遥か遠き峰々の日本百名山 2日目
2015年9月22~23日の1泊2日で母上殿と飯豊連峰に行ってきました。

9月23日、2日目です。

前日に11時間40分かけて飯豊山に登頂したので、本日は弥平四郎登山口まで戻り、濃~い良質の温泉に入って、5時間運転して帰宅しないといけません。飯豊連峰の容赦ないアップダウンにどれだけの時間を要するかわからないので、早々に本山小屋を出発します。

2015年9月23日①_1

本山小屋前にある飯豊山神社の鳥居。ただ今5時ですが、太陽はまだ登っていません。

2015年9月23日②_1

トイレを済ませると、雲海の向こうの東の空がうっすらと赤くなってきました。今日は少々雲が多いようです。

2015年9月23日③_1

さて、下山します。さよ~なら~、飯豊連峰の嫋やかな峰々~。
奥に猫耳の様なお山が見えます。あれは・・・磐梯山かな~???母上殿と話していました。その他、朝日連峰や月山、吾妻山や安達太良山など、有名な山々が見えるはずなんですが、どれがどれか全然わかりません。

2015年9月23日④_1

あっ!!!
すでに太陽は登っているっぽい。雲に隠れて良くわかりませんでした。

2015年9月23日⑤_1

周りが徐々に明るくなってきているのがわかります。

2015年9月23日⑥_1

振り返り、飯豊山~大日岳の稜線を眺めます。

2015年9月23日⑦_1

早朝に見る紅葉は、とても鮮やかに見えます。

2015年9月23日⑧_1

今年の紅葉は当たり年ですね。

2015年9月23日⑨_1

ハクサンイチゲ?の名残???

2015年9月23日⑬_1

ミヤマキンポウゲも少し残っています。

このあたりで登りの単独の男性とすれ違いました。

「今日は頂上からは鳥海山が見えましたか?」
「・・・わかりませんでした。そもそもこのあたりの景色が全然わかりません。」
「そうですか。今日は月山や燧ヶ岳とか全部見えるので、鳥海山まで見えると思ったんですが・・・」
「ええ~!!!燧ヶ岳とか全部見えるんですか~!!!」

と、いう会話をし、燧ヶ岳あたりの景色を教えて頂きました。

2015年9月23日⑩_1

下山時、右手に燧ヶ岳~至仏山、平ヶ岳が見えるんですね~。知らなかった。。。赤丸がそのあたりの山々。
燧ヶ岳が見えるということは、会津駒ヶ岳も見える。そして、お写真向かって左側に日光白根山や男体山も見えました。

2015年9月23日⑪_1

朝日連峰方面。朝日連峰の奥に見えているのが月山です。懐かしいです。

2015年9月23日⑫_1

そして青レンジャー達の予想と合っていた、磐梯山の猫耳。
東北地方の日本百名山14座中、残り3座はこのあたりの山域。行くのが楽しみ~。

2015年9月23日⑭_1

切合小屋が見えるところまで戻ってきました。このあたりはチングルマの紅葉+綿毛とクロマメノキの紅葉がたくさん~。

2015年9月23日⑮_1

ウサギギクが残っています。

2015年9月23日⑯_1

切合小屋です。再び水場のお世話になりました。

2015年9月23日⑰_1

雲が徐々に薄れていき、太陽が出てきました。

2015年9月23日⑱_1

難所も無事終わり、三国小屋です。ふう、だいぶ下りてきましたね。

2015年9月23日⑲_1

そろそろ飯豊山の嫋やかな稜線とはお別れですね。。。

2015年9月23日⑳_1

疣岩山の標識?
行きでは気付きませんでした。

2015年9月23日㉑_1

疣岩山を過ぎると分岐です。ここから、登りとは違う祓川山荘経由で下山したいと思います。
分岐のしょっぱなから急登!!!
しかも、ザレているので怖い怖い。。。

2015年9月23日㉒_1

慎重に下山し、最後は平均台。
これより先は樹林帯に入ります。

2015年9月23日㉓_1

ジメジメした登山道を忍耐強く下り(若干、母上殿は疲労困憊になっていました。。。)、祓川山荘まで来ました。
祓川山荘は正真正銘の、無人の避難小屋なんですね。

2015年9月23日㉔_1

沢を渡り、最後の最後は若干登る。。。

2015年9月23日㉕_1

お疲れ様でした~!!!
無事、弥平四郎登山口まで戻ってきました~。

青レンジャーの感想としては、登りも下りも上ノ越経由がいいと思う。どうしても周遊コースが取りたい場合は、登りを祓川山荘経由にした方が安全だと思います。



5:10 本山小屋
7:15 切合小屋
9:05 三国小屋
10:10 疣岩山
12:35 祓川山荘
12:55 弥平四郎登山口
(休憩時間30分を含む)

計 7時間45分の山旅でした。



<総論>
飯豊山は遠すぎ!!!



下山後はどうしてもお腹が空いてしまい、道の駅「三川」(阿賀の里の方が立派。。。)でそばを食べ、事前に調査しておいた咲花温泉に寄ります。ここは硫黄泉だとか。しかし、山奥ではなく川沿いに旅館が立つ温泉地の硫黄泉って・・・と思っていましたが、何とも素晴らしい温泉でした~。湯の温度によって温泉の色が違うんです!!!温度が高いと透明な緑色に、低いと白濁した緑色になります。硫黄の匂いも凄くて、2日間は取れませんでした~。咲花温泉は素晴らしい温泉です。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

青レンジャーさん、こんばんは。
下山に8時間弱・・・( ̄◇ ̄;)
飯豊山の懐の深さに改めて驚かされました。

稜線の紅葉の鮮やかさも見事です!
ナナカマドの葉は真っ赤っかですね~~
今すぐにでも行ってみたい衝動に駆られます。

それに比べると弥平四郎登山口のなんて青々としてる事ったら(^^)
中ノ俣 | URL | 2015/09/30/Wed 22:29 [EDIT]
こんばんは、青レンジャーさん!
飯豊連峰、お疲れ様でした(^^
紅葉の稜線、たまりませんね~!

飯豊連峰ってとにかく奥深いイメージがあって、私いつか行くことがあるのだろうか??と思っているので、とりあえず青レンジャーさんのブログを参考にします(笑)
温泉情報も大事ですしね!

それにしても、季節はあっという間に秋…今年は紅葉の当たり年らしいですが、なにやら超大型の台風が発生して、来週後半にかけてやって来るとか来ないとかe-263
台風やってくると、紅葉は駄目になるし、場合によっては登山道が通れなくなるから、来なくていいです。
というか、来ないで!(^^;
| URL | 2015/10/03/Sat 21:42 [EDIT]
こんばんは♪

よく考えると当然といえば当然の話なんですが、下山の際には正面にずっと磐梯山を眺めながら下りてくるんですね。あのインパクトのある山容ですから、方位を知るいい目印になりますよね。

しかし磐梯山を猫耳とは(笑)。でも、そう言えば飯豊連峰側から見た磐梯山の手前の肩には猫魔スキー場がありました。昔から猫をイメージした人がいたのかな?化け猫伝説もあるようです。ただ、明治時代の大噴火までは4つのピークが聳えていた(そのうち1つ、小磐梯が山体崩壊)らしいですから、あまり猫耳には見えなかったかもしれません。いずれにせよ、こちら方面への訪問記も楽しみです。

しかし、東北は紅葉が早いですね。もう見事に色づいています。奥多摩歩きの徒骨亭としては、ちょっと憂鬱な季節が近づいてきます。何せ、朝の電車が登山客で通勤ラッシュ並みの混雑になりますから(笑)。
徒骨亭 | URL | 2015/10/03/Sat 21:55 [EDIT]
山肌と稜線上の紅葉。
ホントにきれいですね。ナナカマドがとっても鮮やかです。(*^^*)
長距離ドライブのあとと山をされて、その後、また延々と運転して
帰宅される青レンジャーさんもすごいと思うけれど・・・
青レンジャーさんと一緒に、飯豊の懐の深~いお山を歩いてしまう
お母様。ん~、お歳の頃が近い私としては、やっぱり尊敬いたします。(^^)
下山にもたっぷり8時間。。にすっかりビビってる私だけど、でも、やっぱり
あの大きなお山をあろういてみたいな~。
会津駒ヶ岳からも飯豊山はお天気がよければよ~く見えますよ。
お山がおっきいから、見つけるのも楽ちん♪
chikoやん | URL | 2015/10/04/Sun 00:13 [EDIT]
こんにちは
飯豊山から無事の帰宅お疲れ様でした

飯豊の数ある車両が入れる登山口の中で、弥平四郎登山口までの道が一番悪路です
昔からの一般的な登山口「川入登山口」が数年前の豪雨の影響で入れなくなり(現在徒歩で可能になりましたが)
弥平四郎から登る人が多くなったようです(北陸方面からも近い)

大日杉登山口も最近登る人が多いようで登山口まで舗装道路です。
こちらが飯豊本山まで一番近いでしょう

天狗平登山口までも快適な舗装路です。
ここから飯豊本山へ直接突き上げるダイグラ尾根はアップダウンが激しい超ロングコースです(朝日ライナー、昨年からチャレンジしたいと思いつつ果たせていません)

青レンジャーさんが気になっている様子の湯の平登山口は、ダムから登山口までの道が先月解除になったばかりですが、徒歩で4時間掛かります
途中の沢に掛かる橋が7月頃から10月末までの設置なのでご注意を
朝日ライナー、出来れば今月中に湯の平温泉まで行きたいと思っていますので、行ったらブログにアップしますのでお楽しみに(^O^)
朝日ライナー | URL | 2015/10/05/Mon 09:21 [EDIT]
Re: タイトルなし
中ノ俣さん、コメントありがとうございます。

下山に・・・8時間弱かかるほどのアップダウンの連続でした。中ノ俣さんでしたら6時間ほどかもしれませんが。。。

10月に入り、益々山は秋が深まっていると思いますが、なかなかお山に行く機会がなくてうずうずしています。
今頃、飯豊連峰の弥平四郎登山口のあたりも紅葉の気配が出始めているのかな~???

紅葉はタイミングを逃すとすぐに終わってしまうので、素晴らしい紅葉に出会った時は何とも言えない気持ちになりますね~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/10/06/Tue 11:01 [EDIT]
Re: タイトルなし
悠さん、コメントありがとうございます。

行きでは、とにかく本山小屋まで行かなくては・・・という気持ちで、紅葉も余裕を持って見ることができませんでしたが、帰りは余裕を持って、下に広がる紅葉を眺めながら、気持ちよく下山できました。ただ、祓川山荘分岐の稜線を離れてからの登山道は、とにかく苦行・・・としか思えない感じでしたが。。。

そうなんですよ~!!!台風23号ですよ~!!!
台風のおかげで、近々予定している山にも行けない様な気がしてきました。。。もう。。。
悠さんもどこか予定されているお山があるのでしょうか???
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/10/06/Tue 11:07 [EDIT]
Re: タイトルなし
徒骨亭さん、コメントありがとうございます。

下山時は磐梯山を眺めながら歩けるので、とても良かったです。まさか尾瀬方面が下山時の登山道から右手に見えるとは思ってもみませんでした~。山地図を見ると一目瞭然なんですけど。。。

磐梯山は猫っぽいです(笑)。
磐梯山を一番最短距離で登れる猫魔八方台のイメージも強くて。。。余計、あの双次鋒っぽい山容が猫耳に見えます。

紅葉の季節は、暑くなく歩きやすいので、どこの山でも激混みですね。。。
こちら側で言うと、上高地や涸沢とか。。。一生に一度は見てみたい紅葉ですが、混雑ぶりが恐ろしくて、なかなか行けません。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/10/06/Tue 11:18 [EDIT]
Re: タイトルなし
chikoやんさん、コメントありがとうございます。

ナナカマドの赤は、平地で見るよりも山の中で見た方が、びっくりするほど鮮やかですよね~。
ナナカマドの鮮やかな赤色を見ると、山だな~と思います。

下山後の運転。。。辛いけど、「無事に登れてよかった」という満足さえあれば、何とかなります。長距離運転登山の先輩であるchikoやんさんもそんな感じありますよね???
母上殿も、「無事に登れるか心配。。。」「そんなに登れない。。。」「青レンジャーについて行けない。。。」など、色々言いますが、結局青レンジャーと一緒に登って下りてきてしまうので(鹿島槍ヶ岳しかり飯豊山しかり)、気持ちさえあればできると思ってしまっています。。。

会津駒ヶ岳から飯豊山がよ~く見えるんですか~!!!
次は・・・平ヶ岳か武尊山あたりに行った時、飯豊連峰を同定してみたいと思います。
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/10/06/Tue 11:28 [EDIT]
Re: タイトルなし
朝日ライナーさん、コメントありがとうございます。

ありがとうございます!!!飯豊連峰の登山口情報!!!

川入は豪雨の影響で本来の登山口まで入れなくなっているんですね~。青レンジャーも漠然と、飯豊連峰に行く時は、川入か飯豊山荘かな???と思っていました。ネットで調べてみると、最近は弥平四郎登山口から登られている方が多く、実際地図を見ると、北陸地方から近いので、かなりドンピシャな登山口だな~と思い弥平四郎登山口を選びました。
中津川登山口の方が本山小屋まで一番近いんですね~。舗装道路で。切合小屋から種蒔山を巻いていく登山道を羨ましく思って見ていました。

ダイグラ尾根は、飯豊連峰のプロである朝日ライナーさんですらも登ったことがないコースなんですね~。登って来られた人達はすごい人達だったのか~!!!
確かにあの稜線は険しそうでした。。。長いコースを歩いた先に険しい稜線。。。青レンジャーには一生縁のないコースですね。まず破線ルートというだけでもビビります。。。

湯の平登山口は徒歩4時間ですか~!!!しかも朝日ライナーさん、行かれるご予定で~!!!
うほ~!!!凄すぎます!!!ブログ、楽しみにしています~!!!
山ガールの青レンジャー | URL | 2015/10/06/Tue 11:43 [EDIT]
こんばんは♪

日本百名山85座目おめでとうございます!
飯豊山、すごく遠いお山でしたね~!
行きに11時間40分!帰りも8時間弱ですか!(^^;)
でも頑張った分、夕日に輝く雲海とか、緑の中に生える真っ赤な紅葉、
どれも素晴らしい景色でしたね!(^0^)/
そして、青レンジャーさんもお母様最強~☆
お疲れ様でした(*^^*)
mokos619 | URL | 2015/10/07/Wed 22:32 [EDIT]
Re: タイトルなし
mokos619さん、コメントありがとうございます。

飯豊連峰はとても深いお山でした。今度は夏に行ってみたいです。きっとお花がたくさん咲くんでしょうね~。
・・・もう、登山口までの悪路はご遠慮したいので、他の登山口から行きたいです。

もし、mokos619さんが行かれる時は、どの登山口から攻められるんでしょうか???
名古屋方面からだと、川入の方がいいのかな?

山ガールの青レンジャー | URL | 2015/10/11/Sun 21:38 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ