2015年遠征登山旅行第6弾 3日目
2015年7月26~31日の5泊6日で、青レンジャー1人で東北地方の日本百名山遠征登山旅行に行ってきました。

7月28日3日目になります。
今日は早池峰山(標高1917m)に登る予定です。

昨日、蔵王山から盛岡市内まで、思いの外遠かったんですが、16時頃には盛岡市内のホテルに入り、洗濯をして19時過ぎには就寝してしまいました。盛岡市は、青レンジャーが思い描く街のイメージそのままでした。そして至る所で宮沢賢治押しです

遠征旅行前日の7月25日の時点では、7月28日の東北地方の天気は曇り予報でしたが、天気予報は少し変わり、岩手県内は曇りのち雨予報で、降水確率は50%となってしまいました。。。あああ。。。
しかし、早池峰山はどちらかというと岩手県南部の太平洋側寄りなので、宮城県あたりは曇り予報で比較的お天気が持ちそうな予感がしたので、予定通り早池峰山を目指したいと思います。いや、たとえ雨が降っても、ここまで来たら登り漏らす訳には参りません~。幸い、盛岡市内は雲が多いですが雨は降っていません。
何はともあれ、早立ち早じまいが基本の山登り。早朝3時前に盛岡市内を出発します。

2015年7月28日早池峰山①_1

早池峰山の主要登山口である河原坊に到着です。
お天気はイマイチぱっとしませんが、そこそこの登山者がいらっしゃいました。

しかし、盛岡市内から早池峰山の登山口まで、よくわかりませんが、青レンジャーのナビでは、すれ違いも難しい峠攻めをさせられました。。。夜も明けぬガスった落ち葉や折れ枝の多い道路。。。あれは県道43号線だったのかな?

まあ、無事河原坊に到着したので、準備して登山開始です。
早池峰山には河原坊から登り、帰りは小田越経由で最後道路を歩いて帰ろうと思いますが、天気が悪ければ河原坊をピストンしたいと思います。

2015年7月28日早池峰山②_1

出だしから登山道脇にお花が咲いています。センジュガンピです。よく、我が故郷の山、白山の中飯場のちょい上に咲いていますね。その他、ソバナも咲いていました。

2015年7月28日早池峰山③_1

コメガモリ沢沿いを進みます。沢沿いの登山道は緩やかで涼しくて快適です。少しジメジメしていますが。

2015年7月28日早池峰山④_1

沢沿いを少しずつ離れていくと、早池峰山のおそらく頂上付近が見えるようになりました。

2015年7月28日早池峰山⑤_1

No.18です。早池峰山の頂上までは、このプレートが100まであります。しかし18→20→22→24・・・と2個ずつ増えて行くんですけどね。

2015年7月28日早池峰山⑥_1

頭垢離(こうべごうり)に到着です。ここに来ると、一気に視界が開けました。ガスっていますが、テンション上がります~

2015年7月28日早池峰山⑦_1

後ろを振り返ると薬師岳です。標高1645mあるそうです。

2015年7月28日早池峰山⑧_1

頭垢離まで来ると、高山植物が一気に増えます。
イブキジャコウソウ。もちろん、這いつくばって匂いを確認しました~。
その他、ミネウスユキソウやタカネナデシコなどもありましたが、どうも光が足らず、ピンボケ写真ばかり。。。ううう。。。

2015年7月28日早池峰山⑨_1

登山道脇には高山植物が咲いています。チングルマは綿毛すらもなかったんですが。。。

2015年7月28日早池峰山⑩_1

チシマフウロです。蕾は毛に覆われています。

2015年7月28日早池峰山⑪_1

ソバナかな・・・と思っていたら、いやいやこれはハクサンシャジンではないですか~。頭垢離より上部にず~っと咲いていました。

2015年7月28日早池峰山⑫_1

白色のホソバツメクサと黄色のハイオトギリです。ホソバツメクサは本当に小さいです
岩場の陰にたくさん咲いていました。

2015年7月28日早池峰山⑬_1

ナンブトラノオです。こちらも小さいです。

2015年7月28日早池峰山⑭_1

ついにキタ~
ミヤマオダマキです。頭垢離より上部に、すでに花が枯れたものがたくさんありましたが、ついに咲いているものを発見です~
ミヤマオダマキは青レンジャーが高山植物の中で一番好きなお花です。しかし、群生しているところをあまり見たことがありません。今まで、礼文島、槍ヶ岳、斜里岳、悪沢岳でしか見たことがありませんが、礼文島以外群生していませんでした。早池峰山ではかなり群生しているようです。これは最盛期の6月にリピート決定だな。。。

2015年7月28日早池峰山⑮_1

徐々に登山道はガス地帯に突入です。

2015年7月28日早池峰山⑯_1

一枚岩地点その1。

2015年7月28日早池峰山⑰_1

早池峰山の代表花であるハヤチネウスユキソウ。
下部にはミネウスユキソウが咲いていますが、上部になるにつれ、ウスユキソウはこのハヤチネウスユキソウに変わります。今が最盛期の様でたくさん群生していました。

2015年7月28日早池峰山⑱_1

コウメバチソウです。このお花もちょこちょこ咲いていました。

2015年7月28日早池峰山⑲_1

打石です。山頂までもう少し。

2015年7月28日早池峰山⑳_1

千丈ヶ岩です。周りはガスガスですが、雨はまだ降っていません。頂上まではこのまま持ってくれ~!!!

2015年7月28日早池峰山㉑_1

ミヤマアズマギクです。丸くてきゃわええ~です。

2015年7月28日早池峰山㉒_1

これもついにキタ~
ナンブイヌナズナです。少し残っていないかな~と期待していましたが、やはり残っていました~
夕張岳、戸蔦別岳、早池峰山にしか咲かない、大変貴重なお花です。
早池峰山は本当に高山植物が豊富なお山です。神だな、こりゃ。

2015年7月28日早池峰山㉓_1

一枚岩その2。もう少しで頂上です。

2015年7月28日早池峰山㉔_1

しかし、登山道脇にはお花がたくさんあるので、なかなか前に進みません~。

2015年7月28日早池峰山㉕_1

ついに頂上に着きました~。

2015年7月28日早池峰山㉖_1

日本百名山77座目です。どうやら青レンジャーが本日一番乗りっぽいです。
このお写真を撮影後、ついに心配していた雨が降り始めました。。。あああ、やはり。
急いでカッパの上やザックカバーを装着して、帰りは・・・時間もかなり早いですし(ただ今7時20分頃)、頂上付近の看板にも、河原坊を下山するのは険しいですし、川の増水で下山できない可能性もあるので控えた方がいいとのことでしたので、予定通り小田越経由で下山したいと思います。

2015年7月28日早池峰山㉗_1

頂上避難小屋は携帯トイレブースがあり、そこから嫌な臭いがしました。。。
と、思ったら、頂上避難小屋直下にはコバイケイソウの群生が~!!!
この臭いか~。

丁度、小田越から登って来られた諸先輩パーティ4人組とすれ違いました。

2015年7月28日早池峰山㉘_1

小田越への登山道には木道もあります。河原坊ルートよりも緩やかなんですね。

2015年7月28日早池峰山㉙_1

タカネナデシコの群生。ようやくピンボケせずに撮影できました。

2015年7月28日早池峰山㉚_1

あああ、これか。小田越ルート唯一の難所、ハシゴ場。
鉄の梯子は雨で濡れているので、若干滑ります。。。

2015年7月28日早池峰山㉛_1

梯子2つ下り切って、見上げてみます。ふう、ヤレヤレ。。。

2015年7月28日早池峰山㉜_1

最盛期のホソバツメクサ。

2015年7月28日早池峰山㉝_1

このお花は・・・なんだろ?

2015年7月28日早池峰山㉞_1

下山していくと、ガス地帯を抜け、雨も上がりまりた。
眼下には小田越周辺にある建物も見えます。
それにしても、駐車場のない小田越から登られる方が多いこと~。どうやら小田越ピストンの方が多いようです。みなさんどうやって小田越に来られたんでしょうか?バス?徒歩・・・はないよね。

2015年7月28日早池峰山㉟_1

このお花は・・・キンロバイかな。河原坊と小田越では微妙に咲くお花が違って楽しいです~。

2015年7月28日早池峰山㊱_1

建物が徐々に近づきます。

2015年7月28日早池峰山㊲_1

最後は樹林帯の中を通ります。このあたりにはカニコウモリが群生していました。

2015年7月28日早池峰山㊳_1

小田越に到着です。
丁度今から登られるオジサン2人組とお話ししました。何でも小田越には駐車場はありませんが、道路脇に待機場があるので、そこに車を停めて登山されるそうです。常連さんはよく知っていますね~。

ただ今時刻は9時。小田越ー河原坊間のバスは9時30分頃だったので、2㎞程度なら徒歩で下りましょう~。

2015年7月28日早池峰山㊴_1

道路からは早池峰山が見えるようです。上部は相変わらずのガスですが。

2015年7月28日早池峰山㊵_1

河原坊に戻ってきました。
こちらからも、今まさに登山開始される方がいらっしゃいました。



4:45 河原坊登山口
5:20 No.18
5:45 頭垢離
7:15 早池峰山頂上
8:00 五合目御金蔵
9:00 小田越
9:30 河原坊登山口 
(休憩時間は・・・お写真や水分補給、カッパ着脱程度)

計 4時間45分の山旅でした。



<総論>
早池峰山は評判通りのお花の山
天気がイマイチでも大満足~。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

更新が早いです!(汗)
おめでとうございます、77座目ですね!
東北の山々の素晴らしさときたら…v-352
あぁぁ、私も早く行きたいものです。

高山植物も、そこだけにしか咲いていないお花が見られると、もう気分はハイになって、漫画で言うと頭の周りに♪(音符)が飛びかっている状態ですよね(笑)
青レンジャーさんのその状態が、目に浮かびます~。

後半の山も、楽しみにしていますね!
| URL | 2015/08/03/Mon 21:32 [EDIT]
日本百名山77座目。登頂おめでとうございます~。
ラッキーセブン♪ですね。(*^^*)
山の中を歩いている間、ずっと、口元が緩みっぱなしだったことと
思います。(^^)
花撮りスクワットも忙しかったことでしょう~。
花の名山、早池峰山。私も、2本足で歩けるうちに、1度は行ってみたいと
思っています~。(*^^*)
chikoやん | URL | 2015/08/04/Tue 19:12 [EDIT]
続けておはようございます♪

蔵王のほうは飛ばしてしまいましたけど、75・76・77座目GETおめでとうございます!今回の遠征でいよいよ8割突破しますよね。

蔵王から盛岡までは結構ありますよね。というか、東京からだと倍近い距離の差があります。東北って結構広いんですよね。で、無名の山も多いんですが、実は全然知られていない穴場があっちこっちにあるんじゃないかと睨んでいます。この間、阿武隈山地を車で通過しただけで面白そうな山がいくつかありましたし、後で調べたら登山道も未整備だけどチャレンジしている人がいたりして面白そうでした。

ハヤチネウスユキソウ、ヨーロッパアルプスのエーデルワイス(セイヨウウスユキソウ)に一番似ているのはこの花だと言われているらしいですが、確かに一目見て「あ、エーデルワイス♪」と思ってしまうくらい似ていますね。花音痴の私ですが、エーデルワイスだけは何故か気になります。昔も今もドイツの山岳部隊が紋章に使っているから、というのは内緒ですが(笑)。

徒骨亭 | URL | 2015/08/05/Wed 07:16 [EDIT]
Re: 更新が早いです!(汗)
悠さん、コメントありがとうございます。

東北の山々は本当に良かったです~。
標高があまり高くないので、最後までスイスイ(・・・とまではいきませんが。。。)登れる感じなのに、少し登っただけで高山植物が色とりどり~。特に早池峰山は、今回廻った山々の中でダントツにお花の山でした。そして悠さんのお好きな鎖場ハシゴ~。

そこにしか咲かない貴重なお花、ハヤチネウスユキソウは、正直レブンウスユキソウなどと違いがよくわからなかったりもする。。。それよりナンブイヌナズナは非常に珍しかったです。似た植物が思い当たらないくらいに葉っぱもお花も特別でした。ミヤマオダマキと同様、もっと最盛期に見たいお花の1つとなってしまいました~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/08/06/Thu 06:42 [EDIT]
Re: タイトルなし
chikoやんさん、コメントありがとうございます。

日本百名山77座目は早池峰山でした~。
77座だ・・・とかみしめる前に、すでに78座目になったので、最後になると何座目かわからなくなってきました~。

chikoやんさんの特技、「花撮りスクワット」、青レンジャーも何度もしました~。
疲れた時に「花撮りスクワット」をすると、足の血のめぐりが悪くなって、頭もチカチカしてきますよね。。。

早池峰山はぜひ行かれて下さい~。お花の狂喜乱舞~。
しかし、chikoやんのご自宅から何時間かかるのでしょうか?調べてみました。駅前からだと・・・6時間20分の片道474.9㎞だそうです!!!いや~、東北は広すぎ!!!
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/08/06/Thu 06:58 [EDIT]
Re: タイトルなし
徒骨亭さん、続けてコメントありがとうございます。

蔵王は・・・ポン山なので、お気になされないで下さい~。

はい、結果から言うと、8割を越しました~。で、前のコメントでも書きましたが、更にもう1つ百名山をゲットし、今現在では82座です。わ~い!!!そろそろどの山が最後になるか気になってきました。登れる時に登れる山に登っているので、全ては運しだいなんですけど。

蔵王から盛岡まで、かなり距離がありました。
東北は1県1県がそれぞれ大きいので(山形県は小さいと思っていましたが、石川県の倍以上ある!!!)移動が大変だということを実感できました。岩手県は北海道に次ぐ面積ですし。

東北の無名の山を登る・・・徒骨亭さんはチャレンジャーですね~。
いつかそんな面白いご報告をお待ちしています~。

エーデルワイス、色々種類はありますが、どのお花もエーデルワイスの仲間だとわかりますよね。
ハヤチネウスユキソウが一番エーデルワイスに似ているんですか~。そういわれると、ハヤチネウスユキソウをまじまじと観察したくなります。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/08/06/Thu 07:42 [EDIT]
77座目登頂おめでとうございます。

アメニモマケズ、ガスニモマケズ、チョウキョリドライブニモマケナイ・・・って感じかな(^^)
山頂の小屋の直下は僕が行った時期は雪渓でしたがコバイケイソウの群生地だったんですね。
そうそう、ハヤチネウスユキソウがプリントされた携帯トイレを記念に何個か買って帰ろうと思っていて買い忘れてきたのを今思い出しました。

中ノ俣 | URL | 2015/08/09/Sun 22:02 [EDIT]
Re: タイトルなし
中ノ俣さん、再びコメントありがとうございます。

早池峰山はやはり6月がいいのかな~と思いました。ミヤマオダマキを見るには最高の季節!!!
おそらく中ノ俣さんはミヤマオダマキをたくさん見られたんでしょうね~。いいな~。

避難小屋直下のコバイケイソウの群生。規模は小さかったんですが、2013年の黒部五郎岳のカール並みの群生でした~。
臭いが漂うくらいでしたから。

携帯トイレ・・・青レンジャーは緑一色の利尻山で買ったものを持っています。今だに使う機会がなくてほっとしています。プリントされたものは珍しいですね。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/08/11/Tue 22:17 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ