2015年遠征登山旅行第5弾 1日目
2015年7月19~20日の1泊2日で、未登頂の日本百名山を制覇しに行ってきました。
2015年の遠征登山旅行は第5弾となるんですね~。
今回は母上殿と一緒です。

さて、今回の山域は???
母上殿にも無理なく登れるような、青レンジャーがまだ登っていない日本百名山はどこだろうか?

遠征登山旅行前日の天気予報では、7月19日は曇り予報、7月20日は晴れ予報です。夏山本番直前、ここは高いお山に行っておかないと~!!!
青レンジャーがまだ登っていない山々が多数存在するアルプス系のお山。目指すは、そう、南アルプス
南アルプスの中でも入門的な山として有名な仙丈ヶ岳&甲斐駒ヶ岳は、北沢峠を起点に1泊2日で行くのが王道コースです。北沢峠までは、長野県伊那市の仙流荘前からマイカー規制がかかり、バスに乗り換えていきます。
今回はこちらにけって・・・いやいや。まずは北沢峠周辺にある3軒の山小屋に予約できるかどうか。。。海の日の3連休は、おそらく予約で一杯の可能性が非常に高い。。。予約必須の南アルプスの山小屋事情。まずは3軒の山小屋に電話を入れてみます。が、電話が非常に繋がりにくい。。。どうにか電話は繋がりましたが、案の条3軒とも予約で一杯。それならと、仙丈ヶ岳にある馬の背ヒュッテ等にも聞いてみましたが、やはり満杯。。。ど、どうしよう~

南アルプスはムリそうなので、違う山域を考えないと~。北アルプスの鹿島槍ヶ岳はどうだろうか?冷池山荘も予約で一杯。。。ううう・・・山小屋は無理そう。それなら、日光方面や磐梯山方面になるのかな。。。あ~あ、せっかくの日本アルプスが~!!!

母上殿は初めての南アルプスデビューとなり、甲斐駒ヶ岳にぜひ行ってみたかったとのこと。
2人で残念がっていましたが、母上殿がぽろっと、

「仙流荘周辺のビジネスホテルに泊まって、1日目も2日目もバスで北沢峠に行くって手はないのか?」

・・・・・
・・・


あっ!そうか。
早朝から山登りできないけど、夏山最盛期のこの時期、北沢峠のバスの時刻表的には、仙丈ヶ岳も甲斐駒ヶ岳も日帰りできないこともない標準コースタイムです。
ネットで調べると、伊那市内にある良さ気なビジネスホテルがそこそこヒットします。
それなら、北沢峠周辺では泊まることができませんが、1、2日目共に仙流荘からバスに乗り換えてそれぞれの山域を日帰りしてみましょう~。

2015年7月19日①_1

5時少し前の仙流荘周辺の駐車場です。
!!!
凄い車の数です。やっぱり。。。
山小屋も予約できない程の人が来る予定ですからね。

7月19日の北沢峠行きのバスの始発は6時ですが、すでにバス停前には100人規模の行列ができています~!!!
青レンジャー、時間通りに行ってもバスには乗れないんじゃないかと薄々思っていましたよ。。。しかし1時間以上も前に来ないと、始発のバスに乗れないなんて、北沢峠の混雑ぶりは、青レンジャーの予想をはるかに上回っていました。唯一救いだったのが、あまりの混雑ぶりに、始発のバスが5時から運行してくれたことでしょうか。仙流荘からのバスは、合計10台あるそうですが、全て出発し、1時間30分程で戻ってきた第2弾便の内、2台目のバスにようやく乗ることができ、7時40分、無事北沢峠に到着です。

2015年7月19日②_1

車窓からは、南アルプスの山々がチラホラ見えたようですが、青レンジャー達は1時間爆睡しました。
北沢峠には、大変キレイな水洗トイレ(山の中のトイレの中でも群を抜いてキレイ~)が整備されていました。

2015年7月19日③_1

北沢峠でぜひ泊まりたかった山小屋、「こもれび山荘」さん。あああ・・・泊まりたかった。。。
大変キレイな山小屋で、お食事も手造りにこだわっているとか。

2015年7月19日④_1

それと、北沢峠周辺には、クリンソウの群生がありました~
初めて見た~。基本花弁は赤色ですが、中には薄いピンクや白色もありました。

クリンソウも十分堪能したら、登山開始です。
1日目はどちらの山から登ろうか?
標準コースタイム的には仙丈ヶ岳も甲斐駒ヶ岳も同じような感じです。往復距離は、仙丈ヶ岳が9㎞、甲斐駒ヶ岳が8㎞程度だそうです。母上殿はどっちから先に登ってもいいそうですが、青レンジャー的には高山植物が豊富だという仙丈ヶ岳が気になる。なので、まずは仙丈ヶ岳から攻めたいと思います。

仙丈ヶ岳(標高3032.6m)は「南アルプスの女王」と呼ばれ、南アルプスの入門コースとして有名な日本百名山の1つです。カール地形を持っているので、どんな高山植物に出会えるのか楽しみです。
また、大変人気の山域なので、登山道が整備され、北沢峠を起点に周遊コースを歩けるのも魅力の1つです。北沢峠の公衆トイレ横から続く登山道もありますが、登りが大変苦手な青レンジャー達は、少しでも楽に登れるように、林道を少し引き返し、最短コースの大平山荘の横から登りたいと思います。

林道を引き返していると、回送中のバスの運転手さんが声を掛けてくれました。

「藪沢小屋方面に行くんか?」

???藪沢小屋???
「仙丈藪沢小屋」のことでした。

「藪沢大滝コースを歩く予定です。」

「そんなんなら大平山荘まで乗せてってあげるよ。」


ありがたや~。
歌宿あたりからバスはフリー区間で、希望の場所に降ろしてくれるそうですが、あまり混んでいるとそれは難しいそうです。

2015年7月19日⑤_1

しばらくして、大平山荘に到着しました。少し時間短縮できましたね~。
大平山荘周辺には、クルマユリやヤマオダマキの群生があり、母上殿と興奮しました~。
北沢峠のクリンソウといい、南アルプスは北アルプスとはやはり植生が違いますね~。

2015年7月19日⑥_1

苔むした登山道をひたすら登ります。
北沢峠はすでに標高2030mです。大平山荘でも標高1960mもあるので、涼しいです。

2015年7月19日⑦_1

登山道からは時々、高そうな山並みが見えます。ギザギザの山は鋸山です。お写真向かって右手の山は、甲斐駒ヶ岳の手前にある双児山ですね。

2015年7月19日⑧_1

ひたすら登ると藪沢に出ました。この辺りには雪渓がそこそこ残っています。そして小さな滝も幾つか見られます。

2015年7月19日⑨_1

やはり登りはこちらのコースに来て正解でしたね。涼しく登れるって大切です。

2015年7月19日⑩_1

雪渓を越えると、登山道の脇から、北アルプスではなかなか見られないお花が~
タカネグンナイフウロです。ず~っと群生していました。

2015年7月19日⑪_1

藪沢を詰めると、双児山の後ろから白い甲斐駒ヶ岳が見えてきました~。
明日登れるかな~。その前に、今日は仙丈ヶ岳を制覇しないと~。

2015年7月19日⑫_1

立派な滝です。

2015年7月19日⑬_1

ヨツバシオガマと登山道。

2015年7月19日⑭_1

分岐に出ました。
お写真向かって沢を渡り左手に進むと大滝ノ頭に、右手に進むと馬の背ヒュッテに行きます。もちろん、青レンジャー達は右手に進みます。

2015年7月19日⑮_1

ここからは、色々な高山植物が咲いています~。
まずはウサギギク。

2015年7月19日⑯_1

ハクサンシャクナゲ~。

2015年7月19日⑰_1

イワギキョウとミヤマコゴメグサ~。

2015年7月19日⑱_1

北アルプスではほとんど見かけないマルバダケブキ~。太平洋側の山々にはよく群生している感じがします。
他にハクサンフウロも見ました。

2015年7月19日⑲_1

高山植物を追いかけていると、馬の背ヒュッテに到着です。ふう、ヤレヤレ。

2015年7月19日⑳_1

馬の背ヒュッテ周辺には、シナノキンバイ等黄色のお花が目白押しです~。

2015年7月19日㉑_1

シカ避けネットが出てきました。高山植物の被害が深刻なようです。

2015年7月19日㉒_1

稜線に出たようですが・・・周りはガスガス。。。あああ・・・晴れていれば、どんな素晴らしい景色なんでしょうか?
しばらくすると、雨も降ってきました。止む気配は全くないので、カッパの上とザックカバーを装着します。

2015年7月19日㉓_1

仙丈小屋に着きました。
雨は強くなる一方。。。ここでとうとう、カッパの下まで着ました。

仙丈小屋で時刻は11時50分過ぎ。北沢峠の最終バスの時刻は16時のため、仙丈ヶ岳頂上からは、遅くとも13時前には出発したいところです。天気も悪い中、あと1時間以内で登頂できるでしょうか?

ここからキバナシャクナゲ等のお花畑なんですが、お写真は一切撮らず、ただひたすら登ります。。。
願わくば、早く頂上に着いて~!!!

2015年7月19日㉔_1

やっと着きました、仙丈ヶ岳頂上~。
日本百名山73座目です~。
そこそこの暴風雨ですが、そこそこの人がいます。お写真をちゃっちゃと撮影して、帰ろ帰ろ。。。

2015年7月19日㉕_1

無事登頂できたので、雨の中、お写真を撮影する余裕が出てきました。
仙丈ヶ岳の頂上付近には、オヤマノエンドウが咲いています。

2015年7月19日㉖_1

キバナシャクナゲの群生。

2015年7月19日㉗_1

バスの時間が心配なので、ひたすら下山です。
登りではかなり限界ギリギリの母上殿ですが、下山に入ると途端に元気になります。なぜでしょう?

分岐にきました。北沢峠へ直に下りたいので、下山路は大滝ノ頭経由で行きたいと思います。
このあたりまで来ると、雨が上がっていたので、カッパを脱ぎます。そして川で少し洗濯。。。

2015年7月19日㉘_1

仙丈藪沢小屋です。

2015年7月19日㉙_1

大滝ノ頭で5合目です。ふう。

2015年7月19日㉚_1

無事、北沢峠に戻ってきました。時刻は15時30分。いい具合にバスの臨時便に乗り込むことができました。



7:40 北沢峠
7:50 大平山荘
10:25 分岐
10:40 馬の背ヒュッテ
11:55 仙丈小屋
12:30 仙丈ヶ岳頂上
13:35 分岐
13:55 仙丈藪沢小屋
14:20 大滝ノ頭
15:30 北沢峠
(休憩時間30分を含む)

計 7時間50分の山旅でした。



<総論>
仙丈ヶ岳頂上からは晴れていればどんな景色が見えたのでしょうか?



無事、北沢峠からバスで仙流荘に戻り、伊那市内のビジネスホテルに泊まります。
ビジネスホテルにも青レンジャー達の様に、山登りの方を何人か見かけました。みなさん同じようなことを思いつかれたようです。
明日は晴れのち曇り予報で、今日よりもお天気はいいハズ。しかし、母上殿の体力が心配です。明日の早朝に起床してみて、疲れが残っているようでしたら、青レンジャー1人で甲斐駒ヶ岳に登りたいと思います。

何はともあれ、お疲れ様でした。お休みなさい



2日目に続く・・・
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

日本百名山73座目登頂おめでとうございます\(^ ^)/
それと、遠征登山旅行第5弾という数字にも驚きました。

仙丈ケ岳を長野県側からっていうの、あんまりピンときませんでしたが
芦安温泉側からでも駐車場事情や交通事情は変わらないみたいですね。
海の日3連休という事もあって人も車もすごい!!。

馬の背ヒュッテまでは青空も見えてたようですけど
その上は雨具を着けての登山だった様子でちょっと残念でしたね。
2日目の天気に期待して、次のレポも楽しみにしてます(^O^)
中ノ俣 | URL | 2015/07/23/Thu 18:55 [EDIT]
Re: タイトルなし
中ノ俣さん、コメントありがとうございます。

そうなんです、もう今年は第5弾まで行きました~。まだまだ増える予定です。

仙丈ケ岳を長野県側から攻めるのがピンと来ない・・・そうですか?
北沢峠には断然、長野県側からの方がバスの乗り換えがないのでアクセスいいですよ~。逆に広河原へは夜叉神峠からの方がアクセスいいですよね。。。北岳に登る際には、やはり夜叉神峠の方からバスに乗った方がいいですよね。

青レンジャーの感覚ですと、中ノ俣さんが以前登られた空木岳に行く場合は、伊那ICか駒ヶ根ICを西に、北沢峠に行く場合は東に行くと着く・・・という感じです。

仙丈ヶ岳の頂上の天気は、若干悪くなるかも・・・とは思っていたんですが、やはり悪化しました。。。
そのかわり、タカネグンナイフウロやオヤマノエンドウなど、珍しいお花も見られたので良かったです。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/07/23/Thu 21:45 [EDIT]
日本百名山 73座目登頂。おめでとうございます~♪
きっとこの連休中、どこかへ行かれたんだろうな~。と思っていましたが
南アルプスの女王様と貴公子を訪ねる遠征だったんですね。(^^)
豊かな水のおかげの豊かな森の緑~。
そして、カネグンナイフウロのブルーは、ホントにきれいです~。
カールを見下ろしながらの稜線散歩は、乳白色の世界だったんですね。
でも、そこに至るまでの滝や、お花を見ながら歩ける登山道。
なんともステキです♪
chikoやん | URL | 2015/07/25/Sat 01:39 [EDIT]
Re: タイトルなし
chikoやんさん、コメントありがとうございます。

ええ~ええ~。頑張って遠征登山旅行に出かけていました。
北アルプスとはまた違った植生の南アルプス、大いに勉強になりました。
ただ少し辛いのが、森林限界が標高2600mくらいなので、登っても登ってもご褒美がもらえない感じです。。。
ご褒美はすぐにでも欲しい青レンジャーでした。

南アルプスの天然水、かなり冷たくて美味しかったです~。北アルプスはキリっとした感じなのに対し、南アルプスの水はまろやかな気がする。

タカネグンナイフウロ、珍しいですよね。今の時期の青色は貴重です。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/07/25/Sat 11:43 [EDIT]
いつもブログを参考にさせていただいております。
ありがとうございます。
北沢峠から仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳の2座を1日で登頂したかったの
ですが、無理でした。
福井鉄 | URL | 2015/09/27/Sun 11:51 [EDIT]
Re: タイトルなし
福井鉄さん、コメントありがとうございます。
そして、はじめまして。

福井鉄さんはもちろん、福井県の方で、福井鉄道の方かてっちゃんですよね?

・・・福井県の方って、本当に山ヤさんやアスリートが多いです。
仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳を1日で制覇する???
青レンジャーはそれをされている方がいることさえも知りませんでした~。いや~、勉強になりました。これからもがんばって下さい。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/09/28/Mon 23:18 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ