2017年GWの・・・日本百名山
タイムリーな日本百名山登頂に戻ります。

2017年5月2日、日本百名山94座目に行ってきました。

2014年から続くゴールデンウィークの遠征登山。季節柄、ほぼ毎年新潟県、群馬県、栃木県あたりのお山に出没してきましたが、案の条、今年もそのあたりのお山に行ってきました。雪解け具合、標高的にもゴールデンウィークにはうってつけなんですよ~。

今回は皇海山(標高2144m)です。
皇海山は主に2つの登山口からのアプローチがあります。1つは皇海橋から登る往復5時間ほどのコース、もう1つは古くからある登山道で、銀山平から庚申山を経由し、いくつもの山を越えアップダウンを繰り返す往復14~15時間のコースです。数字だけ見ると、断然皇海橋から登った方が楽なんですが、この両コースを天秤にかけるくらい、皇海橋からのルートには大きな問題があります。それは、栗原川林道と呼ばれる片道20㎞弱の悪路です。何でもパンク必須の林道とか。今まで青レンジャーも幌尻岳新冠ルートに至る2、3時間の未舗装路、鳳凰三山に至る青木鉱泉までの林道、空木岳に至る池山林道など経験がありますが、果たして栗原川林道はそれ以上なんでしょうか?最後の最後まで悩みましたが、結局皇海橋から登ることにしました。

・・・本当は、皇海山と男体山をセットで登りたかったんですが、あいにく男体山は5月5日まで山開きしていないので、今回は皇海山単独で登りたいと思います。



2017年5月2日①_1

皇海橋の登山口です。
あれ?悪路の栗原川林道は?
・・・ううう、あの悪路はヤバいです。。。
悪意のある尖った石たちが、悪意のある配置で出迎えてくれました。。。
老神温泉から少し外れるとすぐ栗原川林道に入り、平成16年からこの林道を一般登山者にも開放してくれて、本当にありがたいのですが、この道路、時速10㎞程度で走らないと本当にパンクしますわ。皆様、栗原川林道を通る際にはお気を付け下さい。ちなみに、時速10㎞程度で悪路を通過するのに片道1時間30~40分はかかります。青レンジャーの中でも、過去最悪の林道でした。

本文に戻ります。

緊張で脇汗をかきながら無事皇海橋の登山口に到着です。すでに1台の先客がいらっしゃり、後続でもう1台車が入ってきました。関東ナンバーのその方も林道の悪路っぷりに驚かれたそうです。
栗原川林道は大変な悪路なのに、この登山口のトイレはキレイです。水洗ですトイレットペーパーもたくさん常備されていました。沼田市さん、ありがとうございます
今年の3月に母上殿と武尊山に行った際にも沼田市にはお世話になっていますし、もっと前にも何度も通らせて頂きました。道の駅やお食事所、コンビニやスーパーなど、だいぶ覚えました。

身支度を済ませ、登山届に記入し、いざ登山開始です。
栗原川林道は4月26日に開通したばかりで、最近のヤマレコでは4月28日に投稿がありました。何でも鋸山まで足を伸ばされたそうで、ピッケル+12本アイゼンが必須だとか。ええ~そうかな~???
青レンジャーは鋸山までは行かないので、軽アイゼンと2本ストックで行きたいと思います。

2017年5月2日②_1

皇海橋を渡り、まだ芽吹いていない緩やかな登山道を歩きます。今日は空気が澄んでいてすこぶる天気がいいですね。

2017年5月2日③_1

何度か沢を渡りながら、沢沿いを歩きます。早くも残雪が現れました。

2017年5月2日④_1

丁度ルートの半分まで来ました。このあたりまで来ると、ほぼ雪の上を歩くようになります。こんな緩やかな登山道が続くといいな~。しかし地図的には、不動沢のコル直下が急だとか。お手柔らかに願いたい。。。

2017年5月2日⑤_1

あ~、登山道が急になってきました。これを登りきると不動沢のコルだな。登山道はお写真向かって右側です。

2017年5月2日⑥_1

登山道には所々ロープがありますが、雪に埋もれているものも多く、ほとんど使えません。しかし、雪のおかげで傾斜はまろやかになっている・・・ハズです。

2017年5月2日⑦_1

ひいひい・・・。
傾斜が緩んできました。もう少しで不動沢のコルに出そうです。

2017年5月2日⑧_1

不動沢のコルで出ました。奥に鋸山が見えます。尖ってますね~。これまで樹林帯の中の沢沿いを延々と進んできましたので、少し景色が開けた感じがしました。この登山道、毛木平から登る甲武信ヶ岳の雰囲気に似ていますね。皇海山の頂上からは見晴らしがあんまりないみたいなので、景色はあまり期待していないです。
その皇海山にはお写真向かって左手の方に進みます。

2017年5月2日⑨_1

不動沢のコルからも完全雪の上を歩行しています。

2017年5月2日⑩_1

広場に出ました。

2017年5月2日⑪_1

ここからは素晴らしい景色が見えました。谷川岳や苗場山などのまだまだ雪深い山々。

2017年5月2日⑫_1

お写真向かって左手に見える、少し雪が残っているのは赤城山。その奥には八ヶ岳や南アルプスの山々も見えました。春山でこんなにすっきりとした景色が見られるなんて、今日、皇海山に登れて良かった☆

2017年5月2日⑬_1

さらにご褒美の富士山までも見ることができました。今年こそ行かなければっ。

2017年5月2日⑭_1

さらに登り詰めると、頂上が近いのか、雪が全くないところも出てきました。

2017年5月2日⑮_1

キタ~
有名な青銅の剣ですね。皇海山の頂上はもうすぐ。

2017年5月2日⑯_1

少し登って、はい、皇海山山頂です。祝日本百名山94座目です。
いや~、最大の栗原川林道を克服し、見事山頂に立てました~。
頂上は貸切で、しばし休憩します。

2017年5月2日⑰_1

残念ながら皇海山山頂からの眺めは残念です。。。これが夏だと、周りは全然見えないでしょうね。
間近に見えるお山は日光白根山ですね。

2017年5月2日⑱_1

休憩したら下山します。
青レンジャーが登りの時、先行車2名の単独の男性が下山してきましたが、下山時は6、7人の登りの方とすれ違いました。みなさん、あの悪路を運転して来られたのか~。さすが日本百名山。

2017年5月2日⑲_1

黙々と下山し、皇海橋に到着です。あ、皇海山往復ならアイゼンを使わず、ストックだけで済みました。すれ違った登山者の方々は、ほとんどアイゼン装着でした。6本以上が半分、軽アイゼンが半分・・・かな。みなさん、鋸山まで行かれるのかな。



・・・栗原川林道を無事抜けるまで気が抜けないんですけどね。。。



7:55 皇海橋登山口
8:55 1.8㎞地点
9:40 不動沢のコル
10:55 皇海山山頂
13:15 皇海橋登山口
(休憩時間30分を含む)

計 5時間20分の山旅でした。



<総論>
皇海山より栗原川林道の攻略が重要。



・・・余談話しです。果たして青レンジャーは無事栗原川林道を抜けられたのか・・・はい、もちろん、トロトロ運転で無事抜けられました~。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

おめでとうございます!
登頂おめでとうございます!
金沢市在住の者ですいつも楽しく拝見しております。
青レンジャーさんのブログを見ているとますめす山の魅力にハマります!これからも更新楽しみにしております!
あつし | URL | 2017/05/18/Thu 00:00 [EDIT]
こんばんは、青レンジャーさん!
無事栗原川林道を攻略できて、よかったですね!(笑)
あの林道さえ攻略できれば、青レンジャーさんなら皇海山は登れると信じていましたv-218
それでも…皇海山登頂おめでとうございます!(^^

以前別の方のブログで、庚申山を経由して皇海山に登った話が出ていましたが、笹の藪漕ぎと不安定な岩場などで、「遭難」の文字が脳裏をよぎったそうです(^^;
青レンジャーさんがそちらの道を選ばなくて、本当に良かった…e-330

5月2日はいい天気で、私は仕事だったのですが、あの日山に行けた人が羨ましかったです…青レンジャーさん、いいなぁ(笑)
これからいよいよカウントダウンしていくわけですが、なんだか終わるのが寂しい気持ちがしてきそうです。
でも目標達成まで気を緩めずに、安全登山を目指しましょう!v-91
| URL | 2017/05/22/Mon 22:29 [EDIT]
栃木のお山へようこそ~。
そして、94座目登頂、おめでとうございます♪
皇海山に源をおく川を毎日渡って仕事に行ってます。私♪
アクセスが不便で、残念山頂。ってイメージの皇海山も、残雪期なら
そこそこ眺望が楽しめるんですね。
GWになると、家から見える皇海山は、もう白くありませんが、しっかり樹林帯には
雪が残ってるんですねぇ。ホント、お疲れ様でした♪

で、皇海山への栃木県側からの登山口。。。
庚申山には、ちっちゃな食虫植物。コウシンソウってのが咲くんだそうです。
一度見に行ってみたいなぁ。と思いながら、長い林道歩きにビビッて
いまだに行けず。。ですが、ぼちぼち重い腰を上げてみなくちゃね。
楽しい岩岩歩きができるんだそうですよ~♪
chikoやん | URL | 2017/05/23/Tue 13:02 [EDIT]
Re: おめでとうございます!
あつしさん、コメントありがとうございます。
そして初めまして。

・・・恐縮です。
日本各地のお山に出没すると、景色はもちろん、登山道に生えている雑草も少し違っていたりして、その土地ならではの風景が楽しめるので、これからも全国各地のお山に出没していきたいと思います。まずは日本百名山登頂ですかね。
山ガールの青レンジャー | URL | 2017/05/24/Wed 07:54 [EDIT]
Re: タイトルなし
悠さん、コメントありがとうございます。

栗原川林道、難易度高かったです。。。
過去最高レベルです。もう2度と行けない道路です。
山自体は、毛木平から行く甲武信ヶ岳にように、沢沿いを詰めて最後は稜線歩き・・・とういうような感じですが、甲武信ヶ岳のように頂上の見晴らしはなく、大変残念な感じなので、何のご褒美もない・・・つらいどМのお山だなと思いました。。。

庚申山経由でも整備された登山道ではないんですね。。。それならまだ皇海橋から登った方が安全ですね。行かなくて良かったです。ほっ。

今年の5月は、非常に澄んだ青空が多いような気がします。今日は山日和だな~っと何度感じたことか。夏山ハイシーズンの時も快晴がたくさんあるといいですね。
山ガールの青レンジャー | URL | 2017/05/24/Wed 08:20 [EDIT]
Re: タイトルなし
chikoやんさん、コメントありがとうございます。

皇海山は道路も登山道も見晴らしも残念なお山だということを実体験してきました。皇海山、2度3度登る人っているのかな・・・青レンジャーはおそらくもう行かないかと思います。・・・母上殿が行きたがったらどうしよう???

chikoやんさんのお家から皇海山が見えるんですか~。わあ、すごく近かったんですね。そして皇海山源流の美味しいお水を飲んで、毎日パワフルに活動できるんですねっ☆納得しました~。皇海山の湧水は、青レンジャーが行った時はどこから湧き出ているのかわかりませんでしたが、きっと美味しいお水なんだろうな~。皇海山って緑濃いですもんね。

庚申山のコウシンソウ、青レンジャーもそれが見たくて栃木県側の登山口も考えましたが、やはり登山時間1/3には負けました。ぜひchikoやんさん、コウシンソウのご報告をお待ちしています<m(__)m>
山ガールの青レンジャー | URL | 2017/05/24/Wed 08:33 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ