2015年遠征登山旅行第4弾 2日目
2015年6月22~23日の1泊2日で、未登頂の日本百名山を制覇しに行ってきました。

2015年6月23日、2日目です。

この日は山形県にある月山(標高1984m)に行ってきました。

月山は、周辺の湯殿山、羽黒山とともに出羽三山と呼ばれる山岳信仰が盛んな山域です。また、夏山スキーも有名で、7月上旬まで滑走可能だということもあり、スキーヤー&スノボーダー、登山者の両方に人気のお山です。

この日は前日よりもさらに天候が不安定で、午後から大荒れの可能性もあるとか。なので、月山には早々に登って下りて来ないといけません。幸い、月山は月山リフトがあり、標高1520mまで文明の利器で運んでくれるので、ちゃっちゃと登って下りてくることも可能です。他に羽黒口から登るルートもありますが、道路の開通は6月25日だとか。ううう、惜しい~。

朝一番の8時のリフトに間に合うように、鶴岡市内のホテルを6時前に出発します。
整備された国道112号線は、若干高速チックな道路なので、月山リフトのある月山姥沢の有料駐車場(500円です)まで1時間程で到着してしまいました。。。駐車場にはすでに10台近い車がありました。
リフトの営業開始時間までだいぶ時間があります。トイレやら身支度して、月山姥沢の有料駐車場から月山リフト下駅まで舗装道をを徒歩15分程歩かないといけないので、ゆっくりと歩きながら出発します。

2015年6月23日①_1

道路脇にはまだまだたっぷりの残雪が残っています。さすが夏スキーのメッカ。
道路脇にも今まさにタムシバが最盛期を迎えていました。

2015年6月23日②_1

かなりゆっくり歩いて、15分程で到着です。。。さっさと歩くと5分程で着きそう。。。
さて、月山リフトの営業開始時間まで、周辺にあったパンフレットを読み、時間をつぶします。

2015年6月23日③_1

モンベルカードで若干お得に往復チケットを購入し、8時丁度にリフトに乗ります。
リフトの下にはニッコウキスゲがごろごろっ
うはっ~
東北の山、ハンパないな~。

2015年6月23日④_1

20分弱で月山リフト上駅に到着です。
うを~
月山の雄大な景色が広がります~。

2015年6月23日⑤_1

周辺にはハクサンチドリの群生がっ
昨日の鳥海山といい、月山の登山道にどんなお花が咲いているのか楽しみです~

2015年6月23日⑥_1

月山はさすが豪雪地帯で、出だしから残雪の上を歩きます。
本日は午後から天候が荒れる可能性があるので、なるべくちゃっちゃと登頂できるよう、最短距離で登れる牛首下分岐を通るルートで登りたいと思います。

2015年6月23日⑦_1

親切丁寧なガイドロープに沿って、ひたすら雪の上を歩きます。この日、おそらく青レンジャーが一番乗りなようです。

2015年6月23日⑧_1

牛首下分岐まで来ました。このあたりは登山道が露出しています。

2015年6月23日⑨_1

牛首下分岐からもしばらく雪上歩行が続きます。
徐々に月山頂上付近のガスが取れてきました~。月山も終始見晴らしの良いお山です。

2015年6月23日⑩_1

雪上歩行が終ると、登山道脇にはシラネアオイのお姿が~

2015年6月23日⑪_1

そして、岩々しくなった登山道の脇の至る所からチングルマやミヤマキンバイが~
月山も高山植物が狂喜乱舞するお山です~

2015年6月23日⑫_1

昨日の鳥海山と比べると、チングルマの盛りは若干超えた感じの部分もありますが、まだまだたくさん咲いています。

2015年6月23日⑬_1

あああ~
今年初のハクサンフウロだ~
このお花1本だけ見かけました。気が早いですね。

2015年6月23日⑭_1

アオノツガザクラ。鳥海山よりも盛りを迎えているようです。

2015年6月23日⑮_1

月山にもハクサンイチゲが死ぬほど咲いています。

2015年6月23日⑯_1

もう少しで月山の稜線に出そうです。
黄色のお花は全てミヤマキンバイです。
東北のお山は神だな。

2015年6月23日⑰_1

稜線に出ました。
至る所に祠があり、月山はまさに信仰のお山です。

2015年6月23日⑱_1

タカネシオガマ。
高山の奥地でしか見られないイメージのお花ですが、登山開始1時間かそこらで見られるなんて~
東北激アツです

2015年6月23日⑲_1

ミヤマウスユキソウ。
東北地方の一部にしか咲かない、貴重なエーデルワイス。鳥海山よりもたくさん咲いていました。

2015年6月23日⑳_1

あああ~
クロユリ~
白山以外で見るのはとても新鮮です。クロユリの匂いは臭いとか。早速這いつくばって匂いを嗅いでみました。
・・・確かに変な匂いがしますが、コバイケイソウ程ではないです。草系の変な匂いです。

2015年6月23日㉑_1

その変な匂いのコバイケイソウ。まだ若々しいので、トイレの匂いは充満していません。

2015年6月23日㉒_1

大変緩やかな稜線に、月山頂上の建物が見えてきました。

2015年6月23日㉓_1

月山山頂には神社が立っています。

2015年6月23日㉔_1

月山頂上に着きました~。おそらくこの日一番乗りです~。
日本百名山第72座目登頂~
周囲は塀に覆われていますが、本日も周りの山々はガスガスで何も見えません~。

2015年6月23日㉕_1

月山の最高峰はこの神社なんですが、月山頂上は神社より少し先にあります。
月山頂上は立ち入り禁止なので立つことはできませんが、立ち入り禁止手前まで行ってみましょう。

2015年6月23日㉖_1

月山頂上の手前です。ふ~ん。
さて、周辺で少し休憩しましょう。パンをかじります。

2015年6月23日㉗_1

休憩したら、お天気も心配なので、早々に下山します。

2015年6月23日㉘_1

しかし、頂上付近にある遊歩道に咲くお花も気になる・・・で、少し寄り道します。
わわわ~
ハクサンイチゲロード~
クロユリもチラホラあります。

2015年6月23日㉙_1

順調に下山中。
今まで歩いてきた雪道が見えます。

2015年6月23日㉛_1

姥ヶ岳へ続く稜線がキレイに見えます。

2015年6月23日㉜_1

牛首下分岐まで戻ってきました。
ここから同じ道をピストンしようと思っていたんですが、そこそこの方が月山に登り始めてきています。中にはツアーの団体様も。
雪道で待ったり待たれたりすると辛いので、お天気も持ちそうですし、少し遠回りですが、姥ヶ岳経由(いわゆる稜線コース)で下山したいと思います。

2015年6月23日㉝_1

稜線コースもまだまだ残雪たっぷりです。残雪があるおかげで、登山道のアップダウンは解消されています。

2015年6月23日㉞_1

稜線は石畳の登山道で大変整備されています。
稜線コースを歩いている人は激少なく、青レンジャーの他に2名ほどしか確認できませんでした。静かで快適です。

2015年6月23日㉟_1

おおお~
ウサギギクです。今年初です。

2015年6月23日㊱_1

前方を先に歩いていた方は、どこかわからない登山道を下りて行ってしまいました。。。あれ???
ここから姥ヶ岳の登りです。石畳の登山道からは、ミヤマキンバイはもちろんのこと、ミヤマウスユキソウが雑草の様に咲いていました~
東北の山はマジ神だな。。。

2015年6月23日㉚_1

姥ヶ岳山頂です。誰もいません。景色も見えません。

2015年6月23日㊲_1

姥ヶ岳直下は、スキー・・・いや、ほぼスノボの方のゲレンデ化しているため、スノボの人が滑っている間を通って下山しないといけないな・・・と思っていると・・・

2015年6月23日㊳_1

何だか湿原に白くて細かいお花がたくさん生えている・・・んんん???

2015年6月23日㊴_1

こ、これはっ
ヒナザクラではないですか~
縮小画像でも白いお花が咲いているのがわかるので、どれだけ大量に咲いているのやら~。
何じゃコレ~です。

2015年6月23日㊵_1

スノボの方々の間を抜け、最後の傾斜を下りていきます。

2015年6月23日㊶_1

月山リフト上駅に戻ってきました。
あ、そこそこ観光客の方が来たりするのね。。。



8:20 月山リフト上駅
9:15 牛首下分岐
10:05 月山頂上
11:10 牛首下分岐
11:45 姥ヶ岳
12:00 月山リフト上駅
(休憩時間20分を含む)

計 3時間40分の山旅でした。



<総論>
月山の高山植物も凄い~。手頃に登ることができるので本当にありがたいです。



月山を無事下山し、月山リフトに乗っていると、朝日連峰付近から雷の音が聞こえました。。。
月山志津温泉でさっぱりとし、ほぼノンストップで自宅に帰りました。6時間くらい。鳥海山よりもマシね。。。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

月山も素晴らしい!
こんにちは、青レンジャーさん!
2日目の月山、待ってました!

東北の山、凄いです…『マジヤバイ』状態です…!
ヒナザクラ、可愛い(^^
ぜひお目にかかりた~い!

ここで問題になるのが、雪道歩きの経験の少なさe-263
青レンジャーさんのように、雪に慣れていれば問題ないのですが、冬場でも雪無し道を歩こうと思えば出来てしまう、関東地方…やっぱり今年の冬は、積極的に挑戦しなければいけません…!
何せ貴重な高山植物は、雪解け直後から咲き始めますからね~e-330

青レンジャーさんのおかげで、行きたい山が次々と増えてしまって、お金と時間がまるっきり足りません(笑)
| URL | 2015/06/27/Sat 18:43 [EDIT]
超ロング遠征お疲れ様です
そして72座制覇おめでとうございます
鳥海山、月山とお花畑を楽しめたようですね
朝日ライナーも好きな山です

両座とも、高速道路のお陰で以前よりは近くなった方で、新潟から日帰り圏内になりました
(村上朝日IC とあつみ温泉IC 間が見開通)

月山の姥ケ沢登山口と朝日連峰の古寺鉱泉登山口は、どちらも月山ICから近いですよ(西川町)
あと、朝日鉱泉までの車道も開通したようですので、蔵王と朝日がセットでしょうか?
未々東北の日本百名山が残っているようですので今後も楽しんで下さい
紅葉の時期もお奨めですよ
朝日ライナー | URL | 2015/06/27/Sat 21:15 [EDIT]
東北のお山。マジ、やべ~~!!!
って叫びたくなっちゃうほどの、お花&雪渓の残る景色です。
ヒナザクラ。やっぱりかわいい!!
ヒナザクラは、一番身近なところで、西吾妻山で見られることが判明。
これは、あえるかも! って、ちょっと明るい日がさしてきました。(^^;

月山は。。。
そうそう。リフトを利用して、観光の人になろうと思って、もう数年。
そろそろ、ホントに行かなければ! と思っています。

短い行程で、豊富な高山植物。。。
あらら、まるで、私のためにあるお山みたいじゃないですか?(笑)

日本百名山 72座目。登頂おめでとうございます~♪
chikoやん | URL | 2015/06/27/Sat 22:47 [EDIT]
Re: 月山も素晴らしい!
悠さん、コメントありがとうございます。

本当、東北の山の高山植物の豊富さにビックリしました~。
それまで、北海道の山々の高山植物に感動していましたが、それと同等、いやそれ以上に凄いかもしれません~。
これからの東北の山が楽しみです~。

悠さんのお住まいからは、東北新幹線で磐梯山や吾妻山、安達太良山に行けそう・・・とか、勝手に妄想してしまいました。

今の時期の雪はザラザラべしょべじょです。軽アイゼンとダブルストックがあれば歩けると思います。都会の冬山のように氷が所々ある登山道の方がよっぽど怖いと思います。。。
雪地帯は比較的固まっているので、軽アイゼンを付けても、頻繁に外したり装着したりという手間も少ないです。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/06/28/Sun 21:46 [EDIT]
Re: 祝
朝日ライナーさん、コメントありがとうございます。

鳥海山、月山ともに青レンジャー好みの素晴らしいお山でした~。これからの東北遠征も楽しみです。

いつかは新潟県と山形県が高速道路で繋がれることを期待したいのですが、なかなか日本海側は利用する人数が少ないので難しいですかね。。。

もちろん、朝日連峰の最短距離で登れる古寺鉱泉登山口で通じる、県道27号線の入口を確認しましたよ~。むふふ~。
そして、最近開通した蔵王エコーラインのニュースも見て、あ、蔵王も比較的鳥海山や月山、朝日連峰と近いことを知り、セットで行けばよかったのかな・・・と、ちょろっと思ったのも事実。。。でも、限られたお休みでの山行なので、細切れになるのは仕方ないですよね。。。

山ガールの青レンジャー | URL | 2015/06/28/Sun 21:56 [EDIT]
青レンジャーさん、こんばんは♪

日本百名山71・72座連続登頂おめでとうございます♪
東北まで行かれたんですね~!(゜∇゜)
しかも夜通しの運転だけでも疲れそうなのに、山も登るなんて(笑)
若さでしょうか?う・羨ましい~(^^;)
東北の山はやっぱり、まだそんなに雪があるんですね。
そしてあちこちで、この辺では見ないような可愛いお花が~♪

週末のたびにお天気がハッキリしないですが、
早く梅雨明けして欲しいですね♪
次のお山も楽しみしてまーす(^^)
mokos619 | URL | 2015/06/28/Sun 22:06 [EDIT]
Re: タイトルなし
chikoやんさん、コメントありがとうございます。

東北の山、最強ですね~。chikoやんさんの会駒崇拝心も納得です~。

青レンジャーの東北の日本百名山登頂率はわずか3/14なので、これからの山々が楽しみです。岩木山とか早池峰山とか。
しかし、山形県鶴岡市で、「青森まで380㎞」の看板を見た時は、かなり愕然としたんですけどね。。。青森まで遠いよ。。。

ヒナザクラ、吾妻山で見られるんですね~。しかも吾妻山が南限!!!
何で東北にだけしか咲かないのか?北海道まで行くと寒すぎるし、中部だと暖かすぎる。。。かなり敏感なお花です。その貴重なお花を絨毯のように拝見できたのは貴重だ~!!!
月山、いいですよ~。ヒナザクラの咲いている姥ヶ岳周辺は、chikoやんさんのお好きな湿原地帯~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/06/28/Sun 22:07 [EDIT]
72座目の月山登頂おめでとうございます~~。

以前、ヤマレコで月山に咲くクロユリの群生の写真を見つけてから、
6月末から7月初旬にかけて行ってみようと思い続けて虎視眈々と時期を狙ってるんですが、
もうそろそろ行ってもいいのかも、、、
なんて青レンジャーさんのレポを見ながら考えてますけど、好天と休日がうまく重なればいいんですけどね。

またまた「なんじゃコレ~!」が出ましたね(^^)
いやぁ、ヒナザクラの群生見てみたいです!
百名山じゃないですけど秋田駒ケ岳もムーミン谷一面真っ白にチングルマとヒナザクラが咲いてました。
これも、ぜひ青レンジャーさんにも見てもらいたいです(^O^)
中ノ俣 | URL | 2015/06/29/Mon 22:58 [EDIT]
こんにちは青レンジャーさん

個人的には八甲田山はいいですね~映画見てから一回は行ってみたいと思ってますよ もちろん冬ではなくね
まあ行けないでしょうけど…

せっかくの東北なんだから次回はぶらぶら下道で走るのもいいんじゃないでしょうか片道だけでも 新潟県あたりまでは高速でいき、あとは下道でぶらぶら東北の町並みを見ながら登山口まで。北陸との違いなんかも探したりとか・・初めて通る道なんて魅力満載でしょう。
で、時間あったら、ぶらり途中下車で産地ものや少し観光地なんかも見て回ったりとか。

機会があれば住民の人たちと会話できたらさらに思い出に残る貴重な体験になりそうですね。
若干聞き取りづらそうな??^^; 東北弁なんかも魅力あります~

青森も一日15時間以上走れば着いちゃうんじゃないでしょうか。ひどく疲れますけどね~時間があればですけどね


「東北っていいとこですよね?」

「んだんだ」

とかでしょうかね(笑)
ダッチ | URL | 2015/06/30/Tue 16:53 [EDIT]
Re: タイトルなし
mokos619さん、コメントありがとうございます。

東北は遠かった。。。
青レンジャーの自宅からも遠いので、愛知県はもっと遠くて未知の地域ですかね?
あ、飛行機でひとっ跳びできますね。羨ましい。。。

夜な夜な運転は若さ・・・いやいや、ここまで来たら、どーにか日本百名山を制覇しないと~という強い思いです。。。
知らない土地のお山に行くのは楽しいですが、やっぱり疲れます。。。

東北のお山は青レンジャーの好みがお山が多そうで、これからも楽しみです~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/07/01/Wed 22:17 [EDIT]
Re: タイトルなし
中ノ俣さん、コメントありがとうございます。

クロユリは地味なお花なので見つけるのも大変ですが、なかなか咲いているお山は少ないですよね。
月山の頂上付近にはたくさん咲きそうなので・・・白山とどっちが多いかな~???
おおお、中ノ俣さん、そろそろ行かれます???お写真楽しみにしています~。

鳥海山も月山もビックリするくらいのお花が咲く山域でした~。
ヒナザクラ、中ノ俣さんの早池峰山で初めて知って、まさかこんなに早く実際に見られるなんて思ってもいませんでした~。
小さいけどきゃわええ~お花。いつかハクサンコザクラとヒナザクラのコラボが見たいですが、そんな山域ありますかね???

秋田駒ヶ岳、青レンジャーも日本百名山抜きで気になっているお山です。いつか行きますね~。

「何じゃコレ」・・・松田優作様の名言だそうですが、よくわからなかったので、思わずウキりました。
へ~、そうなんだ。。。そして松田優作様自身も調べてみました。若くして亡くなられたんですね。。。残念です。。。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/07/01/Wed 22:28 [EDIT]
Re: タイトルなし
ダッチさん、コメントありがとうございます。

八甲田山・・・また渋い映画を見られたんですね~。
青レンジャー、良くわからなかったのでウキりました。
へえ~、新田次郎原作の映画なんですね。雪山での極限状態の人間ドラマ。そしてすんごい豪華俳優陣~!!!ギャラが気になる~!!!

夏の八甲田山は魅力的ですよね~。そして酸ヶ湯温泉~!!!ああ、楽しみ~。

北陸地方から青森県は遠いですよね~。
しかし、へっぽこ登山隊の1人、緑レンジャーさんが、なぜか青森県の大学に行かれていたそうで、よく岩木山の話しを聞きました。そしてショーゲキなのは、バイト先がないので、夏休みに東京まで出てバイトしたとか。。。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/07/01/Wed 22:39 [EDIT]
こんばんは♪
百名山72座目GETおめでとうございます♪

この山も鳥海山に負けず劣らずいいお山ですね。東北にはあまり標高の高い山はありませんが、2,000mくらいでも高山の気配濃厚ですよね。しかも、この雪の多さ!やはり緯度の違いは大きいというのがよくわかります。本当に、青レンジャーさんの写真を見ているだけで鳥海山や月山に登りに行きたくなります。

でも、私のほうは今年の夏は遠出は無理そうです。仕事の方が落ち着くまで、時間が開いたら高尾山か奥多摩・・・という日が続きそうです。でも、さいしょからほぼ高尾山や奥多摩しか歩いていないような気もしますが(笑)。
徒骨亭 | URL | 2015/07/02/Thu 01:03 [EDIT]
教えてください
青レンジャーさま
月山の雪ですが、雪上を歩いているようでしたが、アイゼンは会った方が良いでしょうか。7月中旬すぎに行く予定をしています。
しゅう | URL | 2015/07/03/Fri 23:37 [EDIT]
Re: タイトルなし
徒骨亭さん、コメントありがとうございます。

月山も鳥海山同様、終始見晴らしが良くて、お花が狂喜乱舞のお山です~。
東北の山、恐るべしです。

東北の山は、標高2000m前後が多いですが、本州よりも+500m程度環境条件が厳しいので、本州の標高2500~3000mレベルの景色が見られるといったところでしょうか?で、北海道ともなると、+1000m。
標高が低くても高山的景色が見られるので、本州よりも高山病になる確率が低くて助かります。

徒骨亭さんの夏の遠征は難しいんですか。。。
高尾山や奥多摩、奥利根、山梨県なども圏内ですかね。
しかし、お休みがあっても肝心のお天気がまずいとどこも行けなくなります。。。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/07/04/Sat 21:40 [EDIT]
Re: 教えてください
しゅうさん、コメントありがとうございます。
初めまして・・・ですよね?

しゅうさんは近々月山に行かれるんですか?楽しみですね~。

青レンジャーのアイゼン事情について、ははは・・・あんまり参考にならないかもしれませんが、冬山以外でアイゼンを使ったことがありません。。。なので、月山でも鳥海山でもアイゼンなしのノーマルで登って下りてきました。一応、12本爪と軽アイゼンを持っていますが、12本アイゼンはともかく、軽アイゼンをまともに使ったことがない。。。7月中旬ならさらに月山の雪解けは進んでいると思われるので、もし心配でしたら、軽アイゼンをお守りに持っていくと安心できると思います。土地勘のないお山に行く場合・・・鳥海山でも月山でもそうでしたが、青レンジャーは軽アイゼンをザックに入れてウエイトトレーニングをしてきました。


山ガールの青レンジャー | URL | 2015/07/04/Sat 21:55 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ