日本百名山北アルプス最後の山 1日目
2015年8月15~16日の1泊2日で、母上殿とまたまたまた・・・未登頂の日本百名山に行ってきました。

・・・本当は14~16日の2泊3日で、南アルプスの山々に行きたかったんですが、14日はお天気が芳しくなく、1泊2日で行ける山に変更しました。

現時点で1泊2日で行くにふさわしいお山は・・・ここです。鹿島槍ヶ岳(最高峰は南峰 標高2889.1m)です。

後立山連峰の1つ、鹿島槍ヶ岳は北峰と南峰を抱える双次鋒で、富山県と長野県の県境に位置します。主な登山口は2ヶ所あり、立山のトロリーバス乗り場で有名な扇沢から登る柏原新道と、大谷原から登る赤岩尾根がありますが、比較的緩やかで、多くの方が登られるのは、やはり扇沢からなので(母上殿にも一応どっちから登るか確認しましたが、問答無用で扇沢からでした)、青レンジャー達も扇沢から登りたいと思います。他に五竜岳から縦走してくるというトンデモ険しい登山道もありますが(まだ普通の登山道として認知されているだけマシでしょうか?)、1mmたりとも考えませんでした~。

鹿島槍ヶ岳って、北アルプスの日本百名山の中ではマイナーな部類だと思います。。。ゴメンナサイ。。。
かくゆう青レンジャーも、乗鞍岳を含めた北アルプスの日本百名山15座中、最後に残ったのは、この鹿島槍ヶ岳でした。最大の理由は、青レンジャーの自宅から登山口が一番遠かった・・・と、言っても、中央や南アルプスの登山口よりも近いですけど。その他の理由に、主要登山口の扇沢からでも総歩行距離20㎞強で、爺ヶ岳(最高峰は中峰 標高2669.8m)など細々とした峰々を経由し、アップダウン必須の登山道。中には2泊3日の行程を勧める教科書もあるコースです。母上殿は1泊2日で行けるか心配そうにしていましたが、今日は何とか冷池山荘まで行きましょう。

まずは8月15日、1日目です。

2015年8月15日①_1

早朝の扇沢です。
扇沢には4時前に到着しました。
鹿島槍ヶ岳の登山口は、扇沢より15分程道路を戻った場所にあります。
・・・実は、鹿島槍ヶ岳の登山口周辺には、無料の駐車場があるんですが、どこも満車~!!!4時前ですでに~???
仕方がないので、有料(1日1000円)の扇沢駐車場に停めることにします。しかし、トイレは扇沢のバスターミナルにしかないので、たとえ無料駐車場に停めても、トイレに行く場合は15分程歩いて来ないといけなくなるんですけどね。

トイレを済ませ、準備をして、まずは道路を歩いて鹿島槍ヶ岳の登山口を目指します。

2015年8月15日②_1

鹿島槍ヶ岳&爺ヶ岳の登山口です。この日は登山口前で登山届を記入できるテントと机が用意されていました。最盛期の同じ後立山連峰の猿倉荘みたい~。登山届を記入して、登山開始です。

2015年8月15日③_1

樹林帯の中をもくもくと進みます。モミジ坂です。秋にはモミジが美しく紅葉するのでしょうか?
それにしても見慣れたこの景色、最近は南アルプス続きだったので、やっぱり北アルプスだな~と思います。

2015年8月15日④_1

登るにつれ、時折周囲の山々の様子が見えるようになりました。お写真向かって中央右が針ノ木岳、左が蓮華岳です。2座ともしゅっとしていて、キレイな山です。有名な北アルプス3大雪渓はあれかな~???いつか行くぞ~
眼下には扇沢駐車場やバスターミナルが見えます。

2015年8月15日⑤_1

ようやく第1チェックポイントのケルンに到着です。ここで扇沢より1.7㎞、次のチェックポイントである種池山荘まで4.5㎞、3時間40分あるんだ。。。ははは。。。

2015年8月15日⑥_1

おおお~。あの稜線上に見えるのは種池山荘ではないですか~。種池山荘の標高は2450mです。ちなみに、今日宿泊予定の冷池山荘の標高は2410mです。ほぼ同じくらいの高さにあるんですね。
種池山荘は稜線上に見えるのですが、一向に着かない。。。

2015年8月15日⑦_1

一切急登のない、緩やかな登山道をひたすら登ります。「水平道」や「石ベンチ」といった看板が所々にあります。看板地点を過ぎると、ガスが掛かり始めました。あ~あ。稜線では晴れないかな~。

2015年8月15日⑧_1

あああ~
ガスが晴れ、とうとう種池山荘を捉えることができました~。
種池山荘周辺はお花畑の様です~
チングルマは綿毛状態で、コバイケイソウはやや腐り気味でしたが、、、

2015年8月15日⑨_1

ハクサンフウロはまだ咲いていました~。

2015年8月15日⑩_1

種池山荘に到着です。ふう、ヤレヤレ。
ここで少し休憩したいと思います。種池山荘の外来トイレは・・・ううう。。。

2015年8月15日⑪_1

種池山荘前広場から、これから登る爺ヶ岳が見えます。爺ヶ岳って思った以上にキレイな山なんですね~。中には爺ヶ岳を日帰りで登られる方もいらっしゃいました。

2015年8月15日⑫_1

種池です。この池にはサンショウウオが住んでいるとか。・・・オタマジャクシにしか見えませんでした。
種池の奥には・・・8月中旬だというのにたくさんの残雪に囲まれた山が~
あれに見えるは立山連峰ではないですか~。いや~、立山の残雪、他の山々と比べてハンパないな~。

2015年8月15日⑬_1

種池山荘でおにぎりを食べた後、爺ヶ岳に向けて登ります。種池山荘より上部は稜線歩きで、果たしていつまでガスが掛からずに景色が楽しめることでしょうか?

2015年8月15日⑭_1

種池山荘周辺は本当にお花畑です。チングルマが少し残っていました。その他、タテヤマリンドウ、コイワカガミも残っていました。

2015年8月15日⑮_1

爺ヶ岳に向けて登っていきます。

2015年8月15日⑯_1

あともう少し。

2015年8月15日⑰_1

爺ヶ岳に向けて登って行くと、鹿島槍ヶ岳が姿を現しました。ぬおおお
まだまだ遠い。。。

2015年8月15日⑱_1

爺ヶ岳南峰に到着です。標高は2,660mだとか。頂上からの360度の見晴らしです。ガス多いけど。

2015年8月15日⑲_1

少し休憩して、冷池山荘までアップダウンの稜線を歩いていきましょう~。

2015年8月15日⑳_1

爺ヶ岳直下の登山道には、コマクサの群生があります。盛りは過ぎましたが、まだまだ頑張って咲いているようです。
そういえば、爺ヶ岳以降の登山道では、登山者の数が少なくなりました。かなりの人が爺ヶ岳を日帰りされているんですね。

2015年8月15日㉑_1

何度かアップダウンを繰り返し・・・若干下り気味の登山道。ガスガスで分かりにくいですが、あの鞍部ちょい上に冷池山荘があります。さらにその上10分程登った先に、テント場があります。・・・なので、トイレに行く場合は、往復20分強かかる。。。大変だ。。。

2015年8月15日㉒_1

この日のお宿、冷池山荘に到着です~。とりあえずほっとしました。
受付を済ませ、8人部屋っぽいお部屋に案内されます。この日は女子オンリーでした。こういったこじんまりとした部屋がいくつもある感じ、北アルプスならではです。やっぱり北アルプスはいいな~。

さて、時刻は13時過ぎ。
ここで母上殿が、

「お母さん、明日、鹿島槍登って帰れるか心配になってきた。。。食事時間が1クール目で18時だから、2クール目なら18時30分くらいかな。まだ今日中に鹿島槍に登って食事前に冷池山荘まで帰って来れる時間だから、今日中に鹿島槍行こう。」

どうやら爺ヶ岳からの稜線・・・若干下り気味の登山道で、体力をやや回復したようです。そして、明日爺ヶ岳への登りのダメージを非常に心配しているようです。
冷池山荘から鹿島槍ヶ岳まで、標準コースタイム登り2時間10分、下り1時間30分の計3時間40分なので、4時間もあれば何とかなりそうです。明日のお天気は、今日よりも雲が多そうな感じなので、今日中にピークを踏むのは大賛成です。

2015年8月15日㉓_1

母上殿がトイレを済ませ(冷池山荘の外来トイレは種池山荘よりもキレイだったそうです)、鹿島槍ヶ岳に向けて登りましょう。
もちろんのこと、13時過ぎから鹿島槍ヶ岳方面に向けて登られる方はほとんどいません。大変静かな登山道を歩きます。

2015年8月15日㉔_1

テント場を過ぎると、登山道は緩やかなお花畑に。こちらは遅くまで残雪が残るようで、登山道脇にはたくさんのお花が咲いていました。チングルマは当然のごとく、すでに終了していましたが、ウサギギクがたくさん群生していました。しかも花が大きい。

2015年8月15日㉕_1

エゾシオガマを中心にチングルマの綿毛とハクサンフウロ、遠くにウサギギク。

2015年8月15日㉖_1

お花畑を過ぎ、稜線に出てきました。鹿島槍ヶ岳まで、こういったピークをいくつも越えていきます。やっぱり鹿島槍ヶ岳は長い~。

・・・最近思うことに、今年の夏山の日本アルプス系のヤマレコを見ると、通常1泊2日や2泊3日の山を日帰りしている人がなんと多いことか。。。去年まではさほど思いませんでしたが、最近の鹿島槍ヶ岳を調べると、日帰り、日帰り、日帰り、日帰り、1泊2日(それも針ノ木岳経由。。。)、日帰り、日帰り・・・と、鹿島槍ヶ岳は日帰りの山なのではないかと思ってしまうくらいの割合です。若干トレランの速さで登るのが世の中の流れでしょうか?

2015年8月15日㉗_1

鹿島槍ヶ岳の東側の斜面、布引東尾根には、時折トリカブトを中心としたお花畑がいくつも見えます。

2015年8月15日㉘_1

トリカブトの群生を見ていると・・・あれ???このお花、初めて見る~。なんだろ、なんだろ???
・・・調べてみると、シナノナデシコ(別名ミヤマナデシコ)らしい。初めて見た~。

2015年8月15日㉙_1

青色のトリカブト。山が秋めいてきました。シロウマオウギはたくさんのマメをつけていました。

2015年8月15日㉚_1

登山道を進んでいると、あああ~
ライチョウさんの親子~
ヒナも随分と大きくなりました。きゃわええ~。登山道で堂々と休憩されています。
ヒナ2羽なので、1、2羽程成長できなかったのかな。。。

2015年8月15日㉛_1

ガスが掛かったり取れたりの稜線をひたすら進みます。この稜線沿いにはず~っと、トウヤクリンドウやイワツメグサ、タカツメグサが咲いていました。中でもトウヤクリンドウの多さは尋常じゃないです。

2015年8月15日㉜_1

再びライチョウさんの親子発見~
今度はヒナ3羽連れです。
お母さんがヒナに砂浴びを教えていました。
それにしても、青レンジャーがかなり近寄っても全然逃げません~。触れそうなくらいの距離でした。あのもっちり丸いやわらかそうなふわふわのお腹に触りたい~。
北アルプスのライチョウさんは、足が大変強いのか、ガレ場でも全然よたる姿を見かけません。

2015年8月15日㉝_1

何度もピークを越え、ようやく鹿島槍ヶ岳の頂上をとらえることができました。

2015年8月15日㉞_1

イワツメグサよりタカツメグサの方が珍しい。

2015年8月15日㉟_1

最後のジグザク道を歩きます。頂上周辺でず~っと休憩されている方が見えます。

2015年8月15日㊱_1

ついに来ました~、鹿島槍ヶ岳南峰
日本百名山83座目です~。
北アルプス日本百名山15座最後の山登頂・・・何だか寂しいです。。。

これで地域別コンプリートは、九州に次ぎ、北アルプスも追加です。・・・よ~く考えると、美ヶ原・八ヶ岳・中央アルプスもすでにコンプリートしていた。。。

2015年8月15日㊲_1

鹿島槍ヶ岳南峰はそこそこ広いです。

2015年8月15日㊳_1

八峰キレット経由の五竜岳方面。周りはガスガスで良くわかりませんが、おそらく険しい稜線が続いていることでしょう。

2015年8月15日㊴_1

以前の鹿島槍ヶ岳の標識。今では椅子に再利用です。エコです。

いや~、今日中に鹿島槍ヶ岳に登ることができました。種池山荘になかなか着かなかった時は、翌日鹿島槍ヶ岳に登って扇沢まで下山できるか心配でしたが、今日中に登れてしまえば、明日の行程は非常に楽になります。
母上殿の健闘を称え、魚肉ソーセージでお祝いします。

2015年8月15日㊵_1

さて、ぼちぼち帰りましょう。

2015年8月15日㊶_1

陽が傾き、温かい空気が西側斜面を満たし、多くのガスが東側斜面の白馬村方面に溜まって行きます。なので、東側斜面だけガスガス。そんな中、陽が当たると頻繁にブロッケン現象に遭遇しました。

2015年8月15日㊷_1

登りでは巻いた、途中にあるピークの布引山に寄ってみましょう。

2015年8月15日㊸_1

布引山で標高2683mです。奥に見える山は牛首山(標高2553m)です。

2015年8月15日㊹_1

ようやく冷池山荘に戻ってきました。



5:30 柏原新道登山口
7:15 ケルン
10:10 種池山荘
11:35 爺ヶ岳南峰
13:00 冷池山荘
15:40 鹿島槍ヶ岳南峰
16:45 布引山
17:35 冷池山荘
(休憩時間1時間を含む)

計 12時間5分の山旅でした。



<総論>
いつも、「お母さんにはそんな山ムリ~!!!」と言っていますが、12時間歩行できたら次も何だかんだできると思ってしまう。



冷池山荘で汗をフキフキして着替えると、すぐにお食事の時間でした。疲れた体にサバの味噌煮が浸みます~。
食事後、19時にはすでに就寝
お休みなさい



2日目に続く・・・
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

おめでとうございます!
こんばんは、青レンジャーさん!
お母様との山行、無事に鹿島槍に登れてよかったですね!
鹿島槍といえば、2年前に八方尾根から見た超かっこいい姿が忘れられません(^^
いつか五竜~鹿島槍を縦走してみたいです!

それにしてもお花畑は、相変わらず素晴らしいですね!
そして雷鳥さん~e-266
あんなに近くによっても大丈夫なんて、ホントもふもふの御足に触れそう…というか、触りたい!(笑)

さて、2日目の行程をこなしてしまった青レンジャーさん親子は、2日目をどう過ごしたのでしょうか?
気になりますね~!
| URL | 2015/08/18/Tue 23:19 [EDIT]
青レンジャーさん、日本百名山82、83座目登頂、
そして北アルプス全山制覇もあわせておめでとうございます。
それにしてもすごいピッチで登られてますよねー(゜o゜)

個人的には爺ヶ岳から眺める鹿島槍までの稜線がとても好きなんですけど
ちょっとガスが邪魔しちゃいましたね。
だからこそ見られたブロッケン現象、実は僕も初ブロッケンが冷乗越だったんですよ(^^)

シナノナデシコ、初めて見ます!
鮮やかな色ですね~
この目で見てみたい!!
中ノ俣 | URL | 2015/08/19/Wed 00:13 [EDIT]
おはようございます♪

百名山83座目GETおめでとうございます・・・って、このところ、本当に凄い勢いですよね。ちょっと気になったのですが、やっぱり一番最後に「あれ」を持ってくる予定なんでしょうか。そうするとゴールは夏場に限るわけですが、もう、来年あたりにはコンプリート達成しそうですよね。

ブロッケン現象、低山ばかりの私はまだ遭遇したことがないです。先日の金峰山が遭遇できそうな天候で期待したんですが駄目でした。ライチョウさんと並んで遭遇したい事象の第一候補なんですが、歩いている間、頻繁に遭遇できたというのも羨ましいですね。さらにライチョウさんにもまた、しかも超至近距離!ううむ、羨ましすぎます。先日、都内某所にやたら人懐っこいスズメがいて、呼ぶと触れそうなところまで近づいてきてくれたんですが、私が遭遇できるのはこれくらいです(笑)。
徒骨亭 | URL | 2015/08/20/Thu 07:34 [EDIT]
Re: おめでとうございます!
悠さん、コメントありがとうございます。

お天気の加減で色々予定通りにいきませんが、1泊2日で行ける鹿島槍ヶ岳が残っていて良かった~。
良く考えると、青レンジャー、今年初の山小屋泊まりの山行でした~。なるべくならどんなに時間がかかっても、1日の最後にはお風呂に入りさっぱりしたい青レンジャーですが、北アルプスの山小屋に泊まると、これも悪くないかな~と思います。

いつか五竜~鹿島槍を縦走してみたい・・・さすが岩場好きの悠さんです。青レンジャーも母上殿も、不帰の嶮や八峰キレットを見て、「できるなら岩場鎖場はご遠慮したい・・・気を使うし。」と話しています。似たもの親子。

唐松岳は岩場と高山植物のバランスが絶妙で素晴らしいですね。五竜岳は本当に岩々しいですが、柏原新道から登る鹿島槍は、よくぞここまで穏やかな傾斜で登山道が続いていると思いました。あんなに近い山なのに全然違う~。

ライチョウさん、何度見てもきゃわええ~です!!!
お腹のモフモフ、いつか砂浴びで抜けてしまった羽を触り、静かに妄想したいと思います。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/08/20/Thu 08:16 [EDIT]
Re: タイトルなし
中ノ俣さん、コメントありがとうございます。

すごいピッチで登っている・・・いやいや、7月下旬の東北遠征旅行があったので、バカみたいに(笑)登っているように見えますが、鳳凰三山と鹿島槍ヶ岳の間は10日間くらい空いてますよ~。

爺ヶ岳から眺める鹿島槍までの稜線がお好き・・・青レンジャーも2日目に完全版(ガスが掛かっていない状態)を見ました~。確かにキレイですね~。たおやかな(長いけど。。。)稜線がどこまでも続いている景色は、まさに天上の楽園ですね~。

シナノナデシコ、青レンジャーも初めて見ました~。青レンジャーが確認できた株は、5、6株くらいしかなかったので、他にどこのお山に咲いているんでしょうか???気になる~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/08/20/Thu 08:25 [EDIT]
Re: タイトルなし
徒骨亭さん、コメントありがとうございます。

徒骨亭さんのアレとは、アレのことですね~。
むふふ。
いやいや、おそらく違うと思います。あそこは、青レンジャーの大好きな高山植物がない山域なので、夏休みシーズン外の人が少ない時期に日帰りで行こうかな~と考えています。しかし、高さが高さだけに、高山病の心配があるので、かなり躊躇しています。。。登山口も遠いし。。。

ブロッケン現象は、自分がいる場所より下部にガスと、上から太陽の光という条件さえあれば、何回でも見られるんですが、条件がそろうのが難しいですね。。。

スズメきゃわええ~!!!
そんなに人懐っこいスズメがいるなんて~!!!
かなり幼い頃、スズメがきゃわえすぎて、捕まえられないか足りない頭で色々罠を張ってみましたが、警戒心の強いスズメは一向に捕まえられませんでした。。。

山で出会う動物、青レンジャーはいつかナキウサギ(北海道の大雪山周辺にしか生息しない氷河期の生き残り)に出会いたい~!!!
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/08/20/Thu 08:49 [EDIT]
日本百名山 83座目登頂おめでとうございます~♪
すごいペースで登ってらっしゃいますね。(^^)
このペースでは、栃木にある未踏の百名山へは、この秋にでも
いらっしゃるのかな~?

それは置いといて・・・(^^;

離れたところから見たことのない、かっこいい鹿島槍ケ岳。
正直言って、今までは、どれが鹿島槍なのかわかってなかったかも。
の私です(^^;
今年になって、ようやく分かった。(^O^; ところで、青レンジャーさんが
登られて、ふむふむ。こりゃかっこいい! と。
自分で登ることはないけれど、今度はあの素敵な稜線の山なのね~。
と言う目で見つけたいと思います。鹿島槍。(*^^*)
シナノナデシコかわいいお花ですね~。
やっぱり北アルプスのお花畑は最高だぁ~!!
そして、ブロッケン。私も一度体験してみた~い♪
chikoやん | URL | 2015/08/21/Fri 01:49 [EDIT]
Re: タイトルなし
chikoやんさん、コメントありがとうございます。

東北遠征のおかげで頻繁にお山に行っているように見えますが、鳳凰三山と鹿島槍ヶ岳の間は10日くらい空いています。最近、台風の影響で少々お天気が悪いですね。

日光辺りの3座は、2泊3日あれば行こうと思っています。・・・果たして今後2泊3日というお天気に恵まれたお休みが取れるのか疑問ですが。。。今年中には行きたいですね~。

後立山連峰は日本海まで1本線で登山道が続いているので面白いですよね~。その中でも、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、白馬岳は大きなピークとして目立ちます。それぞれ全然違う印象のお山なので不思議です。

北アルプスのお花、最高です~。厳しい雪の下で逞しく、そして美しく育ったお花は大好きですね~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/08/22/Sat 21:55 [EDIT]
はじめまして。いつもブログを楽しく拝見させて頂いております。

北アルプスコンプリートおめでとうございます。
たしか青レンジャーさんは近畿エリアの百名山もコンプリートしてたように思います。

これからもブログ楽しみにしてます!
MKP | URL | 2015/09/03/Thu 14:48 [EDIT]
Re: タイトルなし
MKPさん、コメントありがとうございます。
そして、初めまして。

北アルプスの百名山制覇で、若干寂しさが募ります。。。
でも、つい最近、また北アルプスに出没してきました~。でへへ。

近畿エリアの百名山は制覇・・・ああ、スミマセン。。。分かり辛いですよね???
青レンジャーが読みに読みまくっている、山と渓谷社の「日本百名山登山ガイド 上中下」を参考に地域分けしています。で、近畿地方は3座しかないので、北陸・近畿・中国・四国地区(計8座)に分類されています。あと1座、石鎚山はいつ行けるのでしょうか???これからもがんばって行きます。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/09/08/Tue 00:42 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ