久し振りに書いてみた・・・日本百名山登頂記
あああああああああああああああ~~~
本当に月日が経つのは早いですね~。
ご無沙汰しております。青レンジャーです。

2015年11月の磐梯山以降、停止してしまった日本百名山登頂記録。
決して日本百名山ハンターを辞めた訳ではないのです。。。
あれから少しは登っているんです。
2016年は忙しくて、なかなかお山には行けなかった。くすん
しかし、あともう少しで日本百名山制覇だというのに、ここで諦めるわけにはいきません~



さて、青レンジャーの日本百名山登頂率が現在どれくらいなのか、気になる所だと思いますが(誰も気にしていない)、2017年3月時点で登頂率93%です。
2015年11月で登頂率89%だったので、あれから4座は登っています。
これからまた、少しずつヒマを見つけて書いていこうと思います。



まずは、タイムリーな情報から。
つい最近、2017年初の日本百名山を制覇してきました。
・・・もう、残っているお山は少ないので、すぐばれちゃうんですけど、2017年3月4日に相も変わらず母上殿と、群馬県利根郡にある武尊山(標高2158m)に行ってきました。

武尊山(ほたかやま)は穂高岳(ほたかだけ)と間違えやすいので、上州武尊山とも呼ばれています。武尊山は8つの峰の総称で、最高峰は沖武尊の2158mです。この山は3年前、GWに谷川岳に登った時、とてもキレイに見えたので、雪のある時期にぜひ登りたいと思っていました。武尊山はとても奇特なお山で、無積雪時は下からてくてくと登り4時間30分くらいかけて登らないといけないのに対し、スキーシーズンには川場スキー場リフトが利用でき、山行時間を大幅に短縮できるとってもありがたい日本百名山です。2年前くらいに登りに行こうと計画して、登山届まで書いたんですが、3月下旬で車のタイヤをノーマルに替えてしまい、道中凍結していないか非常に心配だったので、諦めた経験があります。今回は3月初めということもあり、タイヤはスタッドレス装備で、3月4日の天候も晴れということで、満を持して行ってきました。

自宅を0時に出発し、途中、越後川口SAで1時間30分ほど仮眠+休憩をします。武尊山登山のベースとなる川場スキー場には朝の7時ちょい過ぎに到着しました。立体駐車場には続々と車(しかも関東方面ばっかり!!!)が入ってきます。本日はとても天気がいいので、窓口は早めに開いて、リフト券を発行してくれます。登山者は登山届と引き換えにリフト券が発行されます。以前、何か大きな事故でもあったのでしょうか?しっかり管理されています。青レンジャーは自宅で作成してきた登山届を提出します。あ、車のナンバー書くの忘れた。。。
記入漏れの部分を追加し、無事リフト券購入です。登山者は4回分の回数券を購入します。
下山予想時刻を14時と伝え、下山時は必ずリフト券発行所に立ち寄り、下山報告するよう指示があります。その時にICチップの補償金500円の返金が受けられます。

2017年3月4日①_1

リフトは通常8時30分から運転開始ですが、あれ?もう動いている~。本日は8時頃より運転してくれています。ラッキーです。
登山者は桜川エクスプレス→クリスタルエクスプレスを乗り継ぎます。
今のスキー場リフトはハイカラですね~。ICチップゲートですかっ!!!携帯してかざせばOKだそうです。

2017年3月4日②_1

リフト2本を乗り継いで登山口に到着です。
朝一番なので、スキー&スノボの方よりも登山者の数の方が多いような気がします。さすが雪山人気の武尊山です。
登山者のみなさんはこちらでアイゼンを装着します。1、2人スノーシューの方もいらっしゃいましたが、ほとんどの方がアイゼン装着です。そして、サングラス必須です。絶対目がやられる~~~。
・・・青レンジャー達はアイゼン装着が久し振りすぎて、かなりモタモタしました

2017年3月4日③_1

出だしからやや急登をひと登りすると、視界が開けました。
お天気もいいですし、テンション上がります
何だかこの感じ、久し振りです。晴天の雪山は本当にキレイですね~。

2017年3月4日④_1

左手の方に(北西の方向)神々しいほど白い雪山が見えます。おそらくあれが・・・谷川岳とか巻機山あたりですね。

2017年3月4日⑤_1

見晴らしのいい稜線を歩いていくと、雪の武尊山一の難所、剣ヶ峰山が近くなってきました。
剣ヶ峰山直下の下りが一番急で気を付けないといけないとか。だ、大丈夫かな~。ま、慎重に行きましょう~。

2017年3月4日⑥_1

剣ヶ峰山直下まで来ると、あら?あれこそ目指している武尊山の最高峰、沖武尊ではないですか~。ピークはお写真向かって右手の方かな?左手の方かな?

2017年3月4日㉑_1

剣ヶ峰山(標高2020m)です。看板は辛うじて確認できます。

2017年3月4日⑦_1

さて、武尊山一難所の剣ヶ峰山直下の下り。
急ですが、階段状になっていて、両脇も岩+雪があるのでそこそこ行けます。距離もかなり短いのであっけなく終了です。

2017年3月4日⑧_1

剣ヶ峰山よりがばっと下り、沖武尊に向けて細かいアップダウンを繰り返します。

2017年3月4日⑨_1

な、なかなか沖武尊に着かないな。

2017年3月4日⑩_1

後ろを振り返り、剣ヶ峰山を見ます。尖がってますね~。後ろには赤城山や白い浅間山も見えました。

2017年3月4日⑪_1

沖武尊に向け、最後の登りです。

2017年3月4日⑫_1

登って行くと、あ、あれはっ
尾瀬の山々ではないですか~。
お写真向かって左側のピークが至仏山、右が燧ヶ岳。その間のどべ~っと平らなお山は会津駒ヶ岳ですね。この山々へは全て母上殿と一緒に行きましたね。懐かしいです。今回の武尊山といい、母上殿とこの山域に出没するのは今回で4度目ですね。1回目は赤城山&谷川岳、2回目は会津駒ヶ岳&燧ヶ岳、3回目は至仏山&なんやかんやで那須岳でしたね。

2017年3月4日⑬_1

沖武尊が目の前に迫ってきました。

2017年3月4日⑭_1

着きました~。
日本百名山93座目登頂です~。
いや~、良かった良かった。
2016年は青レンジャーもあまりお山に行けませんでしたが、母上殿も日本百名山を1つも更新できなかったんです。。。ご、ごめんよ、母さん。。。
母上殿もこれで日本百名山25座登頂だそうです。

それにしても、今年は雪が少ないですね~。武尊山のこの看板、ヤマレコなどで見る画像だと、看板の足は全く見えない感じでしたが、今年は完全に見えちゃってます。しかも、一等三角点周辺は地面が見えていました。

2017年3月4日⑮_1

沖武尊の頂上は比較的広く、みなさん思い思いに休憩されていました。風も弱く寒さもそれほどありません。でも、長時間休憩するとさすがに冷えますけどね。

2017年3月4日⑯_1

こちらの景色は中ノ岳方面。足を延ばされる方もいるようです。奥にお写真向かって少し白いのが日光白根山、右手に皇海山が見えます。

2017年3月4日⑰_1

赤城山方面。赤城山にはあんまり雪がないように見えます。浅間山はもう霞んで見えなくなっていました。

2017年3月4日⑱_1

尾瀬方面。お写真向かって猫耳の燧ヶ岳、どべ~っとした会津駒ヶ岳、近くに見える至仏山。さらに至仏山より左手に伸びるのは平ヶ岳ですね。平ヶ岳か・・・しばらくはいいですね。。。

2017年3月4日⑲_1

ます+さばずしやパンをかじって、ぼちぼち下山しましょう。

2017年3月4日⑳_1

剣ヶ峰山まで登り返してきました。

2017年3月4日㉒_1

終点のリフト乗り場まで戻って着ました。
帰りはスノボ:スキー:登山者の割合は、8.0:1.5:0.5になっていました。圧倒的にスノボ多し!!!



9:00 リフト乗り場終点
9:45 剣ヶ峰山
11:25 沖武尊
13:35 リフト乗り場終点
(休憩時間30分を含む)
計 4時間35分の山旅でした。



<総論>
武尊山は冬に最適な山である。



・・・余談話しです。
武尊山下山後、水上温泉郷に泊まりました。水上温泉は青レンジャーの好きな硫黄泉ではありませんが、まろやかなお湯です。念願の武尊山に登れたし、旅館でいい温泉に浸かり、いたでり尽くせりで大大大満足です。ああ、また行きたい~。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

青レンジャーさん、お待ちしてました!
青レンジャーさん、お久しぶりです。
2015年末からブログが途絶えてとても心配してました。
(・・・2chで変なうわさが流れていたり)

でも戻って来られて安心しました!
当面、100座コンプリート目指してがんばってください。
そして、コンプリートした後もぜひブログは続けてください!

僕も完全休止状態のブログを再開しようかと思ってます^^

武尊山と関係ないコメントですいません。
とりあえずはご無事で戻って来たことに感謝!
ミナP | URL | 2017/03/13/Mon 10:29 [EDIT]
青レンジャーさん。待ってましたよ~~!!!\(^o^)/
去年の秋、天元台から西吾妻に登りながら、そして、この間は
四阿山に登りながら、青レンジャーさんのこと思い出してました。
ちょうど去年の今頃、能登半島もぐるっと回ったし♪
久しぶりに鍵コメしてみよっかな? 
でも迷惑かな? って思ってたんですよ~。(#^^#)
いや~、でも、お元気そうで、ホント、よかったです。
そして、日本百名山。93座目。登頂おめでとうございます!!
(あぁ、久しぶりだ。この響き)
そして、雪の武尊山、美しすぎ!!
この季節、いろんな方のブログで目にするけれど、目の前に広がる
真っ白な世界は特別だな~。って思います。
いよいよゴールが見えてきましたね。
どうぞ、のんびり歩かれてくださいね。(^^)
そして、いよいよお花のシーズン。
今年も、ミスミソウに会いに、行きますよ~。日本海側。
青レンジャーさんのお近くでも、かわいいコシノコバイモちゃん、咲きましたか?
や~、ホント、うれしいなぁ。
ブログの更新、のんびり、楽しみにしてますね。(^^)
chikoやん | URL | 2017/03/13/Mon 21:01 [EDIT]
Re: 青レンジャーさん、お待ちしてました!
ミナPさん、コメントありがとうございます。
本当にご無沙汰しております。。。
仕事が忙しくなっても、どうにか日本百名山を達成すべく活動していました。

久し振りにブログを書くと、ブログの開き方すら忘れてしまいますね。ははは~。

以前の様にバカみたいにお山には行けないかもしれませんが、マイペースに、着実に制覇していこうかと思います。ミナPさんもお体に気を付けて、お互いに活動再開していましょう~!!!
山ガールの青レンジャー | URL | 2017/03/16/Thu 08:23 [EDIT]
Re: タイトルなし
chikoやんさん、コメントありがとうございます。
本当にお久しぶりです。青レンジャーは元気です。その節はありがとうございました。本当に感謝です。

見ました見ました~!!!
相変わらず、chikoやんさんのガッツある週2の山登りにはビックリしました~。
まだ、途中までしか読破していませんが、chikoやんさんが吾妻山に行かれてホワイトアウトにあった記事や、四阿山の素晴らしい展望に、自分が登った時の状況を思い浮かべました。今年もやっぱり積雪は少ないんですね。3月でも四阿山の標識がけっこう見えてますが、いつの間にか白いペンキ字になったんですね。
能登半島、いいですね~。魚介類が美味しいし、鄙びているし。やはりお母様と行かれたんでしょうか?

chikoやんさん、今年も早春の角田山あたりに出没でしょうか???青レンジャーも行きたい~。
こっちはまだまだ全然春の気配が薄いです。。。chikoやんさんの春のお便り楽しみにしています。
山ガールの青レンジャー | URL | 2017/03/16/Thu 08:41 [EDIT]
お帰りなさい、青レンジャーさん!
こんにちは、青レンジャーさん!

ブログの更新が途絶え、いろいろと心配しておりました。
何度かメッセージを出そうかとも思ったのですが、ご迷惑かも…と控えておりましたが、こうやって元気な文章を読んで、本当に安心しました(^^

そして母上様と行ってきたのですね、上州武尊山。
私が行った時は雪のない季節でしたが、雪があってもなくても、あの剣ヶ峰山の尖り具合はかっこいい(笑)
青レンジャーさんのこれからの山行を、楽しみにしていますね!

私もまだまだ頑張りますよ~v-91
| URL | 2017/03/18/Sat 13:55 [EDIT]
お久しぶりです。ご無事なようでよかったです。また遊びに来ます。
みさご | URL | 2017/03/21/Tue 20:30 [EDIT]
Re: お帰りなさい、青レンジャーさん!
悠さん、コメントありがとうございます。
本当にご無沙汰しております。その節は大変ありがとうございました。おかげで今はすっかり平常?通りです。前ほど山には行けていませんが。。。前が行き過ぎただけですね。。。

そうです、上州武尊山。悠さんが行かれた時のブログから、割と木や森のある山っていうイメージだったんですが、冬となると見晴らしが良くてびっくりですね。そして、下部の鎖ハシゴ場が無条件でパスとなると・・・あああ、楽してしまいました~。

悠さんが行かれた時、武尊神社までの道路が大丈夫だったと言われていたので、スキー場のある道路はもっと大丈夫だと安心して行くことが出来ました。貴重な情報をありがとうございます。

はい!!!お互いに山登り、頑張りましょう~!!!
山ガールの青レンジャー | URL | 2017/03/23/Thu 08:02 [EDIT]
Re: タイトルなし
みさごさん、コメントありがとうございます。
そして、大変ご無沙汰しております。
青レンジャーも時々、みさごさんのブログ見ていますよ~。

JTAR、大変お疲れ様でした~!!!本当に本当に良かったです~!!!
実は、あのレース中、みさごさんとニアミスです!!!
その時の様子をまたぼちぼち書きますんで、どのあたりにいらっしゃったのか教えて下さい~。
山ガールの青レンジャー | URL | 2017/03/23/Thu 08:07 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ