2015年遠征登山旅行第5弾 2日目
2015年7月19~20日の1泊2日で、母上殿と未登頂の日本百名山を制覇しに行ってきました。

7月20日、2日目です。

朝3時起床後、母上殿に体調を聞くと、大丈夫だとのこと。
ならば、再び仙流荘にGO!!!

2015年7月20日①_1

伊那市内から仙流荘まで車で1時間くらいかな~と思っていたんですが、40分程で到着しました。
ただ今時刻は4時10分。しかし相変わらず仙流荘前の駐車場はたくさんの車が停まっています。バスもまだまだ動かないようですが、1番目のバスに乗れるように、さっさとバス停前で並びます。並んでいると、昨日よりも少ないですが、最後はやはり100人規模の行列になっていました。
5時30分、ようやく北沢峠に向かう始発バスが運行です。

2015年7月20日②_1

再び北沢峠です。6時30分頃到着です。
今日は甲斐駒ヶ岳(標高2967m)を目指します。トイレを済ませ、こもれび山荘脇から伸びる登山道に進みます。
今日は帰宅しないといけないので、できる限り最短コースで登って下りてきたいと思います。なので、双児山経由のピストンかな。

2015年7月20日③_1

こちらの登山道も、苔むした樹林帯の中をモクモクと進みます。昨日までの雨のおかげで、登山道は濡れています。

2015年7月20日④_1

登っていると、伊那市内の町並みが見えてきました。おおお~
昨日よりも天気がよさそうです。

2015年7月20日⑤_1

昨日は全然見えなかった、仙丈ヶ岳の山容が見えてきました。
こんなお山だったんですね~。

2015年7月20日⑥_1

甲斐駒ヶ岳もやや急登が続きます。さすが南アルプス、そう簡単には登らせてくれません。

2015年7月20日⑦_1

視界が開けてきました~。目の前には甲斐駒ヶ岳の白い頂上が見えます~。

2015年7月20日⑧_1

東の方を見ると、あれは鳳凰三山の地蔵岳のオベリスクではないでしょうか~。目立ちますね~。手前のピークはアサヨ峰とかですね。

2015年7月20日⑨_1

さらに南の方を見ると北岳と間ノ岳が見えます。両山ともに山頂はガスに覆われています。

2015年7月20日⑩_1

そして昨日登った仙丈ヶ岳。周囲は有名なお山ばかりです。

2015年7月20日⑪_1

もう一度、伊那市の町並み。

2015年7月20日⑫_1

双児山に着きました。ここで4合目だそうです。

2015年7月20日⑬_1

ここからは一旦がば~っと下り、目の前の駒津峰まで登ります。まだまだ甲斐駒ヶ岳頂上は遠いですね。

2015年7月20日⑭_1

甲斐駒ヶ岳は仙丈ヶ岳と比べて高山植物が少ないですが、登山道からの見晴らしがよくて、天気がいい日は素晴らしい景色を見ることができます。

2015年7月20日⑮_1

駒津峰に来ました。ここは広場になっているので、休憩に最適です。
そこそこ甲斐駒ヶ岳山頂に近づいてきました。

2015年7月20日⑯_1

甲斐駒ヶ岳までは・・・もう少しアップダウンを繰り返さないといけないようです。それにさらに急登ですね。。。ふう、ヤレヤレ。

2015年7月20日⑰_1

駒津峰で休憩していると、オジサンが、

「ライチョウいるよ。」

と教えてくれました。
わわわ~、確かに~。お母さん1匹とお子さん4匹の親子です。思いの外、お子さんの撮影がうまくいきました。

2015年7月20日⑱_1

さて、先に進みます。甲斐駒ヶ岳は意外と険しいんですね~。

2015年7月20日⑲_1

大きい石がごろごろ。

2015年7月20日⑳_1

分岐です。直登ルートは急登なので、少しでも安心安全安楽に巻き道ルートを歩きます。

2015年7月20日㉑_1

登山道は白い砂地になってきました。

2015年7月20日㉒_1

白い砂地にはたくさんのタカツメグサが咲いていました。下部の登山道にはイワツメグサも咲いていましたが、こちらには1つも咲いていません。キレイに住み分けているようです。

2015年7月20日㉓_1

頂上が見えているのになかなか着かないパターン。まだか~。

2015年7月20日㉔_1

山頂に着きました~。

2015年7月20日㉕_1

日本百名山74座目です~。
いや~、母上殿にはなかなか厳しい山行でしたが、無事登頂です~。青レンジャーの山行に付き合うと、嫌でも日本百名山の登頂率が上がります。

2015年7月20日㉖_1

頂上からの展望は、午後近くになり、ガスが掛かり始めましたが、仙丈ヶ岳はまだ辛うじて山頂が見えます。

2015年7月20日㉗_1

北岳と間ノ岳の山頂はうっすら見えます。

2015年7月20日㉘_1

北岳と間ノ岳のさらに奥には塩見岳も見えました。
去年登った、悪沢岳や赤石岳は・・・ちょっとわかりませんでした。

2015年7月20日㉙_1

少し休憩します。
甲斐駒ヶ岳山頂はかなり広く、たくさんの人で賑わっていました。

2015年7月20日㉚_1

さて、下山します。
今日も最終バスは16時予定ですが、昨日よりも多くの方が帰宅するので、混雑することが予想されます。大丈夫でしょうか?

2015年7月20日㉛_1

甲斐駒ヶ岳の上部は、猫砂の様です。

2015年7月20日㉜_1

下山はあっという間です。もう砂地の登山道は終了です。目の前には六方石が見えます。

2015年7月20日㉝_1

険しい岩の登り返しが心配でしたが、特に問題なく通過し、駒津峰まで戻ってきました。
ここからも登山道はアップダウンするので、下山は少し遠回りですが、仙水峠経由で下山することにしました。

2015年7月20日㉞_1

急登が続く仙水峠の登山道。下山時の利用がいいですね。

2015年7月20日㉟_1

本当、急登が続くので、登るのは大変そうです。

2015年7月20日㊱_1

仙水峠です。栗沢山との鞍部です。栗沢山からは、アサヨ峰~しいては鳳凰三山に続きます。

2015年7月20日㊲_1

仙水峠からは、溶岩がゴロゴロしている景色を歩きます。山と高原地図によるとハイマツ+露岩らしい。

2015年7月20日㊳_1

溶岩地点も終わると、登山道は大変緩やかになってきました。

2015年7月20日㊴_1

仙水小屋です。かなり下部に建ってるんですね。ということは、甲斐駒ヶ岳の北沢峠方面の稜線近くには山小屋がないんですね。

2015年7月20日㊵_1

ほぼ平坦な登山道は川沿いを進みます。この川・・・北沢は大変澄んでいました。

2015年7月20日㊶_1

長衛小屋に到着です。ここは、北沢峠唯一のテント場があります。昨日は大変賑わっていたことでしょう。
ここからは、北沢峠まで車の通る林道(若干登り)を歩いていきます。

2015年7月20日㊷_1

北沢峠から少し歩いた先にある、広河原行きのバス乗り場です。
長野県側の仙流荘から北沢峠までバスで約1時間、そこからバスを乗り換えて広河原まで25分。芦安駐車場から広河原まで50分なのを考えると、広河原に行くには青レンジャー的にはどっちがいいでしょうか?

2015年7月20日㊸_1

無事、北沢峠に戻ってきました。15時35分・・・昨日よりも時間がかかりました。。。



6:40 北沢峠
8:55 双児山
9:50 駒津峰
11:35 甲斐駒ヶ岳頂上
13:05 駒津峰
14:10 仙水峠
14:45 仙水小屋
15:15 長衛小屋
15:35 北沢峠
(休憩時間45分を含む)

計 8時間40分の山旅でした。



<総論>
甲斐駒ヶ岳は思いの外険しい山でした。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

「駒が岳」と言う文字列には、どうしても反応してしまう(^^;
しょうもない私です。(笑)
白い岩とハイマツの緑がまだら模様になっている稜線の登山道。
なんともステキです。
そして、ライチョウの赤ちゃん。かわいい~。(*^^*)
別の山頂から自分が登った山を眺めるのって、やっぱりうれしいですよね。(^^)
遠くの駒が岳も、やっぱり素敵なところだ~♪

それにしても青レンジャーさんのお母様。やっぱりすごいです♪
ん~、お歳の頃は、私と絶対近いはず。
目指せ、青レンジャーさんのお母様。。。で行きますっ☆
chikoやん | URL | 2015/07/26/Sun 23:30 [EDIT]
こんばんは♪
日本百名山73座目74座目登頂おめでとうございます♪
両方とも素敵なお山ですねー。
お母様もすごいです!
ハードなスケジュールでも、全然大丈夫でしたね。
仙丈ヶ岳と甲斐駒ケ岳、伊那からのアクセスなら名古屋からも行けるかな〜って、調べた事あったんですけど、青レンジャーさんの足で、7時間50分と8時間40分!( ̄▽ ̄)
てことは、私だと10時間超えてしまうわ(ーー;)
帰りのバスに乗れないわね(^_^;)




mokos619 | URL | 2015/07/28/Tue 22:44 [EDIT]
お久しぶりです。
青レンジャーさん、お久しぶりです。

仙丈ヶ岳、甲斐駒ケ岳は僕も3年くらい前に登りましたが、甲斐駒ケ岳はほんと男前でいいお山だったのを記憶してます。

甲斐駒ケ岳は青レンジャーさんとまったく逆ルートで登りました。
なかなかの急登だったのを覚えてます。

先週末に僕は剣岳に登ってきました。
そしていよいよ来月末には笠新道にチャレンジです。

夏山本番で先週の剣岳からブログも再開しようかと・・・


そう言えば、先週の剣岳の際に、前日立山縦走したんですが、大汝のところで百名山達成!の幕を広げて記念撮影されてた方がいましたよ。
青レンジャーさんも幕広げて記念撮影とか考えてますか?(笑)

それでは、体調、事故に気を付けて百名山制覇目指してがんばってください。
ミナP | URL | 2015/07/29/Wed 09:53 [EDIT]
おはようございます♪

百名山73座目&74座目GET、おめでとうございます!しかも南アルプスで一気に2座。ちょっとハードな山行でしたけど、無事クリアできて何よりでした。

でも今回の山行、基本日帰りばかりの私にとっては非常に参考になります。関東からだと広河原から北沢峠へのバス移動を考えてしまいますが、最初から伊那側に回りこんでしまったほうが明らかに速そうですよね。関東から近い芦安駐車場の混雑も半端じゃないようですし。ちょっと忙しい日が続いているのでまだどうなるかわかりませんが、今年こそは南アルプスに足を踏み入れてみたい、と思っているので大変貴重なレポートでした。

しかし、南アルプスでは数が少ない上にこれだけの人が歩いている中で、よくライチョウさんと会えましたね~。植物運と動物運、かなり高いほうじゃないですか?珍しい花のちょうど見頃の時期にもよくかち合っているような気がします。
徒骨亭 | URL | 2015/07/30/Thu 08:02 [EDIT]
Re: タイトルなし
chikoやんさん、コメントありがとうございます。

chikoやんさんのお好きな駒ヶ岳シリーズ♪
日本百名山には会津、木曽、越後、甲斐。どれもいいお山ですね。

甲斐駒ヶ岳は仙丈ヶ岳ほどお花はなかったですが、白い登山道が珍しいです。

ライチョウさん、何度見てもやっぱりきゃわええ~です。むっちりしたおなかを触りたい。。。

青レンジャーの母上殿より、週2登山のchikoやんさんの方が絶対に体力あります!!!青レンジャーこそ、chikoやんさんのガッツを見習います!!!
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/07/31/Fri 19:19 [EDIT]
Re: タイトルなし
mokos619さん、コメントありがとうございます。

仙丈ヶ岳も甲斐駒ヶ岳もさすが日本アルプスの山、見ごたえ、登りごたえがありました。
仙丈ヶ岳は南アルプス入門の山としても有名なので、青レンジャーの母上殿より若いmokos619さんは絶対に大丈夫です!!!
あのコースタイムは母上殿込みのものです。ポイントは、仙流荘→北沢峠のバスの始発が6時となっていますが、たくさんの人だと(特に土日)5時からバスを出してくれるようです。なので、5時前には仙流荘バス乗り場に行くと1番最初のバスに乗れるので、日帰りも可能になると思います。

伊那市だと名古屋からは比較的近いですよね。伊那ICや駒ヶ根ICを下りて西に行くと木曽駒ヶ岳、東に行くと仙流荘です。ぜひぜひ旦那様とご一緒に~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/07/31/Fri 19:30 [EDIT]
日本百名山74座目!!!
登頂おめでとうございます!!!!!

北岳、間ノ岳にちょっぴりガスがかかっていたものの
概ね天気がよくってよかったですね~~
やっぱり白い花崗岩の砂礫には青空がとってもよく似合います!
それと鳥海山に比べれば距離もだいぶ近いでしょうし
流れから行くと、次なる山は南アルプス南部の残りの山ってことでしょうか(^^)

赤岳の真教寺尾根と甲斐駒ケ岳の黒戸尾根をいつかチャレンジしてみようと思ってからもう随分経ってます^^;
優先順位が低いのでたぶんもう無いかな?
中ノ俣 | URL | 2015/07/31/Fri 19:35 [EDIT]
Re: お久しぶりです。
ミナPさん、コメントありがとうございます。

お久しぶりです。お仕事や自転車の方でお忙しかったんでしょうか???

ミナPさんはすでに仙丈ヶ岳も甲斐駒ヶ岳も登られたんですね~。その時、北沢峠の山小屋に泊まれました???こもれび山荘・・・ではなく長衛荘に。あの山小屋には1度泊まってみたかった。。。

甲斐駒は仙水峠から登られたんですか~。あわわわ~。仙水小屋までは緩やかな登山道なのに、仙水峠からは急登のみなので、登りの弱い青レンジャー達は問答無用で双児山経由にしました。

おおお~、ついに剱岳に行かれたんですね~。立山から・・・となると別山尾根ですね。凄いですね~。
そして笠新道。。。が、がんばって下さい。。。

百名山達成横断幕・・・全然考えていませんでした。。。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/07/31/Fri 19:39 [EDIT]
Re: タイトルなし
徒骨亭さん、コメントありがとうございます。

青レンジャーもできる限り日帰りしたいタイプなので、北沢峠から行く仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳はいいですよ~。ただ、都会から行くとなると、伊那市方面は行きにくいですよね。。。しかし、芦安も千葉県からは遠いので、もう少し足を延ばして伊那市に行った方が北沢峠はいいかもしれませんね。逆に青レンジャーは、広河原へ行くには芦安まで行くか、北沢峠経由で行くか悩んでいます。。。

青レンジャーの植物運、動物運がいい・・・うわ~!!!嬉しい褒め言葉です~!!!
ライチョウさんを一番見たのは、双六岳経由で槍ヶ岳に登った時、終始ガスガスのお天気だったんですが、ライチョウさんを死ぬほど見ました~。何度見てもライチョウさんはきゃわええ~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/07/31/Fri 19:49 [EDIT]
Re: タイトルなし
中ノ俣さん、コメントありがとうございます。

今年の夏はお忙しいようですね。去年の中ノ俣さんの北海道遠征紀行が思い出されます~。

そうなんです!!!鳥海山(約600㎞)より仙流荘(約300㎞)の方が断然近くて、たとえ8時間超の山行後でも帰りの運転ができました。

甲斐駒ヶ岳は雨の日に登らなくて本当によかったな~と思いました。あのお山は見晴らしが良くてナンボのお山ですね。そして岩が濡れていようものなら。。。本当に両山ともに登れて良かったです。
黒戸尾根、青レンジャーも興味あります~。本当に興味だけですけど。美味しい湧水が飲めるかな~。

南アルプス南部のお山達・・・というか南アルプス自体、どうしよ~どうしよ~。困った困った。。。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/07/31/Fri 20:02 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ