。

2015年4月25日②_1

小袖登山口です。ここから登山開始です。

2015年4月25日③_1

おおお~!!!
ヒトリシズカです。たくさん咲いていました~。
ヒトリシズカって、青レンジャーの周りのお山ではあんまり咲いていないお花です。珍しくてついテンションが上がります。

2015年4月25日④_1

登山口すぐには、集落の跡が。。。

2015年4月25日⑤_1

これが「自己責任の水」ですね~。自己責任の水・・・飲めそうだけれど、飲む場合は自己責任で飲んで下さいといった雰囲気の水。しかし、この上部にはちゃんとした水場がありました。

2015年4月25日⑥_1

大変緩やかな登山道が続きます。
それにしても・・・若干気付いてはいましたが、今日はあんまりお天気が良くなさそうです。。。
頂上から富士山、見えるかな。。。

2015年4月25日⑦_1

七ッ石小屋に到着です。

2015年4月25日⑧_1

ここで七ッ石山を経由するルートと、巻き道ルートに分岐します。青レンジャーは登りが大変苦手なので、巻き道ルートを通ります。

2015年4月25日⑨_1

巻き道ルートに入ると、誰も見かけなくなりました。

2015年4月25日⑩_1

あああ~!!!
このお花、何だろう???見たことないです。葉っぱ?花?に少し紫が入っているので、遠目で見ると、加賀野菜の「金時草」に似ていました。大きくなると、お花は葉と葉の間から垂れ下がるように咲きます。

2015年4月25日⑪_1

合流点のブナ坂に出ました。

2015年4月25日⑫_1

おおお~!!!
ここは教科書などでよく見るテンション上がる稜線ですね~。
お天気が良ければさぞかし見晴らしがいいことでしょう~。お天気が良ければ・・・ね。今日は何にも見えません。。。

2015年4月25日⑬_1

ヘリポートです。目の前にうっすらと雲取山山頂が見えました。

2015年4月25日⑭_1

奥多摩小屋です。

2015年4月25日⑮_1

雲取山の稜線は、アップダウンを繰り返すんですね。

2015年4月25日⑯_1

ついに雲取山頂上の雲取山避難小屋が見えました。

2015年4月25日⑰_1

雲取山避難小屋に到着です。
で、肝心の頂上標識はどこ???

2015年4月25日⑱_1

雲取山頂上には親切にも頂上の地図があり、無事に登頂です。
日本百名山65座目です。

お楽しみの富士山と看板とのコラボは・・・ははは。。。

2015年4月25日⑲_1

こちらが東京都の看板。東京都。。。聞いただけでも緊張します。。。

2015年4月25日⑳_1

景色も何もなく、陽がない分寒いので早々に下山します。

2015年4月25日㉑_1

登り、この辺りは寒くないので休憩にいいな~と思っていたので、こちらで少し休憩することにします。
休憩中も一向にガスは晴れず。。。

2015年4月25日㉒_1

下山中、少しは周りの山々が見えてきた気がします。でも富士山は全然わからない
このあたりから登りの方とたくさんすれ違い始めました。特に体力が有り余っている大学生の団体様が目を引きます。

2015年4月25日㉓_1

奥に見えるのが七ッ石山でしょうか。下山時はあのピークを越えて行きたいと思います。

2015年4月25日㉔_1

七ッ石山です。

2015年4月25日㉕_1

七ッ石小屋の分岐まで戻ってきました。
ここから再び緩やかな長い道のりを下山します。

2015年4月25日㉖_1

このお花、アカヤシオ???と思いましたが、ミツバツツジでした。太平洋側のツツジ=アカヤシオと思いそうになります。

2015年4月25日㉗_1

このスミレは???青レンジャー初めて見ました。
先ほど、ブログでご訪問させて頂いている悠さん、chikoやんさんより、このスミレはエイザンスミレということが判明しました。葉っぱの形が珍しいです。

2015年4月25日㉘_1

最後の長~い緩やかな登山道は、時折駆け足しながら、無事小袖登山口駐車場に戻ってきました。
車の数も凄いことになっていました。



5:30 小袖登山口駐車場
7:45 七ッ石小屋
8:20 ブナ坂
8:45 奥多摩小屋
9:35 雲取山頂上
11:00 七ッ石山
11:15 七ッ石小屋
12:45 小袖登山口駐車場

(休憩時間20分を含む)

計 7時間15分の山旅でした。



<総論>
雲取山で一番心に残っているのは、奥多摩の様子!



・・・奥多摩の様子って何じゃ?ですが、下山後は翌日の両神山に向け、埼玉県秩父市内のホテルまで移動します。
奥多摩って、自然溢れる場所・・・いわゆる田舎ということですが、国道411号線沿いにはず~っと民家が立ち並び、時折お食事処なんかもあります。そして駅も!!!田舎と都会が混在しています。そして何より、国道沿いを歩く登山者が多くてビックリ!!!そのまま駅に入っていったり、バスを待っていたりと、奥多摩は他の山域では見られない光景が広がっていました。奥多摩は登山者専用のアミューズメントパークや~。



2日目に続く・・・
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

関東遠征。お疲れ様でした~。そして、ようこそ~☆\(^o^)/
トーキョーの最高峰ですね。

25日はちょっぴり不安定なお天気だったんですよね。
雲取山の看板&富士山のコラボは猛烈に憧れてます。
一度は行ってみたいな~と思いながら、私には日帰りは厳しそう。。。
と、なかなかGoサインが出せずにいたので。(^^;
山頂へ続く稜線歩き。気持ちよさそう。(*^^*)

それにしても、長距離ドライブに続いて登山。
やっぱり青レンジャーさん。パワフル。!(^^)!
chikoやん | URL | 2015/04/28/Tue 02:58 [EDIT]
Re: タイトルなし
chikoやんさん、コメントありがとうございます。

そうなんです。25日は雲取山下山後、奥多摩あたりを走行中にぽつぽつと雨が降っていました。いや~、早めに下山できて良かったです。

雲取山の看板と富士山のセットは定番ですよね~。しかし、青レンジャーは見られず。。。残念。。。
chikoやんさんは雲取山には行かれていないんですか~。青レンジャーも雲取山の日帰りって、かなり距離があるのでどうかな~と思っていたんですが、そうでもなかったです。昨年毎週会津駒に通われていたchikoやんさんなら(会津駒・・・けっこう急登も多くて頂上付近に上がるまで辛かったです。。。)、余裕ですよ~。そして長距離運転の先輩はchikoやんさんの方が上です!!!青レンジャーはとてもじゃないですが、毎週遠征は無理です。。。

そういえば、丁度、青レンジャーと同じ日程で、雲取山と両神山を登られた栃木県から来られた若い男子3人組がいらっしゃいましたよ~。chikoやんさんと同じ栃木県民さん。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/04/28/Tue 15:46 [EDIT]
こんばんは(^^)

雲取山 日本百名山65座目登頂おめでとうございます。
当初三峰から登る計画の様でしたけど 
夜中に三峰神社を目指すのはちょっと怖いですよね 色んな意味で^^;
富士山が眺められずに少し残念な天気の様でしたね。
ヒトリシズカって北陸ではあまり見かけないんですか?驚かされました!
秩父、奥多摩、奥武蔵では里山にも雑草のように生えてますよ~(^O^)
僕にとって雲取山はテント泊デビューの山なんですよ。
三峰から登りましたけど 東京の山だなぁと感心させられたのは
雲取山荘から見えた東京都心の夜景ですね。
夜景と言うより光の巨大な塊が異常なほどに明るかったのが印象的でした。

2日目は両神山なんですね(^O^)
念願のアカヤシオに会えたのかな?
レポ 楽しみにしてます。
中ノ俣 | URL | 2015/04/28/Tue 23:24 [EDIT]
こんばんは、青レンジャーさん!
そして、おいでませ関東へ(笑)
あれだけの距離を運転して山に登るって、青レンジャーさん、やっぱりタフだわ~(^^;

雲取山は、山登りを始めてちょうど1年後くらいに泊まりで登った山です(^^
ピストンが嫌で富田新道に突っ込んでいったという、今考えると初心者にはとても無謀なコースで登りましたe-330

その時も真っ白な世界になってしまいましたが、翌朝はきれいに晴れて、看板と富士山のコラボが見れました!
懐かしい思い出です(^^

ヒトリシズカは、北陸ではあまり見ない花なんですか!?
やっぱり植生が違うんですね~。
それはそれで、新鮮で楽しいですね!
両神山はどうだったのでしょう?
2日目も楽しみにしています(^^
| URL | 2015/04/29/Wed 00:29 [EDIT]
こんにちは♪

奥多摩へようこそ!そして百名山65座目GETおめでとうございます!
小袖からのピストンコース、歩きやすい道だったでしょう?翌日の体力をしっかり温存できたと思います。平面距離は結構長いんですが、あの通り緩やかなペースで登りが続くだけですから、スタスタ歩いているうちにあっという間に堂所、あっという間に七ツ石山・・・だったんじゃないかと思います。唯一きついのが奥多摩小屋の先のヨモギノ頭の登りと、その先の小雲取山の登りですが、そう長く続くわけでもないですからね。

でも、お天気は残念。ご想像の通り、七ツ石山あたりから富士が見え始め、石尾根では一気に展望が開けてテンションが上がります。今度はまた、ノンビリ泊まりで来られるといいんじゃないかと思います。

でも、青レンジャーさんが同じコースを歩いてくれたおかげで、やっと青レンジャーさんのペースがわかりました。やっぱり、予想した通り私より少し速いペースで歩いていますね。小袖登山口からの所要時間だと同じくらいのようですが、私は七ツ石山小屋に寄らずに直行してますし、ブナ坂からの時間だけで見ると青レンジャーさんのほうが15分早いです。

まあ、私は小雲取みたいな急坂だと自重のせいでスローダウンしてしまいますので(笑)。急坂でヒーヒー行っていると、後ろから来た山ガールのお姉さんに軽々と追い越されることがよくありますが、まあ、ああいったイメージなんでしょうね。とりあえず、こっちの方の山の情報、私の所要時間を伝えておけばそれ以内なのは間違いなさそうです。


徒骨亭 | URL | 2015/04/29/Wed 13:43 [EDIT]
Re: タイトルなし
中ノ俣さん、コメントありがとうございます。

三峰神社あたりは、夜中怖いところなんでしょうか???
怖いのは襲われる系?それともオバケ系?どちらともでしょうか???
しかし都会に近い日本百名山なので、登山者はそこそこいらっしゃいますよね~。

そうなんです、ヒトリシズカって北陸の山では見かけません。フタリシズカは見るんですけどね。
青レンジャーが知る限り、北陸地方でヒトリシズカが咲いているのは近所の玄関先くらいです。後、見たことある場所と言うと、三重県と滋賀県の県境の霊仙山と北海道の知床です。本当に数えるほどしか見たことなくって。

この日も雲取山にテン泊や泊りの方が大勢登られていらっしゃいました。
みなさん、夜景も楽しみに来られているんでしょうね。

2日目の両神山では・・・むふふ、現在作成中です。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/04/30/Thu 23:05 [EDIT]
Re: タイトルなし
悠さん、コメントありがとうございます。

へへへ、ここ最近は概ね関東地方遠征が多いです。

雲取山の小袖登山口までは思ったよりも近くて良かったです。片道6時間はかからなかったでしょうか?東海北陸道を通り、いったん下りて平湯峠を通り、再度上信越自動車道と中央道を通るルートで行ったので、メリハリがあって飽きませんでした。高速道路オンリーだと単調で眠くなります。。。

雲取山は都会の人が、山を登り始めてから1つの目標にされるお山なんですね。青レンジャーの地元で言うところの白山でしょうか。
確かに、泊りがけでお山に行くと、あそこも行きたいここも行きたいとてんこ盛りの計画になってしまいますね。悠さん、無事で何よりでした。

そうなんです、ヒトリシズカは北陸ではほとんど見ないお花です。
青レンジャーは珍しくて写真を撮っていましたが、ほとんどの登山者の方は素通りでした。。。

両神山は・・・えへへ、良かったですよ~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/04/30/Thu 23:17 [EDIT]
ヒトリシズカ
こんばんわ、65座登頂おめでとうございます
日帰りで仮眠2時間で凄すぎます
おいらには到底無理ですわ(笑)

ヒトリシズカですがいつもバイク載っている山に咲いてました
八尾のコスモスポーツランドと言う所
標高は400mの山腹です
咲いている所はごくわずかです
前から咲いていたと思いますが、花の名前覚えだしたのが今年なんで初めて感が強いですね

bullMT | URL | 2015/04/30/Thu 23:23 [EDIT]
Re: タイトルなし
徒骨亭さん、コメントありがとうございます。

徒骨亭さんのアドバイス通り、小袖から登りました~。

確かに、緩やかな登山道が延々と続いていて、帰りは駆け足で下りられるほど整備されていました。
いやいや、翌日の体力を温存するほど楽ではなかったですよ。。。それにあっという間には着きませんでした。。。雲取山はこってり山行でした~。

本当にお天気は残念です。。。めったに見られない富士山を拝めると思っていたのに。。。これも運命ですね。

いや~、青レンジャー、ご存じのようにコースタイムは本当にどんぶり勘定なので、あんまり参考にならないかもしれません。。。酷くならないよう、体が勝手にセーブしてくれています。しかし、青レンジャー、登りではよく追い越される方ですよ。。。決してスタスタとは追い抜けません~。

山ガールの青レンジャー | URL | 2015/04/30/Thu 23:28 [EDIT]
Re: ヒトリシズカ
bullMTさん、コメントありがとうございます。

仮眠2時間での山行・・・もう、ここまで来たら日本百名山を制覇したいという強い思いです~。

北陸地方にはヒトリシズカは珍しい部類の植物ですよね~。
見つけると、あ、咲いてる・・・と、目に留まるくらい。

富山県には何でも咲くんですね~。高いお山に行けば高山植物、その他のお山でも雪割草とかフクジュソウとか、その上ヒトリシズカまで。色々な標高のお山がそろっているからですね~。しかし、登山口まで行くのも至難の業。。。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/05/01/Fri 06:40 [EDIT]
登山口探すの大変
たしかに登山口が解りずらい山多いですね
バイクはそんなときに凄く有効です(笑)
今年は304から縄ヶ池方面行けるみたいですよ
今は除雪中で5月中旬に開通予定だそうです
袴腰は雪で平スキー場までしかまだ行けませんでした

花はまだ少ししか解らないので春から勉強です

今年はとりあえず30種類は覚えたいかな

イカリソウ先日舐めてみました
いまいちの甘さでした

ヒメオドリコソウはかなり甘かったです
bullMT | URL | 2015/05/01/Fri 19:07 [EDIT]
Re: 登山口探すの大変
bullMTさん、再びコメントありがとうございます。

ああ、バイクか~。そうすれば、たとえひどく狭い道でも機械の力を借りて行けますね~。
特に五箇山あたりの道路。難易度高いです~。

やはり、袴腰山はあの道路を行くのか。。。バイク・・・青レンジャーの場合は原付しか乗れないですが、原付なら登山口まで行けそうですね。

イカリソウ、青レンジャーも今度なめてみます。

ヒメノオドリコソウ!!!だ、大丈夫ですかっ???
確か毒のある植物だったような・・・しかし、ネットでは毒とは書いていない。。。あれ?

bullMTさんが大丈夫なら大丈夫ですね。。。あわわわ~。

山ガールの青レンジャー | URL | 2015/05/02/Sat 15:47 [EDIT]
甘い花
ヒメオドリコソウに毒は無いと思うよ、密は花取って付け根をすうと密の甘さが入ってきます。開花しているやつだけ甘いです
イカリソウは怒りの先の細い所に密が貯まり透けて見えます
先端を噛んで密出します
他には笹百合の花の付け根を舐めると甘い
子供の頃は色々道草してました(笑)

昨日ヒトリシズカ咲いているすぐ横にフタリシズカが出ていました
花が一本から四本まで色々
二本とは限らないんだね

ヒトリシズカは結構沢山咲いているのを見かけた
あとはチゴユリとホウチャクソウ、ミツバツチグリ、マムシグサ、キランソウ、エビネ
調べた所、このくらい

バイクは50だと距離は汁の辛いですね
車に積んで奥まった所へバイクでがりそうです

縦走するのも一人で行けたりするから便利だね
実際にはバイクを車に積むの面倒だからやってないけどね。
bullMT | URL | 2015/05/04/Mon 21:57 [EDIT]
Re: 甘い花
bullMTさん、コメントありがとうございます。

・・・ヒメノオドリコソウ様、今まで毒花だと思って、少し冷ややかな目で見てゴメンナサイ。。。
もう少し穏やかな目で、花を愛でたいと思います。そして蜜もなめてみます。。。

道草・・・青レンジャーも良くしました~。ヨモギを食べたり。。。美味しくなかったです。何といってもツツジの蜜が好きでした~。

フタリシズカはよく大きくなったものを見かけますね。
エビネは貴重ですね~。なかなか咲いているところは見かけません~。

原付で山道はやはりちょっと難しいですよね。。。少しの段差でも飛ぶ飛ぶ~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/05/05/Tue 19:48 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ