FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めてリアルタイムな日本百名山登頂報告!!!
やっとリアルタイムな日本百名山登頂記録をここに記せることができました。

2012年5月27日、日本百名山の1つ、焼岳に行ってきました。

・・・残念ながら、焼岳は2年前に行ったことがあるので、日本百名山登頂率は更新することができませんが、それでも、残雪が多く残る5月の北アルプスの一角にある焼岳に行けたことは大変感動しました。

何よりも白い北アルプスの山々を間近で眺められることは、本当に苦労して登ったかいがありました。

今回は、おきゃーさん・・・お母さんと母娘2人で登りました。もちろん登山口は飛騨の方から、中尾登山口から登ります。

前回登った時も思ったのですが、中尾登山口は北アルプス?と思うくらいに本当に登山者の数が少なくて、静かな山旅が楽しめます。まあ、マイカーじゃないと行けないからだと思いますけど、登山道は北アルプスらしく大変整備されています。イワカガミ咲く木々の中を40分ほど登ると、林道との合流地点に到着し、本当の焼岳登山口に到着です。しばらく登ると、こんな絶景が待っていました。

2012蟷エ5譛育┥蟯ウ騾比クュ縺ョ隨_convert_20120531102820

笠ヶ岳の白い頂きが木々の間から見え隠れします。2年前にこの綺麗なお姿を見て、登りたいなと思いました。・・・昨年登ろうと計画していたのですが、予定していた期間に雨が降ったので、結局未だに登れておりません。今年は行けるかな・・・。

2012蟷エ5譛育ャ繝カ蟯ウ_convert_20120531104508

本当に綺麗な形ですね。

白水の滝、鍋助横手も過ぎ、ヒカリゴケのある辺りより雪道になりました。こんな感じの雪道です。

2012蟷エ5譛育┥蟯ウ縺ョ髮ェ縺繧峨¢_convert_20120531102927

写真は秀綱神社辺りですが、緩やかな登山道なのでアイゼンなしで登りました。おきゃーさんが・・・。

2012蟷エ5譛郁ヲ九∴縺溽┥蟯ウ_convert_20120531104420

登山開始から3時間ちょっと、ようやく雪道を抜け、焼岳の頂上が目の前に広がりました。いやいや、下からもちょくちょくは木の間から見えていたのですがね。夏になったら木が覆い茂って見えなくなるかもしれません。蒸気が上がっております。

2012蟷エ5譛育┥蟯ウ縺ョ鮖ソ_convert_20120531103341

上高地方面を眺めていますと、「シカがいますよ。」とご夫婦で来られてた方が教えて下さいました。本当にシカさんがいました。

ここから上部は焼岳特有のガレ場です。直射日光に照らされながら登ります。途中、中の湯コースと合流しますが、その辺りから若干雪渓が残っていました。しかし、アイゼンを使うほどのものではありません。中の湯コースからは私が見た限り、20人くらいの方が登って来られていましたが、おそらく下堀沢出合から雪渓が残り、みなさんは6本以上のアイゼンを使用して登っていらっしゃいました。

やっと焼岳北峰到着です。焼岳頂上からは、こんな絶景が待っていました。

2012蟷エ5譛育┥蟯ウ縺九i荵鈴檮蟯ウ_convert_20120531103221

立ち入り禁止の南峰と乗鞍岳です。なだらかで白いお山ですね。

2012蟷エ5譛育┥蟯ウ縺九i隨繝カ蟯ウ_convert_20120531105330

笠ヶ岳方面です。ちょっと雲が多くなってきましたね。

2012蟷エ5譛育┥蟯ウ縺九i螂・遨るォ伜イウ_convert_20120531104249

お待ちかね?の槍穂方面です。双六岳、樅沢岳、槍ヶ岳、穂高連峰はもちろんのこと、多分ではありますが、黒部五郎岳と三俣蓮華岳も見えました。360度の絶景です。5月に北アルプスに登れて、しかもこんな景色に出会えるとは感動です。

2012蟷エ5譛育┥蟯ウ縺九i荳企ォ伜慍_convert_20120531103418

上高地方面も眺めてみます。今日も観光客の方々でにぎわっているのですかね。こう見ると霞沢岳もけっこう綺麗なお山ですね。今回の山旅で初めて知りました。大満足の展望でした。

帰りは、来た道を戻ります。中尾登山口に戻ってきた頃から雨が降り出しました。今日は天気のはずでしたが、やはりお山の天気は不安定ですね。登山後、中尾温泉に入って帰宅しました。

8:00 中尾登山口
10:40 秀綱神社
11:50 旧焼岳小屋跡地
12:55 焼岳北峰
16:30 中尾登山口
(休憩時間1時間含む)

計8時間30分の山旅でした。

<総論>
新穂高温泉方面の登山口は最高である。
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 山ガール?の日本百名山登頂記・・・ではなく山女の山行文. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。