日本百名山登頂リストのまとめ その4
日本百名山を終了したので、久し振りにまとめを書いてみました。

日本百名山登頂リストのまとめ その4です。

日本百名山登頂リストのまとめ その4では、

61.大台ケ原、62.大菩薩嶺、63.天城山、64.大山、65.雲取山、66.両神山、67.至仏山、68.那須岳(三本槍岳)、69.丹沢(蛭ヶ岳)、70.空木岳、71.鳥海山、72.月山、73.仙丈ヶ岳、74.甲斐駒ヶ岳、75.朝日連峰(大朝日岳)、76.蔵王山(熊野岳)、77.早池峰山、78.八幡平、79.岩手山、80.八甲田山
を掲載します。



61座目です。

2014年11月24日大台ケ原⑧_1

大台ケ原山(最高峰は日出ヶ岳 標高1695m)です。2014年11月24日に青レンジャー1人で大台ケ原ビジターセンターから登りました。その時の記事がこちら
この日は近くの大峰山をいい時間で下りて来られたので、車で1時間程移動して登りました。観光客の方も多い山域なので、午後から登った方が駐車場も登山道も空いていて快適です。ただ、東大台に行くには少々手続きが面倒です。。。



トイレ関係:★★★★(登山口にあり。歩行距離が短いので山中になくても大丈夫。)
登山道整備率:★★★★★(大変整備されています。)
お花畑:評価できない。
紅葉:評価できない。
絶景:★★★(晴れていればもう少し見晴らしはいいはずですが、登山道の多くは樹林帯の笹原。)



62座目です。

2015年1月11日⑰_1

大菩薩嶺(標高2056.9m)です。2015年1月11日に母上殿と裂石から唐松尾根を通り、大菩薩峠を経由しました。その時の記事がこちら

冬の大菩薩嶺は、太平洋側気候のため冬の晴天率が高く、冬山入門の山として有名です。冬の晴天率が極端に低い日本海側を抜けて、久し振りに晴天の中での登山です。ただ太平洋側のお山は、積雪量が少ないですが、凍結率が高い割に土道が出ているので、アイゼンを付けるタイミングがわかりません。。。



トイレ関係:★★★★★(至る所の山小屋にあり。冬でも営業していることろはさすがです。)
登山道整備率:★★★★★(十分に整備されています。)
お花畑:評価できない。(何か咲くのかな?)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(頂上付近は残念ですが、富士山の眺めが素晴らしい。)



63座目です。

2015年2月23日⑱_1

天城山(最高峰は万三郎岳 標高1406m)です。2015年2月23日に青レンジャー1人で天城高原ゴルフ場より周遊コースを歩きました。その時の記事がこちら
石川県より非常に遠いお山でした。。。伊豆半島は厳冬期とは思えない程温暖な気候でビックリしました。でも、天城山にも少しは雪が降るようです。



トイレ関係:★★★(冬は閉まっているけど登山口にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(アマギシャクナゲが咲くようです。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★(概ね樹林帯の中を歩くので、展望はイマイチ。しかし海が見えるとテンション上がる。)



64座目です。

2015年3月6日㉓_1

大山(入山可能な最高峰は弥山 標高1709m)です。2015年3月6日に青レンジャー1人で夏山登山道をピストンしました。その時の記事がこちら
中国地方で大山だけは白い雪山で、別世界のようでした(あ、蒜山高原も少々雪がありました)。わずか10分程大山に向けて走ると、急に雪が出現し、量が尋常じゃなく増えて行く様はさすが中国地方の最高峰です。日本海側の冬は晴天率に恵まれませんが、晴天に恵まれた大山は本当に素晴らしいお山でした。



トイレ関係:★★★(大山は登山口周辺に大山寺の集落があるのでどこか利用できるハズ。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています・・・多分。冬山でも人気なのでトレースは期待できる。)
お花畑:評価できない。(ダイセンキャラボク。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(独立峰でここだけ別次元の山のよう。)



65座目です。

2015年4月25日⑲_1

雲取山(標高2017.1m)です。2015年4月25日に青レンジャー1人で小袖よりピストンしました。その時の記事がこちら
東京都のお山ということで大変ビビっていましたが、それほど混雑していませんでした。楽しみしていた雲取山から見る富士山は、残念ながらひと目もお会いできませんでした。心に強く残っていることとして、奥多摩は登山者専用のアミューズメントパークや~。



トイレ関係:★★★★★(山小屋にある。)
登山道整備率:★★★★★(整備されています。)
お花畑:評価できない。(何か咲くのかな?ヒトリスズカ?)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★(長い道中、頂上付近まで行かないと見晴らしはない。その見晴らしまで奪われたらっ(泣)。)



66座目です。

2015年4月26日⑰_1

両神山(標高1723m)です。2015年4月26日に青レンジャー1人で日向大谷よりピストンしました。その時の記事がこちら
大変人気の登山口である日向大谷。都会に近い日本百名山ということだけあって、駐車場の争奪戦が激しかったです。そして八丁峠から登られて来られる方も多いので、山頂の混み具合も激しかったです。そして、初めてアカヤシオのお花を見ました~。花弁がひらひら蝶々のようできゃわえかったです。



トイレ関係:★★★★★(山中にも整備されています。)
登山道整備率:★★★★★(日向大谷は問題なしです。)
お花畑:★★★(アカヤシオが満開だとさぞかし見ごたえがありそうです。バイケイソウもすごい。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★(頂上付近まで行かないと展望はきかない。)



67座目です。

2015年5月3日㉔_1

至仏山(標高2228.1m)です。2015年5月3日に母上殿と鳩待峠から至仏山を通り、山ノ鼻を経由して鳩待峠に戻ってきました。その時の記事がこちら

期間限定の残雪期の至仏山。ゴールデンウィーク中ともあり、すごい人で大賑わいでした。そして至仏山から山ノ鼻に下る急坂でのヒップソリが流行りだということがわかりました。



トイレ関係:★★★★★(山中にも整備されています。)
登山道整備率:★★★★★(残雪期でもトレースは絶対ある。)
お花畑:評価できない。(尾瀬のお花は山をしない人でも知っているくらい有名ですよね~。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(周囲を有名な山々に囲まれている。)



68座目です。

2015年5月4日⑰_1

那須岳(最高峰は三本槍岳 標高1917m)です。2015年5月4日に母上殿と那須ゴンドラ駅よりゴンドラを使用し、三本槍岳をピストンしました。その時の記事がこちら
前日、至仏山に登頂し、この日は日光白根山に登る予定でしたが、丸沼高原ロープウェイがゴールデンウィーク中にも関わらず運休していたため、急遽那須岳まで遠征しました。那須岳は石川県からあまりにも遠く、どう攻略したらよいか悩みのタネでしたが、思いがけず登る機会に恵まれました。



トイレ関係:★★★★(ゴンドラ駅にある。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:評価できない。(この登山道はアズマシャクナゲが咲くらしい。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(ほぼ見晴らしの良い登山コース。)



69座目です。

2015年5月20日㉗_1

丹沢(最高峰は蛭ヶ岳 標高1673m)です。2015年5月20日に青レンジャー1人で青根登山口よりピストンしました。その時の記事がこちら
丹沢は2015年2月24日に登ろうと青根の登山口まで行きましたが、天気が悪く人もいなかったので、泣く泣く諦めた苦い経験がありますが、見事リベンジしてきました。
2月には通れたはずの林道が途中で閉鎖されていて、その分歩く羽目になりましたが、大変人気だと評判の丹沢を静かに歩けました。シロヤシオとコイワザクラを鑑賞できて良かったです。そして、青根からの登山道で有名?な絨毯付き階段も経験できました。



トイレ関係:★★★★★(青根の登山口にはありませんが、山小屋に整備されている。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★(特記すべきはシロヤシオとコイワザクラ。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★(頂上付近に行かないと展望はきかない。)



70座目です。

2015年6月7日㉝_1

空木岳(標高2863.7m)です。2015年6月7日に青レンジャー1人で池山林道よりピストンしました。その時の記事がこちら
池山林道は大変悪路で有名です。噂にたがわず悪路でした。。。しかも、林道崩壊で林道終点まで車で入ることができず、20~30分の徒歩で本当の登山口まで行きました。これがまた急登で。。。登頂もシャリバテでやっとの思いでした。。。


トイレ関係:★★★★(山小屋にありますが、この時は頂上付近の山小屋はまだ営業していませんでした。)
登山道整備率:★★★★(登山道自体は整備されている・・・しかし、登山口までは最悪。。。)
お花畑:評価できない。(空木岳自体というよりも、木曽駒~空木岳あたりがすごいのではなかろうか。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★(頂上付近は見晴らしがいい・・・ハズ。)



71座目です。

2015年6月22日㉛_1

鳥海山(標高2236m)です。2015年6月22~23日の1泊2日で、青レンジャー1人、鳥海山と月山をセットで制覇しに行きました。鳥海山には鉾立より6月22日に登っています。その時の記事がこちら
2015年は青レンジャー的に東北yearということで、どとーの百名山制覇ラッシュです。
まずはお花が咲き乱れると評判の鳥海山。このお山は名前の響きからして、日本百名山を目指す前から登ってみたいと思っていました。ついに念願の鳥海山に登った感想は・・・また、鳥海山に行かないとっ
こんなに登山口からお花が永遠と咲き乱れているお山は、まさに青レンジャー好みです。登山口からすでに見晴らしもいいですし、青レンジャーイチオシのお山となりました。



トイレ関係:★★★★★(営業していれば山小屋にあります。登山口のトイレのキレイさは神!!!)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★★(大満足、間違いなし。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(景色も素晴らしい。)



72座目です。

2015年6月23日㉔_1

月山(標高1984m)です。2015年6月22~23日の1泊2日で、青レンジャー1人、鳥海山と月山をセットで制覇しに行きました。月山には6月23日に月山リフトを使用して登っています。その時の記事がこちら
月山も高山植物が豊富なことで有名なお山です。噂にたがわず、たくさんの高山植物に出会えました。リフト利用や羽黒口からでも短時間で登頂でき、こんなにたくさんの高山植物に出会えるなんて、なんて素晴らしいお山なんでしょうか。



トイレ関係:★★★★(営業していれば山小屋にあります。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★★(大満足、間違いなし。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(リフト利用ですでに素晴らしい景観。)



73座目です。

2015年7月19日㉔_1

仙丈ヶ岳(標高3032.6m)です。2015年7月19~20日の1泊2日で、母上殿と仙丈ヶ岳&甲斐駒ヶ岳を制覇してきました。仙丈ヶ岳には7月19日に北沢峠より若干周遊コースで登っています。その時の記事がこちら
海の日の連休、晴れ予報で、夏山本番を目前に、南アルプスの山小屋はどこも満室で、北沢峠を起点に仙丈ヶ岳&甲斐駒ヶ岳は無理か・・・と落胆していたところ、伊那市内のビジネスホテルに泊まり、2日ともバスで北沢峠に行けば日帰りできることに気付き、実行してきました。
高山植物が豊富だと評判の南アルプスの女王様は、特に馬ノ背ヒュッテ下あたりからテンションが上がってきます。そして仙丈小屋より上部はキバナシャクナゲの宝庫でした。



トイレ関係:★★★★★(山小屋にあり。北沢峠の公衆トイレは神レベル!!!)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★★(見ごたえあり。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(この時は最後残念でしたが、晴れていれば凄いでしょう~。)



74座目です。

2015年7月20日㉕_1

甲斐駒ヶ岳(標高2967m)です。2015年7月19~20日の1泊2日で、母上殿と仙丈ヶ岳&甲斐駒ヶ岳を制覇してきました。甲斐駒ヶ岳には7月20日に北沢峠を起点に周遊コースで登っています。その時の記事がこちら
前日の仙丈ヶ岳の頂上は雨に降られましたが、甲斐駒ヶ岳は終始晴天で、展望に恵まれました。仙丈ヶ岳とは違い、甲斐駒ヶ岳にはあまり高山植物は咲きませんが、白い砂地の山頂は非常に目立っていました。



トイレ関係:★★★★★(山小屋にあり。北沢峠の公衆トイレは神レベル!!!)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★(あんまり印象ない。。。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(抜群です。)



75座目です。

2015年7月26日㉛_1

朝日連峰(最高峰は大朝日岳 標高1870m)です。
2015年7月26~31日の5泊6日で、東北地方にある日本百名山7座を登頂する遠征登山旅行に行ってきました。
その1日目の7月26日に登ったお山が朝日連峰です。その時の記事がこちら。朝日連峰には7時間強の運転の後、日帰りで登れるか非常に不安でしたが、案外いい時間で登ることができました。これも標高が2000m以下だったからだと思います。

トイレ関係:★★★(登山口には古寺鉱泉や山頂付近に山小屋もあるのでトイレはあるハズ。青レンジャーは未確認。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★(ヒメサユリが咲くが、青レンジャーは未確認。頂上付近に高山植物が咲く。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(頂上はガスっててわかりませんでしたが、大朝日岳だけ別格の山容でした。)



76座目です。

2015年7月27日⑯_1

蔵王山(最高峰は熊野岳 標高1841m)です。
2015年7月26~31日の5泊6日で、東北地方にある日本百名山7座を登頂する遠征登山旅行に行ってきました。
蔵王山には2日目の7月27日に登っています。その時の記事がこちら
昨日の朝日連峰で、おそらく身体がズタボロであろうかと思い、2日目は余裕のある行程にしました。
蔵王山の最高峰である熊野岳には、最短距離で蔵王刈田岳山頂駐車場から馬ノ背を通ると、標準コースタイム50分程で登頂できるので、青レンジャーもそちらから登ろうとしましたが、噴火警戒レベルが上がり、馬の背は通れず、急遽蔵王ロープウェイを利用して登りました。早く言ってよ。。。
馬の背が通れなかったので、かの有名な蔵王のお釜のエメラルドグリーンは、どう頑張ってもひと目も見られず。。。



トイレ関係:★★★★★(ロープウェイ乗り場や蔵王刈田岳山頂駐車場にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★(ちょっとは咲いていた。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(蔵王刈田岳山頂駐車場ですらいい景色。)



77座目です。

2015年7月28日早池峰山㉖_1

早池峰山(標高1917m)です。
2015年7月26~31日の5泊6日で、東北地方にある日本百名山7座を登頂する遠征登山旅行に行ってきました。
早池峰山には3日目の7月28日に登っています。その時の記事がこちら
3日目のお天気が少々悪そうだったので、張り切って早池峰山の登山口である河原坊に到着し、おそらくこの日1番であろう時間帯に登頂しました。早池峰山にはウワサ通り、高山植物が咲き乱れる素晴らしいお山でした。



トイレ関係:★★★★(登山口にあり。頂上の避難小屋はたしか携帯トイレだった。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★★(珍しいお花がたくさん咲いていた。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(頂上はガスっていてわかりませんでしたが、見晴らしはいいようです。)



78座目です。

2015年7月28日八幡平⑩_1

八幡平(標高1613.3m)です。
2015年7月26~31日の5泊6日で、東北地方にある日本百名山7座を登頂する遠征登山旅行に行ってきました。
八幡平には3日目の7月28日に早池峰山を下山した後に登っています。その時の記事がこちら
午前中の早い時間に早池峰山を下山してきてしまい、お天気も回復傾向にあったため、急遽八幡平まで移動し、頂上も極めてきました。八幡平まで行くと、やっぱりガスに覆われてしまい、残念な山頂となりました。八幡平はアスピーテライン頂上から山頂を極めるだけなら短時間で行けますが、この山域には湿原や池塘、温泉があるので、いつかゆっくり歩いてみたいと思いました。



トイレ関係:★★★★★(登山口にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★★(ニッコウキスゲとか有名。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(頂上はガスっていてわかりませんでしたが、見晴らしはいいようです。)



79座目です。

2015年7月29日㉚_1

岩手山(標高2038m)です。
2015年7月26~31日の5泊6日で、東北地方にある日本百名山7座を登頂する遠征登山旅行に行ってきました。
岩手山には4日目の7月29日に登っています。その時の記事がこちら
岩手山にコマクサが咲くことは知っていましたが、その他の高山植物はそこまで期待していませんでした。しかし、登ってみると、8合目の避難小屋あたりを過ぎたところから、高山植物が咲き乱れており、特に火口縁あたりに死ぬほどイワブクロが咲いているのにはビックリしました。



トイレ関係:★★★★★(登山口と避難小屋にあり。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★★(8合目避難小屋より上部は圧巻。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(火山特有の景色で見晴らしは抜群です。)



80座目です。

2015年7月30日八甲田山⑰_1

八甲田山(最高峰は大岳 標高1585m)です。
2015年7月26~31日の5泊6日で、東北地方にある日本百名山7座を登頂する遠征登山旅行に行ってきました。
八甲田山には5日目の7月30日に登っています。その時の記事がこちら
八甲田山の主要登山口は、豪雪地帯で有名な酸ヶ湯温泉で、青レンジャーも下山後の温泉を楽しみにした登りましたが、酸ヶ湯温泉は思った以上に観光地だったので、非常にショックを受けました。八甲田山自体は、毛無岱など湿原もあり、非常に変化に富んでいて楽しかったです。



トイレ関係:★★★★★(登山口にキレイなトイレが整備されています。)
登山道整備率:★★★★★(整備されている。)
お花畑:★★★★(池塘周辺に咲く。)
紅葉:評価できない。
絶景:★★★★★(池塘が点在していてキレイです。)
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

青レンジャーさん、こんばんは(^o^)
60~80座では大山の剣ヶ峰までの稜線の写真が一番印象的でした。
やはり雪山と青空の景色はサイコーです。
それともう一つ、鳥海湖とハクサンイチゲとのコラボ!
僕も再訪したい山の一つです。

この頃から関東や東北の山に登り始めてたんですね。
天気に恵まれなかった日も多かったようですが
花が魅力の山が他にも沢山あるので
もう一度訪れてみるのも良いのかもしれませんね。
中ノ俣 | URL | 2017/08/26/Sat 21:36 [EDIT]
Re: タイトルなし
中ノ俣さん、コメントありがとうございます。

大山の景色はいいですね~。
中国地方のお山って・・・と、行く前までは思っていましたが、大山だけは別格のお山で、存在感がハンパなかったです。

鳥海山~。
あのお花畑はすごかったです~。
中ノ俣さんのお写真を見て、かなり鳥海山遠征の背中を押されました。ああいう素晴らしいお山が、東北地方にはたくさん眠っているのかと思うとたまらないです。もっともっと東北に訪問していきたいのですが、いかんせん遠い。。。
山ガールの青レンジャー | URL | 2017/08/28/Mon 07:18 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ