それでも頑張る青レンジャー・・・の山
2015年8月5日、青レンジャー1人で、未登頂の日本百名山に行ってきました。

7座制覇の5泊6日東北遠征登山旅行のダメージ(ダメージの多くは帰りの12時間運転です。。。)も残る状態ですが、8月5日は晴れ予報。お休みなのに、ただただ身体を休めるだけなんて、夏山本番の今日この頃、気持ちが耐えられない~!!!
どこかに行かないと~!!!

ここは間違いのない、日本アルプス系のお山に行っておきましょう。
前々から行ってみたかったお山。去年の夏の南アルプスの悪沢岳で見かけたタカネビランジ。

2014年8月20日⑥_1

悪沢岳・・・正確には千枚岳周辺にはシロバナノタカネビランジが多いそうですが、ここの山にはピンク色のタカネビランジが多いそうです。タカネビランジ・・・きゃわえかったな。。。もっと見たい~
ということで、鳳凰三山に行きたいと思います。

南アルプスにある鳳凰三山は、山梨県と長野県の県境に位置する日本百名山の1つで、地蔵岳(標高2764m)、観音岳(標高2840.4m)、薬師岳(2780m)を合わせた総称です。
鳳凰三山の登山口は色々ありますが、主要登山口はバスでしか通行できない広河原から白鳳峠を経由するルートですが、バスの時間など色々制約が多すぎます。次に人気の登山口は夜叉神峠からのルートですが、こちらは距離が長いですし、何より登山口までが遠い。。。青レンジャーの自宅から程よく近く、登山総歩行距離も短い登山口はここしかない!!!青木鉱泉からのルートです。青木鉱泉は標高1090mですが、歩行距離が短く(ということは急登多いな。。。)、無駄なく鳳凰三山を巡り、周遊コースを歩けるので、大変魅力的な登山口です。三山を巡り日帰りされていらっしゃる方も少なくないので、青レンジャーも日帰りで行きたいと思います。

いつもの安房峠から松本市に抜け、中央道に入ります。
途中の山道で、自分で運転しているにも関わらず少々酔ってしまいました。。。いつもなら、夜中ず~っと起きていると、お腹が減って食べまくるんですが、ほとんど食べれません。。。あちゃ~、やっぱり疲れが残っているのかな。。。
こんな調子で鳳凰三山を日帰りできるのか、非常に不安になってきました。。。

そして、徐々に眠くなり、八ヶ岳PAで少し仮眠します

・・・・
・・・


1時間ほど仮眠して、目覚ましで起きます。
ううう・・・眠い。。。そして暑い。。。
トイレを済ませ、自動販売機で購入した冷たい南アルプスの天然水を半分くらい飲むと、どうにか身体が活動し始めました。

須玉ICを下り、若干・・・いや、だいぶ悪路と言われる青木鉱泉までの林道を(空木岳の池山尾根登山口までの林道並み!!!)、愛車のお腹を擦らないように慎重に運転し、無事青木鉱泉に到着です。

2015年8月5日①_1

青木鉱泉周辺で少し迷い、予定より到着は少し遅れましたが・・・登山口の車は20台程でしょうか?まだまだ余裕の感じです。というか、青木鉱泉はそこまで人気ないのかな???
登山コースは、登りはドンドコ沢を使い、地蔵岳、観音岳、薬師岳を経由し、下山は中道コースを使用したいと思います。標準コースタイム12時間25分。本当は、中道から登りドンドコ沢を下山した方が標準コースタイム11時間55分と短くなるんですが、初めて鳳凰三山を登る方が中道コースを見つけるのは、少々迷いそうなので、あえてドンドコ沢を登りに使いました。

2015年8月5日②_1

ただ今、5時20分過ぎ。
青木鉱泉の駐車料金を支払おうと思ったんですが、あいにく青木鉱泉の方がつかまらなかったので、下山後に支払いたいと思います。

2015年8月5日③_1

平坦な樹林帯を少し歩くと、高そうな山が見えてきました~
あれが稜線かな???
テンションは一気に上がります。調子が悪かったことも忘れました。

2015年8月5日④_1

ドンドコ沢コースは、名前の通りドンドコ沢沿いを進むコースです。なので少し涼しい~。そして何度か川を渡渉します。これは1番目の渡渉です、確か。
この沢を渡った後、登山道の傾斜を強さを増してくるんですが。。。

2015年8月5日⑤_1

南精進ヶ滝です。
滝は・・・あまり興味がないですし、何より日帰りなので滝は巻いていきたいと思います。

2015年8月5日⑥_1

ジメジメした登山道は急坂です。青レンジャーのタイツの膝部分が泥で汚れました。。。

2015年8月5日⑦_1

白糸滝です。
・・・巻きます。
傾斜が辛い。。。

2015年8月5日⑧_1

五色滝です。
・・・当然巻きます。
まだまだ傾斜がキツイ。。。

2015年8月5日⑨_1

五色滝の看板を過ぎると、傾斜は若干緩んできました~。ありがたや~。

2015年8月5日⑩_1

木々も低くなり、上部の様子が確認できるようになりました。
おおお~あれは観音岳でしょうか。

2015年8月5日⑪_1

そしてこちらは地蔵岳ですね。テンションMAX

2015年8月5日⑫_1

もう少し高山帯突入の予感むふふ。

2015年8月5日⑬_1

あああ~
お待ちかねのタカネビランジ~。
相変わらずきゃわええ~です

2015年8月5日⑭_1

鳳凰小屋に到着です~。
小屋の方と登山者の方が仲良くお話ししていらっしゃいました。
小屋の方に水場を教えてもらい、水分補給です。

・・・実はこの時点で、滝が連続する登山道の傾斜に気持ちが非常に参ってしまい、とにかく地蔵岳を巻いて観音岳と薬師岳のみ登ろうと思っていました。
しかし、鳳凰小屋の南アルプスの天然水をがぶ飲みした結果、身体に異常なほど活力が戻ってくるのを感じました。
道中、いつもより増してあんなに水を飲んだのに、結局は脱水のひどさだったのか。。。

2015年8月5日⑮_1

地蔵岳を巻き観音岳へ直登する道と地蔵岳経由の道。どっちに行こう?
巻き道を使っても、地蔵岳を経由しても、その差は30分なので、後悔しないように地蔵岳も登っておきたいと思います。

2015年8月5日⑯_1

地蔵岳に向かう白い砂礫の登山道になってきました。

2015年8月5日⑰_1

白い・・・白過ぎ。
ここはかの有名な、1歩進む度に半歩下がってしまうという評判の登山道ですね~。自然とムーンウォークになるとか。ムーンウォークってこんな感じでしたっけ?

登山道の至る所にタカネビランジが咲いていたんですが、歩きにくくてそばまで見に行けませんでした。

2015年8月5日⑱_1

傾斜が割と強いので、なかなか先に進みません~。しかし1歩1歩地蔵岳には近づいているようです。

2015年8月5日⑲_1

タカネビランジ。ようやくタカネビランジの近くまで寄ることができました。

2015年8月5日⑳_1

何だか尾根に出た模様です。ふう、ヤレヤレ・・・ヤレヤレ峠。。。

2015年8月5日㉑_1

さて、地蔵岳の看板は・・・と。この岩々しい尖がった先にあるのかな?

2015年8月5日㉒_1

岩の間からもタカネビランジ。きゃわええ~。

2015年8月5日㉓_1

お地蔵さん。

2015年8月5日㉔_1

・・・地蔵岳って、最後は一般的には登らないんじゃなかったっけ???
このままだと最後まで登っちゃうよ???
丁度、登られてきた女性の先輩に聞いてみます。

「地蔵岳の看板ってどこにあるんですか?」
「え?下の賽の河原の所にしかないよ。」
「!!!」

・・・日帰りを目指しているのにとんだロスタイムです。。。15分程損しました。。。
急いで下山します。

2015年8月5日㉕_1

賽の河原です。お地蔵さんがいっぱいです。

2015年8月5日㉖_1

本当だ・・・地蔵岳の看板がある。こっち方面に直で登ってきたら気付きましたが、青レンジャーは、地蔵岳直下まで直接登ってしまったので看板がわかりませんでした。
まあ、時間は取り戻せないので、愛しのタカネビランジを愛でながら少し休憩します。

2015年8月5日㉗_1

周りを見ると北岳が見えました。広河原までの交通手段が問題ですが、お花が多くて大変魅力的なお山。近々行けないかな~。

2015年8月5日㉘_1

さて、次の観音岳に向けて稜線を歩きます。
・・・正午近くになり、ガスがわき始めました。。。あああ。。。

2015年8月5日㉙_1

鳳凰三山のイルカ岩。本物の燕岳のイルカ岩は見たことないけど。。。

2015年8月5日㉚_1

イワオウギ。咲き始めの様です。

2015年8月5日㉛_1

この日一番のタカネビランジの花束。
鳳凰三山には本当にピンク色が多いです。白花はごくわずかでした。同じ南アルプスなのに不思議~。

2015年8月5日㉜_1

意外と遠い観音岳。まだか~。

2015年8月5日㉝_1

トウヤクリンドウもチラホラ見かけます。

2015年8月5日㉞_1

もう少し、もう少し。

2015年8月5日㊱_1

はい、着きました~。
鳳凰三山の最高峰である観音岳です。
日本百名山82座目です~。

2015年8月5日㊲_1

地蔵岳から歩いてきた稜線。すでに地蔵岳はガスに隠れてしまいました。でも、大満足です。
少し休憩して、予定通り次の薬師岳経由で中道コースを下山しましょう。

2015年8月5日㉟_1

下山します。

2015年8月5日㊳_1

薬師岳の尖がりが気になります。
1つ前と同じような写真ですが、若干違いますよ。

2015年8月5日㊴_1

薬師岳です。周囲は広場になっていて、休憩にピッタリです。この時間帯では、青レンジャーの他に薬師岳小屋泊の単独男性の方のみでした。

2015年8月5日㊵_1

中道コースで青木鉱泉に戻りたいと思います。
・・・薬師岳頂上からわずかに下っただけで、すでに樹林帯に突入です。。。何だか悲しい。。。

2015年8月5日㊶_1

樹林帯をもくもくと下山中です。
中道コースは、薬師岳に行くまで見晴らしが全くありませんが、ドンドコ沢コースより傾斜は緩やかです。
現在の時刻でも、こちら側から登られて来られる人の方が、ドンドコ沢よりもいるような気がするのは気のせいでしょうか?ドンドコ沢の登りで青レンジャーと同じように登りで使われた方は、時間帯もあると思いますが、男性ハイカー、男性トレラン、男性トレラン、男性ハイカーの計4人しか見かけていません。いずれも追い抜かされています。ははは。。。ドンドコ沢は下山時に使用される方が多いのですかね。

2015年8月5日㊷_1

なだらかな笹原に出ました。青木鉱泉まで1時間40分ですって!!!
下山時刻は、最悪18時かと思っていましたが、意外と早く下山できそうです。
途中、雨がぱらつきましたが、すぐに止みました。

2015年8月5日㊸_1

壊れた小屋発見。
ここまで来れば、後は青木鉱泉に向けて林道を進むだけです。

2015年8月5日㊹_1

この林道が思いの外、長かった。。。
林道を歩いていると、遠くで雷の音が聞こえました。やはり夏山だな。

2015年8月5日㊺_1

無事、青木鉱泉に戻りました。
そして、駐車料金1日750円をお支払いしました。



5:20 青木鉱泉登山口
6:55 南精進ヶ滝
8:25 白糸滝
9:00 五色滝
9:50 鳳凰小屋
11:20 賽の河原
12:35 観音岳
12:55 薬師岳
15:25 壊れた小屋
16:05 青木鉱泉登山口
(休憩時間30分を含む)

計 10時間45分の山旅でした。



<総論>
南アルプスの天然水には元気の元が入っているに違いない。空木岳よりも比較的楽に登れたのは、まさに南アルプスの天然水のおかげ。



帰りは再び安房峠を通り、ひらゆの森で硫黄の匂いを付けて、東海北陸道の飛騨河合PAで2時間30分程気持ちよく仮眠した後、2時前に自宅に帰還しました。飛騨河合PAあたりは冷房がなくても涼しくて快適でした~。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

祝!82座目
続けておはようございます、青レンジャーさ、ん!

それにしても、青レンジャーさんのエネルギッシュなこと、驚きです!
標準コースタイム12時間を日帰りで決行するのは、私には無理だ~(^^;
軟弱な私は、山小屋に泊まります(笑)

鳳凰三山は、この夏に登ろうかと思っていたのですが、諸事情により取りやめた山です。
この山だったら歩いてみたい道があったのですが、ちょっと無理だったんですよね~。
いつかもっと時間が使えるようになったら、挑戦したいと思っています(^^

岩岩の間から高山植物が顔を覗かせていると、「うきゃ~っ」って気持ちになりませんか?
| URL | 2015/08/15/Sat 07:37 [EDIT]
青レンジャーさん、おはよーございます♪

またまたすぐに行かれたんですね!
凄いです~!82座目おめでとうございます♪
鳳凰三山って日帰りで行けるお山だったんですか~(^ ^)?
いや、青レンジャーさんなら24時間かかるお山でも『日帰り』出来そうです(笑)
南アルプスはやっぱり綺麗ですね~♪
ちょっとガスってしまいましたけど、地蔵岳からの稜線はスゴイ綺麗ですね!
岩が多くて滑りそうですけど、大丈夫でしたか?
大量のお地蔵様は、どなたかがあそこまで運ばれんですよね?
登るだけでも大変そうなのに、お地蔵様を担いで登るなんて・・・・
昔の人はすごいです(^ ^;)
mokos619 | URL | 2015/08/16/Sun 10:02 [EDIT]
Re: 祝!82座目
悠さん、再びコメントありがとうございます。

鳳凰三山、やっちゃいました。。。
東北遠征で、体が山登りする仕様になってしまったようで(笑)、、、

青木鉱泉からの鳳凰三山周遊コースは、空木岳の池山尾根と標高差は同じくらいで、空木岳は総距離20km強なのに対し、青木鉱泉周遊コースの鳳凰三山は18kmくらいなので、何とかなるかな・・・と。
結局、青レンジャーの気持ちを強く動かしたのは、ピンク色のタカネビランジです!!!
タカネビランジはきゃわいかった~!!!
悠さんもいつかぜひ、あのきゃわええ~お花を見て下さい~。

・・・気になることに、北岳周辺にはタカネビランジは1つも咲いていないんでしょうか???
北沢峠の大平山荘に2つほど咲いていたような気がしましたが、仙丈ヶ岳にも甲斐駒ヶ岳にも咲いていませんでした。
近くのお山なのに、他は咲いていないなんて不思議~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/08/16/Sun 18:45 [EDIT]
Re: タイトルなし
mokos619さん、コメントありがとうございます。

またすぐお山に行ってしまいました~。

鳳凰三山もそうですが、最近のヤマレコでは、1泊2日の山でも・・・時には2泊3日の山でも日帰りされる方が多くなってきた気がします。山小屋で辛い思い(?)をするより、頑張って日帰りして、最後には温泉に入ってさっぱりした~い!!!・・・という考えの人が多くなってきたんでしょうね。青レンジャーもその1人。あの達成感と温泉後の微睡が幸せすぎて・・・。

南アルプスは北アルプスと違って、青レンジャーにとってはもの珍しい景色です。
・・・でも、ゴメンナサイ南アルプス。。。
やっぱり青レンジャーは北アルプスが好きです。。。ごめんよ。。。
南アルプスは森林限界が高くて、登れども登れども・・・という不毛な感じがちょっと。。。

鳳凰三山のお地蔵さんは、子宝に恵まれない夫婦がお地蔵さんを持ち帰り願掛けすると、子宝に恵まれるとか。そして子宝を授かった際には、新しいお地蔵さんを2つあの場所に返すらしいです。
・・・今でもやっている方っていらっしゃるのかな???
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/08/16/Sun 19:13 [EDIT]
日本百名山 82座目登頂おめでとうございます~。\(^o^)/
コースタイム9時間を超えるお山だと「大丈夫かな?」とだんだん不安になり
10時間を超えてくると「むっりぃ~(^O^;」になってしまう、割と意気地なしな私です。(^^;

でも、、、
ぎゅうぎゅうな山小屋で1夜を過ごすくらいなら日帰りで・・・
確かにそうですね~。
星空や朝焼けを楽しむお泊り山行は、それ相応の山小屋で。ですね♪

まぁ、それはそうと、カネビランジ。かわいいです~!!!!
南アルプスの白いトレイルに、あんなかわいいピンクの花が咲き乱れてたら
もう、登山道に倒れっぱなしになっちゃいそうです。(*^^*)
鳳凰三山のイルカさんは、ちょっぴり優しそうな顔をしてますね。
いつか、燕岳のイルカさんには会いに行きたいな~。と思っているんですが・・・♪
chikoやん | URL | 2015/08/17/Mon 02:37 [EDIT]
Re: タイトルなし
chikoやんさん、コメントありがとうございます。

夏山は標高が高いところに行かないとかなり暑くて酷いので、どーしても標準コースタイムが長めの山に行かざるを得なくなってしまいますね。。。なので毎年、標準コースタイムが6時間程度の山を求めて地図を眺めたりします。手頃な山ってなかなかないですね~。

タカネビランジ、きゃわええ~ですよね???
お花は直径2、3㎝くらいあるので、そこそこ大きいです。千枚岳にはあっという間の区間にしか咲いていませんでしたが、鳳凰三山の上部稜線にはず~っと咲いていました。本当に見ごたえがあります!!!青レンジャーも一番の花束を探して写真を撮りまくりました。

そうですよね~。いつか燕岳のイルカに会いに行ってみたいですね。そしてケーキバイキングも食してみたい~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/08/17/Mon 22:06 [EDIT]
続けておはようございます♪

・・・タフですねぇ。東北地方大旅行を終えてすぐなのに、もう日帰りで南アルプスまで遠征とは。このバイタリティ、私も見習わなければいけませんね。あ、遅れましたが、82座目GETおめでとうございます♪

鳳凰三山日帰りって、タフな人たちの間では良く聞きますが、青レンジャーさんも「タフな人たち」の一人だったんですね。最近、ペースがどんどん速くなってきているような気がしていたんですが。この分だと、甲斐駒も黒戸尾根日帰りピストンもできるかも。

私の足(というか体重・笑)ではこのコースは難しいですが、鳳凰三山の最短周回ルートのレポとして参考にさせていただきます。でも、このあたりを歩けるのはいつになるかな~。早く仕事が楽になりたいです。でも、なくなっちゃったら困るけど(笑)。
徒骨亭 | URL | 2015/08/18/Tue 07:19 [EDIT]
Re: タイトルなし
徒骨亭さん、再びコメントありがとうございます。

あまりの晴天続きに、鳳凰三山に行ってしまいました~。
それに、ピンク色のタカネビランジが見たくて頑張りました~。頑張ったかいがあるほどに、タカネビランジの群生は見ごたえがありました。きゃわええ~お花です。北アルプスには絶対に咲いていないお花です。

青レンジャーは本当に一般的な体力で、青木鉱泉を起点に鳳凰三山を日帰りする人たちの中で、ギリギリの部類だと思います。一般登山者でも頑張ればできる・・・そんなコースでした。黒戸尾根日帰り・・・南アルプスの天然水は飲んでみたいけど、まずは北アルプスの双六岳日帰りとか、槍穂、剱日帰りくらいをこなさないと、実行する勇気すらも湧きません。。。

日帰りが基本の徒骨亭さん(青レンジャーもできる限り日帰りしたい~)、青木鉱泉からの鳳凰三山はお勧めです~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/08/18/Tue 12:16 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ